FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
オール電化・ソーラー広告配布してます
こんにちは。ズオーデンキです。
お客様からオール電化、太陽光発電システム、設備工事などたくさんのご依頼をいただき大変感謝してます
この度大変ご好評いただき、当店のチラシをご近隣様に配布させていただいてます
繧コ繧ェ繝シ繝・Φ繧ュ縲
 
当店の事をもっと知っていただこうと、少しずつですが配布させていただいてます。
興味もっていただいいたら、お気軽にご相談下さい 対応地域もお気軽にご連絡ください。 
価格も工事も自社施工で自信を持ってお客様にご提供いたします

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします


スポンサーサイト
大阪府茨木市T様 太陽光発電工事
今回のお客様はシャープ太陽光発電システムの設置のご依頼をいただきました。切妻屋根で、計24枚のシステムです
まずはベース架台を屋根に置いていきます。
DSCF2001_convert_20100623130256.jpg DSCF2002_convert_20100623130315.jpg
 
このベース架台にビス穴が開いてますので、ビスをもみ込む下穴を開けます。
DSCF2009_convert_20100623130506.jpg

切り粉をハンドクリーナーで吸い取り、キレイに取り除きます
DSCF2003_convert_20100623130331.jpg DSCF2004_convert_20100623130427.jpg

キレイに切り粉を取り除いたら、防水性の高いブチルゴムを穴の中に入れてその上からビスをもみ込みます ゴムがビスに巻きついて穴を水が入る隙間なくしっかりと防水してくれます
DSCF2006_convert_20100623130449.jpg

これをベース架台全てに施工し、横桟金具を組んでいきます
DSCF2013_convert_20100623130536.jpg DSCF2010_convert_20100623130522.jpg

1番下の軒先側の写真です。黒いのは軒先カバーで、シャープのロゴが入ったものです
DSCF2018_convert_20100623130550.jpg
 
横桟金具を取り付けると、モジュールを軒側から組み込んで完了です
DSCF2014_convert_20100623130604.jpg
DSCF2022_convert_20100623130623.jpg DSCF2023_convert_20100623130636.jpg
 
モニターは写真のJH‐RWZ1を設置いただきました。
DSCF2030_convert_20100623130652.jpg

パワーコンディショナーはパネルとパワーコンディショナーをつなぐケーブルを化粧ダクトを使用して外観も重視した施工を心がけております。
DSCF2032_convert_20100623130706.jpg
ご依頼いただきありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします












大阪市O様 エコキュート工事
こんにちは、ズオーデンキの頭応です。
今回は大阪市内でエコキュート工事のご依頼をいただきました
今回の機種はダイキン高圧パワフルシャワータイプのEQ46LFVです。
IMG_1337_convert_20100622151135.jpg IMG_1341_convert_20100622151233.jpg

既存のガス給湯器がある場所にはエコキュートを置くスペースがなく、お客様とのお話しで車庫の置くに設置させていただくことになりました。 まずはその為の配管延長の工事からの様子です。
IMG_1244_convert_20100622151104.jpg IMG_1333_convert_20100622151046.jpg
延長した配管は化粧カバーを使用して、すっきり収めています

貯湯タンクユニットは車庫に設置することになりましたので、延長配管の長さを短めにする事、見た目もすっきりさせる為に貯湯タンクの裏側の外壁を貫通させてそこから配管を入れることにしました。
IMG_1332_convert_20100622151027.jpg IMG_1336_convert_20100622151121.jpg
外壁はコンクリートでしたので、ダイヤモンドコアを使用して配管穴を開けました

外の延長配管は配管穴を開けることによって余分な延長も出来る限り無くしました。
IMG_1352_convert_20100622151324.jpg IMG_1361_convert_20100622151343.jpg
ヒートポンプは配管穴を開けたちょうど外側に設置しました

車庫に貯湯タンクユニットを設置します
IMG_1339_convert_20100622151154.jpg

各配管をタンクに接続します。
IMG_1363_convert_20100622151406.jpg IMG_1368_convert_20100622151423.jpg
 
台所・浴室リモコンを設置後、試運転で完了です。
IMG_1349_convert_20100622151307.jpg IMG_1347_convert_20100622151252.jpg
貯湯タンクユニットから出る排水も配管穴を使って外へ出るようにしましたので車庫が濡れる事もなく、無事工事が完了しました。ご依頼いただきありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします





豊中市W様 エコキュート取付工事
こんにちは。ズオーデンキです 
今回はエコキュート工事のご紹介をしたいと思います。ご依頼いただきましたお客様のガス給湯器には追い炊き機能は付いているのですが、追い炊き機能にも2種類あり強制追い炊きタイプと自然循環追い炊きタイプがあります。エコキュートは強制追い炊きになりますので、ガス給湯器でも同じタイプの強制追い炊きが付いていればそのまま使用できますが、自然循環タイプの場合は新たな追い炊き配管が必要になります。 今回のお客様は自然循環タイプのガス給湯器が付いていたので新たに追い炊き配管をしました
DSCF1617_convert_20100622152030.jpg DSCF1614_convert_20100622152059.jpg
左写真の給湯器の奥に見える黒いゴム製の配管であれば自然循環方式の追い炊きとなります

工事前の様子です
DSCF1619_convert_20100622152349.jpg DSCF1615_convert_20100622152125.jpg
既存のガス給湯器は2Fの外壁面にありますのでエコキュートはそのまま下へ設置することになりました左の写真の所にエコキュートの基礎をつくります。

DSCF1920_convert_20100622152142.jpg DSCF1935_convert_20100622152200.jpg
既存の基礎の厚みがとても薄く、その上から基礎のコンクリートを流し込むと既存の基礎がひび割れする恐れがあったので、1度既存の基礎を取り除いてから基礎を作り直しました。貯湯タンクは満水になると400kg~500g程になるので、これでしっかりした基礎作りが出来たのでタンクが載っても大丈夫です

基礎が乾けばエコキュートの設置です
DSCF1985_convert_20100622152216.jpg DSCF1979_convert_20100622152235.jpg 
DSCF1980_convert_20100622152249.jpg DSCF1981_convert_20100622152303.jpg
既存の配管は化粧ダクトを使用して、立ち下げたので見栄えもキレイに仕上がったと思います各配管の接続部も保温材を巻いて、脚部カバーを取り付けました キレイで確実な施工を心がけています。 ご依頼いただきありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします






大阪府豊中市W様 IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです
今回はIHクッキングヒーターの工事の様子をご紹介したいと思います。
まずは施工前の写真
DSCF1917_convert_20100612115130[1]

ガスコンロの下にガスオーブンが設置しています。このオーブンはIHに交換すると大抵は使用できなくなります 機能自体は使えるかも知れませんが、ガスオーブンの排気口がガスコンロの後部とつながっていて、IHクッキングヒーターに交換するとこの排気口の接続が出来なくなりますのでオーブンも使用できなくなります。

撤去の様子
DSCF1924_convert_20100612115210[1]
ガスオーブン共全て撤去しました。下に見えるのがガス管とオーブンで使用した電源コンセントですもちろんガス管はプラグで閉栓済です。

次は配線です。配線は隠ぺい出来ずに露出配線になりましたが、化粧モールで配線してます。
DSCF1921_convert_20100612115148[1] DSCF1926_convert_20100612115227[1]
 
後はIH本体の設置です
DSCF1927_convert_20100612115244.jpg DSCF1986_convert_20100612115331.jpg

IHはきれいに収まりましたので、ガスオーブンを撤去したところに棚を設置します。
DSCF1928_convert_20100612115315.jpg DSCF2046_convert_20100612115424.jpg
DSCF2044_convert_20100612115405.jpg
ご依頼いただきありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします






兵庫県神戸市Y様 太陽光発電工事(シャープ)
こんにちは。ズオーデンキです
ご依頼いただいたきました太陽光発電工事の内容をご紹介いたします
まずは工事前の写真から。以下の面にパネルを設置していきます。
DSCF1286_convert_20100611174745[1]
ベースとなる架台の取り付けです。メーカーの施工方法にそって並べていきます。
DSCF1713_convert_20100611175039[1]
こうして桟の並べ方も細かく施工方法が決められています 

次は横桟の取り付けです
DSCF1720_convert_20100611175112[1]
やはりここで重要なことはボルト・ナット類のトルク締めでしょうトルクレンチを使用して規定のトルクでまし締めします。
IMG_0999_convert_20100611183352[1]
 
パネルの取り付け作業風景です
DSCF1721_convert_20100611175130[1] IMG_1007_convert_20100611183435[1]
IMG_1005_convert_20100611183414[1]

完成です
DSCF1723_convert_20100611175210[1] DSCF1728_convert_20100611175228[1]

種類によっては三角形の屋根に対応した三角形タイプのパネルもあり、もちろん使用できたのですが、長方形タイプと
比べてワット単価が高く、お客様のご要望もあり長方形パネル1種類で収めました。
 
DSCF1771_convert_20100611175301[1] DSCF1770_convert_20100611175245[1]

レイアウトの関係で、昇圧器を設置してパワーコンディショナへ電気を送っています。ご依頼いただきありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします







兵庫県神戸市H様 IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです

マンションにお住まいの方で、IHクッキングヒーター工事のご依頼をいただきました。
まずは既存のガスコンロを取り外します
DSCF1957_convert_20100612085002[2] 
ここでのポイントはガスコックはもう使用しないので、コックの先にガス漏れが無いようしっかりとプラグで閉栓します 次は電源工事の様子です。
DSCF1901_convert_20100612084934[1] DSCF1958_convert_20100612085023[1]

基本的に分電盤から200Vの電源を配線するので、IH本体まで電線を引っぱってきます。今回の配線はマンションの構造と、キッチンと分電盤の位置の関係で天上等に隠ぺい配線は出来なかったので露出の配線になりました

DSCF1959_convert_20100612085043[1] DSCF1960_convert_20100612085059[1]

 
露出した配線は化粧モールを使用してます。コックの横に黒く四角いモノがIH専用コンセントです最後にIHクッキングヒーターを取り付けて完成です

DSCF1963_convert_20100612085148[1] DSCF1961_convert_20100612085117[1]


IHクッキングヒーターはフラットでやっぱりキレイですね 試運転で、お客様にヨモギもちをグリルで焼いてくださりいただきました。大変おいしかったです おもちもたくさんわけてくださりまして本当にありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします


大阪府堺市K様 太陽光発電工事(シャープ)
こんにちは。太陽光発電設置のご紹介です
今回の屋根材はスレート材、片流れ屋根で影もなく南面に向いた太陽光発電に適したお家でした。
設置前の様子です
IMG_1017_convert_20100611163310[1]

チョークで架台のベース桟が設置する位置にマークします。

ベース桟の裏側は防水テープが施されていますので、1つづつ屋根に並べていきます。
IMG_1028_convert_20100611163439[1] IMG_1030_convert_20100611163549[1]

ベース桟を直接屋根に取り付けますので、ビスをもみ込む下穴を開けて左写真のように耐久性・防水性に優れたブチルゴムを穴に入れ込みます。 こうする事により、上からビスをもみ込んだ際にブチルゴムがビスに巻きついて穴をブチルゴムがしっかりと防水してくれます

ベース桟を取り付けて、横桟を並べた様子です
DSCF1736_convert_20100611165723[2] IMG_1040_convert_20100611163645[1]
この時に注意したいのが、もちろん各部材は錆びないようにステンレス製が支給されますが、ステンレスはやわらかいのでナットなどきつく締めすぎると破損する恐れがあります。そうならないよう、トルクレンチを使用してメーカーの指定したトルク数値で締めていきます。ゆるすぎず、きつすぎずがポイントです

架台を取り付けたら順々にパネルを並べていきます
IMG_1045_convert_20100611163711[1] IMG_1047_convert_20100611163737[1]
パネルの裏側にコードがありますので直列になるようにつなげていきます

完成です
IMG_1051_convert_20100611163801[1] 

L字型の屋根に合わせてパネルのレイアウトもとてもきれいに収まったと思いますありがとうございました

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします







プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: