ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府箕面市 太陽光発電工事(シャープ)
こんにちは。太陽光発電設置のご紹介です
屋根材はスレート材、切り妻屋根で影もなく南面に向いた太陽光発電に適したお家でした

こちらが設置前の写真です。
IMG_0611_convert_20100312230249[1]

さっそく架台を取り付けていきます。ちなみにシャープ製の太陽光発電システムです.
DSCF1687_convert_20100312225742[1] DSCF1689_convert_20100312225819[1]

要となる直接屋根に取り付ける架台はメーカーから支給される防水ゴムの付いたビスで固定しますが、高い防水性を維持するためにビス穴にブチルゴムを入れます。ブチルゴムはダムの目地などに使われる耐久性・防水性に優れたゴムでビスをもみ込むとゴムがビスに巻きついて、しっかり防水してくれます

架台を取り付けたらパネルを取り付けます
DSCF1691_convert_20100312225912[1] DSCF1690_convert_20100312225845[1]

最近太陽光発電の普及が急加速になりメーカーのパネル生産が追い付いていない状態で、今回のお客様にもパネルが納入されるまでお時間をいただきました。大切なパネルを1枚1枚しっかり設置していきます。

完成です
DSCF1693_convert_20100312225943[1] DSCF1694_convert_20100312230018[1]

屋根いっぱいに広がった長方形のシステムができました 

パワーコンディショナーはパネルとパワーコンディショナーをつなぐケーブルが露出になりますので、化粧カバーで見た目もキレイに立ち下げました。
DSCF1703_convert_20100312230154[1] DSCF1702_convert_20100312230121[1]

また、こちらのお客様にはオール電化工事のご依頼もいただきました。ありがとうございました
IMG_0615_convert_20100312230321.jpg  DSCF1698_convert_20100312230050.jpg

当店のホームページにも太陽光発電・オール電化工事の詳細を載せておりますので、ご興味ある方は是非当店にご相談ください

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします















スポンサーサイト
大阪府堺市 エコキュート工事
こんにちは。エコキュートの設置工事のご紹介です
今回は基礎工事を中心にご紹介いたします。

まずは設置前の様子です
DSCF1629_convert_20100311212012[1]
お家の壁からお湯の配管が出ています。地中から上がっている配管は水および排水口になります。これらの配管が出ている場所にエコキュートの貯湯タンクを据え付ける事になりました

貯湯タンクユニットにはコンクリート基礎工事が必要です。タンクの中が満水になるとおおよそ500kgの重さになりますので、それに耐えるしっかりした基礎がいります
DSCF1638_convert_20100311212044[1]
基礎の木枠を作って地面を平らにならします。1番下にバラスをまく事によって、より強固な基礎をつくることができます
 
次は木枠にコンクリートを流し込みます。
DSCF1639_convert_20100311212116[1] DSCF1641_convert_20100311212148[1]
セメントを全て流し込む前に、基礎の中にさらに鉄筋を入れる事により強い基礎が出来ます。
水平にコンクリートを流し込んで完成です 木枠をばらさずに数日間置いてコンクリートが固まるのを待ちます。

木枠をばらしました。置いていた間に雨が降ったのでブルーシートをかぶせています。
DSCF1661_convert_20100311230933[1] DSCF1706_convert_20100311212216[1]
基礎もしっかり固まっているのを確認して貯湯タンクユニットを据え付けます 各配管の接続部も断熱材で保温施工しています。見えない所もしっかり施工します

ヒートポンプも取り付けて完成です
DSCF1707_convert_20100311212254[1]

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします




 




大阪府枚方市F様 太陽光発電工事(シャープ)
こんにちは。今回は大きなシステムの太陽光発電工事のご紹介です
シャープ太陽光発電システムで7.040kwの大容量です

下は施工前の屋根の様子です
DSCF1365_convert_20100309210924[1]
屋根材は平瓦、片流れの大きな屋根です まずはパネルを取り付ける前にパネルを載せる架台を施工していきます。
DSCF1646_convert_20100309210957[1]
架台が設置する個所の瓦を取り外して、しっかりと屋根に取り付けるために瓦の下にアルミ補強板を取り付けてしっかり補強します。もちろんですがこれらの施工方法はメーカーの施工手順に正しく沿って工事してます

補強板を取り付けたら瓦を復旧します
DSCF1655_convert_20100309211029[1] DSCF1662_convert_20100309211059[1]
7kw以上のシステムになると架台もたくさんありベースを付けるのだけでもけっこう時間がかかりました

架台を付けたらパネルを設置していきます 

DSCF1675_convert_20100309211245[1]
屋根の形に沿ったキレイな太陽光発電システムの完成ですメーカーの施工基準に沿ったパネル設置可能範囲もしっかりキープしています 
DSCF1672_convert_20100309211208[1]

パワーコンディショナーは電気メーターの後方に設置しました
DSCF1581_convert_20100309211639[1] DSCF1680_convert_20100309211745[1]
お客様には工事中色々とお世話になりました。ありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします






  




大阪府池田市 据え置きIHクッキングヒーター工事
こんにちは。今回の工事は据え置きタイプのIHクッキングヒーターの取付のご依頼をいただきました。
工事前のご自宅調査にて、IHが必要な200Vがお家にきていなかったので200V引き込み工事もかねての内容となりました

電気メーター工事前の写真ですお家の中には2線式の100Vのみ使用ができたので・・・
DSCF1598_convert_20100617202255.jpg
大元となる電線を太い電線に変えて3線式の200Vにしました 電気メーターもその日に関西電力が新しいメーターに交換してくれたのでスムーズに工事が進みました。
DSCF1599_convert_20100617202321.jpg DSCF1603_convert_20100617202341.jpg
引き込み工事が完了したら次はメインのIHクッキングヒーターの取り付けです。下の写真のシンク台にIHを据え付けます
DSCF1602_convert_20100617202421.jpg

分電盤からこのシンク台まで200Vの電源を引っ張ってこないといけないので、今回は配線は露出ですが化粧モールを使ってその中に電線を入れて配線しました
DSCF1600_convert_20100617202436.jpg

配線した後は、IHを据え付けます
DSCF1604_convert_20100617202359.jpg DSCF1606_convert_20100617202613.jpg

今回はパナソニック製のIHクッキングヒーターを付けていただきました。 最後に取扱説明をさせていただいて完了です。ありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします




プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: