FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府大阪市H様邸IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、レンジフードとIHクッキングヒーター工事を
ご依頼いただいたお客様のIHクッキングヒーターを取付けます。

まずは、既設のガスコンロの写真です。
CIMG4215.jpg CIMG4217.jpg
ガスコンロからIHクッキングヒーターに交換するので、
ガス管が不要になります。

ガス栓を締めてガスコンロを撤去していきます。
撤去後はガス管に蓋をします。
CIMG4221.jpg CIMG4219.jpg
CIMG4220.jpg CIMG4225.jpg
ガス管の蓋は、シールテープとニュータイトを使用して取付けます。

ガスコンロ撤去部の油汚れを拭き取っていきます。
CIMG4222.jpg CIMG4223.jpg 
CIMG4224.jpg
キレイになりました。

IHクッキングヒーターには200Vのコンセントが必要なので
配線し、専用のブレーカーを取付け、コンセントを設けます。
CIMG4227.jpg
外部にブレーカー用のBOXと配管を取付け配線しました。

コンセントを取付けたら、
IHクッキングヒーターをビルトインします。
CIMG4229.jpg CIMG4230.jpg
傷つけないように慎重に運搬します。

各部材を取付け、
IHクッキングヒーターを固定したら完了です。
CIMG4245.jpg CIMG4246.jpg
今回取付させていただいたIHクッキングヒーターは
パナソニックのKZ-R363Sでラクッキングリル搭載の人気機種です。

H様には熱中症にならないようにと、お飲物をいただいたり、
いろいろとお気遣いしていただきました。
おかげさまで、施工もスムーズに進めることができました。
誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。












スポンサーサイト
大阪府豊中市N様邸ガスコンロ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガスコンロの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。
今回取り付けさせていただくガスコンロは、
100Vの電源が必要になるガスコンロです。

まずは、既設のガスコンロの写真です。
CIMG4150.jpg
幅75㎝のガスコンロです。

ガス栓を締めて既設のガスコンロを撤去していきます。
CIMG4151.jpg CIMG4152.jpg
ボルトで締めているだけなので簡単に取り外すことができます。

撤去後は、油汚れがついているので拭き取っていきます。
CIMG4153.jpg CIMG4154.jpg
キレイになりました。

100Vのコンセントを取付け、
新しいガスコンロをビルトインします。
CIMG4155.jpg CIMG4156.jpg
CIMG4157.jpg
電源はキッチンカウンターのコンセントから渡りを取らしてもらいました。

次に、前面の各部材を取付け、
キッチンカウンターと前面を合わせてガスコンロを固定します。
CIMG4160.jpg CIMG4161.jpg
しっかり固定し、ズレないようにします。

トッププレートを取付け、
ガス栓と電源をつないだら完了です。
CIMG4163.jpg CIMG4165.jpg
ガラストップのガスコンロで、カッコいい仕上がりになりました。
今回取付させていただいたガスコンロは
リンナイのRHS71W10G7V-SRという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。








兵庫県三田市Y様 食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回はビルトイン食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設の食器洗い乾燥機の写真です
CIMG4363.jpg CIMG4361.jpg
キッチンシンクの上から食器を入れ込めるタイプ(上ふたタイプ)が設置してありました。このタイプから引き出し式スライドオープンタイプの食器洗い乾燥機に交換というのが今回のご依頼です

上フタタイプの既設食器洗い乾燥機を取り外した写真です
CIMG4365.jpg CIMG4366.jpg
このようにスッポリ穴が開いてます。スライドオープンタイプに切り替える事で、この穴を塞ぐ必要があります。人造大理石のキッチンですと、メーカーによっては穴を塞ぐ後付けキットが販売されていますが、今回はシンクのキッチンの穴を塞ぐという事で、ステンレス製の板を用意しました。 一般では販売はしておりませんので、この板は作製しています。

板を取り付ける前にしっかり防水コーキングを施します
CIMG4371.jpg CIMG4374.jpg
右は板の真下の写真です。板にボルト・ナットでシンク台にしっかり固定しています

緑色のラインはマスキングテープです
CIMG4373.jpg
コーキングをキレイに塗布できるようにテープを貼り付けて、最後にはがします。

後は新しい食器洗い乾燥機を取り付けていきます
CIMG4375.jpg CIMG4376.jpg
コンパクトタイプの食器洗い乾燥機を取り付けます。本体がキッチンより小さいのでそのスペースにキャビネットを設ける事になりました

排水・給水は既設を流用しています
CIMG4381.jpg
元々排水キットがついてました

後は試運転を行い完成です
CIMG4378.jpg CIMG4379.jpg
CIMG4384.jpg CIMG4385.jpg
設置いただいたビルトイン食器洗い乾燥機はパナソニックNP-45ND5Wになります。今回の工事のポイントは、やはり上ふたの処理ではないでしょうか。このようにステンレスでふたを作製すれば置き台として活用出来、キレイに仕上がります。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。












大阪府枚方市H様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はレンジフード交換のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
CIMG4089.jpg
シロッコファンタイプのレンジフードでした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
CIMG4090.jpg CIMG4091.jpg
CIMG4092.jpg
ダクトと電源線は流用します。

次に新しいレンジフードを引っ掛け固定します。
CIMG4094.jpg CIMG4095.jpg
隣接するキャビネットと高さを合わせ固定します。

レンジフードを固定したら、ダクトをつなぎます。
CIMG4096.jpg CIMG4097.jpg
抜けないようアルミテープでシッカリとジョイントします。

電源をつないだら、正面の幕板を取付けます。
CIMG4099.jpg
傷つけないよう慎重に取付けます。
この幕板もキャビネットに合わせます。

最後に、レンジフードと壁にできた隙間を
コークボンドで埋めていきます。
CIMG4100.jpg DSC_0170.jpg
DSC_0172.jpg CIMG4101.jpg
今回取付させていただいたレンジフードは、
パナソニックのFY-60DED1-Sという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。









兵庫県神戸市Y様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機の取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設の食器洗い乾燥機の写真です。
CIMG4102.jpg
コンパクトタイプの食器洗い乾燥機でした。

止水栓を締めて、既設の食器洗い乾燥機を撤去していきます。
CIMG4103.jpg CIMG4104.jpg
CIMG4106.jpg

次に型紙を貼って、転倒防止金具と前ズレ防止金具を取付けます。
CIMG4107.jpg CIMG4108.jpg
CIMG4109.jpg
この金具がズレてしまうと食器洗い乾燥機本体もズレてしまうので、
型紙を正規の位置にキッチリと貼り付けます。

金具を取付けたら、食器洗い乾燥機を挿入していきます。
CIMG4114.jpg CIMG4113.jpg 
CIMG4115.jpg CIMG4116.jpg
後ろの配管を噛まないよう慎重に挿入します。

食器洗い乾燥機を固定したら、
各配管をつないでいきます。
CIMG4121.jpg CIMG4123.jpg
試運転をして水漏れ検査を行います。

試運転で異常がなければ完了です。
CIMG4125.jpg CIMG4126.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機は
パナソニックのNP-45MS5Sという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











大阪府守口市T様邸浴室乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、以前にIHクッキングヒーターとレンジフード工事をさせていただいた
お客様から浴室乾燥機の取り付け工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
既設の浴室の換気扇を撤去し、その部分に新たに浴室乾燥機を設置します。

まずは既設の換気扇の写真です。
CIMG3998.jpg CIMG3999.jpg
この換気扇を撤去していきます。

既設の乾燥機撤去後の写真です。
CIMG4000.jpg CIMG4001.jpg
本来であれば何もない所にダクトが通る穴をあけます。

次に浴室乾燥機本体取付板を取付けます。
CIMG4002.jpg
穴がふさがらない部分は、鉄板で塞ぎます。

本体取付板に浴室乾燥機を引っ掛けます。
CIMG4004.jpg CIMG4005.jpg
浴室に違和感なく取りつきました。

次に、外部から本体と換気部をつなぐダクトを差し込み、
換気部を取付けます。
CIMG4006.jpg CIMG4009.jpg
周囲をシッカリとコーキングで防水します。

電源ですが、浴室乾燥機専用のブレーカを取付け、
外部まで配線します。
CIMG4011.jpg CIMG4008.jpg
CIMG4010.jpg
ジョイント部は、ジョイントBOXを設けました。

最後に試運転をして異常がなければ完了です。
CIMG4014.jpg CIMG4013.jpg
電源スイッチを押すとすぐに温まりました。
梅雨時、冬場に活躍しそうです。
今回取付させていただいた浴室乾燥機は、
パナソニックのFY-14UWM3という機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。






兵庫県神戸市T様邸洗面化粧台工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はエコキュートを据付けさせていただいたお客様より
兼ねてからご依頼があった洗面化粧台の取付工事を行います。
また、同時にフローリングの貼り替え工事も行います。
ご依頼いただきありがとうございます。

まずは既設の洗面化粧台の写真です。
CIMG3829.jpg CIMG3830.jpg
止水栓を締めて、すべて撤去していきます。

洗面化粧台撤去後の写真です。
CIMG3832.jpg
既設の洗面化粧台より少し大きな洗面化粧台になります。

排水位置が少しずれるので洗面化粧台内に納まるよう排水管を立ち上げます。
また暖房涼風機付きの洗面化粧台ですので、その電源も配線しておきます。
CIMG3831.jpg CIMG3833.jpg
給水・給湯位置はそのままでも納まりました。

次に洗面化粧台を搬入します。
CIMG3835.jpg
部材を置く場所に1部屋貸していただきました。
ご配慮誠にありがとうございます。

洗面化粧台を撤去し、何もない状態になったので、
フローリングの貼り替え工事を行います。
CIMG3843.jpg CIMG3845.jpgCIMG3847.jpg CIMG3848.jpg
CIMG3851.jpg CIMG3852.jpg
フローリングの模様もお客様に厳選していただきました。

洗面化粧台の各部材を加工していきます。
CIMG3838.jpg CIMG3839.jpg
CIMG3841.jpg
既定の位置に固定するための下穴を開けるなど
洗面化粧台にホーローを取付けたりします。

フローリングが張り終えたら、
洗面化粧台の各部材を設置し、固定していきます。
CIMG3854.jpg CIMG3856.jpgCIMG3857.jpgCIMG3859.jpg
壁に木下地が入っていない部分にはボードアンカーを使用し、固定しました。

次に給水・給湯・排水配管をつなげていきます。
CIMG3860.jpg CIMG3861.jpgCIMG3867.jpg
水漏れ検査を忘れずに行います。

最後に既定場所にコーキングを打設し完了です。
CIMG3862.jpg CIMG3875.jpgCIMG3874.jpg CIMG3872.jpg
CIMG3869.jpg
今回取付させていただいた洗面化粧台は、
タカラスタンダードのエリーナという種類の洗面化粧台です。
自分好みに組み合わせできるので、お客様もだいぶ悩まれたようです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。














大阪府茨木市O様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機の交換工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
CIMG3973.jpg
止水栓を締めて、撤去していきます。

既設の食器洗い乾燥機撤去後の写真です。
CIMG3975.jpg
給水配管・排水配管は延長せずにとどきました。

次に転倒防止金具と前ズレ防止金具を取付けます。
CIMG3976.jpg
型紙を使用し所定の位置に取付けます。

次に食器洗い乾燥機本体を挿入します。
CIMG3977.jpg CIMG3978.jpg
CIMG3979.jpg
配管を挟まないよう注意しながら挿入していきます。

食器洗い乾燥機本体を固定したら、
給水配管・排水配管をつないでいきます。
CIMG3982.jpg CIMG3980.jpg
電源をつないで、試運転をします。

試運転をして水漏れ等の異常がなければ完了です。
CIMG3986.jpg CIMG3987.jpg
今回取り付けさせていただいた食器洗い乾燥機は
ハーマンのFB4515PBAKという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。













兵庫県尼崎市F様邸トイレ交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はトイレの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
機種はパナソニックのアラウーノを取付けさせていただきます。

まずは既設のトイレの写真です。
CIMG3807.jpg
便器に溜まっている水を抜いて撤去していきます。

既設のトイレを撤去して、新しいトイレのフランジを取付けます。
CIMG3813.jpg
型紙を使用して既定の場所に取付けます。

次に便器を固定するボルトを打ち込みます。
CIMG3814.jpg
このボルトも型紙の位置に合わせて打ち込みます。

既設のトイレ専用の止水栓だったので、新しい止水栓に取り替えます。
CIMG3810.jpg
シールテープとヘルメシールを使用し水漏れがないようシッカリと締め付けます。

次に先ほど打ち込んだボルトに合わせ、トイレ本体を設置します。
CIMG3815.jpg CIMG3816.jpg
専用のナットで固定します。

アラウーノは泡で洗浄するトイレで、
洗剤を入れる容器が付属されておりそれを設置します。
CIMG3818.jpg CIMG3817.jpg
洗剤は一般に使われる食器用洗剤で、この洗剤もトイレ本体に付属されていたものです。

本体に取りついているホースを止水栓につなぎます。
CIMG3820.jpg
水漏れがないか、接続部をよく確認します。

最後にリモコンを取付け完了です。
CIMG3819.jpg CIMG3822.jpg
CIMG3827.jpg CIMG3825.jpg
今回取付させていただいたトイレは、
パナソニックのCH1202WSという機種です。

お客様にはトイレ洗浄時の音も静かで、大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。















兵庫県西宮市S様邸ガスコンロ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガスコンロの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
CIMG4170.jpg
ガス栓を閉めて撤去していきます。

ガス給湯器撤去後の写真です。
CIMG4171.jpg
ビルトインタイプのガスコンロを同じ位置に設置します。

ガスコンロを設置する前に、
油汚れをキレイに拭き取ります。
CIMG4172.jpg CIMG4173.jpg
CIMG4174.jpg
キレイになりました。

次に新しいガスコンロをビルトインします。
CIMG4175.jpg CIMG4176.jpg
フロント部分を傷つけないよう慎重にビルトインします。

ガスコンロをビルトインしたら、ガスコンロを固定していきます。
CIMG4178.jpg CIMG4179.jpg
フロント部分とキッチンカウンターの面を合わせてから固定します。

ガスコンロを固定したら、トッププレートを取付けます。
CIMG4183.jpg
ただ置くだけでなく、浮き上がらないよう爪に引っ掛けるので、
案外難しいんです。

次にガス管を取付けます。
CIMG4184.jpg
シールテープとニュータイトというものを使用しているので、
まずガス漏れの心配はいりません。

最後に乾電池等の各部材を取付けたら完了です。
CIMG4185.jpg CIMG4189.jpg
今回取付させていただいたガスコンロは
リンナイのRS71W8A2R-VLという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。








大阪府大阪市I様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機の取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
CIMG3886.jpg
化粧パネルなど外していただいてました。

止水栓を締めて食器洗い乾燥機を撤去していきます。
CIMG3888.jpg CIMG3889.jpg
給水管・排水管は流用します。

次に転倒防止金具と前ズレ防止金具を取付けます。
CIMG3893.jpg
下穴を開けてからビスでシッカリと固定します。

給水管のフレキですが、パッキンはすべて交換します。
CIMG3894.jpg CIMG3895.jpg
CIMG3896.jpg CIMG3891.jpg
パッキンも長年ご使用されていると劣化していき水漏れの原因になります。

食器洗い乾燥機本体を挿入します。
CIMG3898.jpg CIMG3899.jpg
CIMG3908.jpg
両サイドにはスペーサーを取付け、横揺れを防ぎます。
化粧パネルはサイズは会っていないのですが、
お客様のご要望で、既設の食器洗い乾燥機の化粧パネルを取付けました。

食器洗い乾燥機を固定したら、
給水・排水・電源をつなぎます。
CIMG3901.jpg CIMG3904.jpg
CIMG3906.jpg
試運転をして水漏れがないか確認します。

試運転をして異常がなければ完了です。
CIMG3916.jpg CIMG3915.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機は、
パナソニックのNP45MS5Sという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。
















大阪府東大阪市T様邸ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はマンションのガス給湯器の取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガス給湯器の写真です。
CIMG4042.jpg
故障していてお湯が出ない状態でした。

ガス管と各配管を外し、ガス給湯器を撤去していきます。
CIMG4043.jpg CIMG4045.jpg
CIMG4050.jpg
ガス管はそのまま流用し、お湯・水のフレキはパッキンを交換します。

次にガス給湯器の廻りの枠を取付けて、
新しいガス給湯器を固定します。
CIMG4048.jpg CIMG4052.jpg
この枠がないとガス給湯器が固定できません。

ガス給湯器を固定したら、
ガス管と各配管をつないでいきます。
CIMG4054.jpg CIMG4055.jpg
試運転をして、ガス漏れ・水漏れがないか確認します。

試運転で異常がなければ前カバーを取付けて完了です。
CIMG4056.jpg CIMG4060.jpg
今回取付させていただいたガス給湯器は
パロマのPH-163EWHという機種です。

お湯がでなくてご不便されていたみたいで大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。












兵庫県伊丹市S様邸エアコン工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はエアコンの取り付け工事のご依頼をいただきました。
以前にIHクッキングヒーターを取付けさせていたお客様で、
再びご依頼いただきました。ありがとうございます。

まずは、設置位置の写真です。
ワンちゃんをお風呂に入れた後、乾かす時に、
長時間洗面所にいるため、洗面所に設置したいとのことでした。
CIMG3548.jpg
エアコンのコンセントがないので、
エアコン専用回路のコンセントを設けます。
また配管穴があいていないので、外部側に配管穴をあけます。

コンセントは、分電盤が上階にあるので、事前に天井に開口をあけていただいてたみたいで
その開口から配線しコンセントを設けました。
配管穴は、鏡がついている方が外部側なのですが、パイプシャフトになっており、
配管を通すのが困難だったので、お客様了承のもと、隣のトイレを経由して外部まであけました。
CIMG3549.jpg CIMG3566.jpg
CIMG3550.jpg
取付枠を固定し、配管を室外機まで伸ばします。

取付枠にエアコンを引っ掛けて、
配管をフレア加工してつないでいきます。
CIMG3552.jpg CIMG3553.jpg
CIMG3554.jpg
配管のジョイント部はトルクレンチを使用して既定のトルク値で締め付けます。
結露防止のために、保温材を巻きつけます。

外部ですが、配管をキレイに化粧テープで巻き、
室外機まで伸ばし、フレア加工して室外機につなぎます。
CIMG3558.jpg CIMG3561.jpg
CIMG3562.jpg
真空ポンプをかけて真空状態にして、ガス漏れがないか確認します。

最後に試運転をして、
異常なく運転していたら完了です。
CIMG3563.jpg
今回取り付けたエアコンはお客様ご持参のものでした。

S様のワンちゃんに対する熱い思いを聞かせていただき大変感激しました。
またお聞かせください。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。







大阪府和泉市Y様邸IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は和泉市在住にお客様にホームページを見ていただいたみたいで、
IHクッキングヒーター工事のご依頼をいただきました。

まずは、既設のガスコンロの写真です。
CIMG4017.jpg
ガス栓を締めて撤去していきます。

ガスコンロ撤去後の写真です。
CIMG4018.jpg CIMG4020.jpg
油汚れをキレイに拭き取ります。

ガス管は必要ないので栓をしときます。
CIMG4021.jpg CIMG4022.jpg
CIMG4023.jpg CIMG4029.jpg
これで誤ってガス栓が開いてもガスが漏れることはないです。

IHクッキングヒーターには200Vのコンセントが必要なので、
分電盤からIHクッキングヒーターまで配線し200Vのコンセントを取付けます。
CIMG4024.jpg CIMG4031.jpg
CIMG4030.jpg CIMG4025.jpg
分電盤が取りついている壁から配線がおろせなかったので、
お客様了承のもと押入れからモールを使用して立ちおろしました。
立ち上げは、保護管を使用しました。

最後にIHクッキングヒーターを設置し、
コンセントを差して完了です。
CIMG4033.jpg CIMG4036.jpg
今回取付させていただいたIHクッキングヒーターは
パナソニックのKZ-R373Sという機種で、ラックッキングリルがついた人気機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。













兵庫県川西市Y様 レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はレンジフードの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
CIMG3780.jpg CIMG3781.jpg
プロペラファンタイプのレンジフードでした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
CIMG3919.jpg CIMG3921.jpg
CIMG3920.jpg
撤去後は油汚れ等をキレイに拭き取ります。

プロペラファンタイプからシロッコファンタイプのレンジフードに替わるので、
ダクトを取付ける、取付枠アダプターというものを取付けます。
CIMG3922.jpg CIMG3923.jpg
開口が木枠だったので、排気で木枠が燃えないように不燃カバーを取付けます。

次にレンジフード本体を取付けます。
CIMG3928.jpg CIMG3929.jpg
CIMG3930.jpg
隣の戸棚と高さを合わせてシッカリと固定します。

レンジフードを固定したら、
上部にアダプターを取付け、ダクトでつなぎます。
CIMG3932.jpg
ダクトは油汚れ等で抜けないよう、
アルミテープを使用し、シッカリと取り付けます。

電源をつないだら、
上部の幕板を取付けます。
CIMG3933.jpg CIMG3937.jpg
傷つけないよう慎重に取付けます。

最後に整流版を取付けて完了です。
CIMG3939.jpg CIMG3942.jpg
整流版からファンのプロペラ部分まで簡単に取り外すことができるので
お手入れも簡単になります。
今回取付させていただいたレンジフードは、
パナソニックのFY-7HZC2-Sという機種です。

Y様には洗面化粧台の工事もご依頼いただきました。
その際もどうぞよろしくお願いいたします。
かわいいワンちゃんたちにも会えるのも楽しみにしています。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











大阪府交野市N様 電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです
今回は大阪の交野市にお住まいのお客様より電気温水器の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます

角型の電気温水器から丸型の電気温水器へ交換します
CIMG3609.jpg CIMG3610.jpg
故障してしまいお湯が出ない状態です。タンクを空にする際も水がでてきました。古い電気温水器を撤去します、長い間お疲れさまでした

そのままコンクリート基礎を利用して新しい電気温水器を設置しました
CIMG3612.jpg
コスト面からも、角型よりお安い為今回は丸型タイプの電気温水器へ変更という事になりました

タンクの固定はボルトでしっかり固定します
CIMG3626.jpg CIMG3614.jpg
4分のアンカーピンを使用しています。これでがっちり固定です。古い電気温水器は少々驚きましたがタッピングビスでタンクを止めていました。これでは転倒防止の面では全く意味がないように思います

給水配管は基礎の中に途中まで埋設してて位置が悪かったので一旦コンクリート基礎をはつって配管をやり直しました
CIMG3613.jpg CIMG3619.jpg
これで配管もキレイに収める事が出来ます

逃がし弁も角型タイプと違い露出になるので保温箱を取り付けて水漏れチェックもしっかり行います
CIMG3617.jpg CIMG3618.jpg
保温材もしっかり巻きましたので、凍結も防止します

減圧弁は規定の位置に設けて設置しました
CIMG3625.jpg CIMG3623.jpg
排水は古い電気温水器同様、目の前に排水口があったのでそこへ流れ出るよう処理しています

漏水チェック・試運転を行い異常が無ければ完成です
CIMG3621.jpg CIMG3627.jpg
CIMG3622.jpg
お客様からはキレイにしてくれたと大変喜んでくれました。うれしいお言葉です、ありがとうございます

今回ご依頼いただいた電気温水器は三菱SRG-465Bです

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。







プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: