FC2ブログ

ポールのBOX側面にEV・PHEV自動車充電コンセントの取付け -ズオーデンキ-

EV・PHEV自動車充電設備
05 /11 2020
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府吹田市にお住まいのお客様より自動車(EV・PHEV)充電設備の取付け工事のご依頼を頂きました。ありがとうございます。

まずは工事前の様子です。
RIMG0463_202005101024312d6.jpg RIMG0465_20200510102433813.jpg
今回の工事内容は、引き込みポール(すっきりポール)の取り付けられたメーターBOXの側面にEV・PHEV充電コンセントの取付けを行う内容になります。
今回の工事は「メーターBOX」に取付けですが、その他外観的にもよりスッキリ収まる「ポールの柱」に取り付ける工事も承っております。そのポールの丸柱に取り付ける工事事例はこちらです。



EV・PHEV充電コンセントの専用電源(200V)はメーターからの分岐配線になります。
RIMG0468_20200510102434fcb.jpg RIMG0470_20200510102436b04.jpg
メインブレーカMCBより分岐。EV充電用の専用ブレーカは漏電ブレーカELB2P2E30になります。



EV・PHEV充電用コンセントのカラーはホワイト。
他にも、ホワイトシルバー・シャンパンブロンズ・ブラックから選べます。
RIMG0478_20200510102437fda.jpg RIMG0467_20200510102439923.jpg
200Vの電圧チェックも完了。



普通はコンセントカバーが閉まった状態です。差し込みプラグはカバーで隠れた状態です。
RIMG0474_20200510102442b38.jpg RIMG0479_20200510102440b1e.jpg
コンセントカバーを開いて、自動車充電ケーブルを差し込みます。コンセントカバーを差し込むととプラグにカバーが抜け止めの役割になってロックがかかる構造です。
差し込むだけで電源プラグがロックされるので抜け落ちの心配はありません。毎日使うことを前提としてしっかりとした耐久性を備えています。費用もお安く、人気のEV・PHEV用充電コンセントです。



電気メーターBOXもホワイトなので、コンセントも外観を損ねることなくマッチしているかと思います。
RIMG0475_20200510102443c81.jpg RIMG0476_20200510102445545.jpg
RIMG0480_202005101024478a6.jpg
完成です!
今回取付工事させていただきました自動車充電コンセントはパナソニック屋外コンセント(200Vタイプ)【WK4322W】

工事所要時間は AM8:30~10:00 でした。 ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 64.000円(税込)
– 工事内容 –
・WK4322W 配線・取付工事費コミコミ :59.000円
・漏電ブレーカ: 5.000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)


スポンサーサイト



ポールにEV・PHEV自動車充電コンセントの取付け工事例 -ズオーデンキ-

EV・PHEV自動車充電設備
04 /25 2020
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府池田市にお住まいのお客様より自動車(EV・PHEV)充電設備の取付け工事のご依頼を頂きました。ありがとうございます。

まずは工事前の様子です。
IMG_5475.jpg
今回の工事内容は、引き込みポール(すっきりポール)にEV・PHEV充電コンセントの取付けを行う内容になります。
丸いポールに専用の取付金具を用いて充電コンセントを取付けます。適用EV・PHEV充電コンセントは・・・
屋外コンセント(パナソニック)
カバー付きコンセント(パナソニック)
です。ポールの太さは、φ114とφ140の2種類に適合いたします。



EV・PHEV充電コンセントの専用電源(200V)はメーターからの分岐配線になりますので、電線はポールの中に隠ぺい配線を行います。
USER2367.jpg USER2370.jpg
USER2374.jpg
ポール取付用専用金具の取付け。
この金具のカラーも合計4種類。コーヒーブラウン・アイボリー・ブラウン・シルバーと4種類から選択が可能。


EV・PHEV充電コンセントの専用ブレーカの取付け。
USER2380.jpg RIMG9901_20200422103640f01.jpg
メインブレーカMCBから分岐を行ったので、コンセントの専用ブレーカは、2P2E30の漏電ブレーカを取付け。



コンセントのカラーはブラック。
他にも、ホワイトシルバー・シャンパンブロンズ・ホワイトから選べます。
USER2375.jpg USER2377.jpg
RIMG9895_20200422103644613.jpg
お客様も色は悩まれたようで、ポールとのマッチングはバッチリかと思います。



ポール専用取付金具は特殊な形に曲げ加工されているので、曲げの箇所が各部隙間も生じていました。
製品上やむおえないものですが、すき間から雨水が入らないか気になりましたので、防水コーク処理を施しておきました。
RIMG9894.jpg RIMG9904_20200422103647b64.jpg
出来るだけ目立たないよう。ブラックのコーキングを使用しています。



200Vの電圧チェックも完了。
RIMG9905_2020042210364996b.jpg RIMG9907.jpg



完成です!
RIMG9906.jpg RIMG9903_20200422103653ec5.jpg
今回取付工事させていただきました自動車充電コンセントはパナソニック屋外コンセント(200Vタイプ)【WK4322B】

工事所要時間は PM1:00~2:30 でした。 ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 69.000円(税込)
– 工事内容 –
・WK4322B 配線・取付工事費コミコミ :59.000円
・漏電ブレーカ: 5.000円
・ポール取付専用金具: 4.000円
・消耗雑費: 1.000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)

【カバー付コンセント】EV充電設備配線・取付工事(兵庫県芦屋市K様)

EV・PHEV自動車充電設備
03 /28 2020
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県芦屋市にお住まいのお客様より自動車(EV・PHEV)充電設備の取付け工事のご依頼を頂きました。ありがとうございます。

まずは工事前の様子です。
IMG_2284.jpg
今回のEV充電設備はお家の外壁に取付けになります。
取付させていただく商品は、パナソニック【カバー付きコンセント】。 保護カバーに簡易錠がついているため充電中のいたずらなどの心配がありません。また、南京錠(市販)の取付けも可能です。
200Vの為、分電盤からの専用電源配線工事が必要となります。



まずは、専用電源配線工事から開始。配線が露出しないよう、外部まで床下配線を行いました。
洗面所の床下収納庫から床下へ入り込んで配線を行っている様子です。
USER1315.jpg USER1312.jpg
RIMG9264_202003281817126a8.jpg
電線は、地面に接触しないよう床の根太などにステップル固定。普段お客様が見ることの無い箇所ですが、このような細かな箇所もキレイに工事することを心がけています。



分電盤への配線も電線を露出させることなく配線。
空き回路があったので200Vの専用ブレーカを取付けさせていただきました。
USER1317.jpg USER1323.jpg
RIMG9266_20200328181716391.jpg
取付させていただいたブレーカは、将来を見据えて30Aのブレーカを取付け。電線もそれに対応する太さのケーブルで配線しています。



いよいよPHV充電器の取り付けです。
外部は取付位置まで露出配管を行いました。キレイな配管の取り回しになるよう、トーチで配管を炙って、アール(曲げ)を作っています。細かな作業工程ですが、ひと手間かけるとより一層キレイに仕上がります。
USER1327.jpg USER1328.jpg
USER1331.jpg USER1336.jpg
露出BOX周辺には防水コーキング処理。マスキングテープを使用してコークの塗布量やラインが均一に仕上がるように心がけています。



200Vの電圧チェックも完了。
USER1337.jpg RIMG9269_20200328181724146.jpg
今回取り付けさせていただいたカバー付きコンセントは、「ホワイトシルバー色」。他にもホワイトシルバー、シャンパンブロンズ、ホワイト、ブラックの4色を品揃えし、住宅の壁面などの色彩に合わせたコーディネートが可能です。


いたずら防止の「簡易鍵」付き。
RIMG9276.jpg

image1_20200328182837a39.png
保護カバーを閉め、簡易鍵を施錠すれば、コンセントの差込み口や充電中のケーブルへのいたずら防止に効果があります。
また、鍵取付穴があるので、南京錠(市販品)を施錠することが可能です。
※保護カバー付なのでコンセントカバー部の凍結軽減効果も期待できます。



お客様にもご協力いただきケーブルをお借り致しました。
充電ケーブルを差し込むとこのようなイメージです。保護カバーは閉めたままで自動車充電することが出来ます。
RIMG9280_2020032818172886f.jpg RIMG9271_2020032818172705d.jpg
コンセントカバーを開いたまま(専用)電源プラグを挿入します。コンセントカバーを離すとプラグにロックがかかります。



EV充電用コンセント適用プラグについて
image2_202003281839284ca.png
EV充電用コンセントは、日本配線システム工業会規格JWDS-0033に準拠した電源プラグに対応しています。
EV・PHEVの充電には専用電源プラグをご使用ください。
【100V充電と200V充電の違い】
例えば、トヨタプリウスPHVの場合・・・
普通充電時間100V ・・・ 約14時間で満充電
普通充電時間200V ・・・ 約2時間20分で満充電
200V配線工事による充電設備がおススメです。



完成です!
RIMG9274_20200328181731a7b.jpg
今回取付工事させていただきました充電コンセントはパナソニックカバー付屋外コンセント(200Vタイプ)【WK4422S】
「保護カバー」「簡易錠」を装備しています。
保護カバーを閉め、簡易錠を施錠すれば、コンセントの差し込み口や充電中のケーブルへいたずら防止に効果があります。また、鍵取付穴があるので、南京錠(市販品)を施錠することも可能です。

工事所要時間は PM1:30~3:30 でした。 ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 75.000円(税込)
– 工事内容 –
・WK4422S 配線・取付工事費コミコミ :65,000円
・露出ボックス :4,000円
・外部配管雑費: 4.000円
・消耗雑費: 2.000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)


【EVコンポ】カーポートにEV充電器取付工事(大阪府堺市N様)

EV・PHEV自動車充電設備
07 /19 2019
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府堺市にお住まいのお客様より自動車(EV・PHEV)充電設備の取付け工事のご依頼を頂きました。ありがとうございます。

まずは工事前の様子です。
RIMG0857_201907181649117e3.jpg RIMG0879_20190718164912539.jpg
カーポートの支柱にEV充電器を取り付けさせていただく工事内容です。機種は、カワムラのEVコンポプライムW
金属キャビネットに盗電・盗難防止の安心をプラスしたEV・PHEV充電用電気設備です。 
200Vの専用電源配線工事が必要なのですが、通常は屋内の分電盤からの配線を行いますがポール引き込みで充電器取付位置も遠くなかったのでポールから電源を分岐しました。



カーポートの支柱に取り付けの様子。
RIMG0859_201907181649145ed.jpg RIMG0862_20190718164915496.jpg
RIMG0876_20190718164917c67.jpg
支柱にしっかり固定できるよう、ボルトナット等を使用して6点固定させていただきました。また、腐食しないよう固定金具雑費はすべてステンレス製を使っています。



ポールまでの電源配線工事は、お客様とご相談させていただき配管露出を行っています。
ポールの配管立ち上げ部はステンレスバンドで固定。
RIMG0885_20190718164918bce.jpg RIMG0878_20190718164920a04.jpg
RIMG1914_201907181649213d8.jpg
ポールからの電源分岐工事。ブレーカは漏電タイプのブレーカを使用しています。



EV充電器とカーポート支柱には防水コーキング処理。
RIMG1915_20190718164923efa.jpg RIMG0872_201907181649248b7.jpg
マスキングテープを使用してコークの仕上がりにもこだわって作業しています。



外観と仕上がり具合です。
RIMG0873_20190718164926d00.jpg RIMG1918_20190718164927abb.jpg
金属製のボックスで扉を開けるとこのようなカタチになります。



類似機種でパナソニックの「エルシーヴキャビ」というEV充電器があり、いずれもカギで施錠することが可能ですが、カワムラのEVコンポはライト付きのキーになります。夜間の充電作業時に便利なLEDがホルダー部分に付いており、スイッチで点灯/消灯の操作ができます。
ボックスの下部にはコントロールボックス保持金具。コントロールボックスを保持金具(前後に調整可能)に当てて収納します。
RIMG0886_2019071816492998e.jpg RIMG0883_20190718164930372.jpg
RIMG0882_20190718164932cac.jpg
電源スイッチ付きで、電源を「入/切」することが可能。 ※電源の状態はスイッチの表示で確認できます。



パナソニックのエルシーヴキャビとの違いは、ボックスにケーブルを収納できるかどうか違いがあります。
今回のカワムラ製プライムWはドアを閉めて余ったケーブルを下部または側面に取付けた引掛金具に巻きつけることができます。キャビネットの設置場所が低い位置に限定される場合は、引掛金具を側面に取付けることも可能。
コントロールボックスはEVコンポプライムWの中に収納できます。位置調整した保持金具により、コントロールボックスの向きを調整して収納します。ドアを閉めた状態でも窓からコントロールボックスのLEDランプが確認できます。

image107.jpg

充電コネクタの固定はコネクタのレバー操作で簡単の着脱できます。もちろん充電コネクタを引っ掛けた状態で施錠ができます。



完成です!
RIMG1917.jpg
今回取り付け工事いただいた自動車充電設備は、カワムラのEVコンポプライムW【ECPW】です。
コントロールBOXを簡単に収納できます。大通りなど目立つ場所に取付けても外観もスッキリしています。ケーブルは引掛金具に巻きつけることができ、使い勝手の良い充電器になります。

工事所要時間は PM1:00~4:00 でした。

ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 116.000円(税込)
– 工事内容 –
・ECPW 専用電源配線および取付工事費込み: 98.000円
・カーポート支柱取付雑費等: 5.000円
・露出配管雑費: 5.000円
・交通諸経費: 3.000円
・ELB(漏電ブレーカ): 5.000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)




ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。