ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府豊中市U様邸エアコン工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はエアコンの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設の室内機の写真です。
CIMG3340.jpg
配管を外して撤去していきます。

既設の室内機撤去後です。
CIMG3341.jpg
ここに新たに据付板を取付けます。

配管穴に合わせて取付位置を決め据付板を取付ます。
CIMG3342.jpg CIMG3343.jpg
CIMG3344.jpg
天井に合わせて平行にします。

据付板を取付けたら、新しい室内機に室外機とのわたり配線を差し込み
据付板にひっかけます。
CIMG3345.jpg CIMG3346.jpg
CIMG3347.jpg
この時、室内機の配管、ドレンホースとわたり線は配管穴を通し
外部に出します。

外部に出て、室内機から室外機まで配管し、
室内機の配管とつなぎます。
CIMG3349.jpg CIMG3351.jpg
フレアを作る際はバリ取りをシッカリおこないます。

スリムダクトから出る部分は、化粧テープを巻きます。
CIMG3353.jpg CIMG3352.jpg
化粧になるのでシワつかないようキレイに巻いていきます。

次に配管とわたり線を室外機につなぎこみます。
CIMG3354.jpg CIMG3355.jpg
配管をつないだら真空ポンプをかけます。

最後に試運転をして異常がなければ完了です。
CIMG3364.jpg CIMG3359.jpg
今回取付させていただいたエアコンは
パナソニックのCS-222CFという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





















スポンサーサイト
兵庫県宝塚市Y様邸ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガス給湯器交換工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガス給湯器の写真です。
CIMG3365.jpg
止水栓を締めて既設のガス給湯器を撤去していきます。

既設のガス給湯器撤去後です。
CIMG3366.jpg CIMG3367.jpg
長い間お疲れ様でした。
撤去したガス給湯器は処分させてもらいます。

ガス給湯器を撤去した場所に、
新しいガス給湯器を設置します。
CIMG3368.jpg CIMG3369.jpg
既設のガス給湯器を固定していたビスの穴と、
新しいガス給湯器を固定したビス頭とその廻りはコーキングで防水処理をします。

ガス給湯器を固定したら
各配管をつないでいきます。
CIMG3383.jpg CIMG3383.jpg
止水栓を開いて水漏れがないか確認して、保温材を巻きます。

室内ですが、台所リモコンと浴室リモコンを
新しいリモコンに交換します。
CIMG3373.jpg CIMG3374.jpg
CIMG3371.jpg CIMG3372.jpg
浴室リモコンは四辺にコーキングを打設しています。

最後にガス給湯器からでる排気を上方向にする
排気カバーを取付けます。
CIMG3379.jpg CIMG3385.jpg
今回取付させていただいたガス給湯器は、
CHOFUのGFK-S2020WKAという機種でエコジョーズの製品になっています。
エコジョーズなのでガス料金が5%安くなる申請もさせていただきました。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





















大阪府豊中市O様邸ガスコンロ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガスコンロの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
CIMG3695.jpg
ガス栓を閉めて、ガス管を外し撤去していきます。

ガスコンロ撤去後の写真です。
CIMG3698.jpg
この部分に同じサイズのガスコンロを取付けます。

油汚れがこびり付いているので、キレイに拭き取っていきます。
CIMG3701.jpg CIMG3703.jpg
キレイになりました。

汚れをキレイに拭き取ったら
新しいガスコンロをビルトインします。
CIMG3704.jpg CIMG3705.jpg
スイッチ部の各部材を取付けていきます。

ガスコンロをキッチンカウンターの前面に合わせ固定します。
CIMG3708.jpg
ガスコンロの四隅にあるビスを回していくと固定されます。

ガスコンロを固定したらトッププレートを取付けます。
CIMG3713.jpg
ガラストップのプレートなので慎重に扱います。

次に取り外したガス管を設置したガスコンロにつなぎます。
CIMG3717.jpg CIMG3718.jpg
CIMG3719.jpg
ガス管を開栓し、ガス漏れがないか確認します。

最後にごとく等の部材を取付けたら完了です。
CIMG3724.jpg CIMG3729.jpg
今回取付させていただいたガスコンロは
ハーマンのC3WL4PWASKSVという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。



















 










大阪府吹田市T様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機の取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
CIMG3433.jpg CIMG3434.jpg
CIMG3435.jpg
コンパクトタイプの食器洗い乾燥機から
ディープタイプの食器洗い乾燥機に交換します。

止水栓を締めて食器洗い乾燥機を撤去していきます。
CIMG3436.jpg CIMG3438.jpg
ディープタイプの食器洗い乾燥機を取付けるので、
下部の棚も撤去します。

排水管が短いので延長します。
CIMG3442.jpg CIMG3443.jpg
CIMG3444.jpg
耐熱性のある配管と接着剤を使用します。

次に土台を組み立て、食器洗い乾燥機を挿入します。
CIMG3439.jpg CIMG3441.jpg
CIMG3446.jpg
食器洗い乾燥機上部に使用時の排気がキッチンカウンターに入り込まないよう
フィラーを取り付けます。

食器洗い乾燥機を挿入したら、
キッチンカウンターに合わせるように調整して固定します。
CIMG3448.jpg
土台の脚部4点をシッカリとビスで固定します。

食器洗い乾燥機を固定したら、
給水・排水管・電源・アースをつなぎます。
CIMG3449.jpg CIMG3451.jpg
CIMG3450.jpg
試運転をして水漏れ等の異常がないか確認します。

試運転で異常がなければ、
下部のボディとケコミカバーを取付完了です。
CIMG3452.jpg CIMG3453.jpg
CIMG3459.jpg CIMG3460.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機は
パナソニックのNP-45MD5Sという機種で、
食器の量や汚れの程度を検知して省エネするエコナビ機能が搭載されています。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。


























大阪府豊中市H様邸トイレ交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はトイレの交換工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のトイレの写真です。
CIMG3386.jpg
このトイレをタンクレストイレに交換します。

既設のトイレを撤去していきます。
CIMG3387.jpg CIMG3388.jpg
CIMG3389.jpg
撤去後汚れをキレイに拭き取ります。

次に排水部分を作製します。
CIMG3390.jpg CIMG3391.jpg
CIMG3392.jpg
排水アジャスター部は壁の位置により長さが変わるので、
壁から排水芯を測定し、切断用型紙を使用し切断します。

排水部を作成したら、裏面にガスケットを貼り付け
床に木ねじで固定します。
CIMG3393.jpg CIMG3395.jpg
CIMG3394.jpg CIMG3397.jpg
これで排水部分は完了です。

次に便器を取付けていきます。
CIMG3398.jpg CIMG3399.jpg
体重をかけてシッカリ押し下げて、
ボルトナットで固定します。

次に給水ホースを取付けます。
CIMG3402.jpg CIMG3403.jpg
止水栓も取り替えるので、水を数分とめさせてもらいました。

次に機能部を取り付け、
先ほど取り付けた給水ホースをつなぎます。
CIMG3405.jpg CIMG3407.jpg
止水栓を開き水漏れがないか確認します。

最後にリモコンを取付完了です。
CIMG3411.jpg CIMG3408.jpg
CIMG3413.jpg
今回取付させていただいたトイレは
INAXのSR6 D-S426AHという機種です。
リモコンはH様のご希望で英字タイプのリモコンを発注させてもらいました。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。




























大阪府豊中市H様邸エアコン工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はエアコンの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の室内機の写真です。
CIMG3324.jpg
既設の室内機と室外機を撤去します。

室内機撤去後の写真です。
CIMG3326.jpg
配管は壁の中に隠蔽しているので流用します。

配管を新しい室内機につないで取付けます。
CIMG3330.jpg
トルクレンチで所定のトルク値で締め付けつなぎます。

室外機も配管をつないだら、真空ポンプを使用し、
配管内を真空状態にします。
CIMG3329.jpg
真空ポンプを止めて、エアーがもれていないか確認します。

試運転をして異常がなければ完了です。
CIMG3332.jpg
今回取付させていただいたエアコンは
パナソニックのCS-251CFという機種です。

H様邸では同じ機種のエアコンをもう一台取付させていただきました。
CIMG3335.jpg CIMG3334.jpg
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。









大阪府豊中市H様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はレンジフードの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設のレンジフードの写真です。
IMG_5272.jpg IMG_5271.jpg
換気扇タイプのレンジフードでした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
IMG_5333.jpg IMG_5334.jpg
撤去したレンジフードは壁等に当てないよう慎重に搬出します。

換気扇タイプのレンジフードだったので、
取り付け枠アダプターを取付けます。
IMG_5335.jpg IMG_5336.jpg
これでレンジフードと取り付け枠アダプターを
ダクトで繋ぐことができて、排気を外にだすことができます。

次にレンジフード本体を取付けていきます。
IMG_5337.jpg IMG_5338.jpg
IMG_5345.jpg
隣のキャビネットと高さを合わせ、水平を調整してシッカリと固定します。

レンジフードを取付けたら、レンジフード上部に
ダクトをつなぐアダプターを取付けます。
IMG_5339.jpg IMG_5340.jpg
排気がもれないように所定の位置にパッキングテープを貼っています。

次に、レンジフードに取付たアダプターと取り付け枠アダプターを
ダクトで繋いでいきます。
IMG_5341.jpg IMG_5342.jpg
油汚れで取れやすいので、アルミテープでシッカリと取り付けます。

電源を差し込み、幕板を取付けます。
IMG_5343.jpg IMG_5347.jpg
ダクト内には高温の排気が通るので、
電源ケーブルはダクトにふれないようにしておきます。

最後にレンジフードと壁の隙間にコークボンドを打設し完了です。
IMG_5350.jpg IMG_5351.jpg
IMG_5353.jpg IMG_5352.jpg
今回取付させていただいたレンジフードは
パナソニックのFY-7HZC2-Sという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。

















兵庫県伊丹市I様邸ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガス給湯器の取り換え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設のガス給湯器の写真です。
CIMG2998.jpg CIMG2999.jpg
CIMG3001.jpg
浴室隣接タイプのガス給湯器です。

止水栓を締め、既設のガス給湯器を撤去していきます。
CIMG3194.jpg
新しいガス給湯器も浴室隣接タイプで、既設のブラケットの上で固定したいのですが、
足幅が違ったのでブラケットを加工し、新しいガス給湯器が固定できるようにしました。

新しいガス給湯器を据付け、脚部をシッカリと固定します。
CIMG3195.jpg CIMG3197.jpg
ガス給湯器の裏には、浴槽のアダプターにつながる配管があるので、
その配管が無理をしない位置で固定します。

ガス給湯器を固定したら、水・お湯の配管・ガスの配管をつないでいきます。
またエコジョーズのガス給湯器は、使用時に排水が出るので、排水配管も排水升までのばします。
CIMG3215.jpg CIMG3214.jpg
屋外なので、凍結がないようシッカリと保温材を巻きます。

室内では新しいリモコンと浴槽アダプターを取付させてもらいます。
CIMG3198.jpg CIMG3204.jpg
CIMG3202.jpg CIMG3203.jpg
CIMG3205.jpg CIMG3206.jpg
既設のリモコンより機能が増え、使いやすくなっています。

最後に転倒防止金具を取付け、完了です。
CIMG3211.jpg CIMG3212.jpg
CIMG3213.jpg
既設のガス給湯器の転倒防止金具の穴はコーキングを打設しました。
今回取付させていただいたガス給湯器はリンナイのRFS-E2401SAという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。

















兵庫県川西市I様邸IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はIHクッキングヒーター工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
CIMG2844.jpg
据置型のガスコンロでした。

既設のガスコンロを撤去していきます。
CIMG2848.jpg
ガスコンロを撤去したら油汚れをキレイに拭き取っていきます。

IHクッキングヒーターには200Vのコンセントが必要なので、
分電盤からIHクッキングヒーターまで配線します。
アースは外部に出し地中にアース棒を打設します。
CIMG2647.jpg CIMG2849.jpg
CIMG2867.jpg
新たにブレーカーを取付けました。
配線は床下を通し隠蔽することができました。

200Vのコンセントを取付け、
ビルトインにする為、取付枠を設置します。
CIMG2850.jpg CIMG2851.jpg
ビルトインにすることによりお手入れが楽になります。

次にIHクッキングヒーター本体をビルトインして、コンセントを差します。
各部材を取付けたら完了です。
CIMG2854.jpg CIMG2855.jpg
CIMG2862.jpg CIMG2863.jpg
今回取付させていただいたIHクッキングヒーターは
三菱のCS-G20Kという機種です。

I様邸では、ガス給湯器を撤去する為、給湯管の分岐工事もさせていただきました。
CIMG2852.jpg CIMG2845.jpg CIMG2866.jpg CIMG2872.jpg
CIMG2871.jpg
この配管も床下を通し、隠蔽することができました。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。

 






















大阪府吹田市T様邸ガスコンロ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、ガスコンロの取り換え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
CIMG3037.jpg
ガスコンロ下のオーブンと一体式でした。

既設のガスコンロをオーブンごと撤去していきます。
CIMG3038.jpg CIMG3040.jpg
撤去後はキレイに掃除をします。

ガスコンロ部分も油汚れがこびり付いているので、
キレイにふき取ります。
CIMG3050.jpg CIMG3051.jpg
キレイになりました。

ガス管を延ばし、ガスコンロの下部の部分を取付ます
CIMG3054.jpg CIMG3052.jpg
CIMG3053.jpg
ガス管はシールテープとニュータイトを使用をして延ばしています。

次に、ガスコンロを設置し各部材を取付けます
CIMG3056.jpg CIMG3057.jpg
CIMG3060.jpg
ガスコンロの前面とキッチンカウンターを合わせ固定します。

最後に、ガス管を取付完了です。
CIMG3058.jpg CIMG3066.jpg
CIMG3063.jpg CIMG3065.jpg
ガス管は、ガス漏れチェッカーでガス漏れがないか確認します。
今回取付させていただいたガスコンロは、
リンナイのRS31W8K11R-VRという機種です

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。
















兵庫県宝塚市F様邸エコキュート工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、エコキュート工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

エコキュート設置予定位置の写真です。
CIMG2874.jpg CIMG2875.jpg
ガス給湯器を撤去し、ガス給湯器につながっていた、
水・湯・浴槽の追い炊き配管を流用します。

エコキュートを設置するために、コンクリートで基礎を打設します。
まずは、基礎の大きさに土を掘ります。
CIMG2876.jpg
基礎をできるだけ見えないようにします。

土を掘り終えたら、基礎の型枠を組み立てていきます。
また排水管を露出したくないので、
コンクリートと一緒に打設し、排水管が露出しないようにします。
CIMG2879.jpg CIMG2878.jpg
CIMG2880.jpg
排水管は升まで伸ばし、穴をあけた升はコーキングを打設します。
下水ガスが逆流しないようにトラップを設けます。

オートレベルで、水平の高さをだしたら、
基礎の底面にクラッシャーを敷きならします。
CIMG2882.jpg
クラッシャーを敷くことにより、基礎の強度が増します。

クラッシャーを敷いたらコンクリートを練って、打設していきます。
CIMG2883.jpg CIMG2884.jpg
打設しながら、型枠をハンマーなどで叩き振動をあたえあることで、
コンクリートの表面にできるジャンカを防ぐことができます。

コンクリートを半分ぐらい打設したら、
ワイヤーメッシュを入れます。
CIMG2885.jpg
これもクラッシャー同様に基礎の強度を上げるために入れます。

コンクリートを天端まで打設し、
天端をコテで均したら基礎工事は完了です
CIMG2887.jpg
基礎が固まるまで養生しておきます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。



 








 




兵庫県宝塚市F様邸エコキュート工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は以前に基礎のコンクリートを打設した場所に
エコキュートを据付ける工事をします

まずは、基礎の型枠を払します。
またエコキュートを据付けるのに、防水コンセントが当たってしまうので
防水コンセントを移設します。
CIMG3108.jpg CIMG3106.jpg
キレイに打設できていました。

次に、既設のガス給湯器を撤去します。
CIMG3107.jpg CIMG3109.jpg
ガス給湯器につながっていた配管を流用します。

次にエコキュートを据付け、
アンカーボルトを打設します
CIMG3110.jpg CIMG3112.jpg
CIMG3113.jpg
4分のボルトを使用し、3点しっかりと固定します。

次に、ガス給湯器から取り外した配管をエコキュートまで伸ばします。
CIMG3114.jpg
屋外なので保温材で保温し、凍結を防ぎます

ヒートポンプを据付け、各配管・電源をつないでいきます
CIMG3131.jpg CIMG3118.jpg
水漏れ検査を行うため、接続部の保温材は最後に巻きます。

屋内ですが、分電盤にエコキュート専用のブレーカを取付け、
エコキュートまで配線します。
CIMG3120.jpg CIMG3130.jpg
天井隠蔽ができなかったので、目立たないように天井際にモールを取付け配線しました。

台所と浴室のリモコンも取り替えていきます。
CIMG3124.jpg CIMG3126.jpg
CIMG3122.jpg CIMG3129.jpg
タッチパネルのリモコンでカッコいい仕上がりになりました。

試運転をして異常ないか確認します。
CIMG3134.jpg CIMG3132.jpg
水漏れ等、異常がなければ接続部に保温材を巻きます。

最後に脚部カバーを取付け完了です。
CIMG3135.jpg CIMG3136.jpg
CIMG3138.jpg
今回取付させていただいたエコキュートは、
東芝のHWH-FB462SCGという機種です

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。






















大阪府吹田市T様邸ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガス給湯器の取替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設のガス給湯器の写真です。
CIMG3041.jpg
ガス栓と止水栓を閉めて撤去していきます。

ガス給湯器撤去後の写真です。
CIMG3044.jpg
ガス給湯器を固定していたビスの穴は、コーキングで防水します。

次に新しいガス給湯器を取付けます。
CIMG3045.jpg CIMG3046.jpg
水平を確認し、シッカリと固定します。

ガス給湯器を取付けたら、給水管・給湯管・ガス管をつないでいきます。
CIMG3048.jpg
リモコンを室内に取付け、試運転をして、ガス漏れ、水漏れがないか確認します。

試運転をして異常がなければ、給水管・給湯管に保温材を巻いて、
その保温材に化粧テープを巻いたら完了です。
CIMG3071.jpg CIMG3069.jpg
今回取付けさせていただいたガス給湯器は、
リンナイのRUX-A2010W-Eという機種で、給湯専用のガス給湯器です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





大阪府箕面市S様ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回ガス給湯器の取替え工事の依頼をいただぃました。

ありがとうございます。

まず既設のガス給湯器の写真です。
IMG_4701.jpg

最初に水とガスを止めて、ガス、追い焚き、湯、水の各配管を取り外していきます。
IMG_4702.jpg IMG_4703.jpg IMG_4705.jpg



電源、リモコン線も取り外します。
 
すべて取り外したらガス給湯器を撤去します。

新しいガス給湯器を据え置き、追い焚き配管を接続して固定します。

ガス、湯の配管は既存のまま接続しました。

水の配管を切断してフレキ管に変換して接続しました。

既存のリモコンの写真です。
IMG_4706.jpg IMG_4707.jpg
 

リモコン線は既存のまま利用し、浴室と台所のリモコンを新しいものに交換します。
IMG_4711.jpg IMG_4708.jpg


浴室リモコンはきっちりコーキングをして防水します。
IMG_4709.jpg

浴槽のアダプターを取り替えて水漏れがないかチェックします。
IMG_4710.jpg

正常に作動すれば保温材を巻き、工事完了です。
IMG_4713.jpg IMG_4712.jpg

今回、取り付けさせていただいたガス給湯器は
リンナイのRFS-A2003SAです。


ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











大阪府豊中市T様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機交換工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
CIMG3279.jpg CIMG3281.jpg
止水栓を閉めて食器洗い乾燥機を撤去していきます。

既設の食器洗い乾燥機撤去後の写真です。
CIMG3285.jpg CIMG3286.jpg
CIMG3287.jpg
食器洗い乾燥機搬出時は、溜まっている水をこぼさないよう、
また壁・扉などに当てないよう慎重に搬出していきます。

次に食器洗い乾燥機を載せる土台を組み立てていきます。
CIMG3297.jpg CIMG3292.jpg
同時に短かった排水管を延長しています。

食器洗い乾燥機の上部にフィラーを取付け食器洗い乾燥機を押し込んでいきます。
食器洗い乾燥機を押し込んだら、前ズレ防止金具を取付けます。
CIMG3299.jpg CIMG3295.jpg
CIMG3298.jpg
フィラーを取付けることにより食器洗い乾燥機使用時の蒸気がキッチンカウンターの中に入るのを防ぎます。

食器洗い乾燥機の前面をキッチンカウンターに合わすよう調整し、
食器洗い乾燥機を載せている土台をビスで固定します。
CIMG3300.jpg
長期にわたり使用していただく為にシッカリと固定します。

食器洗い乾燥機の土台を固定したら、
給水・排水・電源をつないでいきます。
CIMG3301.jpg
試運転をして水漏れがないか確認します。

試運転で異常がなければ、
ケコミカバーを高さを合わせカットし取り付け、
下部のボディーを取付けたら完了です。
CIMG3303.jpg CIMG3310.jpg
CIMG3306.jpg CIMG3308.jpg
今回取付けさせていただいた食器洗い乾燥機は
PanasonicのNP-45MC5Tという機種でエコナビ機能が搭載されており、
自動的に食器の量・汚れ具合を検知し節水・省エネします。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。







大阪府大阪市T様邸ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガス給湯器の交換工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガス給湯器の写真です。
CIMG3161.jpg
ガス栓・止水栓を閉めてガス給湯器を撤去していきます。

既設のガス給湯器撤去後の写真です。
CIMG3163.jpg
ガス給湯器を固定していたビスの穴はコーキングで防水処理します。

次に新しいガス給湯器を搬入し取付けていきます。
CIMG3164.jpg CIMG3165.jpg
ガス給湯器を固定したビスの周りにもコーキングを打設し、防水します。

室内の台所のリモコンと浴室のリモコンも新しいものに交換します。
台所のリモコンですが、既存のリモコンの設置位置が高い位置にあり、
ご不便だったそうなので、新しいリモコンは使い勝手の良い高さに移動します。
CIMG3169.jpg
リモコン線が見えないようにしたいので、
台所リモコン設置位置の壁に穴をあけ、リモコン線を通していきます。
CIMG3167.jpg CIMG3171.jpg
CIMG3170.jpg
これでリモコン線が見えず、リモコンを移動することができました。
外壁に穴をあけた部分はコーキングで防水します。

浴室のリモコンも交換しました。
CIMG3174.jpg CIMG3175.jpg
CIMG3184.jpg
ボタン表示もわかりやすく、使いやすくなっています。

ガス給湯器本体ですが、
各配管・ガス管をつないで、試運転をします。
試運転で水漏れがなければ保温材を巻いていき完了です。
CIMG3188.jpg CIMG3183.jpg
今回取付けさせていただいたガス給湯器は、
CHOFUのGFK-S1620WKAという機種でエコジョーズの製品です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










大阪府箕面市N様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、食器洗い乾燥機設置前の写真です。
CIMG3074.jpg
この引き出しを撤去して食器洗い乾燥機を設置します。

既存の引き出しを撤去後の写真です。
CIMG3076.jpg CIMG3078.jpg
引出しを撤去すると、将来用に給水・排水の分岐と電源コンセントが施工されていました。

分岐されていた給水・排水管を延長していきます。
CIMG3081.jpg CIMG3081.jpg
延長したジョイント部は、試運転時に水漏れがないかしっかりと確認します。

次に土台を組立てその上に食器洗い乾燥機本体を載せて設置します。
CIMG3080.jpg CIMG3083.jpg
食器洗い乾燥機を押し込む前に上部にフィラーというものを貼り付け、
キッチンカウンター内部に食器洗い乾燥機使用時の蒸気が入り込まないようにします。

食器洗い乾燥機を設置したら、キッチンカウンターと前面を合わせしっかりと固定します。
固定したら、給水・排水・電源をつないでいきます。
CIMG3084.jpg
試運転をして水漏れ等異常がないか確認します。

試運転で異常がなければ、下部のボディーを取付け完了です。
CIMG3086.jpg CIMG3087.jpg
今回取付けさせていただいた食器洗い乾燥機は、
PanasonicのNP-45MD5Sという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





大阪府大阪市O様邸ガスコンロ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガスコンロ取替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
CIMG3089.jpg
ガス管を外してガスコンロを撤去していきます。

既設のガスコンロ撤去後の写真です。
CIMG3090.jpg CIMG3091.jpg
新しいガスコンロも同じようにビルトインします。

ガスコンロをビルトインする前に、
油汚れを掃除していきます。
CIMG3092.jpg CIMG3093.jpg
CIMG3094.jpg
キレイに油汚れを落とせました。

次にガスコンロをビルトインします。
CIMG3095.jpg CIMG3099.jpg
ガスコンロの前面をキッチンカウンターに合わせ固定します。

最後に先ほど取り外したガス管を取付けたら完了です。
CIMG3100.jpg CIMG3101.jpg
CIMG3105.jpg CIMG3104.jpg
ガス管は・シールテープとニュータイトを使用し、シッカリと取付けます。
ガス漏れチェッカーでガス漏れがないか確認します。
今回取付けさせていただいたガスコンロはリンナイのRS31W11G15R-SRという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










大阪府豊中市Y様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機の交換工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設の食器洗い乾燥機の写真です。
CIMG2964.jpg
止水栓を閉め給水・排水・電源を切り離し食器洗い乾燥機を撤去していきます。

食器洗い乾燥機撤去後の写真です。
CIMG2966.jpg CIMG2967.jpg
撤去した食器洗い乾燥機の化粧パネルは流用できるので取り外しておきます。

切り離した排水管を取り外し、新たに排水管を伸ばします。
CIMG2969.jpg CIMG2970.jpg
水漏れがないようシッカリと締め付けます。

次に電源を差し込み食器洗い乾燥機を入れ込みます。
食器洗い乾燥機を入れ込んだら、先ほど取り外した化粧パネルを取付けます。
CIMG2972.jpg CIMG2973.jpg
CIMG2975.jpg
化粧パネルを取付けたら出入りが多少変わるのでそれを考慮して先に取付けました。

化粧パネルを取付けたら、キッチンカウンターと前面を合わせ固定します。
CIMG2976.jpg
食器洗い乾燥機使用時は激しく動くのでシッカリと固定します。

次に、給水・排水をつなぎ込みます。
CIMG2979.jpg CIMG2981.jpg
試運転をして、水漏れ等がないか確認します。

試運転で異常がなければ、下部のボディーを取付けて完了です。
CIMG2983.jpg
今回取付けさせていただいた食器洗い乾燥機は、ハーマンのFB-4504PFという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。









 
大阪府豊中市O様邸電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は電気温水器の取替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の電気温水器の写真です。
CIMG2056.jpg
ピッタリ納まっているので
かなり撤去にてこずりそうです。

電気温水器撤去後の写真です。
CIMG2061.jpg CIMG2062.jpg
邪魔していた洗濯機の蛇口を外すなど
試行錯誤して何とか撤去することができました。

床をキレイに掃除した後、
新しい電気温水器を設置します。
CIMG2057.jpg CIMG2063.jpg
これも壁・天井等に当てないよう慎重に設置しました。

電気温水器の脚部をボルトで固定し、
各配管をつないでいきます。
CIMG2068.jpg CIMG2059.jpg
慣れた作業ですが、
隠蔽部で水漏れが一番怖いので、
焦らず、一つ一つ確認しながら作業していきます。

次に、試運転をして
水漏れ・異常がないか確認します。
CIMG2069.jpg CIMG2071.jpg
水漏れ・異常がなければ、上部と脚部のカバーを取付け完了です。

今回取付けさせていただいた電気温水器は、
三菱のSRG201Bです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





 










プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: