ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府豊中市I様 太陽光発電工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府豊中市にお住まいのお客様より太陽光発電システムの設置工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

工事前の屋根の様子です。
2_20140717161316e3e.jpg 1_20140717161314795.jpg
寄棟屋根で2面設置。平板瓦でした。パナソニックHITを19枚設置です。

瓦の取り外しの様子。
4_201407171613171a4.jpg 5_20140717161319c9b.jpg
架台方式は、設置されている瓦の種類によって異なります。今回該当する架台方式は、「差込み方式」と呼ばれる工法です。瓦の加工が必要な工法だけに実績と慎重さが必要な工事です。架台が設置される場所の瓦を一旦取り外している様子です。

支持板の差込み、垂木固定の様子。
10.jpg 8.jpg
架台の補強材である支持板を取り付けます。固定点数は6点止め。内4点は垂木に固定して引っ張り強度を確保します。垂木止めは強度を確保するためにも、この工事で重要な内容です。

差込架台取付け。固定の様子。
16.jpg 18.jpg
ルーフィング(防水紙)の上に白いライン2箇所をチェックしたところが垂木位置。支持板にしっかり垂木が固定されています。この支持板の上に差込架台を取り付けました。写真のように架台が瓦から飛び出したカタチになるので、瓦を復旧する際は架台に干渉しないように瓦本体を削る必要があります。

瓦の加工の様子。
19.jpg 20.jpg
架台が干渉する箇所を瓦サンダーで削ってカットします。カットする際は粉塵がご近所様に飛散しないよう、サンダーと掃除機が連動する機械を使用して細心の注意を払いました。

瓦の復旧、架台接写撮影。
IMGP7548.jpg 25.jpg
瓦の復旧作業です。架台が瓦から飛び出した箇所を削って加工したことにより、瓦の浮きもなく隙間も生じない状態になります。削りすぎても瓦の割れが発生したり、削りが甘いと、瓦が架台に干渉して浮くなどこの瓦を削る作業が難しいので実績や削り方をよく理解しておく必要があります。

縦桟取付の様子。
26.jpg 32.jpg
瓦を復旧後は、パネルを設置する縦桟の取付工事です。先ほどの瓦から出した架台に縦桟架台を組んでいきます。縦桟全て均一の高さにしておかないとパネルを設置した際、不陸が生じて非常に見栄えが悪くなるので水糸を使用して不陸調整を行いました。

縦桟締めつけ固定、架台分解写真。
35.jpg 36.jpg
固定ボルトは全てステンレス製のため、柔らかい材質のステンレスはきっちりとしたトルクで締め付ける必要があります。当店はトルクレンチを使用して規定トルク数値でボルトを締め付けています。 
瓦を1枚外して、架台の設置状況を撮影しました。右写真のようなカタチで架台が取り付けられています。

いよいよパネルの設置です。
47.jpg 45.jpg
44.jpg 40.jpg
あらかじめ縦桟を不陸調整したこともあって、キレイにパネルが並んでいきます。

PFD管の使用。
IMGP7641.jpg
今回棟をまたいでパネル延長ケーブルを配線する必要がありました。屋根上で使用する配管は過酷な天候状況にも耐えるPFD管を当店は使用しています。

パネル工事完了後の様子。
49.jpg 54.jpg
予定していたパネルレイアウトの完成です。パネルと屋根のクリアランスも規定内にしっかり収まっています。パナソニックHITシリーズ。確認事項として延長ケーブルにて直流電圧の測定。メーカー配布の電気工事チェックシートに照らし合わせて異常がないことの確認も怠りません。

接続箱の設置の様子。
63.jpg
64.jpg 61.jpg
パネル延長ケーブルを立ち下ろして外壁に接続箱を設けました。屋内の貫通部はパテで埋設、ケーブルを屋内に入れ込んでいます。接続箱本体の周りもコーキング処理をしっかり行いました。

屋内パワーコンディショナーの設置。
66.jpg
左側に見えるのが既設分電盤。付近にパワーコンディショナー・太陽光発電専用ブレーカ、電力検出ユニットを設置します。

パワコン設置状況。
68.jpg 81.jpg
83.jpg
屋内の配線工事は全て配線を隠ぺいすることができました。パワーコンディショナーの周辺クリアランスもメーカー規定に準じて設置しています。
工事は以上で完了です。パナソニック太陽光発電システム4.560kWシステム、発電が楽しみです。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。


スポンサーサイト
大阪府豊中市A様 太陽光発電工事工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は豊中市にて設置させていただきました太陽光発電工事のご紹介です。パナソニックHIT240シリーズ30枚、7.200kWシステムで戸建での余剰電力買取制度適用になります。

3F建ての建物でしたので、屋根に簡易足場を組んで今回の作業を行いました。
IMGP4619.jpg IMGP4660.jpg
単管を組んでいます。命綱もこの単管に繋ぐこともできますので作業効率のアップにもつながります。
右写真は足場を組んだあと、架台の墨出しを行っている様子です。後で消えるようにチョークで描いています。

架台取り付けのビスを打ち付ける為の下穴をスレートに開けている様子です。切り粉は、ハンドクリーナーでしっかり取り除きます。
IMGP4663.jpg IMGP4665.jpg
下穴の防水処理はアスファルト系シーリングで処理、今回使用したシーリングはRAシールを使用。通常のコーキングと違って耐久性・耐候性に優れたシール材です。架台1箇所につき5つの穴全てにRAシールを入れ込んでいます。

架台取り付けになります。
IMGP4668.jpg IMGP4670.jpg
IMGP4675.jpg
RAシール以外はビス1本に至るまで全てパナソニックからの支給の架台部材になります。ビス頭もゴムパッキンがついて防水処理がされているものです。屋根に対して菱形状に架台を固定して、棟側方向にもRAシールで防水処理を行いました。

架台を取り付けた後はパネルを載せる縦桟架台を組み付けていきます。
IMGP2677.jpg
IMGP4673.jpg IMGP4672.jpg
パネルを直接この縦桟部材に載せるので、均等に高さを合わせ、また上下もぴったり合わせないとパネル同士が隙間が生じたりガタガタにずれたりしてしまいます。水糸を使用して縦桟の高さ調整、水平にしっかり合わせて仕上がりがキレイになるよう調整しました。防水処理の次に重要なポイントです。

架台取り付け完了の様子。
IMGP4682.jpg 


いよいよパネル設置工程に入ります。
IMGP2679_201401171713038ff.jpg IMGP2682_20140117171302d3f.jpg
縦桟の不陸を調整したので、キレイにパネルも並んでズレもありません。お客様がパネルを間近で見ることはありませんがキレイな工事を心がけて引渡しすることを当店は前提としています。

しっかり各パネルが発電しているか直流電圧を測定し、異常がなければパネル設置完了です。
IMGP4690.jpg IMGP4691.jpg
IMGP4695.jpg
3面設置、東に16枚、西に8枚、南に6枚。影の影響もなく発電良好です。パネル設置可能範囲もメーカー基準を厳守しています。
ケーブルの保護管は高耐久製のPFD管を当店では採用しています。

接続箱は、換気の行き届いた場所に設置。
IMGP4684.jpg IMGP4686.jpg
点検も可能な場所です。接続状況が見えるように保護カバーを外しての写真撮影、この接続もキレイに行いました。

パワーコンディショナーはパナソニック製集中型を使用、2.7kWと4.0kWの2台体制です。
IMGP4620.jpg IMGP4623.jpg
IMGP4625.jpg
上下左右のクリアランスを規定順守で取り付け。後日関西電力が売電メーターを取り付け。運転を開始して順調な発電状況を確認しました。この日は雲がすこしかかって晴天とは言えなかったものの、5kW以上を発電していました。国の補助金および、豊中市の補助金も交付予定です。
ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。










 






大阪府東大阪市Y様邸 太陽光発電工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は以前ブログでご紹介した太陽光発電システム工事の電気工事部分をご紹介します。

前回の太陽光発電のブログはこちらをご覧下さい。

今回は新築での太陽光発電システムの設置となりますので隠蔽配線ができるので見栄えもばっちりです。

まずはケーブルをパネルを置く屋根からパワーコンディショナー設置場所まで配線します。
屋根裏を通し、ステップルでケーブルを固定しています。

IMGP0282.jpg IMGP0285.jpg


屋根のケーブルを通した穴はパテでしっかりと埋めているので雨漏りの心配はありません。

0011 0012


屋内に引っ張ってきたケーブルはまずは接続箱に接続していきます。
接続箱はソーラーパネルで発電した電気をまとめてパワーコンディショナーに送る役割があります。

ytaiyoukou3.jpg ytaiyoukou5.jpg
ytaiyoukou4.jpg

次は接続箱とパワーコンディショナーを接続します。
パワーコンディショナーは発電された直流の電気を交流に変換することができます。
普段お使いの電気は大体が交流100Vと200Vなので発電した電気をお使いいただくためにも絶対に必要な機械です。

ytaiyoukou6.jpg IMGP3032.jpg

次にワイヤレスモニター用の電力検出ユニット、太陽光発電用のブレーカーを取り付けます。

ytaiyoukou7.jpg

最後は試運転を行い、しっかりと発電されているか確認します。

以上で太陽光発電の電気工事は終了です。

今回取付させていただいた太陽光発電工事のモジュールは三菱のPV-MA2120Kというパネルが15枚、3.18kwシステムでした。

ytaiyoukou8.jpg

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


大阪府豊中市H様邸 太陽光発電工事2
こんにちは。
ズオ-デンキです。

今回の記事では太陽光発電の電気工事の様子を紹介します。
屋根から降ろしてきた、ケーブルの写真です。
IMGP0727.jpg
パナソニック太陽光発電システムの「野地ぴた工法」はパネル延長ケーブルも隠ぺい配線で行うため、延長ケーブルは屋根裏へ配線を通しています。

屋根裏へ降ろしてきたパネル延長ケーブルは一度外壁に出しそこから1Fの床下換気口まで配線しました。
IMGP0732.jpg
今回は床下換気口を通して床下配線でパワーコンディショナーまで配線します。

ケーブルはVE,PF管でしっかり保護しました。
この時VEは地面に対して垂直になるよう固定前にしっかりと確認しました。
IMGP2909.jpg IMGP2910.jpg

次に接続箱にケーブルを接続していきます。
IMGP2890.jpg

接続完了後です。
IMGP2905.jpg

次に換気口から床下にケーブルを入れ込みパワーコンディショナーの設置位置まで配線します。
IMGP2907.jpg

パワーコンディショナーの設置は屋内での作業となります。
当店では家の床などが確実に傷つかないように物は毛布の上に置くことを徹底しています。
jjjjjjjji58.jpg

脚立には靴下をはかしてから家の中にあげさせていただいています。
jjjjjjjjjjjjifcd58.jpg


ケーブルを出す時に家の壁を切らしていただきます。
この時はもちろん寸法を測りパワーコンディショナーの裏になる部分のみを切りました。
この時切りくずが多く出てしまうのでしっかりと養生してから行いました。
もちろん施工完了後の掃除も怠りません。
4584.jpg 8741411.jpg
IMGP0775.jpg
このように配線を隠蔽することで施工後の見栄えが良くなります。
当店ではできる限り隠蔽配線を行っております。

パワコンの設置はまず取付枠を取付けます。
この時地面と水平になるように取付けました。
固定する位置が地面と平行になるようにします。
今回は裏がボードでビスが効かなかったためにボードアンカーを使用しました。
kkkofrvr.jpg IMGP0750.jpg

次に本体を引っ掛け固定します。
55555555584.jpg 


次にカバーを取り外し接続していきます。
887787484646.jpg

接続が完了しましたらカバーを元に戻します。
IMGP0767.jpg

今回はモニターのご依頼もいただいていましたので出力ユニットも取付けました。
IMGP0770.jpg
モニターの写真です。
現在発電している電気、使っている電気などを表示してくれます。
IMGP2920.jpg

最後にメーターボックスを取り付け関西電力の方が後日メータを取付けれるようにすれば工事完了となります。

IMGP0740.jpg IMGP0742.jpg

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府豊中市H様邸 太陽光発電工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様より太陽光発電の設置工事のご依頼をいただきました。H様は以前にもエコキュートやエアコン、浴室換気乾燥機の取り付けなどご依頼いただき今回のソーラー工事も当店にお声をかけていただきました。
H様いつもご依頼いただきありがとうございます。

まずはパネルを取付ける屋根の写真です。
今回は屋根の吹き替えを行う時にパネルを仕込むという形で工事を行わせていただきました。パナソニック太陽光発電システムの「野地ぴた工法」です。見栄えも美しく屋根一体式のイメージになります。
IMGP2840.jpg
写真は古いスレート屋根を撤去して新しくルーフィングを張った様子です。ここまでは屋根工事屋さんに担当いただきました。西垣板金工作所さんとご一緒に工事させていただきました。
石垣さんのHPはこちら
とても仕事も丁寧でオススメの屋根工事屋さんです。


まずは墨出しを行います。
正確に屋根の大きさを測りそこから墨出しをしていきます。
IMGP2842.jpg IMGP2844.jpg


墨出しが完了しましたら次にパネルをお設置するベースを取付けます。
IMGP2852.jpg
ベース自体が屋根の役割を果たして雨水をトユに流し込みます。

ジョイント部をつなげてビス止めを行います。
IMGP0687.jpg
棟側までベース板を取り付けたら棟側先端は防水テープを貼りしっかりと防水処理を行います。

全て同じように取り付けもう一度防水テープを貼りしっかりと防水処理を行います。
IMGP0689.jpg  vccccccccccccch.jpg

次に水切り板を取付けます。
水切り板は重ねる部分を一度開いてから織り込んでいきます。
IMGP0704.jpg IMGP0694.jpg

重ねる部分にはコーキングを塗付ししっかりと防水処理を行いました。
582587.jpg

側面水切りの固定には板金で製作した板金押さえ金具を使いました。
釘を打ちしっかり固定します。
a584.jpg b584.jpg

全ての水切り板を取付ければ防水処理のためしっかりと防水テープを貼ります。
c584.jpg IMGP0708.jpg
IMGP0709.jpg
角の部分は側面を棟側の上に少し出します。
この時もしっかり大きさを測りはさみで切りました。
e584.jpg g584.jpg


次に配線を行います。
パネルの延長ケーブルを延ばし配線を行った後、ベース板ごと屋根裏まで貫通穴を開けケーブルを屋根裏に入れます。
IMGP0722.jpg
この時あけた穴の淵には防水テープを貼りしっかり防水処理を行いました。

ケーブルを入れ込みましたらケーブル引込み部材を取り付け、カバーのケーブルがでる部分にもしっかりと防水処理のためコーキングを塗付しました。
IMGP0725.jpg

次にパネルを取付けます。
パネルを取付ければ写真のようにパネルが屋根に対してピタッと引っ付いたように低い位置に取付けられているのがわかります。
718.jpg

パネルはボルトでしっかりと固定します。
IMGP2868.jpg IMGP2867.jpg
この時トルクレンチを使い既定のトルク値でしっかりと固定しました。

全てのパネルを同じように取付けていきます。
IMGP2872.jpg

最後にカバーを取付ければ屋根工事は完了となります。
IMGP2875.jpg IMGP2884.jpg

IMGP2881.jpg IMGP2887.jpg

次は電気工事の様子を紹介いたします。

当店のホームページもよろしくお願いします。




プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: