FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
兵庫県川西市Y様邸 食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は川西市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の取り付け工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは食器洗い乾燥機取付位置の写真です。
PA170001.jpg
この戸棚を撤去して食器洗い乾燥機を入れ込みます。

新設の食器洗い乾燥機なので給水管、排水管がないので分岐して持っていきます。
まずは排水管からです。
PA170002.jpg PA170003.jpg
PA170007.jpg
床下点検口から床下に潜って排水管から分岐させて食器洗い乾燥機設置位置まで伸ばします。

給水ですがお湯の配管から分岐させて食器洗い乾燥機設置位置までフレキで持っていきます。
PA170013.jpg PA170017.jpg
分岐水栓をつけた部分は水漏れがないか試運転時に確認します。

給水配管、排水配管ができたら食器洗い乾燥機本体を設置します。
設置したら前面を合わせて土台を固定して、各配管、電源線をつなぎます。
PA170016.jpg PA170015.jpg
試運転をして水漏れがないか確認します。

試運転で異常がなければ下部カバーを取付けて完了です。
PA170021.jpg PA170025.jpg
PA170022.jpg PA170024.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNP-45MD5Sという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。









スポンサーサイト
兵庫県尼崎市E様 電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は尼崎市にお住まいのお客様よりマンションにて電気温水器の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の電気温水器の写真です。
PC050001.jpg
三菱製の電気温水器です。パイプスペースでの設置でした。

既設温水器の撤去後です。
PC050010.jpg PC050009.jpg
マンションの管理組合の指示で排水マスも交換する事になりました。

パイプレンチを使用して新しい排水マス取り付けを行っている様子です。
PC050009.jpg PC050015.jpg
通常は、既設の排水トラップマスがしっかり機能していれば問題はありませんが、今回は上記理由により交換です。

元々E様はお湯の勢いがあまりに弱く今回の交換に踏み切られたのですが、新しい電気温水器を設置した場合でもマンション自体の出湯量が弱かったら交換の意味がありませんので、念の為水圧試験を新しい電気温水器を設置する前に試験しました。
PC050023.jpg
もしこれでも弱ければ電気温水器が原因ではありませんので。何度も管理組合にお湯の勢いについて話し合いされたようですが原因が分からないという事でした。

それに関連する減圧弁も新しいモノへ交換しました。
PC050008.jpg PC050028.jpg
古い減圧弁は撤去したのですが、取り付け位置が規定より非常に低くしっかりと正常に機能しているのか正直なところ、工事完了後これが水圧の低い原因ではと考えています。

各配管の取り付け写真です
PC050044.jpg PC050037.jpg
減圧弁はしっかりと既定の位置に取り付け、付属の保温材を取り付けた写真です。しっかりと電気温水器の本体の上部付近に設置しました。逃がし弁も新しいモノへ交換です。

試運転したところ、お客様からお湯の勢いが断然強くなったとの事。水圧自体異常なほどには落ちていなかったので原因はやはり減圧弁の取り付け位置の不良ではと思います。膝ぐらいの位置に取り付けてあったのでこれでは正常に機能しない原因となります。
PC050041.jpg PC050040.jpg
PC050038.jpg
E様のお隣様も最近電気温水器を交換されたお話をお伺いしましたが、減圧弁の位置も膝ぐらいでそのまま温水器の交換だけで他業者さんが施工していたので、お湯の勢い自体は全く変わらず弱いそうです。
減圧弁の位置をずらすとなると、配管の交換など手間はかかりますがお客様は知らずにそのまま使用されるので、その施工した業者さんが無知なのか、それともやっつけ仕事のような雑な施工内容をみていると、少し腹立たしく思います。
W様は非常に喜んでいただきお湯の勢いの問題が解決できて本当にうれしかったです。手間をかけてでも問題が解決するのであればこれが本当のビジネスではないでしょうか。

今回取付いただきました機種は、三菱SRG-465Bです。ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。













兵庫県尼崎市M様邸トイレ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は尼崎市にお住いのお客様よりトイレの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
トイレの交換と一緒にクッションフロアーの貼り替え工事も依頼していただきました。
クッションフロアー貼り替えは1,2階のトイレと洗面所の3箇所です。

まずは既設のトイレの写真です。
CIMG4688.jpg
止水栓を締めてトイレを撤去していきます。

トイレ撤去後のクッションフロアー貼り替え前です。
CIMG4695.jpg CIMG4692.jpg
CIMG4693.jpg
既設のクッションフロアーをめくってお客様に選んでいただいた模様のクッションフロアーを貼っていきます。

既設のクッションフロアーをめくって新しいクッションフロアーを貼っていきます。
CIMG4698.jpg CIMG4699.jpg
CIMG4696.jpg CIMG4702.jpg
クッションフロアーを貼り換えないと既設のトイレの型が残ってしまう場合がありますが、
これならそういった心配がいりません。

クッションフロアーを貼り換えたらトイレ工事に入ります。
今回取付させてもらうトイレはINAXのエレシャスという種類でトイレと戸棚が一体になった
トイレを取付けさせてもらいます。
CIMG4700.jpg CIMG4701.jpg
まずは既設の排水管に排水ソケットを型紙に合わせて固定します。
壁にはカウンター受けと目地材を取付けます。

次に便器を排水ソケットに合わせて据付けます。
その上にタンクも据付けます。
CIMG4705.jpg CIMG4709.jpg
便器とタンクはボルトでシッカリと固定します。

次に給水管に専用の止水栓を取付けてウォシュレットを据付けます。
CIMG4707.jpg CIMG4710.jpg
CIMG4712.jpg
止水栓とウォシュレットをつないだら水漏れがないか確認します。

あとは戸棚を手順通りに取付けていきます。
CIMG4713.jpg P9270002.jpg
P9270003.jpg CIMG4726.jpg
おしゃれに仕上がってきました。

最後にリモコンを取付けて完了です。
CIMG4719.jpg CIMG4719.jpg
CIMG4723.jpg
今回取付させていただいたトイレはINAXのエレシャスという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。












大阪府池田市K様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は池田市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
PA160002.jpg PA160007.jpg
PA160001.jpg
既設の食器洗い乾燥機はナショナルのNP-45A1P1-Kという機種でした。

止水栓を締めて既設の食器洗い乾燥機を撤去していきます。
PA160008.jpg PA160009.jpg
撤去した食器洗い乾燥機は処分させてもらいます。

既設の給水管と排水管を整備します。
PA160013.jpg
食器洗い乾燥機の配管が無理をしないところに既設の配管をもっていきます。

次に食器洗い乾燥機本体が載る土台を組み立て固定します。
PA160016.jpg
この時に本体を仮に載せてみて土台の位置を決めてから固定します。

土台を固定したら食器洗い乾燥機本体を挿入していきます。
PA160014.jpg PA160018.jpg
PA160019.jpg PA160020.jpg
PA160023.jpg
本体の上部にはフィラーを取付けて隙間から蒸気が入り込まないようにします。

食器洗い乾燥機本体を固定したら給水管と排水管と電源をつなぎます。
PA160021.jpg PA160026.jpg
PA160027.jpg
全てつないだら試運転をして水漏れなどの異常がないか確認します。

試運転で異常がなければケコミカバーと下部カバーを取付けて完了です。
PA160030.jpg PA160031.jpg
PA160033.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNP-45MC5Tという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











大阪府大阪市T様 太陽光発電工事2
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は前回太陽光発電の架台工事まで完了したところに、
パネルを載せていく工事を行います。

事前に配線を済ませて建ち降ろしをしておきます。
CIMG4561.jpg CIMG4562.jpg
アース線も一緒におろしておきます。

パネルの前に軒先カバーを取付けて固定します。
CIMG4563.jpg CIMG4564.jpg
固定はボルトでトルクレンチを使用し既定のトルク値で締めていきます。

次にパネルを並べていきます。
CIMG4568.jpg CIMG4566.jpg
CIMG4567.jpg
パネルを並べたらケーブルをつないで、ケーブルが屋根面にふれないようにケーブルホルダーを使用します。

あとはその繰り返しでどんどんパネルを並べていきます。
CIMG4568.jpg CIMG4572.jpg
CIMG4576.jpg CIMG4580.jpg
これでパネル工事は完了です。

次に先ほど建ち降ろしたケーブルを樋に固定し整備して、
外壁に取付けた接続箱まで持っていきます。
CIMG4594.jpg CIMG4595.jpg
建ち降ろしの配管はPFD管という耐候性に優れた配管を使用しています。

接続箱でケーブルを1本の線にまとめて内部のパワーコンディショナーまで配線します。
アース線も建ち降ろしてアース棒を打設します。
CIMG4596.jpg CIMG4587.jpg
CIMG4590.jpg
内部には太陽光専用のブレーカーを収めるBOXとモニターの送信ユニットを取付けます。
CIMG4583.jpg CIMG4598.jpg
CIMG4597.jpg CIMG4599.jpg
CIMG4601.jpg
各配線をつなぎこみ発電しているか確認します。

電力メータ部分も売電メータが取り付けれるように施工します。
CIMG4591.jpg CIMG4592.jpg
これで工事は完了です。

後日関西電力さんが売電メーターを取り付けにきますので、
そこからの太陽光発電システムの発電になります。
CIMG4675.jpg CIMG4683.jpg
CIMG4678.jpg CIMG4679.jpg
関西電力さんが来られるときにお客様がご不在だったので代わりに立ち会いをさせてもらいました。
今回取付させていただいた太陽光パネルは
168Wのパネルが6枚、212Wのパネルが9枚の2.916kwシステムです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。









大阪府大阪市T様 太陽光発電工事1
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は大阪市にお住いのお客様より太陽光発電工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

三菱の太陽光発電システムをご希望で
屋根がスレートなのでスレート金具工法で取付けていきます。

まずは設置する屋根の写真です。
CIMG3140.jpg CIMG4537.jpg
この切妻屋根の2面に15枚のパネルを設置します。

架台工事から始めていきます。パネル位置の墨出しと垂木位置の墨出しをしていきます。
CIMG4538.jpg CIMG4540.jpg
CIMG4536.jpg
この工法は垂木に架台を固定する工法なので垂木の位置を確認しなければなりません、
そこでこの機械をスライドさすと屋根材をめくらなくても垂木を探すことができます。

墨出しが終わったら、金具を取り付けるために垂木位置の墨出し線上のスレートに穴をあけていきます。
CIMG4545.jpg CIMG4543.jpg
CIMG4544.jpg
穴をあけた部分は掃除機で切り粉を掃除してキレイにします。

次に穴をあけた部分にコーキング材を打設していき、穴の位置に防水テープを挿入します。
CIMG4542.jpg CIMG4541.jpg
CIMG4549.jpg
コーキング材は指定されたゴムアス系のコーキング材を使用しています。

次にスレート金具の裏の剥離紙をはがして木ネジで固定します。
CIMG4545.jpg CIMG4548.jpg
この時にシッカリと垂木に固定されているか確認します。

スレート金具を固定したら金具の廻り3辺と木ねじの頭にコーキングを打設します。
CIMG4546.jpg CIMG4550.jpg
CIMG4551.jpg
これで架台工事は完了です。

次はパネル工事を始めます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










兵庫県川西市K様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は川西市にお住いのお客様よりレンジフード交換の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
PA100032.jpg PA100033.jpg
既設のレンジフードはタカラスタンダードのVE-60という機種でした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
PA100035.jpg PA100039.jpg
PA100038.jpg
レンジフード撤去後は壁にこびり付いた油汚れを拭き取ります。

壁がキレイになったら新しいレンジフードを取付けます。
PA100041.jpg PA100042.jpg
ビスでシッカリと固定します。

レンジフードを固定したら上部にダクトがつながるアタッチメントを取付けて
既設のダクトとアタッチメントをつないでいきます。
PA100043.jpg PA100044.jpg
PA100045.jpg PA100048.jpg
既設のダクトが短かったのでニップルを使用し延長しました。

次に横幕板と前幕板を取付けていきます。
PA100050.jpg PA100059.jpg
PA100057.jpg
隣接するキャビネットの高さとバッチリあいました。

最後に壁との間の隙間をコークボンドで埋め、
内部の部材を取付けて完了です。
PA100051.jpg PA100061.jpg
PA100064.jpg PA100065.jpg
PA100066.jpg
プロペラまで簡単に取り外すことができてほぼ丸洗いが可能です。
今回取付させていただいたレンジフードは、
パナソニックのFY-6HGC2-Sという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










大阪府大阪市O様 浴室換気乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住まいのお客様より浴室換気乾燥機の交換工事をご依頼いただきました。O様には以前にもビルトイン食器洗い乾燥機やボルトインガスコンロの工事をさせていただき、いつもお世話になっております。今回もご依頼いただきありがとうございます。

既設の浴室換気乾燥機はサンヨーEK-K141が設置してました。100Vタイプです。このタイプの開口寸法の合うパナソニック製浴室換気乾燥機を選んでいただきました。
PA050019.jpg PC100057.jpg
早速既設の浴乾を取り外します。

ユニットバスに固定する方法をとってありましたので、今回も同様の方法で新しい浴室換気乾燥機を取り付けます。
PC100058.jpg PC100059.jpg
下地もしっかりユニットバスに固定されていて、腐りや固定不良など下地をしっかりチェックしてそのまま使用する事に。

新しい浴室換気乾燥機を取り付けているところです。
PC100062.jpg PC100068.jpg
ユニットバスに下穴を開けて、付属のステンレス製のビスで本体を取り付けました。

また既設の浴室換気乾燥機にアースが接続されていなかったので、鉄骨からアースを取りだしました。
PC100064.jpg PC100065.jpg
やはり水周りの住設機器はアースが無いとお客様に安心してお使いいただく事が出来ません。電気容量もそれなりに大きいので万が一漏電した場合は危険です。

排気ダクトはそのまま流用してます。
PC100066.jpg
接続部分はアルミテープでしっかりと固定します。ビニルテープなどの巻きつけ固定は厳禁です。

リモコンも新しくなりました。
PC100063.jpg PC100070.jpg
右側が新しいリモコンです。今回の浴室換気乾燥機は予備暖房が強弱2パターン付きです。

カバーを取り付けて試運転を行えば完成です。
PC100071.jpg
この浴室換気乾燥機は4方向風向きを変更できますが、ランドリーパイプに向けて風向きを合わせました。
今回ご依頼いただきました浴室換気乾燥機はパナソニック FY-13UG3です。なかなかお伺いさせていただく日程が都合付かずご迷惑おかけしたのにもかかわらず今回もご依頼いただきありがとうございました。O様、可愛いモルモットさんの件は驚きましたがきっと可愛がってくださったO様にモルモットさんも大変感謝していると思います。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。



大阪府高槻市K様 浴室換気乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は高槻市にお住まいのお客様より浴室換気乾燥機の取り付け工事のご依頼をいただきました。取り付ける機種はTOTO三乾王です。ありがとうございます。

まずはユニットバスに三乾王の埋め込み寸法の開口を開けていきます
PA050001.jpg PA050002.jpg PA050003.jpg PA050004.jpg
浴室換気乾燥機の能力を最大限に引き出す為、設置位置もお客様ご相談の上でベストな位置に開口しました。

開口が終わったらTOTO三乾王の取り付け枠の金具をはめ込んでいきます。
PA050005.jpg PA050007.jpg

天井吊りでしっかり固定できるよう今回はアングルを用いて浴室換気乾燥機の本体を吊り込む事にしました
PA050010.jpg PA050011.jpg
PA050014.jpg 
梁にアングルを取り付けたので強度もバッチリ確保しました。この天井吊りが埋め込み型浴室換気乾燥機の最大の施工ポイントです。 

取り付け枠が設置出来たらいよいよ三乾王本体を吊り込みます
PA050012.jpg PA050013.jpg
ズンギリの位置もばっちり合っています。天井裏でナットでしっかり固定します。

200Vの機種で、浴室換気乾燥機は電気容量が大きいので分電盤から専用の電源線が必要です。
PA050016.jpg PA050017.jpg
既設の分電盤の予備回路が無かったので隣に増設用の小さな盤を取り付けました。2回路の増設用分電盤ですが、1回路は予備回路になるので、予備回路は100Vの回路で将来お客様が増設できるように既設の回路に三乾王の回路を作ってミニ分電盤は100V回路用の盤に調整しました。これで将来何か増設回路を作っても100Vで専用電源が送れます。誤って200Vを送電してしまう危険性もありません。

後はカバー・リモコンを取り付けて完成です。もちろん試運転を行って最終チェックも完了しました。
PA050019.jpg PA050018.jpg

今回ご依頼いただきました機種はTOTO三乾王 TYB221Gです。
K様ありがとうございました。また何かありましたら是非当店へご相談ください。
当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。








大阪府豊中市S様 オール電化工事2
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は先日からオール電化工事でお邪魔させていただいてますS様のエコキュート据え付け工事です。

コンクリート基礎もばっちり仕上がり、早速エコキュートの搬入です。隣人様にご挨拶をして搬入の為に柵を一旦外させていただきました。
PA150028.jpg PA150030.jpg
塀を乗り越えての搬入が必要だったので、塀とエコキュートが傷つかないよう塀を単管で囲むように簡易搬入用足場を組みました。丸管なのでエコキュート本体もこれで搬入しやすくなります。

いよいよ搬入です。
PA150031.jpg PA150032.jpg
設置スペースにスッポリと収まるようにエコキュートが入りました。多少時間はかかりましたが本体・塀も傷ひとつ無く搬入に成功しました。

先日つくったコンクリート基礎に4分のアンカーを打ち込んで貯湯タンクユニットを固定します。
PA150038.jpg PA150040.jpg
PA150039.jpg PA150042.jpg
4分アンカーは、マニュアル規定通りの太さのボルトで固定できます。打設した切り粉はしっかり取り除いてアンカーピンを打ち込んでいます。

ヒートポンプユニットも貯湯タンクの後方へ搬入し、これで各給水接続が出来ます
PA150044.jpg PA150045.jpg
現地調査での入念な計測どおりエコキュートを設置する事が出来ました。

各配管接続は接続部も余すことなく保温工事も行います。
PA150046.jpg PA150057.jpg
PA150047.jpg PA150048.jpg
配管は3層管を使用、耐熱温度95度でヒートポンプも配管にも対応しています。材料も長年使っていただくモノですので、しっかりとしたものを使用しています。

電線も貯湯タンクユニットにつなぎ込んでヒートポンプも水漏れチェックを行います。
PA150056.jpg PA150062.jpg

全ての作業が終われば試運転。お客様に使用説明を行って完成です。
PA150066.jpg PA150063.jpg
PA150070.jpg
予測通りの設置状況です。うまく収まりました。S様には工事の際お茶をいただいたりと気を配っていただきありがとうございました。隣人様も工事の最中ご協力いただきましてありがとうございます。
今回設置いただきましたエコキュートは三菱SRT-HP37WUZ6です。このよう限られた設置スペースの場合でもエコキュート設置をご検討の方は当店にお気軽にご相談ください。

S様ご依頼いただきありがとうございました。10年延長保証もご加入いただきました。レンジフードの交換も機会ありましたら是非当店をよろしくお願いいたします。
当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。













大阪府豊中市S様 オール電化工事1
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住まいのお客様よりオール電化工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

本日はIHクッキングヒーターとエコキュートのコンクリート基礎工事の内容のご紹介です。
CIMG4738.jpg
既設のガスコンロも長らく愛用されておりました。今日からIHクッキングヒーターとバトンタッチです。

早速既設のガスコンロを取り外してシンクにこびりついた汚れを落としていきます。
PA010007.jpg CIMG4741.jpg
トップ面のフチ周りはなかなか掃除がしづらい箇所なので、念入りに油汚れをふき取ります。ガス管は閉栓キャップでしっかり閉じます。

キッチンは2Fで今回配線が隠ぺいする事が出来なかったので、お客様にご説明をさせていただき化粧モールにて配線しました。
PA010013.jpg PA010004.jpg
PA010012.jpg
クロスの色合いを考慮してホワイトのモールにて処理しています。

ご自宅にアース線が無くIHクッキングヒーターはアース接続は必須なので、外部にアースを落とすことにしました
PA010021.jpg PA010020.jpg
毎日安心してIHヒーターを使っていただきたいので、ご自宅にアースが無くても必ず配線は怠りません。今回はエコキュートのアース出設工事と一緒にIHクッキングヒーターのアースも両方ジョイントする事にしました。外部露出BOXは貫通穴はパテで埋めて、BOX周りも防水コーキング処理を行いました。

これでIHクッキングヒーターのアースも接続が出来ます
PA010010.jpg

IHクッキングヒーター専用のコンセントを設置すればあとはIH機器を設置していきます。
PA010015.jpg PA010016.jpg
今回ご購入いただきましたIHクッキングヒーターはパナソニック ラクッキングリルKZ-R3636Sです。グリルがとても掃除しやすくおススメの1台です。

次はエコキュートのコンクリート基礎工事です。
PA010023.jpg
限られた設置スペースで機種選定も細心の注意を払いました。当店にご依頼される前に他業者様が見積もりにきて、エコキュートは入らないと言われたそうです。 当店も現地調査の際に、この事をお伺いした上で計測させていただきました。搬入の際は最も注意が必要ですが三菱製薄型エコキュートがギリギリ入る計算です。

まずはコンクリート基礎工事の型枠を組み込んでIHクッキングヒーターも兼ねたアースの打設工事から取りくみます
PA040025.jpg PA040027.jpg
コンクリート基礎を水平に作る為、レベルレーザーで墨出しを行っているところです。

基礎をより強固なものに仕上げる為に、クラッシャーを敷き詰めます
PA040030.jpg PA040031.jpg
コンクリートの中には鉄筋も入れて強度を上げます。

よく据えるだけの簡易基礎がありますが、当店は基礎工事は重要視していますので、より強い自社でコンクリート基礎を作ります。長期間安心してお使いいただけるようにと考慮しています。
PA040024.jpg PA040033.jpg
基礎工事の完成です。次回はいよいよエコキュートの据え付けです

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。








兵庫県宝塚市K様 トイレ工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は宝塚市にお住まいのお客様よりトイレ便器の交換工事のご依頼をいただきました。以前もこちらのK様よりトイレの交換工事をご依頼いただきまして、今回も当店よりご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のトイレ便器です
PC0700001.jpg PC0700002.jpg
早速取り外して、フランジにこびりついたPシールもキレイに取り除きました。

今回はトイレ交換とクッションフロアも兼ねてご依頼いただきました。
PC0700006.jpg PC0700008.jpg
既設のクッションフロアを取り除いたところです。お客様にクッションフロアの種類ををお選びいただきました。

張り替えは沖インテリアの沖さんです。
PC0700009.jpg PC0700010.jpg
PC0700012.jpg PC0700014.jpg
他にもクロス張り替えなど、いつもキレイに仕上げてくれます。TOLI4スターのエコロイヤルセメントでクッションフロアを貼り付けます。材料も1級品です。

クッションフロアを張り替えたら、早速排水キットを取り付けます。
PC0700016.jpg PC0700018.jpg
排水芯が540mmで目いっぱい排水キットを伸ばして、最大限便器を奥に置くような形をとりました。トイレ工事の中でここの施工が最も重要になります。

排水キットの位置が決まったらしっかり固定します
PC0700020.jpg PC0700024.jpg
樹脂フランジを使用していたのでPシールも樹脂フランジ専用を使用しています。ここまでくればあとは便器を据えていきます。

PC0700025.jpg PC0700027.jpg
PC0700028.jpg
通水を行い、給水接続から水漏れが無いかしっかり点検します。

通電チェック、最後に再び水漏れチェックを行えば完成です。
PC0700036.jpg PC0700037.jpg
PC0700038.jpg
お客様のご希望でリモコンはスティックリモコンを設置しました。お客様自身で購入されたペーパーホルダーもついでに取り付けました。

ご依頼いただきましたトイレはTOTOネオレストAH1 ハーベストベージュCS985BMです。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





 

 
大阪府大阪市T様 IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪市内にお住まいのお客様よりIHクッキングヒーター工事のご依頼です。ありがとうございます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
PA310021.jpg
立ち消えを経験されてから、IHへの交換を検討いただき今回のご依頼をいただきました。機種はお客様と打ち合わせを行い、パナソニックのラクッキングリルを決めていただきました。

コンロを撤去した写真です。
PA3100290.jpg PA3100300.jpg
天面の油汚れはIHを設置する前にしっかりをキレイに汚れを落とします。

マンションだったので、配線経路も出来る限り隠ぺいを心がけて注意をはらいました
PA310019.jpg PA310020.jpg
増設分電盤を設けて、天井内に隠ぺい配線を行っている様子です。レンジフードまで天井配線で引き込み、そのまま間仕切り内に落とし込みました。

配線後はIHクッキングヒーター専用のコンセントを設けます。
PA310034.jpg PA3100350.jpg
増設用分電盤設置しました。

ガス管は閉栓をして、ガス漏れのないようにしっかりチェックします。
PA310027.jpg
キッチンに点検口があったので、お客様にご説明をして点検口内に閉栓したガス管を収めました

後はIHクッキングヒーターを設置していきます。
PA3100430.jpg PA3100450.jpg
PA3100460.jpg PA3100470.jpg
お客様の希望で、洗面所のコンセントも交換させていただきました。

T様は奥様の為にIHを導入されてとても奥様思いの方でした。T様の現役時代の様々なお話も頂き大変勉強になり、参考になりました。駐車場の手配など事前にしていただいたりと作業がスムーズに進み感謝しております。
ご依頼いただきましたIHクッキングヒーターはパナソニックKZ-R773Sです。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。






兵庫県川西市I様 ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は川西市にお住まいのお客様よりガス給湯器工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます

まずは、既設のガス給湯器の写真です。
PA180001.jpg PA100026.jpg
大阪ガス品番のガス給湯器、ノーリツGTH-2413AWXDでした。温水床暖房機能が備わったガス給湯器でしたが、カワックも床暖房も無く、おそらく将来用にこの機種を選ばれたのか今回は通常タイプのオートタイプの給湯器をお選びいただきました。

既設ガス給湯器の撤去です
PA180002.jpg PA180003.jpg
長い間お疲れさまでした

機種変更にあたり、各配管を流用して接続する際既設の配管の長さでは短くて新しいガス給湯器に接続できなかったので、配管もやり直しました
PA180007.jpg PA180008.jpg
アダプターを溶接しているところです。ここでのポイントは溶接から水漏れの無いようにしっかり溶接した箇所を鏡を使用して隅々までチェックを行います。もちろん最終試運転の際も水漏れチェックを行い何度も確認します

エコジョーズタイプのガス給湯器なので、排水配管も行いました
PA180012.jpg PA180014.jpg
排水もそう多くの量は出ませんが、垂れ流しのような工事は行いません

配管接続の写真です
PA180016.jpg PA180013.jpg
フレキ管をつくって、各配管に接続していきます。

配管が接続し終えたら保温材を巻いていきます。
PA180029.jpg PA180027.jpg
フレキナットの先までしっかり保温して熱が逃げないよう最大限の効率を図ります。

リモコンも新しくなりました。
PA180021.jpg PA180026.jpg
PA180023.jpg PA180025.jpg
浴室リモコンは、4方向にわたってコーキング処理します。より見栄えもキレイにマスキングテープを使用して処理もキレイにしました。

最終試運転を行い、水漏れチェック、お客様へ使用説明を行い完成です。
PA180032.jpg PA180031.jpg
今回設置いただきました機種はリンナイRUF-E2401SAW エコジョーズタイプ給湯器です。同時に大阪ガスのガス得プラン料金にご加入いただきました。お客様には工事内容も、工事料金もご満足いただきまして大変うれしく思います。ガス給湯器の他も工事に関する住宅設備は様々に行っている当店です。I様これからもなにかありましたらご用命ください。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。



 





大阪府池田市M様邸ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は池田市にお住いのお客様よりガス給湯器の交換工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のガス給湯器の写真です。
PA030002.jpg
既設のガス給湯器はノーリツのGRQ-1611SAXという機種でした。

既設のガス給湯器を撤去していきます。
PA030003.jpg PA030004.jpg
長い間お疲れ様でした。

次に新しいガス給湯器を設置して裏側の追い炊き配管をつなぎます。
PA030005.jpg PA030007.jpg
基礎は増設せずに既存のままで納まりました。

次にガス管をつなぎます。
PA030008.jpg PA030010.jpg
接続部はシールテープとニュータイトを使用し確実にガス漏れがないようにします。
給水配管、給湯配管もつないでいきます。

台所、浴室のリモコンも新しいものに交換します。
CIMG4753.jpg CIMG4754.jpg
CIMG4745.jpg CIMG4750.jpg
CIMG4755.jpg CIMG4746.jpg
CIMG4751.jpg
浴室のリモコンは四方にコーキングを打設します。
また浴槽のアダプターカバーも新しいものに交換します。

リモコンを取付けたら、電源を差し込み試運転を行います。
試運転で水漏れ、ガス漏れがないか確認して異常がなければ保温材を巻いていきます。PA030014.jpg PA030021.jpg
エコジョーズの製品なので微量の排水がでるので、その配管もします。

最後に転倒防止金具をを取り付け完了です。
PA030016.jpg PA030015.jpg
PA030020.jpg PA030023.jpg
今回取付させていただいたガス給湯器は
リンナイのRFS-E2401Aという機種です。
エコジョーズの製品なのでガス料金が5%安くなります。
そちらの申請もさせていただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











 









大阪府大阪市K様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は大阪市西区にお住いのお客様よりレンジフードの取り替え工事の
ご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
PA060001.jpg PA060002.jpg
既設のレンジフードはタカラスタンダード製でした。

幕板を外して電源を抜いて既設のレンジフードを撤去していきます。
PA060005.jpg PA060006.jpg
PA060007.jpg PA060008.jpg
隣接するトールキャビネットと高さを合わせてシッカリと固定します。

レンジフードを固定したら、
既設のアルミダクトとレンジフードをつなぎます。
PA060009.jpg
油汚れなどではがれないようアルミテープを使用してシッカリとつなぎます。

電源をつないで幕板を取付けたら完了です。
PA060010.jpg PA060012.jpg
PA060014.jpg PA060015.jpg
PA060016.jpg
今回取り付けさせていただいたレンジフードは
パナソニックのFY-6HZC2という機種です。

今回の工事時間はお客様のご協力もあり1時間半程度で取付完了しました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: