FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府大阪市T様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、食器洗い乾燥機の取付け工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、食器洗い乾燥機取付け前の写真です。
CIMG2019.jpg CIMG2020.jpg
この引き出し部分を撤去し、
食器洗い乾燥機を設置します。

床の養生をして、
引き出し部分を撤去していきます。
CIMG2021.jpg CIMG2022.jpg
CIMG2023.jpg
ここにスッポリ納まる食器洗い乾燥機を設置します。

将来用に施工されていた給水と排水を
食器洗い乾燥機にジョイントできるぐらい延長します。
CIMG2025.jpg CIMG2024.jpg
この配管を食器洗い乾燥機本体とジョイントします。

本体の化粧面ですが、
キッチンカウンターと色を合わせる為、
別売りの化粧パネルを取り付けます。
CIMG2027.jpg CIMG2028.jpg
化粧パネルを取付けない場合もあります。

次に、架台を組み立て、
その上に食器洗い乾燥機を載せ、設置します。
CIMG2029.jpg
キッチンカウンターに合わせ、
高さ・傾きを調整し、架台を固定します。

次に、給水・排水・電源をつなぎ込みます。
CIMG2030.jpg
試運転をし、水漏れがないかチェックします。

試運転で水漏れ・異常がなければ、
下部の化粧カバーとケコミカバーを取付け完了です。
CIMG2031.jpg CIMG2032.jpg
今回取付けさせていただいた食器洗い乾燥機は、
PanasonicのNP-45MD5Sです。

ご依頼誠にありがとうございました。


当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。
















スポンサーサイト
大阪府豊中市T様邸電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は電気温水器の取替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設の電気温水器の写真です。
CIMG2196.jpg CIMG2199.jpg
CIMG2198.jpg
タンクに溜まっているお湯を抜いている間に、
床が傷つかないように養生をします。

お湯が抜けきったら撤去していきます。
撤去時は、壁・天井に当てないよう慎重に引き抜いていきます。
電気温水器撤去後の写真です。
CIMG2203.jpg CIMG2201.jpg
床が汚れているので、キレイに掃除をします。


次に、新しい電気温水器を設置します。
CIMG2205.jpg CIMG2204.jpg
設置する時も慎重に慎重に運んでいきます。 

次に、各配管をつないでいきます。
CIMG2200.jpg CIMG2211.jpg
CIMG2197.jpg CIMG2212.jpg
水漏れがないよう確実に締めていきます。img src="http://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2007-07-07/128343.gif" alt="" border="0" style="border:0;" class="emoji">

試運転をして水漏れ等の異常がなければ
上部と脚部のカバーを取付け完了です。
CIMG2213.jpg CIMG2214.jpg
今回取付けさせていただいた電気温水器は、
三菱のダイヤホットSRG-201Bでタンクの容量は200Lのものです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。



 



 

 


大阪府大阪市H様食洗機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回食洗機の取付けの依頼をいただきました。

ありがとうございます。

既存のキッチンの引き出しです。
画像 002 画像 003


ここに食洗機を取付けます。

さっそく引き出しを撤去していきます。
画像 004

給排水はキッチンの下から分岐をしました。 
画像 008 画像 007 画像 013




電源はキッチン上のコンセントから送りました。
画像 001

食洗機の台を組み立て、高さを調節して固定します。
画像 006

本体を乗せて、前ズレ防止金具を取付けます。

給排水と電源を接続します。
画像 016

試運転をし、水漏れがないかチェックします。
画像 018

問題なければ工事完了です。

ご依頼いただきありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










大阪府豊中市U様邸電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、電気温水器の取替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設の電気温水器の写真です。
CIMG2170.jpg CIMG2171.jpg
CIMG2169.jpg
タンクの中に溜まっているお湯を抜きます。
その間に床を傷つけないように養生をします。

電気温水器撤去後の写真です。
CIMG2173.jpg CIMG2175.jpg
撤去してみると、水漏れしている形跡があったので、
その部分の部材を交換します。
CIMG2176.jpg CIMG2178.jpg
交換した部分の水漏れ検査もします。

次に、新しい電気温水器を設置します。
CIMG2179.jpg CIMG2180.jpg
キレイに納まりました。

脚部と上部を固定し、
各配管をつないでいきます。
CIMG2181.jpg CIMG2183.jpg
CIMG2184.jpg CIMG2187.jpg
給湯の配管には、
高温にも耐えられるパッキンを使用しています。

試運転をして水漏れ等の異常がないか確認します。
異常がなければ脚部と上部のカバーを取付け、完了です。
CIMG2191.jpg CIMG2192.jpg
CIMG2194.jpg
今回取付けさせていただいた電気温水器は、
三菱のSRG-201Bという機種で、タンクの容量200Lのものでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










兵庫県伊丹市O様IHクッキングヒーター、食洗機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回、IHクッキングヒーターと食洗機の取付けの依頼をいただきました。

ありがとうございます。

既存のガスコンロの写真です。
画像 001 画像 003


まずガス管を取り外し、栓をします。
画像 005

ガスコンロを撤去します。

油汚れなどキレイに拭き取ります。
画像 007 画像 008 画像 009



電源は分電盤から天井裏を通して配線しました。
画像 013

IH用の200Vコンセントを取り付けます。
画像 014 画像 015


IH本体をはめ込み、固定します。
画像 016 画像 017


付属の部品を取り付けて完了です。
画像 020

次に食洗機です。

既存の食洗機の写真です。
画像 002

水を止めて給排水、電源を取り外して撤去します。
画像 004

新設の食洗機の足を組み立てて高さを調節して固定します。
画像 006

本体を乗せて、前ズレ防止金具で固定します。

給排水を接続します。

試運転をし、水漏れがないかしっかりチェックします。
画像 019

問題なければ工事完了です。

ご依頼ありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。




大阪府大阪市F様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機の取付け工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは食器洗い乾燥機取付け前の写真です。
DSC_0300.jpg DSC_0127.jpg
この引き出しの部分を撤去して、
食器洗い乾燥機を設置します。

引出しを撤去後の写真です。
DSC_0129.jpg DSC_0132.jpg
将来用に給水の分岐と排水管が施工されていました。

給水・排水を食器洗い乾燥機設置位置付近まで延長します。
DSC_300.jpg DSC_200.jpg
DSC_0148.jpg
給水配管は食器洗い乾燥機の効率を上げる為、
お湯の分岐から延長しました。
フレキを通すために開けた穴は化粧カバーを取付けます。

次に、食器洗い乾燥機を載せる架台を組立、
その上に食器洗い乾燥機を載せます。
DSC_0133.jpg DSC_0140.jpg
DSC_0142.jpg
食器洗い乾燥機上部には、食器洗い乾燥機使用時にでる蒸気が、
キッチンカウンターとの間に入るのを防ぐためにフィラーを取付けます。

高さ・傾きを調整し、土台を固定します。
固定したら、給水・排水・電源をつなぎます。
DSC_0141.jpg DSC_0147.jpg
DSC_0146.jpg
電源も将来用にコンセントが施工されていました。
試運転をし水漏れがない確認をします。

水漏れがなければケコミカバーを取り付け完了です。
DSC_0149.jpg DSC_0151.jpg
今回取付けさせていただいた食器洗い乾燥機は
PanasonicのNP-45MD5Sという機種でエコナビ機能が付いています。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。












大阪府豊中市Y様邸電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は電気温水器の取替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の電気温水器の写真です。
マンションの11階で、
室内にあるパイプシャフトに設置してありました。
CIMG2083.jpg CIMG2085.jpg
震災で倒れて壁に当たり、へこんでしまったそうです。

タンクに溜まっているお湯を抜き配管を切り離し、
電気温水器を撤去していきます。
CIMG2086.jpg CIMG2087.jpg
床をキレイに掃除をしてから、
新しい電気温水器を設置します。

電気温水器設置後は、
脚部3点をアンカーボルトで固定します。
CIMG2090.jpg CIMG2091.jpg
CIMG2093.jpg
四分のボルトで3点固定しているので
震災等で倒れる心配はありません。

次に、各配管をつないでいきます。
CIMG2098.jpg CIMG2097.jpg
給水配管には、水道水圧を一定圧力に保つため、
温水器本体の上面と同じ高さに減圧弁を取付けます。
また電気温水器上部には、
タンク内の圧力を決められた数値以下にするための逃し弁を取付けます。

最後に試運転をして
配管ジョイント部からの水漏れ・異常がなければ完了です。
CIMG2100.jpg CIMG2101.jpg
CIMG2104.jpg CIMG2105.jpg
電気温水器のブレーカも、
30Aのものから40Aのものに交換させてもらいました。

今回取付けさせていただいた電気温水器は、
三菱のダイヤホットSRG-465Bでタンクの容量は460Lのものでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。












大阪府大阪市S様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、食器洗い乾燥機の取付け工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、食器洗い乾燥機取付け前の写真です。
CIMG2033.jpg
この部分の引出しを撤去して、食器洗い乾燥機を設置します。

S様邸では、将来用に
給水の分岐・排水管・電源コンセントが施工されていました。
CIMG2037.jpg CIMG2038.jpg
給水は、お湯の配管から分岐させると、
食器洗い乾燥機の効率が上がります。

給水管と、排水管を延長し、
食器洗い乾燥機設置位置まで持ってきます。
CIMG2040.jpg CIMG2045.jpg
CIMG2048.jpg
フレキを通すためにあけた穴は、
見た目が不細工なので化粧パネルを貼り付けます。

次に、食器洗い乾燥機の架台を組み立て
その上に食器洗い乾燥機本体を載せて設置します。
CIMG2042.jpg CIMG2041.jpg
S様邸では、キッチンカウンターの色に合わせ、
別売りの化粧パネルを取り付けました。

高さ・傾きを調整したら、架台を固定し、
給水・排水をつなぎこんでいきます。
CIMG2051.jpg
試運転をし、水漏れがないか、確認をします。

試運転で、異常がなければ、
下部のボディーとケコミカバーを取付け完了です。
CIMG2053.jpg CIMG2054.jpg
今回取付けさせていただいた食器洗い乾燥機は、
PanasonicのNP-45MD5Sという機種で、
自動で汚れの程度や食器量を検知し、節水・省エネするエコナビ機能がついています。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。








大阪府豊中市N様邸電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、電気温水器の取替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設の電気温水器の写真です。
IMG_4821.jpg  
溜まっているお湯を抜いて、撤去していきます。

撤去後の写真です。
IMG_4825.jpg
電気温水器の高さが天井の高さとほとんど一緒だったので、
外に出すまでが大変でした。

新しい電気温水器の写真です。
IMG_4824.jpg IMG_4823.jpg
大きさは既設の電気温水器とほとんど変わりません。

新しい電気温水器を設置し、
ボルトで脚部を固定します。
IMG_4831.jpg
既設の電気温水器は固定されていませんでした。

次に、各配管をつなぎ込みます。
IMG_4829.jpg IMG_4832.jpg
試運転をして、水漏れがないか確認します。

水漏れがなければ、脚部カバーを取付け完了です。
CIMG2080.jpg CIMG2081.jpg
今回取付けさせていただいた電気温水器は、
三菱のSRG201Bです。

ご依頼誠にありがとうございました。


当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。









兵庫県川西市K様邸IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はIHクッキングヒーター工事のご依頼をいただきました。
以前、オーナー様の息子様のIHクッキングヒーター工事をさせていただき、
息子様からオーナー様に紹介していただきました。ありがとうございます。

まずは、既設のガスコンロの写真です。
CIMG2001.jpg
このガスコンロを撤去し、IHクッキングヒーターを設置します。

IHクッキングヒーターは200Vのコンセントが必要なので、
分電盤の隣に、IHクッキングヒーター専用のブレーカーを設け、
そこから配線していきます。
CIMG2016.jpg CIMG2017.jpg
CIMG2000.jpg CIMG2008.jpg
配線を隠蔽したいのですが、分電盤がある部屋は土壁だったので、
化粧モールを使用しました。そこからは床下に潜り、IHクッキングヒーター設置位置まで配線します。
アース線も、お庭まで配線し、打込みました。

次に、ガスコンロを撤去します。
CIMG2003.jpg CIMG2006.jpg 
CIMG2005.jpg CIMG2010.jpg
撤去後は、汚れをキレイに拭き取ります。

次に、200Vのコンセントを取り付けます。
CIMG2009.jpg
テスターで200Vの電気がきているか確認します。

最後に、IHクッキングヒーター本体を設置し、
水平・傾きを調整し固定したら完了です。
CIMG2011.jpg CIMG2014.jpg
CIMG2015.jpg CIMG2018.jpg
見た目もスマートになりました。
今回、取り付けさせていただいたIHクッキングヒーターは、
PanasonicのKZ-LT60VSです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。



 













プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: