FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
兵庫県西宮市N様邸エコキュート工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は先日エコキュートの基礎を打設したN様邸に
エコキュートを据付ける工事を行います。

まずは基礎の型枠を払します。
P8240002.jpg
型枠面もキレイに打設できていました。

次にエコキュートを搬入し、アンカーボルト打設位置を罫書き、
ドリルで穴をあけてアンカーボルトを打設します。
P8240003.jpg P8240004.jpg
搬入は少し狭くて手こずりましたが4人がかりでなんとか搬入することができました。

アンカーボルトを打設したら、エコキュートの脚3点をボルトで固定します。
1.jpg 2.jpg
P8240009.jpg
多少の不陸があったのでエコキュートがまっすぐ立つようにスペーサをかましました。

次に既設のガス給湯器を撤去していきます。
P8250010.jpg P8250013.jpg
撤去したガス給湯器は無償で処分させてもらいます。

既設のガス給湯器につながっていた水・湯・追い炊き配管を、
エコキュートまでつながる配管につないでいきます。
P8250012.jpg P8250019.jpg
ガス管はIHクッキングヒーター同様に不要なので蓋をしておきます。

次にエコキュートのお湯を作る部分のヒートポンプを据付けてエコキュートと
配管(アルミフレックス)でつなぎます。
P8250017.jpg P8250021.jpg
ヒートポンプからも排水がでるので据付前に排水配管を作っておきます。
電源もエコキュートからの渡り配線しています。

次にエコキュート本体にガス給湯器からの配管、ヒートポンプからの配管、
事前に分電盤から配線していた電源線、ヒートポンプからの渡り配線をつないでいきます。
P8250036.jpg P8250035.jpg
試運転をして水漏れ検査をするので、保温材は最後に巻きます。

台所と浴室のリモコンを取り替えます。
P8250029.jpg
浴室リモコンはコーキングを4方に打設します。
打設の際はマスキングテープを使用してキレイな仕上がりになるようにします。

試運転をして水漏れがなければ、保温材を巻いていきます。
P8250043.jpg P8250048.jpg
ヒートポンプの配管ジョイント部にも巻いています。

最後に上部に転倒防止金具を取付けて完了です。
P8250025.jpg P8310058.jpg
P8310063.jpg P8250046.jpg
P8310065.jpg P8310067.jpg
既設のガス給湯器部分の配管ジョイント部はガス給湯器の配管カバーを
流用させてもらい、特注で作った上部カバーを取付けさせてもらいました。
今回取付させていただいたエコキュートはパナソニックのHE-KU46FXSという機種です。

浴室には一緒に浴室テレビをつけさせていただきました。
P8250026.jpg P8250027.jpg
P8310057.jpg
取り付けさせていただいた浴室テレビはTWINBIRDのVB-J901という機種です。
大画面で見やすくお風呂に入るのが楽しみになりそうです。

N様にはお茶やお菓子をいただいたりと色々と気を使っていただきました。
おかげさまで工事もスムーズに進めることができました。
誠にありがとうございました。
太陽光発電工事もご検討されているみたいで、
ご依頼もいただきました。その際もどうぞよろしくお願いいたします。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。































スポンサーサイト
大阪府箕面市Y様邸ガスコンロ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガスコンロの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
P9110010.jpg
幅75cmのガスコンロでした。

ガス栓を締めて既設のガスコンロを撤去していきます。
P9110011.jpg
撤去したガスコンロは無償で処分させてもらいます。

ガスコンロ撤去部分の油汚れを拭きとります。
P9110012.jpg P9110013.jpg
P9110014.jpg
キレイになりました。

次に新しいガスコンロをビルトインします。
P9110016.jpg
ガスコンロを傷つけないよう慎重にビルトインします。

ガスコンロをビルトインしたら各部材を取り付けて
キッチンカウンターと前面を合わせてガスコンロを固定します。
P9110017.jpg P9110019.jpg
P9110020.jpg
調理中にガスコンロが動かないようにシッカリと固定します。

ガスコンロを固定したら既設のガスコンロから取り外したガス管を取付けます。
P9110022.jpg P9110023.jpg
ガス漏れがないようシールテープとニュータイトを使用し、二重対策を施しています。

最後にパネルを取付けてゴトク等を取付けたら完了です。
P9110026.jpg P9110033.jpg
今回取付させていただいたガスコンロはリンナイのRHS71W10G12R-SLという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










兵庫県西宮市N様邸エコキュート工事
こんにちは。ズオーデンキです。

オール電化工事のご依頼をいただいたお客様の
エコキュート工事を施工していきます。

他の業者さんに依頼されたそうなのですが、設置条件が悪かったのか、
できないと言われたそうです。
事前に現場調査させていただいた際に少し搬入に手間取るぐらいで特に問題なっかったので、
工事をご依頼していただきました。

まずはエコキュートを載せる基礎工事です。
CIMG3949.jpg
この部分に雨水マスをよけて階段と同じ面まで基礎を打設します。
エコキュートはその階段と基礎に載るかたちになります。

基礎の型枠を組み立てます。
CIMG4506.jpg
事前にエコキュートの排水も配管しておき、コンクリートに埋めるようにします。

型枠を組み立てたらコンクリートを練って、打設していきます。
CIMG4503.jpg CIMG4504.jpg
CIMG4507.jpg CIMG4508.jpg
半分ぐらい打設したら、鉄筋を入れて強固なコンクリートにします。

次に事前に既設のガス給湯器からエコキュート設置位置まで、
水・湯・追い炊きの配管をしておきます。
CIMG4511.jpg CIMG4512.jpg
配管は耐熱性・耐久性に優れているアルミフレックス(3層管)というものを使用しています。

今回取り付けるエコキュートは酸素入浴機能付きのエコキュートを取付けるので、
お風呂のアダプターを酸素がでる専用のアダプターに取り替えます。
P8180142.jpg P8180143.jpg
P8180159.jpg
配管を一度外しているので、水漏れ検査を確実に行います。

事前準備が終わったら基礎が固まるまで数日養生しておきます。
CIMG4515.jpg
後日エコキュート据付工事をさせていただきます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。









兵庫県西宮市N様邸IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はオール電化工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
現在は、ガスコンロとガス給湯器をお使いで、IHクッキングヒーターと
エコキュートを取付させていただきます。

まずはIHクッキングヒーター工事です。
既設のガスコンロの写真です。
P8180145.jpg
幅75センチのガスコンロでした。

ガス管を外してガスコンロを撤去していきます。
P8180146.jpg P8180148.jpg
P8180149.jpg
外したガス管は誤ってガス栓を開いてしまっても大丈夫なように蓋をして隠蔽します。

IHクッキングヒーターには200Vのコンセントが必要なので、分電盤から床下を通して
キッチンカウンターまで配線して200Vのコンセントを取付けます。
P8180151.jpg
分電盤にはIHクッキングヒーター専用の200V30Aのブレーカーを取付けます。
IHクッキングヒーターの配線と一緒にエコキュートの電源の配線も一緒に行しました。

次にガスコンロを撤去した部分の油汚れを落としていきます。
P8180150.jpg P8180152.jpg
キレイになりました。

最後にIHクッキングヒーターをビルトインしてコンセントを差しこんだら完了です。
P8180154.jpg P8180153.jpg
P8180155.jpg
今回取付させていただいたIHクッキングヒーターは、
三菱のCS-G38VNSという機種です。
火を使わないので、夏場はガスコンロと比べて涼しく調理できます。

次はエコキュートの基礎工事をさせてもらいます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。













大阪府豊中市H様 ガス給湯器工事
こんにちは、ズオーデンキです。
今回はガス給湯器のご依頼です。当店のお近くにアパートを経営されているオーナー様が直接ご来店いただき、古くなったガス給湯器を交換してほしいとの事でした。わざわざご来店いただきましてありがとうございました。

まずは古くなったガス給湯器の写真から
PA020026.jpg
ノーリツガス給湯器 GRQ-162SAが設置してありました。浴槽隣接設置タイプの給湯器になります。

まずは古くなったガス給湯器の撤去です
PA020031.jpg PA020034.jpg
PA020032.jpg
新しく取り替えるガス給湯器も浴槽隣接設置タイプですが、古いガス給湯器よりも機器の奥行きが大きくなるのでブロック架台の増設を行いました。ついでに給湯器本体の後方の外壁にひびがあり気になったので、コーキング処理をしておきました。

新しい給湯器の設置です
PA020036.jpg PA020035.jpg
銅管の給湯配管が長くなったので、切断してアダプターを溶接し直しました。配管もスマートに収めるのも常に気を使っています。浴槽アダプターは位置もバッチリ合いました。

浴槽アダプターを新しいものに取り替えます
PA020041.jpg PA020042.jpg

リモコンも交換です
PA020039.jpg PA020040.jpg
PA020043.jpg
マスキングテープを使用して防水コーキングもキレイに処理しています。今回は浴室リモコンのみの交換となりました。台所リモコン無しになると風呂沸き上げ予約設定が出来なくなりますが、問題無く稼働します。

各部水漏れチェック、試運転を行い問題が無ければ完成です
PA020044.jpg PA020045.jpg
PA020046.jpg
今回新しく交換したガス給湯器はノーリツGRQ-1650SAX です。H様、また所有されているマンションでお困りの事がありましたらご相談ください。今回はご依頼いただきありがとうございました。
当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





大阪府交野市T様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機の取り替え工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
既設の食器洗い乾燥機は10年以上使われたみたいで、
寿命がきたみたいです。

既設の食器洗い乾燥機の写真です。
P9100012.jpg P9100011.jpg
NAIS(現パナソニック)のSUE14EW1という機種でした。

止水栓を締めて食器洗い乾燥機を撤去していきます。
P9100013.jpg P9100017.jpg
撤去した食器洗い乾燥機は処分させてもらいます。

食器洗い乾燥機を撤去したら各配管、電源を整備していきます。
P9100021.jpg P9100019.jpg
P9100022.jpg
長年使っていただくために、食器洗い乾燥機の給水管、排水管が無理をしない位置に
各配管をもっていきます。

次に食器洗い乾燥機がのる土台を組み立てて設置し、
食器洗い乾燥機を挿入していきます。
P9100020.jpg P9100023.jpg
P9100024.jpg P9100025.jpg
食器洗い乾燥機を挿入したら土台と本体をつなげて、キッチンカウンターとの
前面を合わせて、土台を固定します。

次に各配管、電源をつなぎます。
P9100026.jpg P9100027.jpg
P9100028.jpg
試運転をして水漏れがないか確認します。

試運転で異常がなければ、ケコミカバーと下部カバーを取付けて完了です。
P9100035.jpg P9100036.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機は、
パナソニックのNP-45MD5Sというエコナビ機能が付いた人気機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











大阪府柏原市N様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はレンジフードの取り替え工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

既設のレンジフードの写真です。
P9040001.jpg P9040002.jpg
ナスラックのRHP-75というレンジフードでした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
P9040005.jpg P9040008.jpg
換気扇タイプのレンジフードでした。

換気扇タイプのレンジフードからシロッコファンタイプのレンジフードに取り替えるので、
ダクトをつなげる、取付枠アダプターというものを取付けます。
P9040010.jpg P9040011.jpg
P9040013.jpg P9040015.jpg
枠が木だったので不燃材を先に取付けます。

次にレンジフードを取付けます。
P9040018.jpg
横のキャビネットと高さを合わせシッカリと固定します。

レンジフードを固定したら上部にアダプターを取り付けてダクトをつなぎます。
P9040022.jpg P9040024.jpg
P9040025.jpg
ジョイント部はアルミテープで油汚れ等で取れないようシッカリと取り付けます。

最後に前幕板を取付けてレンジフードとタイルの取り合い部分を
コークボンドで埋めて完了です。
P9040033.jpg P9040034.jpg
P9040040.jpg P9040038.jpg
今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HZC2という機種です。
お客様にはレンジフードの羽まで簡単に外せてお手入れが楽そうだと喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。














大阪府豊中市H様邸トイレ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はトイレの取り替え工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

既設のトイレの写真です。
P8310001.jpg
止水栓を締め、溜まっている水抜いて撤去していきます。

既設のトイレ撤去後の写真です。
P8310002.jpg P8310003.jpg
便器の型がついているのでキレイに拭き取ります。

床の既定の位置に下穴をあけ、
ボルトが効くようにカールを打ち込みます。
P8310004.jpg
床がタイルなので、ヒビが入らないようにタイル用のキリで下穴をあけます。

次にソケットの裏にPシールを取り付け、ソケットをボルトで固定します。
P8310005.jpg P8310008.jpg
P8310006.jpg
Pシールを取り付けないと水漏れの原因になるのでシッカリと取り付けます。

給水ですが、既設の給水位置では新しいトイレのホースがとどかないので、
既定の位置まで延長します。
P8310009.jpg
配管ジョイント部はシールテープとヘルメシールを両方を使用しているので、
水漏れ対策はバッチリです。

次に便器を据付けて、ボルトで固定します。
P8310010.jpg P8310011.jpg
ボルトの締め付けは、片方に偏らないように両サイド均等に締め付けます。

便器を据付けたら機能部(便座)を取り付けて、給水管とホースで繋ぎます。
P8310012.jpg P8310015.jpg
試運転をして水漏れがないか確認します。

試運転で異常がなければ、サイドのカバーを取り付けて完了です。
P8310019.jpg P8310023.jpg
P8310028.jpg
リモコンも同じ位置に取付けさせてもらいました。
今回取付させていただいたトイレは、TOTOのネオレストのCES9876Fという機種です。
使用前、使用後に自動で洗浄してくれるので、お手入れがだいぶ楽になると思います。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










大阪府茨木市U様邸電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は電気温水器の取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設の電気温水器の写真です。
CIMG4418.jpg CIMG4419.jpg
既設の電気温水器は三菱のGRE-3743YDという370Lの電気温水器でした。

タンクに溜まっているお湯をぬき
既設の電気温水器を撤去していきます。
CIMG4424.jpg
室内なので壁などを傷つけないよう慎重に運搬します。

既設の温水器撤去後、掃除をしてから
新しい電気温水器を据付けます。
CIMG4425.jpg
既設の電気温水器と一緒の容量の370Lの電気温水器です。

新しい電気温水器を据付けたら、
脚部にアンカーボルトを打設し、電気温水器を固定します。
CIMG4427.jpg CIMG4428.jpg
4分のボルトで脚部3点とも打設し固定します。

電気温水器を固定したら、
各配管をつないでいきます。
CIMG4429.jpg CIMG4430.jpg
CIMG4431.jpg CIMG4437.jpg
CIMG4439.jpg
給湯配管はHTという耐熱性に優れているパイプを使用し、
給水はHIというパイプを使用しています。
各々接着剤が違うので使い分けて使用しています。

最後にリモコン付きの電気温水器でしたので、
リモコンを取付け、完了です。
CIMG4435.jpg CIMG4443.jpg
CIMG4436.jpg
今回取付させていただいた電気温水器は、
三菱のSRG-375BMという機種です。

お客様には、見栄えもスッキリしたと
喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。













兵庫県宝塚市T様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、ガスコンロとレンジフードの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設のレンジフードの写真です。
CIMG4339.jpg CIMG4340.jpg
既設のレンジフードはCleanupのRH-75PFDという機種で
幅75cmの換気扇タイプでした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
CIMG4341.jpg
撤去したレンジフードは処分させてもらいます。

次に新しいレンジフードを取付けます。
CIMG4345.jpg
水平を合わせてシッカリと固定します。

外部ですが、お客様のご要望でベントキャップの取り替えも行います。
CIMG4349.jpg CIMG4350.jpg 
まずは既設のベントキャップを撤去します。

次に、新しいベントキャップに合うカバーを取付けます。
CIMG4351.jpg
このカバーは別途で、作製してもらいました。

穴から、レンジフードにつながるダクトを出して
新しいベントキャップを取付けます。
廻りはコーキングを打設し、防水をします。
CIMG4353.jpg CIMG4354.jpg
CIMG4355.jpg
後に壁の塗装を行うみたいなので、
コーキングは変成シリコンを使用しました。

最後にダクトをレンジフードにつなぎ、
幕板を取付けたら完了です。
CIMG4356.jpg
今回取付させていただいたレンジフードは
パナソニックのFY-7HZC3-Sという機種です。

T様にはお飲物をいただいたり、色々と気配りしていただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





兵庫県宝塚市T様邸ガスコンロ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、ガスコンロの取り替え工事とレンジフード取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
CIMG4338.jpg
幅60cmのビルトインタイプのガスコンロでした。

ガス栓を締めて、
既設のガスコンロを撤去していきます。
CIMG4342.jpg
撤去したガスコンロは処分させてもらいます。

既設のガスコンロ撤去後は、
油汚れをキレイに拭き取っていきます。
CIMG4343.jpg
撤去時にしか拭き取れない場所なので、
入念に拭き取ります。

次に新しいガスコンロをビルトインします。
CIMG4346.jpg CIMG4357.jpg
キッチンカウンターと前面を合わせてガスコンロを固定します。

ガス管をつなぎ、各部材を取付けたら完了です。
CIMG4358.jpg CIMG4359.jpg
CIMG4360.jpg
今回取付させていただいたガスコンロは、
ハーマンのアイセレクトのC3WJ8RJAS6SV-RSという
ガラストップのガスコンロです。

引き続き、レンジフード工事に移らせてもらいます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。




大阪府池田市M様 ガス給湯器工事
ズオーデンキです
今回は池田市にお住まいのお客様よりガス給湯器の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます

既設のガス給湯器の写真です
PA030002.jpg
浴槽隣接設置タイプで、ノーリツGRQ-1611SAXが設置してありました

まずは各配管をはずして撤去です
PA030003.jpg PA030004.jpg
長い間お疲れさまでした

新しいガス給湯器がこれです
PA030005.jpg
同じ隣接設置タイプでリンナイのエコジョーズタイプのガス給湯器をご選択されました。シルバーカラーでなかなかカッコいいです

浴槽に直接つながっている追いだき管2本もぴったり収まっています
PA030007.jpg PA030008.jpg
PA030009.jpg
また給湯・給水・ガス管を次々と接続していきます

浴槽の中の追いだき管カバーも新品に取替です
CIMG4746.jpg CIMG4751.jpg
新しいものに取り替えると気持ちの良いものですね

外部のリモコン線が入った露出カバーもボロボロでこれも新しく取り替えています
PA030015.jpg
雨水が入らないよう3方にわたり防水コーキング処理をしています

リモコンもお風呂・キッチンも交換です
CIMG4750.jpg CIMG4755.jpg
CIMG4754.jpg
浴室リモコンは4方向にわたって防水コーキング処理をしています。コーキング処理をキレイにできるようマスキングテープを貼り付けてからコーキングしています

ガス給湯器本体に各配管を接続したら保温材でしっかり配管を保温します
PA030013.jpg

最後にガス給湯器の転倒防止の金具を取り付けます
PA030011.jpg PA030012.jpg
壁に固定してますので、固定ビスを打ちつけたらこれも防水コーキング処理をしました

ガス漏れ・水漏れチェックを行い、試運転が終われば完成です
PA030023.jpg PA030021.jpg
PA030020.jpg PA030022.jpg
エコジョーズは運転中排水が出るので、排水管は目の前の側溝に流れるよう配管してます。
今回設置いただいたガス給湯器は、リンナイRFS-E2401A浴槽隣接設置タイプになります。お客様からはキレイにしてくれたとうれしいお言葉をいただきました。ありがとうございました。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。
 








大阪府豊中市N様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はホームページを見ていただいたお客様から
食器洗い乾燥機交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
P8280001.jpg P8280003.jpg
水漏れが原因で故障していたみたいです。

止水栓を締めて、
既設の食器洗い乾燥機を撤去していきます。
P8280006.jpg
ここに同じ形状の食器洗い乾燥機を取付けます。

給水管・排水管を整備していきます。
P8280009.jpg
既設の給水配管にはエルボはついていなかったのですが、
そのままつなぐと配管が無理をするので、エルボを新たに取付けました。

次に食器洗い乾燥機を挿入し、
各配管をつないでいきます。
P8280011.jpg P8280010.jpg
試運転をして、水漏れ検査をします。

試運転で異常がなければ、
下部カバーとケコミカバーを取付けて完了です。
P8280012.jpg P8280013.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機は、
ハーマンのFB-4504PFという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。








大阪府池田市A様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は食器洗い乾燥機の取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設の食器洗い乾燥機の写真です。
P8240001.jpg P8240034.jpg
既設の食器洗い乾燥機はNAIS(ナショナル)の24EWという機種でした。

止水栓を締めて既設の食器洗い乾燥機を撤去していきます。
P8240003.jpg P8240004.jpg
P8240036.jpg
パネルは流用できるので、取り外します。

食器洗い乾燥機を撤去したら、
各配管、電源線を整備していきます。
P8240007.jpg P8240021.jpg
P8240009.jpg
電源線にコンセントがついていなかったので、
新たにコンセントを取付けました。

次に転倒防止金具を取付け、
食器洗い乾燥機を挿入していきます。
P8240011.jpg P8240015.jpg
P8240017.jpg
各配管に当たらないよう慎重に挿入していきます。

食器洗い乾燥機を挿入したら、
先ほど取り外したパネルを取付けます。
P8240018.jpg
キッチンカウンターと食器洗い乾燥機の出を合わせ固定します。

次に給水、排水、電源をつないでいきます。
P8240019.jpg P8240023.jpg
P8240027.jpg
試運転をして水漏れがないか確認します。

試運転で異常がなければ、
下部カバーとケコミカバーを取付けて完了です。
P8240037.jpg P8240039.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機は、
ハーマンのFB-4504PFという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。














大阪府豊中市I様邸トイレ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はトイレの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のトイレの写真です。
CIMG4199.jpg CIMG4200.jpg
壁の上部にタンクが取りついているトイレでした。

既設トイレを撤去していきます。
CIMG4201.jpg CIMG4203.jpg
タンクの給水管は不要なので、蓋をします。

フランジを取付けていきます。
CIMG4202.jpg CIMG4205.jpg
リフォーム用のトイレを取付けるので、
排水管の位置に合わせて調整することができます。

給水がないので、
新たに給水管を配管します。
CIMG4211.jpg CIMG4212.jpg
CIMG4204.jpg
外部に水道の配管があったので、
そこから分岐させてもらいました。
もちろん外部なので、凍結しないよう保温材をシッカリと巻きます。

給水と排水ができたので、
あとは便器、タンク、便座と据付けていきます。
CIMG4206.jpg CIMG4207.jpg
CIMG4209.jpg
最後に試運転をして異常がなければ完了です。
CIMG4210.jpg
今回取付させていただいたトイレは、
イナックスのアメージュZという種類のGBC-Z10HUという機種です。

お客様には、暖房便座になったので大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。
















大阪府大阪市H様邸エアコン工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、以前に食器洗い乾燥機工事をさせていただいたお客様より
エアコン工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、エアコンを引っ掛ける取付枠を
壁に取付けます。
CIMG4316.jpg
下地のあるところはビスで、下地がないところはボードアンカーを
使用してシッカリと取り付けます。

室内機を引っ掛けて、
配管・電源渡り線・ドレンホースを室内機から室外機まで伸ばします。
CIMG4319.jpg
配管・渡り線・ドレンホースをつないでいきます。

配管は、室内機とつなぐために、フレア加工します。
CIMG4318.jpg
このフレア加工がキレイにできないと、ガス漏れの原因になります。

フレア加工したら室内機とつなぎます。
CIMG4321.jpg CIMG4323.jpg
CIMG4324.jpg
締め付けにはトルクレンチを使用し、既定のトルク値で締め付けます。

室外機側も同様にフレア加工し、トルクレンチで締め付けます。
CIMG4331.jpg CIMG4329.jpg
CIMG4328.jpg
最後に真空ポンプをかけ、配管の中を真空状態にします。

試運転をして異常がなければ完了です。
CIMG4334.jpg CIMG4330.jpg
今回取付させていただいたエアコンは
ダイキンのF25NTES-Wという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。








大阪府大阪市H様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は、レンジフードとIHクッキングヒーター工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは、既設のレンジフードの写真です。
CIMG4214.jpg
シロッコファンタイプのレンジフードでした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
CIMG4232.jpg CIMG4233.jpg
電源とダクトは流用します。

外部のベントキャップも別途で取り替えました。
CIMG4234.jpg CIMG4235.jpg
CIMG4236.jpg CIMG4239.jpg
外周はコーキングでシッカリと防水します。

次に新しいレンジフードを取付けます。
CIMG4237.jpg CIMG4238.jpg
隣接するキャビネットと高さを合わせ、固定します。

次にダクトと電源をつなぎます。
CIMG4241.jpg
ダクトは、抜けないようにアルミテープでシッカリとジョイントします。

最後に前幕板を取付完了です。
CIMG4244.jpg
今回取付させていただいたレンジフードは、
パナソニックのFY-MH756C-Sという機種です。

引き続き、IHクッキングヒーター工事もさせていただきます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: