ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
充電中も施錠可能。EV充電設備取付け工事(大阪府大阪市F様)
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府大阪市にお住まいのお客様より自動車充電設備(カワムラ EVコンポ)の取付け工事のご依頼を頂きました。ありがとうございます。
収納キャビネットにケーブルを入れ込むのも良いですが、EVコンポはケーブルが露出しているのにもかかわらず、コントロールボックスまで引っ掛けれる構造で、毎日カンタンに充電することを考えたEV・PHEV用充電設備です。

まずは工事前の様子です。
RIMG5350.jpg RIMG5351.jpg
ほうきを掛けている箇所当たりにEV充電設備を設置します。外部の車庫で、天井に点検口があったのでコチラを利用して天井に隠ぺい配線を行い、電源は電気メーターから取り出すといった工事内容です。



メーターの下に充電設備用専用ブレーカが入ったウォルBOXを取り付け、このBOXの中で分岐工事を行いました。電気メーターのお色目に合わせてホワイト色のウォルBOXになっています。
RIMG5352.jpg IMGP3904.jpg
RIMG5358.jpg
ウォルBOXのサイズは、将来の増設を考慮してスペース確保のため大き目のものにしました。


天井点検口を使って天井裏にEV専用電源の配線。
IMGP3914.jpg IMGP3908.jpg
設置場所までの立ち下ろしはVEパイプを使っています。



今回は充電する車は、新型プリウス。
RIMG5353.jpg RIMG5355.jpg
新型プリウスのコントロールBOXがホルダーに保持できるかどうか、メーカーの未確認ということだったのですがテストでホルダーに掛けてみると少しケーブルが干渉したのですがお客様にご了承のもと取り付けさせていただくことに。三菱専用の別売コントロールBOXホルダーを使うとより良いかも知れません。



取り付けが完了したら、テスターで電圧測定。
RIMG5357.jpg IMGP3915.jpg
200V測定完了!



外観の仕上がり状況。
RIMG5365.jpg
パイプやBOXを外壁に近い色を選定させていただいたので、見栄えもキレイに仕上がるよう配慮しました。



ここに充電ケーブルを差し込みます。コンセントプラグのロック機構が備わっていて、リリースボタンを押さない限りケーブルが抜けることはありません。
RIMG5362.jpg RIMG5360.jpg
EVコンポの最大の特長は、やはりケーブルがスッキリ収めることが出来ることです。EVコンポなら、ケーブルはもちろんコントロールBOXを引っ掛けるスペースもあるので簡単に収納できます。ケーブルは露出していますが、大通りなど目立たない箇所にEV充電設備を取付けるなら、このEVコンポは毎日の充電ケーブルの出し入れが面倒だという方にはオススメです。



完成です!
RIMG5359.jpg
今回取り付け工事いただいた自動車充電設備は、カワムラ(河村電器産業)のEVライトコンポ電源スイッチ付き【ECL】です。
工事所要時間は PM2:00~5:00 でした。
ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 83.000円
– 工事内容 –
・ECL 取付工事費込み: 65,000円
・メーターからの分岐配線工事(材・工共): 18.000円




スポンサーサイト
EV充電設備(パナソニックエルシーブキャビケーブル収納タイプ)取付工事(大阪府泉南郡F様)

こんにちは!ズオーデンキです。

今回は大阪府泉南郡のお客様より自動車充電設備工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます!

まずは工事前の様子です。
RIMG4894.jpg
写真の外壁に自動車充電器の取り付けをいたします。


屋内の分電盤までの配線工事。露出させずに隠ぺい配線です。
RIMG8442.jpg RIMG4896.jpg
RIMG8454.jpg RIMG8455.jpg
ブレーカも新しく取付け。200Vのブレーカになります。


配線工事の様子。
まずは屋内の分電盤から充電器設置場所まで専用の電源配線工事が必要となります。将来電気自動車の容量UPにも対応できるよう30A相当の電線を当店は使用しています。
床下収納庫から床下へ入り込み、床下配線を行いました。PHV自動車充電器取付付近まで床下を通って隠ぺい配線。
RIMG4897.jpg RIMG8445.jpg
IMGP3500_2017062113364848a.jpg
通気口から配線を出しEV充電器までは配管工事を行います。


配線が終われば、EV充電器の取り付け位置を決め壁に固定していきます。
RIMG4899.jpg RIMG4902.jpg
IMGP3496_201706211336544d0.jpg
200Vの電圧チェックも完了。充電器周りには、雨水が入り込まないよう防水コークを行いました。マスキングテープを使用して、コークの仕上がりもキレイになるよう心がけています。



通気口から充電器下部までの配線ケーブルは、写真の白いパイプの中に入っています。基礎に沿って横引きし、露出部を出来るだけ目立たないように取り付けました。
IMGP3498_20170621133653f67.jpg



ボックスを開けた様子。
IMGP3501_20170621133656cb7.jpg IMGP3505_20170621133657faa.jpg
写真右側はコンセント差し込み口。ボックスを閉じた状態で電源がONになって充電開始します。
下部には、コントロールボックスを固定するホルダ。


完成です。
IMGP3499_20170621133659aa6.jpg
今回お取り付けしました商品は、パナソニックエルシーヴ・キャビケーブル収納タイプ(200V)【BPE221】です。ケーブル収納タイプは、扉を閉じたまま車にケーブルをつなげて充電が出来ます。大きなコントロールボックスも固定することが出来るのでスッキリ収納することができます。


ご依頼ありがとうございました。工事所要時間は PM2:00~3:30 でした。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 120.000円
– 工事内容 –
・BPE221 : 67,000円(定価:88,560円)
・隠ぺい配線工事(材・工共): 43.000円
・屋外1部露出配線工事: 10.000円



便利な充電コネクタホルダとカギ付コンセント!!自動車充電設備工事(大阪府堺市F様)
こんにちは!ズオーデンキです。

今回は大阪府堺市のお客様より自動車充電設備工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます!


カーポートの柱部に取り付けをするのでスリムタイプのコンセントをお取り付けします。
RIMG4818.jpg RIMG4820_20170614201731e3c.jpg
パナソニックカバー付き屋外コンセントと、オプションにて下部に充電コネクターケーブルホルダも設置します。


まずは屋内の分電盤から充電器設置場所まで専用の電源配線工事が必要となります。将来電気自動車の容量UPにも対応できるよう30A相当の電線を当店は使用しています。
RIMG4823_20170614201733807.jpg RIMG8392.jpg
RIMG8393.jpg
ブレーカも新しく取付け。200Vのブレーカになります。


屋外での配線工事。基礎部に沿って白いパイプが横引きで配管されています。これが今回のエルシーヴ専用の配管。中には電線ケーブルが入っています。
RIMG4819_20170614201737afa.jpg RIMG4821.jpg
RIMG4841_20170614201740fb5.jpg RIMG4842_20170614201742252.jpg
通気口から入れ込み、床下にて屋内隠ぺい配線します。


あとはカーポート支柱まで地面を這わせます。中継部にはプルボックスを設けて保護工事を行いました。
RIMG8394.jpg RIMG8395.jpg
RIMG8396.jpg
プルボックス周りは念入りに防水コーキング処理を行っています。


カーポートの支柱は薄いアルミなので通常のビス打ちでは強度の心配があります。
RIMG4827.jpg RIMG4825.jpg
RIMG4826.jpg
今回は長いボルトを裏側まで貫通させて数年後もグラグラしてきたりしないようしっかりと共締めしました。



いよいよPHV充電器【エルシーヴ】の取付です。
RIMG8398.jpg RIMG4834_20170614201754fa3.jpg
取り付けが完了したら、テスターで電圧測定。


完成です!!普段は保護カバーが閉まった状態ですが、保護カバーを開けるとあとは中のコンセントカバーを開けばコンセントを差し込み充電できます。
RIMG4846_201706142017577b1.jpg RIMG4836.jpg
RIMG4847_201706142018127ed.jpg
こちらが簡易錠を専用キーで閉める箇所です。『保護カバー』を閉め『簡易錠』を施錠すれば、コンセントの差し込み口や充電中のケーブルへのいたずら防止に効果があります。


下部には充電コネクタホルダー。充電後のコネクターは置き場所に困りがちですが、こちらに保持することができるので便利ですね!
RIMG4839.jpg RIMG4838.jpg
ケーブルは重いのできちんと耐えられるよう配慮する必要がありますので、こちらもしっかりボルトを貫通させて共締めしています。


RIMG4840_2017061420181789e.jpg
今回お取り付けしたのはパナソニックカバー付屋外コンセント(200Vタイプ)【WK4422S】。
「保護カバー」「簡易錠」を装備しています。
保護カバーを閉め、簡易錠を施錠すれば、コンセントの差し込み口や充電中のケーブルへいたずら防止に効果があります。また、鍵取付穴があるので、南京錠(市販品)を施錠することも可能です。

工事所要時間は AM9:00~PM0:00 でした。 ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 78.000円(税込)
– 工事内容 –
・WK4422S 配線・取付工事費コミコミ :65,000円
・露出ボックス :5,000円
・雑費・消耗材 :5.000円
・コネクター・ケーブルホルダー :3.000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)

 






いたずら防止でカギと保護カバー付き!EV充電コンセント設置工事(兵庫県西宮市T様)
こんにちはズオーデンキです。

今回は兵庫県西宮市のお客様より、EVPHEV自動車充電設備の設置工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

パナソニックのカバー付屋外コンセントで充電ケーブルの電源プラグをコンセントに差し込むだけで接続・ロックできるタイプで『保護カバー』と『簡易錠』を装備したタイプをお取付けします。


設置するのは玄関脇。
RIMG4643.jpg RIMG4649.jpg
横のウッドデッキ前が駐車スペースです。


充電コンセント用の電源工事は、洗面所にあります分電盤から配線します。
予備回路に専用のブレーカーを組み込み、そこからの電線を床下に落とし込みます。
RIMG4647_20170609131732081.jpg 
RIMG4648_201706091317336e3.jpg RIMG4644.jpg
あとは躯体に電線を固定していきながらデッキ下部まで引き込みます。床下は見えない部分ですが、よく床下配線の際は地面にそのまま転がして配線しているのを見かけますが、それは電気工事的にはあまりよくありません。当店は地面に転がすように配線は行いません。


露出配線用のボックスに配線を組み込みすると後はコンセントを前面に取り付けるだけです。
RIMG4650.jpg RIMG4646.jpg
RIMG4653_20170609131741991.jpg RIMG4656.jpg 
電線管は外壁のお色目に合わせてオフホワイト色にし、できるだけ目立たないようにしました。
最後にEVコンセント用の200Vが来ているかしっかりとテスターで確認します。



完成です!!外壁とEV充電コンセントとの境目には雨水が侵入しないようコーキング処理を施しています。キレイに仕上がりました♪
RIMG4660_20170609131721e02.jpg RIMG4651.jpg  
RIMG4655_20170609131714965.jpg RIMG4657.jpg 
今回お取り付けしたのはパナソニックカバー付屋外コンセントシャンパンブロンズ色【WK4422Q】。
「保護カバー」「簡易錠」を装備しています。
保護カバーを閉め、簡易錠を施錠すれば、コンセントの差し込み口や充電中のケーブルへいたずら防止に効果があります。また、鍵取付穴があるので、南京錠(市販品)を施錠することも可能です。

工事所要時間は PM1:00~3:00 でした。 ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 70,000円(税込)
– 工事内容 –
・WK4422Q 配線・取付工事費コミコミ :65,000円
・露出ボックス :5,000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)



EV・PHEVケーブル付き自動車充電器取付け工事(奈良県生駒市I様)
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は奈良県生駒市にお住まいのお客様より自動車充電設備(パナソニック:エルシーブヘキアmode3)の取付け工事のご依頼を頂きました。ありがとうございます。

まずは工事前の様子です。
RIMG4487.jpg
写真の外壁に自動車充電器の取り付けをいたします。分電盤から充電器まで完全に配線を隠す、いわゆる「隠ぺい配線」をお客様はご希望されていました。 工事内容は屋内・屋外共、完全に隠ぺい配線が出来た工事例となります。
取付ける充電器は、充電ケーブルの付いた「パナソニック:エルシーヴヘキアmode3」。ケーブルもコントロールボックスが無いので軽量。コードが引っ掛けれるタイプで収納もとてもラクな利便性の高い充電器です。お車は新型プリウスPHV。この充電器もプリウスに対応しています。

配線工事の様子。
まずは屋内の分電盤から充電器設置場所まで専用の電源配線工事が必要となります。将来電気自動車の容量UPにも対応できるよう30A相当の電線を当店は使用しています。
IMGP3048_20170526180446e8f.jpg IMGP3054_201705261804483a8.jpg
洗面所にあった床下収納庫から床下へ入り込み、床下配線を行いました。PHV自動車充電器取付付近まで床下を通って隠ぺい配線。

電線は床下の基礎に接触しないよう根太などに固定。
RIMG7818.jpg RIMG7821.jpg
床下部の配線はそのまま下へ転がしていることもよくありますが、電気的によくありません。オウチの構造材(根太等)にしっかり固定していき、見えない部分もきちんと配慮して配線工事を行います。充電設備の設置面まで配線できました。

PHV充電器取り付け部の外壁に床下まで配線した電線を取り出します。
RIMG4490.jpg RIMG7825.jpg
ここまで配線を通すのに難しかったのですが、無事完全に隠ぺい配線を行うことが出来ました。

屋内の分電盤までの配線工事。もちろん露出させずに隠ぺい配線です。
IMGP3055_20170526180455663.jpg RIMG7824.jpg
RIMG7826.jpg
ブレーカも新しく取付け。200Vのブレーカになります。

配線が完了すれば、いよいよPHV充電器【エルシーヴ】の取付です。
RIMG7828.jpg IMGP3059_20170526180500b03.jpg
IMGP3060_201705261805035da.jpg
200Vの電圧チェックも完了。充電器周りには、雨水が入り込まないよう防水コークを行いました。マスキングテープを使用して、コークの仕上がりもキレイになるよう心がけています。

エルシーヴヘキアmode3は、充電ケーブル付きです。
RIMG4504.jpg RIMG4507.jpg
プリウスの純正ケーブルは、根元付近に大きなコントロールBOXが付いていますが、エルシーヴヘキアmode3にはコントロールBOXが無くスッキリした仕上がりです。ケーブルフックも付いて大変便利。

車に差し込む充電用コネクタは、例えばガソリンスタンドのコネクタ収納ができるような造りになっています。
RIMG4498.jpg
RIMG4500.jpg RIMG4499.jpg
さらにコネクタホルダ部には鍵を設け、充電時以外の誤作動やいたずらなどによるトラブルを防止します。電源スイッチもあるので、長時間使用しないときなどに電源をOFFにすることが出来ます。

完成です!!
RIMG4508.jpg
お客様には「大変満足のいく工事内容だった」とお褒めの言葉をいただきました!
今回お取り付けしました商品は、パナソニック:エルシーヴ・ヘキアmode3 ケーブル付きタイプ(200V)【DNH321】です。

工事所要時間は AM9:00~11:30 でした。 ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 168.000円(税込)
– 工事内容 –
・DNH321 配線・取付工事費コミコミ :165.000円
・通常エリア外の為、交通諸経費 :3.000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)








プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: