ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府豊中市N様 エアコン工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府豊中市のお客様からエアコンの取付工事のご依頼をいただきました。新築時も電気配線工事を担当しました当店のお得意様です。

エアコン室内機の様子。
IMGP7958.jpg IMGP7959.jpg
電源も壁貫通穴も無い箇所にエアコンを取り付けました。ALC造でコアの外壁穴あけ完了後、室内機を取り付けます。

外壁配管立ち降ろしの様子。
IMGP7962.jpg IMGP7964.jpg
配管の立ちおろしは、化粧カバー(スリムダクト)にて配管しました。うるるとさららの加湿機能タイプでしたので加湿ホースも一緒に下ろしてきました。配管はあらかじめフレア加工を行って接続します。

室外機の工事の様子。
IMGP7965.jpg
IMGP7967.jpg IMGP7968.jpg
地面にベタ置きするには室外機の幅が大きく、境界内に入らなかったので、壁掛けアングルを低位置に設置。重量も約60kgと重く、2人がかりで室外機を設置しました。

配管取り付けの様子。
IMGP7970.jpg IMGP7977.jpg
今回使用した配管は2分3分。室内機と室外機の連絡線は2mmを使用。室外機電源仕様を採用いただきましたので電源ケーブルも接続しました。

専用電源配線工事の様子。
IMGP7979.jpg IMGP7984.jpg
IMGP7983.jpg
ALC造の建物で、屋内の分電盤から電源を新規配線するのは困難だったので、電力メーターから分岐配線工事を行っています。端子台、エアコン専用ブレーカが入ったキャビネットを取付け。ノックアウトパンチで横抜きして、雨水の侵入が無いようにしっかりコーキング処理を施しました。エアコンの専用ブレーカは漏電タイプを使用、20A200Vです。テスターで電圧チェック、200Vが測定されている様子です。

真空引きの様子。
IMGP7980.jpg 
配管接続完了後、配管内を真空にする為真空引きを行いました。真空引きを行わず、ガス圧で真空させる業者も中にはいますので、当店はそのようなことは行わずしっかりこの工程は行います。

室外機完成の様子。
IMGP7989.jpg IMGP7990.jpg
排水は付近の雨水マスに流し込み。基礎は濡らさないように心がけました。スリムダクトはストレートで立ちおろしです。

試運転を行い、お客様に取り扱い説明をさせていただき完成です。
IMGP7997.jpg
今回設置いただきましたエアコン工事はダイキンの最上級モデル S56RTRXV。うるるとさららの加湿機能付きです。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。


スポンサーサイト
大阪府箕面市S様邸 エアコン取付工事

こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は箕面市にお住いのお客様よりエアコンの取付工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずはエアコンの設置場所の写真です。
IMGP01760.jpg

エアコンを取付けるために取付枠を付けます。
取付枠の位置でエアコン本体の位置が決まるので水平につくように水平器を使い水平に取付けます。
IMGP01762.jpg

次に配管を通します。
配管にはしっかりとしわがつかないように化粧します。
IMGP01768.jpg

次に本体を引っ掛け固定します。
エアコン本体は手垢などがつきやすいものなので本体を触るときはビニール手袋をつけます。
IMGP01766.jpg

本体に各配管、電線を接続します。

接続完了後室外機を搬入します。
室外機の裏側はとても傷がつきやすので慎重に行います。

室外機の接続の様子です。
銅管を適切な長さで切り返りをキレイにとります。
この時にキレイに取れなければガス漏れの原因となりますので慎重に行います。
IMGP01775.jpg IMGP01776.jpg

接続時にはトルクレンチを使い既定のトルク値でしっかりと締めます。
IMGP01779.jpg

室内機、室外機の接続が完了しましたら真空ポンプを使いガス漏れなどがないか確認します。
IMGP01780.jpg

異常がなければパテを使い配管をとおした穴を内側、外側の両面から塞ぎます。
IMGP01784.jpg IMGP01787.jpg

最後に試運転を行い工事完了となります。
IMGP01785.jpg IMGP01786.jpg

今回取付させていただいたエアコンはダイキンのF40PTEP-Wという機種のエアコンでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府羽曳野市F様邸 エアコン取付工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回はエアコンの取付工事のご依頼をいただきました。

今回の工事は穴、スリムダクトともに既設のものを利用しました。
708.jpg 709.jpg

まずエアコンの取付枠を取付けていきます。
この時水平に取付けなければ設置したエアコンが傾いた形となってしまうので水平器を使いしっかり水平になるよう慎重に行います。
712.jpg 714.jpg
715.jpg

次に外からケーブルを通しエアコンに接続します。
この時エアコンに汚れがつかないようビニール製の使い捨ての手袋をはめて作業を行います。
717.jpg

次にエアコンを取付けた後不要となる分の長さのケーブルを本体に固定します。
この時固定にはアルミテープを使いしっかりと固定します。
720.jpg

次にエアコンを引っ掛けます。
721.jpg

エアコンを引っ掛ければ次に室外機との接続をする作業を行っていきます。
まず室外機を設置するために足を取付けます。
しっかりとボルトで固定しました。
723.jpg

次に室外機を設置する場所へ移動させていきます。

移動後水平器を使い室外機の高さをしっかり調節します。
724.jpg

次にエアコンと室外機の各配管を接続していきます。

この時トルクレンチを使い既定のトルク値でしっかり固定しました。

741.jpg 727.jpg


排水はマンションの排水溝に穴をあけそこにドレンホースを通しました。

穴はパテでしっかり塞ぎました。
744.jpg

次に配管を真空状態にするため真空ポンプを使います。
742.jpg

しっかりと漏れがないことが確認できましたら、試運転を行い問題がなければ工事完了となります。
745.jpg 743.jpg
今回取付させていただいたエアコンはパナソニックのCS-223CF-Wという機種のエアコンでした。

ご依頼誠にありがとうございます。

当店のホームページもよろしくお願いします。
兵庫県西宮市W様邸 エアコン交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は西宮市にお住いのお客様よりエアコンの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは屋外の工事から紹介していきます。
エアコンの室外機を撤去します。
今回は既設のエアコン設置用のユニットを撤去し新しいものを設置しました。
この時ネジにもしっかりコーキングを打設し防水処理を行いました。
IMGP1304.jpg

その後室外機を搬入、設置していきます。
搬入時室外機の裏は傷がとてもつきやすいのでできるだけ触れないようにします。

搬入した室外機はボルトでしっかり固定します。
IMGP1305.jpg IMGP1306.jpg

今回は2台分工事させていただいたので同様の手順で下にもう一台を取付けます。
IMGP1307.jpg


配管のカバーは1つは既設のスリムダクトを利用し、1つは新たにスリムダクトを設置しました。

新たに設置したスリムダクトは見栄えを良くするため室外機付近までは既設のものと水平におろしてきました。
IMGP1312.jpg 

電源は分電盤から持ってきました。
まずVE管をのなかをケーブルが通りその後PF管へ変換して室外機へとつながっていきます。
IMGP1315.jpg IMGP1309.jpg IMGP1311.jpg

次は室内の様子です。
2台分のエアコンの配管が同じ穴からまず押入れの中に入ります。
IMGP1319.jpg

その後分岐しそれぞれの本体のある部屋へ分かれていきます。
配管にはしっかりと保温材を巻き、排水がしっかりと流れるように勾配もしっかりとりました。
IMGP1320.jpg
その後あけた穴にはパテを付けしっかりと穴をふさぎました。
IMGP1345.jpg IMGP1346.jpg

エアコン本体も配管接続後しっかりと保温材を巻きました。
IMGP1317.jpg

次に室外機と配管を接続します。
まず配管はフレア加工を行います。
IMGP1322.jpg

その後接続の時はトルクレンチを使いしっかりと既定のトルク値で固定します。
IMGP1331.jpg


しっかりと固定しましたら、配管の中を真空状態にします。
この時真空ポンプというものを使いました。
IMGP1333.jpg

その後試運転を行い、異常がなければ工事完了となります。
IMGP1344.jpg IMGP1342.jpg


今回取付させていただいたエアコンはダイキンのF-50PTCXV-W、同じくダイキンのF-56PTCXV-Wという機種でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府豊中市M様邸 エアコン取替工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様からエアコンの取替工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のエアコンです。
東芝のRAS-251EDという機種でした。
IMGP1237.jpg

こちらが既設の室外機です。
IMGP1240.jpg

さっそく古いエアコンを撤去していきます。
IMGP1242.jpg 
撤去完了後です。
IMGP1243.jpg

撤去が完了したらエアコンの取付枠を設置していきます。
IMGP1251.jpg IMGP1246.jpg
今回は裏がボードだったので固定にはボードアンカーを使いました。

次に各配管を部屋の外から入れ込んでいきます。
IMGP1256.jpg IMGP1257.jpg
IMGP1260.jpg

次にエアコンを取付枠に引っ掛けます。
この時エアコンに汚れがつかないようエアコンをもつときはビニール製の手袋をつけました。
IMGP1266.jpg

エアコンと配管の接続はエアコンの裏で行います。
IMGP1271.jpg
各配管にはしっかりと保温材を巻いていきます。
IMGP1270.jpg

次に新しい室外機と各配管を接続していきます。
IMGP1281.jpg IMGP1283.jpg
排水がでる場所はドレンホースを使いマンションの排水にみずがいくようにしました。
IMGP1303.jpg IMGP1290.jpg


次にエアコンの配管を通した穴をパテで隙間の無いようしっかりふさぎます。
IMGP1299.jpg IMGP1292.jpg


最後に真空ポンプを使い配管を真空にします。
IMGP1285.jpg

試運転を行い異常がなければ工事完了となります。
IMGP1300.jpg IMGP1301.jpg

今回取付させていただいたエアコンはパナソニックのCS-223CF-Wという機種のエアコンでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: