ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
ハウステックキッチン(幅90cm)食洗機後付け工事(大阪府高槻市T様)
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府高槻市にお住まいのお客様より、ビルトイン食洗機の新設取付工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは工事前の様子です。
RIMG3508_20180720122432f5c.jpg RIMG3509.jpg
ハウステック製のシステムキッチン。幅90cmの収納キャビネットの箇所にビルトイン食洗機を後付けする工事内容です。通常ビルトイン食洗機を後付けでキッチンに取付ける際は、幅45cmあるキャビネットを取り外してその場所に食洗機を入れ込みます。ただ、今回はその食洗機が入るスペースのキャビネットが存在せず、大きな横幅のキャビネットが設置されていた状況でした。こハウステックのキャビネットを外して、食洗機が入れれるようなキャビネットに付け替え。その上で食洗機を取付ける工事になりました。



早速幅90cmの収納キャビネットの取り外し作業開始。
IMGP5965_201807201224359bd.jpg RIMG3510_20180720122436b20.jpg
かなり大きく取り外しではとお思いの方もおられるかと思いますが、これで1つのキャビネットなので、この取外し方法になります。取外したキャビネットは当店では処分費用コミコミ。工事完了後にそのまま持ち帰らせていただきます。



新しく用意した幅45cmの収納キャビネットがコチラ。
同じハウステック製の引出しで、カラーも全くの同色。3段引出しという既設と同じ構造なので違和感もありません。比較的新しいキッチンでしたら、同色で同じ構造の引出しがある可能性が高く後付け感もないのでキレイに仕上がります。
IMGP5967_201807201224387c2.jpg RIMG2758_2018072012243917a.jpg
引き出しをキッチンに入れ込んで固定。残りの450mmにビルトイン食洗機を入れ込むという内容です。



今回採用いただいた食洗機はパナソニック製エコナビ搭載モデルのディープタイプ。当店でも1番の売れ筋商品です。
RIMG3511.jpg RIMG3513.jpg
RIMG3515.jpg



新しく設けた食洗機用の排水配管は写真茶色く見える箇所です。耐熱用のHT配管を使っています。シンク下の排水管より分岐しました。 給水(給湯)工事は、隣接するキャビネットの中にあるカランの給湯パイプから分岐。食洗機の運転時間を短縮させるよう給水より給湯から分岐配管させて工事しました。
RIMG2759_201807201224445a7.jpg RIMG2760_2018072012244536f.jpg



仕上がりもキレイです。ライン取っ手も既設引出しと同じラインなので違和感も全くありません。
RIMG2771_20180720122453b48.jpg RIMG2764_20180720122451bdb.jpg
ビルトイン食洗機も使いやすい大容量のスライドオープン式食洗機になります。コンパクトタイプは容量が小さいしちょっと・・・ という方にはオススメの食洗機です。



完成です!!
RIMG2762_20180720122448b36.jpg RIMG2765_20180720122450a4a.jpg
今回取替えただきましたビルトイン食器洗い乾燥機はパナソニック【NP-45MD7S】です。
当店のビルトイン食洗機の新設工事は通常の幅45cm引出し→食洗機の入れ込み工事はもちろん、上記工事のような幅45cm以上の収納キャビネットからの新設工事も承っています。今回のハウステックやファーストプラスなどのキッチンからの食洗機後付け工事は当店にお任せ下さい。

ご依頼誠にありがとうございました。工事所要時間は PM1:00~3:30 でした。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 254.000円(税込)
– 工事内容 –
・NP-45MD7S 取付工事費込み: 128.000円 (定価: 214.920円)
・既設収納キャビネット処分費用コミコミ
・給排水配管部材: 8.000円
・ハウステック製食洗機用パネル: 11.000円
・ハウステック製収納キャビネット: 74.000円 (定価:93.420円)
・雑費・キャビネット取付工事等: 12.000円
・機器延長10年保証: 15.000円
・電源配線工事: 6.000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)





スポンサーサイト
ガス給湯器からエコキュートへ新設取り付け工事(大阪府堺市B様)
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府堺市にお住まいのお客様より、ガス給湯器からエコキュートへの取り替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます!
当店の強みとしてエコキュート工事ならとってもお得なプランを用意しています。工事10年保証はもちろん、商品の10年保証ももれなく無料で付いてきます。高品質な部材の使用はもちろん、さらに別売品のリモコンや脚部カバーまでセットでコミコミ。基本的には配管延長など除けばホームページの料金でご依頼いただけるよう心がけています!
今回のお客様はガスから電気式給湯器への新設工事。タンクを据え付けるコンクリート基礎工事や、エコキュートの専用電源配線工事も伴った工事内容です。


まずは工事前の様子です。
RIMG1797.jpg RIMG2721_20180719135641175.jpg
壁掛けの追い炊き機能付きガス給湯器。このスペースにエコキュートを新しく取り付けます。スペースに限りがあるので、今回採用いただいたエコキュートは、薄型460Lのダイキン製エコキュートでした。薄型タイプのエコキュートでもギリギリ設置できるスペースになっています。



エコキュート貯湯タンクユニット設置箇所のコンクリート基礎工事からの作業です。
RIMG3018.jpg RIMG3019_2018071913564451b.jpg
RIMG3022_20180719135646918.jpg
当店のこだわりといたしましては、簡易基礎ベースなどは使用せずに全てスタッフが手作業で基礎をつくります。簡易基礎もいいとは思いますが、やはり現場ごとにあったコンクリート基礎を作ったほうがよりしっかりとしたものが作れるのではないかと考えています。 1日目はこのコンクリート基礎工事がありますのでエコキュートの据付は基礎が固まってからとなります。その間は既設の給湯器を生かしておいてお湯をまかなえるようにしています。



後日エコキュート据付工事にお邪魔させていただきました。
IMGP5976_201807191356475ba.jpg 
しっかりと基礎も固まって準備万端です。



エコキュートの搬入作業の様子。
RIMG3539_20180719135649f20.jpg
RIMG2783.jpg RIMG3540.jpg
設置場所まで3人がかりで搬出。境界にもかからず敷地内にエコキュートの貯湯タンクユニットが収まりました。



エコキュートの専用電源配線工事。エコキュートは200Vになります。
RIMG1801_20180719135653e37.jpg RIMG1807.jpg
RIMG1804_201807191356560cb.jpg
分電盤からの専用電源配線工事。屋内は一切電線は露出せずに隠ぺい配線することが出来ました。既存分電盤に空き回路のスペースが無かったので、盤の隣に増設小型盤を取り付け。将来IHヒーターも取り付けできるよう将来用回路も装備されています。



各配管接続工事の様子です。
RIMG2784.jpg RIMG3548_201807191356599d5.jpg
RIMG3555_201807191357015b3.jpg
ガス給湯器の時は配管に保温材も巻いていない状態でしたので、新しい配管にはしっかりと配管接続部の根元まで保温材を巻いています。わずかな放熱ロスも逃がさないよう心がけています。



お湯をつくるヒートポンプユニットは貯湯タンクユニットの隣に取り付け。
RIMG3545.jpg RIMG3546.jpg
RIMG3547.jpg RIMG3553.jpg
ヒートポンプに使用した配管はアルミ3層管を当店では標準使用しています。この配管は安価なポリエチレン管とは違い、耐熱温度も95度と非常に高性能で耐久性の高い配管です。高温の湯が行き来するので、高品質な配管を使用しています。



既存配管や、外壁から出ていた給湯・追い炊き配管などは冬場の配管凍結予防なども考慮して厚みのある保温材をご用意。仕上げに対候テープを巻いて仕上げています。給水・給湯・追いだき配管を新しい保温材を巻きました。
RIMG3559.jpg



今回はダイキンのみの特長の1つでもある、オプション商品のマイクロバブル入浴の工事もさせていただきました。。アダプターおよび機能部を取付けています。
IMGP5979.jpg RIMG3570.jpg
RIMG3569_20180719135727422.jpg image_201802082153062ed[1]
マイクロバブルの特長は、吸気ユニットから取り入れた空気が、約0.005~0.05ミリの微細な泡となり浴そう内に噴き出します。マイクロバブル入浴は、お肌にすべすべのうるおい感をもたらすと言われており、微細な泡の働きによる温熱効果でポカポカ感が得られます。 写真はアダプターからバブルが出ている様子がよくわかりますが、実際には肉眼では確認しにくいほど細かな気泡です。ジェットバスのような勢いはありません。



こちらは貯湯タンクニットの脚部カバー取り付けの様子。定価1万円以上するこの脚部カバーも当店ではセットコミコミ。標準で付いてきます。
RIMG3554_2018071913572839c.jpg RIMG3561.jpg
ダイキンは鋼板製を使っています。配管がカバーに干渉する箇所をカット。メーカーがカットしやすいよう切り目が元々付いている脚部カバーですが、切り目の部分を使用するとかなり大きな開口になり見栄えも損ないます。当店は配管が干渉する部分だけをカット。キレイな仕上がりになるので施工もこだわりを持って行っています。 さらにカットした箇所はサビで腐食しないよう防腐スプレーを塗布。細かな作業ですが長く安心してご使用いただけるよう心がけております。



試運転を行い完成です!!
RIMG3562.jpg RIMG3557_20180719135733d98.jpg
今回交換いただきましたエコキュートは、ダイキンの薄型460Lパワフル高圧エコキュート(追炊きフルオートタイプ)【EQ46TFTV】です。
ヒートポンプユニットという空調機が大気熱を利用してお湯を作る役目をしているため使用する電気が電気温水器の約1/3となるしくみです。
関西電力の電気料金プラン「はぴeタイム」の加入手続きも当店で無料申請させていただきました。
当店では工事保証10年間はもちろん、製品10年保証も無料でご加入頂けますので、ぜひお問い合せください!!
ご依頼誠にありがとうございました。当店のホームページもよろしくお願いします。


費用総額: 530.000円(税込)
– 工事内容 –
・エコキュート EQ46TFTV 取付工事費込み: 473.000円 (定価: 1.080.000円)
・インターホンリモコンセット BRC083A1 コミコミ(定価: 48.600円)
・貯湯タンクユニット脚部カバー コミコミ(定価: 12.960円)
・マイクロバブル入浴工事(材・工共): 25.000円
・貯湯タンクユニットコンクリート基礎工事: 18.000円
・専用電源配線工事: 12.000円
・小型増設盤: 12.000円
・期間限定お値引き: -10.000円
・工事10年保証コミコミ (保証書発行)
商品10年保証コミコミ (保証書発行)
・既設エコキュート撤去・処分費コミコミ



 

床暖・カワック機能付きガス給湯器交換工事(大阪府吹田市Y様)
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府大阪市にお住まいのお客様よりガス給湯器の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます!

ガス給湯器工事での当店の強みは安心の『商品8年無料保証付き』です!!
初期不良などを除き、長期間使用する商品ですので、メーカー保証は使用期間と比べ短く感じられます。そこで当店ではこの商品保証を延長、合計8年間の商品保証プランをご用意。商品保証ご加入後の保証期間中は何度でも修理可能、上限金もありません。修理は各メーカーのサービスマンが対応するので、メーカー保証と同等の内容をお受けいただく事ができます。高額な修理代を払う必要もありません。リンナイ・ノーリツ各メーカー全機種対応しています!ガス給湯器の交換工事は是非ズオーデンキへおまかせくだい!

まずは工事前の様子です。
RIMG3769.jpg RIMG3770.jpg
既設ガス給湯器は、リンナイ【RUFH-V2400SAT2-6(大阪ガス:(N)135-0032B(U))】。 床暖房・カワック運転機能付きのガスふろ暖房熱源機のオートタイプ給湯器でした。、パイプスペースに設置。 今回はリンナイの24号オートタイプガスふろ暖房熱源機に交換です。 マンションでの工事で、パイプスペースに取り付けられていました。



まずは既設のガス給湯器を撤去。当店ではこの撤去したガス給湯器の処分費もコミコミの価格とさせて頂いていますので、このままお持ち帰りいたします。
IMGP6091_201807181809335c4.jpg RIMG3773.jpg
かなり重たかったのですが、2人がかりで無事撤去。



こちらが新しい給湯暖房熱源機です。 リンナイ製ガス給湯器。24号になります。
RIMG3775_20180718180936622.jpg RIMG3776.jpg
パイプスペースに取り付けるためのPS扉取り付け枠も既に取り付けた状態です。さらに既設の特殊な取付枠も一緒に流用して使用しています。



各配管接続工事の様子。給湯・給水配管の接続パッキンは新しいものに取り替えています。新しい給湯器も熱動弁内蔵タイプです。
RIMG3777.jpg RIMG3801_20180718180941839.jpg
熱源用の配管も長さは充分に足りたのでそのまま流用しています。暖房用の閉栓キャップ等の配管接続継ぎ手などは新しく用意して取付けています。



台所・ふろのリモコンは定価2万円以上する別売品ですが、当店ならコミコミでセットになっています。
IMGP6103.jpg RIMG3793_20180718180944ab2.jpg
IMGP6095.jpg RIMG3795.jpg
新しい浴室リモコンは、ユニットバスに取り付けた後マスキングテープを使用してキレイにリモコン全周コーキングしていきます。



試運転を行い完成です!!
RIMG3798_20180718180948657.jpg RIMG3803_20180718180950019.jpg
今回交換したガス給湯器は、リンナイ24号オートタイプの給湯暖房熱源機のガス給湯器【RUFH-A2400SAT2-3】です。当店なら商品無料8年保証が付いてきますので、給湯暖房熱源機含めガス給湯器の交換をご検討の方はお気軽にご相談下さい。
ご依頼ありがとうございました!
今回の工事所要時間は AM9:00~11:30 でした。

当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 205.000円(税込)
– 工事内容 –
・RUFH-A2400SAT2-3 取替え工事費込み: 205.000円(定価: 408.672円)
・浴室・台所リモコンセット(MBC-120V(T))コミコミ (定価:28.944円)
・配管接続部材・雑費: 4.000円
・PS扉内取付枠: 6.000円
・他商品同時工事の為、割引き: -10.000円
機器8年保証コミコミ(保証書発行)
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)
・既設ガス給湯器撤去・処分込み




マンション室内にて電気温水器取替え(丸型)工事(兵庫県尼崎市F様)
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県尼崎市にお住まいのお客様より電気温水器の取替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます!

まずは工事前の様子です。
RIMG3674.jpg 
RIMG2929.jpg RIMG2931_201807171701085e1.jpg
既設電気温水器は、三菱【SRG-3743】。370Lの丸型給湯専用温水器でした。本体から水漏れによる交換です。既存減圧弁の位置など配管の取り回しもあまり良いとはいえない状態でしたので、新しく配管も取り替えます。 室内のパイプスペースに設置されていました。



早速既設温水器の取り外し作業開始。
IMGP6052_2018071717010905c.jpg RIMG2936_201807171701117d2.jpg
マンションの屋内設置でした。予めお客様が荷物等を移動していただいたおかげで搬出経路も広く問題なく完了。当店は取り外した古い温水器も処分費用コミコミ。工事完了後にそのまま持ち帰らせていただきます。



配管工事の様子。新しく交換できる配管は取り替えています。
RIMG2938_20180717170112400.jpg RIMG2939_201807171701143d8.jpg
IMGP6055_201807171701155ec.jpg RIMG2940_20180717170117649.jpg
継ぎ手については、当店は耐久性の高い金属ネジ山製のソケットを使用。部材の価格としてはプラスチック製と比べて何倍も高いですが、お客様が安心して長い間ご使用いただけるよう考慮して良質な部材を使用しています。止水栓のゲートバルブも新しいものに取り替えました。
配管も湾曲していたので、新しく交換。保温材もしっかりと巻いています。



新しい電気温水器の搬入。問題なく完了しました。
RIMG2942_20180717170118f31.jpg
RIMG3675.jpg RIMG3692.jpg
丸型温水器に必須部材である「減圧弁」も新しく交換。既設温水器は規定高さより下に取付けられていた為、新しい減圧弁は規定の高さに取りつけました。正しい位置に減圧弁を取付けないと正常に機能しない場合があります。保温材もしっかりとキレイに巻き直しています。



温水器上部に取り付ける外付け逃がし弁の交換も当店はススメしています。弁も消耗品なので、いつかは交換が必要なもの。今回の工事と一緒に弁交換も行えば工事費の負担は後で交換するよりも少なくて済みます。
RIMG3686.jpg
接続はシールテープに加えて液体のヘルメシールを塗布して2重防水。長い間安心してご使用いただけるように心がけています。



試運転を行い完成です!!
RIMG3689.jpg RIMG3691.jpg
深夜電力契約でしたが、関西電力に強制通電の依頼をかけたので、その日の夜にはお湯を使うことができます♪

今回交換いただきました電気温水器は三菱【SRG-375E】になります。
工事所要時間は AM9:00~PM1:00 でした。
ご依頼誠にありがとうございました。当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 252.000円(税込)
– 工事内容 –
・SRG-375E 取付工事費込み: 217.000円 (定価313.200円)
・標準配管セット(BA-T12G)材・工共: 35.000円
・既設電気温水器撤去・処分
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)






パナソニックお手ごろ価格の薄型スマートフード取り替え工事(大阪府箕面市T様)
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府箕面市にお住まいのお客様よりキッチン換気扇(レンジフードファン)の取り替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます!

まずは工事前の様子です。
RIMG2645.jpg
既設キッチン換気扇(レンジフードファン)は、サンウェーブ【FV-742】。
幅75cmのシロッコファンレンジフードでした。キッチン換気扇の種類は2種類。「シロッコファン」と「プロペラファン」があります。人気の薄型スマートフードはシロッコファン。今お使いのレンジフードの種類の確認方法はとってもカンタンです。フィルターを外してカタツムリの甲羅のような形をしたファンがあるのがシロッコファンになります。プロペラ式の換気扇の場合は別途シロッコファンへのリニューアル部材キットが必要です。(工事費用込み: ¥11.000)
今回は薄型スマートフードの中でもお手ごろ価格のパナソニックHZCシリーズを採用いただきました。



早速既設レンジフードの取外し作業開始です!
RIMG2654.jpg
取り外した古いレンジフードは当店では処分費用コミコミ。工事完了後にそのまま持ち帰らせていただきます。



いよいよキッチンに新しいレンジフードを入れ込みます。パナソニックHZCシリーズのキッチン換気扇。
とっても薄い本体で厚みはわずか3.5cm。ブラックとシルバーがあり、シルバーの方がキッチンも明るい印象になり汚れも目立ちにくいので圧倒的に人気です。
IMGP5899_20180710163857c57.jpg RIMG2657_20180710163903d23.jpg
排気ダクトは短かったので、延長して接続。アルミテープを使用して排気漏れのないようにしっかりと固定しています。



前幕板化粧カバー。
RIMG2658_20180710163905443.jpg
前幕板化粧カバーは本来パナソニック製は定価1万円以上する別売品。 ですが当店ならこの別売品前幕板化粧カバーもコミコミで工事費用に入っています。とてもリーズナブルになっています。(スライド式前幕板化粧カバーのみ別途)



仕上げに壁のキッチンパネル面と換気扇の隙間目地にコーク処理。
IMGP5903_201807101638594dc.jpg
マスキングテープを使用してコークの塗布量やラインを均一になるようキレイに仕上げ。細かな箇所もこだわりを持って施工します。



レンジフードの普段のお手入れはとってもカンタン!
RIMG2664_2018071016391149f.jpg RIMG2662_20180710163909a96.jpg
RIMG2661.jpg RIMG2660_2018071016390614d.jpg
下のシルバーの整流板を取り外せば、手の届きやすいところにフィルターが。今度は1枚のみになっていてファンもご覧のとおり脱着の従来に比べて脚立不要で手が届く位置にあって、格段にしやすくなりました。



ボタンはプッシュ式を採用。照明と切・弱・中・強からの構成でできています。
RIMG2666.jpg RIMG2667.jpg
照明は5Wの省エネLEDを搭載。とっても明るく調理物も良く見えます。



完成です!!
RIMG2668.jpg
今回交換いただきましたレンジフードは、幅75cmパナソニック【FY-7HZC4-S】。照明は5WのLEDで消費電力が少ないレンジフードファンです。薄型になって見た目もグッと変わりました。
今回の工事所要時間は PM1:00~3:00 でした。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 88.000円(税込)
– 工事内容 –
・FY-7HZC4-S 取付工事費込み: 88.000円(定価: 116.856円)
・別売品前幕板カバーFY-MH766D-S コミコミ(定価: 11.988円)
・既設キッチン換気扇撤去・処分
・工事保証無料10年保証






プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: