FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
エアコン取り付け工程

こんにちは^^
今日は久しぶりの更新です

先日、マンションのエアコンの取り付けをしたので、
そのときの工程をご紹介します。

エアコン  エアコン 
取り付けをしたマンションはRC(鉄筋コンクリート)構造で、スリーブ穴は既存であいていました。


エアコン   エアコン
室内機取り付け位置に金具を取り付けて、本体を引っ掛けます。

エアコン
そして銅管のフレア加工です。
アップで見てみると、

エアコン 銅管の先をカットした状態です。

エアコン フレアナットを通して、

エアコン 専用工具で先っちょを広げてやると

エアコン このようになります。



エアコン
そして、室内機の配管とつなぎます。
このとき締め付ける強さは、強すぎても弱くてもだめなのでトルクレンチで、一定の強さで締め付けます。

エアコン  エアコン  エアコン  つないだ後は化粧テープを巻いて、室内は完了です。


さて次は室外機です。
隣の部屋にも取り付けをして、室外機が二台だったのですが、
ベランダが狭くて並べて置けないので、縦に二段置きする事になりました。

エアコン 二段置き用の架台です。


エアコン  室外機を乗せると、こんな感じです。


エアコン
室外機側もしっかりフレア加工して、一定トルクで締め付けます。

これで、取り付けは完了です。

・・・・が、ここからが重要です。
つないだ配管の中には、空気や空気中の水分が残っています。
空気を抜かないとエアコン運転時、サイクル内が異常高圧になります。
そして、わずかな水分でも残っていると冷凍機油の劣化を招き、コンプレッサー焼け等の原因になります。
真空ポンプという機械を使って、配管の中を真空に近づけて空気を抜きます。
そして配管内の圧力が下がれば水の沸点が下がります。
-742mmHgまで達したら、20℃の空気中の水分は蒸発しはじめます。
エアコン  これが真空ポンプです。

エアコン  室外機のサービスポートに接続します。

エアコン  これで、しばらくポンプを稼動させ空気を抜いて、水分を蒸発させます。

そして、配管の漏れがないか確認して、問題がなければコックを開いて配管の中にガスを通します。
運転確認をして、取り付け完了です^^


今年の夏も暑くなりそうですねー
各メーカーから省エネの機種も続々と発売されています。
エコポイント制度もありますし、この機会いかがでしょうかw








スポンサーサイト


プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: