FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府豊中市T様 ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は豊中市当店からお近くにお住まいのお客様よりガス給湯器の交換のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

T様はわざわざ当店まで足を運んでいただき、数機種ガス給湯器のお見積もりをさせていただきその中で最も効率の良いリンナイ製エコジョーズタイプのガス給湯器をご依頼いただきました。その後も何度かご来店いただき、とても感じの良い、きさくな方でした。
P1260005.jpg P1260007.jpg
既設のガス給湯器。パロマ製の20号ガス給湯器です。

まずは撤去です。お疲れさまでした。
P1260011.jpg P1260012.jpg
シルバー色のガス給湯器はリンナイエコジョーズタイプの証です。

新しいガス給湯器を壁にかけている様子です
P1260017.jpg P1260018.jpg
前のガス給湯器よりコンパクトタイプになった事などから、配管はキレイに取り回しが出来るようフレキ管は全て新しく丁度いい長さに作り直します。

フレキ管を作っている様子です
P1260019.jpg P1260020.jpg
既設につながっていたフレキ管はそのまま使用できますが、キレイな工事内容を心がけて当店は全て新しく作っています。お客様自身はお気づきにならない点かもしれませんが、ご依頼いただいた以上やはり気配りひとつで仕上がりも大きく変わりますので。。

保温材もしっかり巻いていきます。
P1260021.jpg P1260022.jpg
P1260025.jpg P1260027.jpg
既設の追いだき配管が、テープ巻きもなく樹脂配管が露出していたのでテープ巻きを施しておきました。樹脂管の劣化防止策です。エコジョーズ特有の排水管は近くの雨トユに配管を逃がしました。

リモコンも仕上げをキレイに心がけます
P1260015.jpg P1260034.jpg
P1260033.jpg P1260032.jpg
浴室リモコンは水がリモコン裏側へ入り込まないよう全周にコーキングを施しますが、マスキングテープを使用してコーキング処理をキレイに仕上げました。

試運転を行い、異常が無ければ完成です。
P1260028.jpg
今回取付させていただいたガス給湯器はリンナイ エコジョーズタイプRUF-E2001SAW(A)です。
ご依頼誠にありがとうございました。T様、余談ですがいただきました貴重な資料、これから大切に読ませていただきます。個人的にずっと欲しかったのですが、値段もそれなりに高く購入すべきか迷っていたので本当にうれしかったです!ありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  





 



 


スポンサーサイト
兵庫県宝塚市M様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回はガスコンロと食器洗い乾燥機のご依頼をいただいたお客様宅で食器洗い乾燥機工事をさせていただきます。
まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
PB130002.jpg
既設の食器洗い乾燥機はリンナイ製の幅45cmの食器洗い乾燥機でした。

止水栓を締めて既設の食器洗い乾燥機を撤去していきます。
PB130005.jpg
補強材として鉄板が底面に張っていましたが新しい食器洗い乾燥機には脚の位置が違いましたのでその鉄板も撤去します。撤去材は全て処分させてもらいます。

食器洗い乾燥機を撤去したら、新しい食器洗い乾燥機の転倒防止金具と前ズレ防止金具を取付けて、新しい食器洗い乾燥機を挿入します。
PB130011.jpg PB130012.jpg
PB130013.jpg PB130014.jpg
既設の補強材は撤去したので、新たに補強材としてコンパネを食器洗い乾燥機の下に張りました。前ズレ防止金具と食器洗い乾燥機本体をビスでシッカリと締め付けているので、前にズレ落ちたりすることはありません。

次に給水管、排水管、電源線をつないで試運転を行います。
PB130027.jpg PB130026.jpg
PB130028.jpg
給水管と排水管はキッチンカウンターの奥のほうで接続できましたので、収納スペースをつぶさずに配管できました。試運転で水漏れがないか確認します。

試運転で異常がなければ完了です。
PB130032.jpg PB130033.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はリンナイのRKW-C401C(A)SAという機種で、機械自体がコンパクトでキッチンカウンターの奥行きが割かし短くても取付けることができます。
お客様には他社と見積もりを比較されたみたいですが断然安い!と価格面でも大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  




大阪府豊中市O様邸食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は豊中市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。ご近所ということもあってお問い合わせがあった日に、現場調査に行かせてもらいお見積りをだすことができました。ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
PB070002.jpg PB070001.jpg
既設の食器洗い乾燥機はNAISの24EWという機種でした。新しい食器洗い乾燥機は同じ形の食器洗い乾燥機を選んでいただいたので、キッチンカウンターと一緒の柄の化粧パネルは使用することができます。

止水栓を締めて既設の食器洗い乾燥機を撤去していきます。
PB070003.jpg
撤去の前に食器洗い乾燥機を取り出す時に床を傷つけないよう養生シートを敷きます。また傷がつきやすい部分は養生テープを貼って二重対策をします。撤去した食器洗い乾燥機は化粧パネルを取り外して処分までさせていただきます。

撤去部分を掃除して排水管を整備します。
PB070004.jpg
給水管は同じタイプの食器洗い乾燥機を取付けるので加工は必要ありませんでした。排水管は付属品の新しいものに交換します。

次に食器洗い乾燥機に先ほど取り外した化粧パネルを取付けて挿入します。
PB070005.jpg PB070006.jpg
食器洗い乾燥機を挿入するときは床などを傷つけないよう細心の注意を払い挿入します。食器洗い乾燥機をキッチンカウンターと前面を合わせて固定したら、電源線・給水・排水管をつなぎます。

最後に試運転をして異常がなければ完了です。
PB070009.jpg PB070008.jpg
PB070012.jpg PB070010.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はハーマンのFB4505PFという機種です。化粧パネルを取付けることができてキッチンカウンターに違和感なく取りつきました。お客様にも大変喜んでいただきました。ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  






兵庫県宝塚市O様邸エコキュート1年点検
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は1年前にオール電化のご依頼をいただき、施工させていただいたお客様の1年点検を行わさせていただきました。

まずはエコキュートからです。
PA250052.jpg PA250054.jpg
PA250055.jpg
保温材をすべて取り外してジョイント部から水漏れがないか確認します。

ヒートポンプ部分です。
PA250058.jpg

追い炊き配管部分です。
PA250065.jpg

給水・給湯ジョイント部分は床下になりますので、床下に潜らせていただきました。
PA250070.jpg PA250071.jpg
PA250072.jpg PA250073.jpg
PA250074.jpg
ジョイント部分と床下などすべて確認させていただきました。水漏れは皆無で正常に起動していました。

次はエコキュート給水管のストレーナーを点検します。
PA250061.jpg PA250063.jpg
PA250064.jpg
少しゴミが溜まっていたので掃除してキレイに取り除きます。

あとは取り外した保温材を復旧します。
PA250076.jpg PA250075.jpg
PA250077.jpg
最後にエコキュート本体とヒートポンプをキレイに拭いてエコキュートの点検は完了です。

次にIHクッキングヒーターですが、正常に起動しているということなので天面を専用のクリーナーで拭いていきます。
PA250067.jpg
キレイにご使用されていて拭く必要もございませんでしたが、細かい傷の保護にもなるのでさせていただきました。

これでオール電化の1年点検完了です。また何かございましたらご連絡くださるようお願いいたします。
ありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  








兵庫県西宮市S様邸ガスコンロ工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は西宮市にお住いのお客様よりレンジフードとガスコンロの交換工事のご依頼をいただき、お邪魔させていただいています。レンジフードは取付けさせていただいたので、ガスコンロを取付けていきます。

まずは既設のガスコンロの写真です。
PC070041.jpg PC070042.jpg
既設のガスコンロはハーマン製の幅75cmタイプのガスコンロでした。

ガス栓を締めてガス管を外して既設のガスコンロを撤去していきます。
PC070054.jpg PC070055.jpg
撤去時は壁等に当てないよう慎重に運搬します。撤去したガスコンロは処分させてもらいます。

既設のガスコンロを撤去したら油汚れをキレイに拭き取ります。
PC070056.jpg PC070057.jpg
PC070058.jpg
普段は手がとどかずお手入れできない部分なので、入念に拭き取ってキレイな状態で新しいガスコンロをビルトインします。

油汚れをキレイに拭き取ったら新しいガスコンロをビルトインします。
PC070059.jpg PC070061.jpg
PC070062.jpg
ビルトインする際はフロント部分を傷つけないように細心の注意を払います。ビルトインしたらフロント部分のカバーを取付けて隣接する戸棚と前面またはキッチンカウンターとの平行を合わせて固定します。

ガスコンロを固定したら取り外したガス管をつなぎます。
PC070064.jpg PC070065.jpg
ガス管の取り付けはシールテープとニュータイトというガス管専用のシリコン材を使用して締め付けます。ガス栓を開いてガス漏れチェッカーでガス漏れがないか確認します。

最後にトッププレートとごとく等を取付けて完了です。
PC070067.jpg PC070071.jpg
PC070072.jpg PC070073.jpg
今回取付させていただいたガスコンロはハーマンのC3WL2PWAS6STESDという機種で専用のダッチオーブンが付属されているガスコンロでした。ダッチオーブンの料理本も付属されていて本格調理が手軽に楽しめます。
お客様にも大変喜んでいただきました。ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  










兵庫県西宮市S様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は西宮市にお住いのお客様よりレンジフードの交換とガスコンロ交換のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずはレンジフード工事から始めさせてもらいます。
既設のレンジフードの写真です。
PC070039.jpg PC070040.jpg
既設のレンジフードは富士工業のBDR-3H-754というシロッコファンタイプで750mm幅のレンジフードでした。

床などを養生して既設のレンジフードを撤去していきます。
PC070043.jpg PC070044.jpg
今回はシロッコファンタイプからの交換になりますが、換気扇タイプのレンジフードからでも専用のアダプターを取り付ければ交換できます。

撤去して隠れていた部分をキレイに拭き取り、新しいレンジフードを取付けていきます。
PC070046.jpg
新しいレンジフードを引っ掛けたら隣の戸棚と高すように微調整してビスを締めこんでいきます。

次にレンジフード上部にダクトをつなげるアダプターを取付けます。
PC070047.jpg
アダプターにはパッキングテープという蒸気が逃げないようにするためのテープを全周に貼っています。

アダプターを取付けたらアルミダクトをつなげます。
PC070048.jpg PC070049.jpg
アルミダクトジョイント部は油などで剥がれないようにアルミテープでシッカリとつなぎます。これで引っ張っても抜けない状態です。電源線は高温になるアルミダクトに触れないように固定します。

次に上部の配管部分を隠す幕板を取付けます。
PC070051.jpg PC070050.jpg
この幕板も垂直になるよう微調整して固定します。

最後にレンジフードと壁の小さな隙間をコーキングとコークボンドで埋めます。
PC070053.jpg
隙間の大きい部分はコーキングを使用しました。その際は仕上がりがキレイになるようにマスキングテープを使用します。

これで完了です。
PC070068.jpg PC070070.jpg
PC070069.jpg
今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-75DED1-Sという機種で調理物の温度を検知して自動で換気風量を調整するエコナビ機能がついています。
また整流板から羽根まで簡単に取り外すことができるのでお掃除も楽になります。お客様にも大変喜んでいただきました。
引き続きガスコンロ工事をさせていただきます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  






兵庫県伊丹市K様 ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は伊丹市にお住まいのお客様よりガス給湯器の取り付け工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。
I様のお家は外壁塗装を終えたばかりで、今回のガス給湯器の取替にあたり1度古いガス給湯器を取り外してから機器本体の裏側の外壁を塗っていただき、後日新しいガス給湯器に交換していただくという内容でした。
P1120104.jpg
P1120112.jpg P1150001.jpg
新しいガス給湯器の大きさも違いますので、これなら古い塗装跡が見えずに見栄えもキレイです。I様自身で塗装されたかと思いますが、かなりキレイに塗っておられました。

塗装が乾いた後日再度お伺いし、早速新しいガス給湯器を壁に掛けます。
P1150002.jpg P1150003.jpg
P1150005.jpg
塗りたての外壁や、ガス給湯器本体に傷がつかないよう慎重に壁掛けします。

本体を壁にかける引っかけ金具にはビス穴から水が入り込まないよう防水コーキングで防水処理します。
P1150009.jpg P1150006.jpg
上下2か所に金具があるので両方とも防水コーキングで処理をしていきました。細かなところも配慮して工事します。ちなみに古いガス給湯器のビス穴は、塗装前に事前に変成シリコンを注入しその上から塗装していただきました。変成シリコンは上から塗料が塗れる為です。

各配管を接続していきます。
P1150010.jpg P1150014.jpg
浴室でカワックを使用されていたので、暖房機能付きのガス給湯器になります。

エコジョーズタイプのガス給湯器でしたので、運転中排水が出てくるため配管を行います。
P1150013.jpg P1150024.jpg
P1150021.jpg P1150031.jpg
雨トユに流し込めるよう配管しました。この配管を怠ると運転中は排水が垂れ流しになり、常に本体の下の土間が濡れてしましますのでエコジョーズガス給湯器に限っては重要なポイントになります。

リモコンも新しいモノに交換です。
P1150016.jpg P1150019.jpg
全周にわたってのコーキング処理は、マスキングテープを使用してコーキングをキレイに塗ります。アップで写真撮影しましたがこのとおりキレイな仕上がりです。

後は、配管に保温材を巻いて試運転・水漏れチェックで異常が無ければ完成です。
P1150033.jpg P1150029.jpg
今回取付させていただいたガス給湯器は、エコジョーズタイプのリンナイRVD-E2401SAW2-1です。
お客様には工事完了後に温かい飲み物をいただきまして大変ありがとうございました。また何かありましたら当店をご利用ください。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  










大阪府豊中市Y様 ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住まいのお客様よりガス給湯器の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設のガス給湯器は住居の裏側でした。
P1160001.jpg P1160003.jpg
搬入経路が少し狭く搬出などが大変でしたが、慎重に行い傷一つ付けずに搬入出来ました。

新しいガス給湯器を据え置いた状況です。
P1160004.jpg P1160006.jpg
搬入の為、機器の本体の前面には段ボールで養生しています。スペースもぎりぎり収まりました。

新しいガス給湯器を設置するに当たり、給湯配管を加工し直しました。
P1160007.jpg P1160008.jpg
P1160009.jpg
余分な長さをカットして、配管もキレイに加工し直します。アダプターをろう付けした後は、鏡を使用してろうが配管にしっかり回っているかチェックしています。

保温材を巻いていきます。
P1160024.jpg P1160025.jpg
壁から出た給湯配管の箇所は、元々壁が大きな穴が開いていたのでモルタルで補修しておきました。狭い箇所にガス給湯器を設置している為お客様も滅多に入らない所なので、こういう時こそ出来る範囲であれば細かな補修の対応が必要です。

浴槽アダプターも新しいものに交換です。
P1160012.jpg P1160020.jpg
浴槽隣接設置タイプのアダプターになります。

リモコンの設置状況です。
P1160011.jpg P1160021.jpg
P1160023.jpg P1160014.jpg
シリコンコーキングで全周防水処理しています。仕上げをキレイにする為マスキングテープを使用してコーキングしています。

台所リモコンも新しいモノに交換しました。
P1160015.jpg P1160016.jpg
縦長のリモコンが付いていて、新しいリモコンを取り付ける際コンパクトタイプの為取り付けビス穴が隠れなかったので、ビス穴はコークで埋めて処理しました。

最後にガス給湯器の転倒防止金具の取り付けです。
P1160027.jpg
隣接設置タイプのガス給湯器を設置する際は、かなり重要な金具ですが古いガス給湯器には取り付けていませんでした。今回はしっかり金具を取り付けます。壁側には取り付けビス穴から水が入り込まないようコーキングで防水処理しました。

後は試運転を行い異常が無ければ完成です。
P1160028.jpg P1160031.jpg
P1160029.jpg
給水配管の保温材が途中で剥がれ落ちていたので、その箇所も保温材を巻いて補修しておきました。
今回取付させていただいたガス給湯器は、エコジョーズタイプのリンナイRFS-E2004(A)です。
お客様には工事内容も満足いただきましてありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  





兵庫県尼崎市I様 食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は尼崎市にお住まいのお客様よりビルトイン食器洗い乾燥機工事の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。
I様は以前に1度お見積もり依頼をいただいた方でその時は食器洗い乾燥機の導入は見合されましたが、今回の食洗機導入のご検討・ご依頼の際に再度当店にお声をかけて下さりました。

既設の食器洗い乾燥機の設置状況です。機種はFB4511Pです。
P1190002.jpg P1190001.jpg
既設のビルトイン食器洗い乾燥機の写真です。機器の防水ゴムパッキンが完全に外れてご使用不可の状態です。メーカーに有償修理依頼するならこの際新しい食洗機をという事で、今回の工事依頼となりました。

早速既設の食器洗い乾燥機を取り外していきます。
P1190003.jpg
キッチンの奥行きも十分確保されていて、どのメーカーのコンパクトタイプの食洗機でも入りそうです。

機器の固定金具・転倒防止金具を取り付けます
P1190004.jpg P1190007.jpg
金具の取り付け位置が少しでもずれると、食洗機本体もずれていきますので下穴開けのチェックシートを台座に置いて金具の取り付け穴を丁寧に開けていきます

排水の状況です。食洗機の下部キャビネットの奥の点検口を開けるとすぐに排水が見えました。
P1190006.jpg P1190008.jpg
分岐管を使用してそこから排水を流し込む工法です。排水ジョイントを新しいモノに交換して機器の排水ホースを差し込みました。アース付き食洗機用電源コンセントも同様の位置にあります。

給水は混合水栓からの分岐です。
P1190016.jpg P1190014.jpg
既設の同様の方法だったので同じように新しい食洗機も分岐しました。パッキンは新品に取り換えています。ここに部分のパッキンはフィルター付きのパッキンです。

いよいよ食器洗い乾燥機を入れ込みます。
P1190009.jpg P1190011.jpg
P1190012.jpg
奥行きも問題なく入り、排水ホースをつなぎ込みました。あとは試運転を行い水漏れチェックをすれば完成です。

今回取付させていただいたビルトイン食器洗い乾燥機は三菱EW-45H1Sです。
カラー食器かご仕様で、どの部分にどのような大きさの食器を入れるかわかりやすくなっています。
P1190020.jpg P1190019.jpg
お客様にも大変喜んでいただきました。ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。






大阪府門真市O様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は門真市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
PC040032.jpg PC040034.jpg
既設のレンジフードはCleanupのRH-77DYという機種でした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
PC040035.jpg
作業に入る前にレンジフードの下のガスコンロと床を傷つかないように養生します。

既設のレンジフード撤去後の写真です。
PC040036.jpg
撤去した際に普段では掃除できない部分の汚れをキレイに拭き取ります。

設置面がキレイになったら新しいレンジフードを取付けます。
PC040037.jpg PC040038.jpg
レンジフードをビスに引っ掛けたら隣のキャビネットと高さが合うようにビスを微調整して締めていきます。
水平も見ないといけないので以外に大変なのですが、重要な部分なのでここは時間をかけて作業します。

レンジフードの調整が終わったら上部にアダプタを取付けてダクトをつなぎます。
PC040039.jpg
油などで取れないようにアルミテープでシッカリとつなぎます。またアダプタにはパッキングテープを貼り付けて
蒸気が外に逃げないようにしています。

電源線をつないだら横幕板と前幕板を取付けます。
PC040040.jpg PC040042.jpg
この幕板も倒れがないように垂直になるよう調整しながら固定します。

次に壁の隙間に白のコークボンドを打設してます。
PC040043.jpg PC040044.jpg
横幕板の壁きわは打設しないのですが隙間が目立っていたので打設しました。打設時はマスキングテープを使用してキレイな仕上がりになるようにします。

隙間なく打設できたら完了です。
PC040051.jpg PC040048.jpg
PC040046.jpg
今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HGC3-Sという機種です。
整流板から従来品では取り外すことが難しかった羽根まで簡単に取り外すことができて水洗いできるのでお手入れが簡単になります。
お客様にも大変喜んでいただきました。ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。








大阪府摂津市A様邸トイレ交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は摂津市にお住いのお客様よりトイレの交換工事とトイレの床張り替え工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のトイレを撤去していきます。
PA090005.jpg PA090012.jpg
通路部は養生シートを敷いて、撤去の際は壁などにぶつけないように慎重に運搬します。

既設のトイレ撤去後の写真です。
PA090011.jpg PA090006.jpg
PA090007.jpg
既設のトイレはTOTOのトイレでした。撤去したトイレは処分させてもらいます。長い間ご苦労様でした。

床を張り換える前に給水位置と排水位置を移動します。
PA090013.jpg PA090015.jpg
PA090014.jpg
給水排水位置を移動しなくても調整できるリフォームタイプもあるのですが、そのリフォームタイプを使用してもトイレ自体が前に出てしまう形になってしまうので、給排水位置を移動させてもらいました。ですので必ずしも床をめくって給排水位置を移動しなければならないということはございません。

次に床を張っていきます。
PA090016.jpg PA090017.jpg
床張り工事は私たちではできないので大工の川崎建設さんにお願いしています。
さすがプロ!隙間なくキレイに張っていただきました。

床を張ってもらったらトイレ工事に入ります。
型紙に合わせて排水ソケットと止水栓を取付けます。
PA090018.jpg
トイレ工事は私たちもプロなので川崎建設さんのように迅速かつ丁寧に仕上げていきます。

あとは便器を設置して固定し、機能部を取付けたら完了です。
PA090019.jpg PA090020.jpg
PA090022.jpg PA090024.jpg
PA090025.jpg
今回取付させていただいたトイレはTOTOのネオレストCES9896Fという機種です。
お父様にサプライズで計画されていたみたいで、お父様も大変喜んでいただけると思います。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。







兵庫県川西市I様邸混合水栓工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は以前にIHクッキングヒーターを取付けさせていただいたお客様より
お風呂の混合水栓の取り替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設の混合水栓の写真です。
PA300052.jpg
水はでるけど湯がでない状態でした。

止水栓を閉めさせてもらい既設の混合水栓を撤去していきます。
PA300053.jpg PA300054.jpg
撤去の際、壁内の配管のザルボが折れてしまわないように慎重に撤去します。

次に新しい混合水栓の水と湯のハンドル部分を取付けます。
PA300055.jpg PA300056.jpg
PA300057.jpg PA300058.jpg
取付前にザルボ内のシールテープ等をキレイに取り除きます。
シールテープとヘルメシールを使用し、水漏れを起こさないようにシッカリと締め付けます。

次に混合水栓本体を取付けます。
PA300059.jpg PA300060.jpg
先ほど締め付けたハンドルを「ハ」の字まで締め付けて、混合水栓を取付けます。
そして混合水栓の水平がでるように調整していきます。

最後にハンドルと混合水栓を本締めして完了です。
PA300062.jpg PA300063.jpg
シャワー付きの混合水栓だったのでシャワーも新しいものに交換しました。
お湯もでるようになりお客様には大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





大阪府豊中市T様邸オール電化工事2
こんにちは。ズオーデンキです。

オール電化工事をご依頼されたお客様の今回はエコキュート工事を行います。
電源線と配管はIHクッキングヒーターを取付けた時に一緒に事前に施工させてもらいました。

エコキュート設置位置の地盤がコンクリートだった為、お客様より基礎はいらないとのことでエコキュートの据付から始めます。
PB050088.jpg PB050091.jpg
PB050092.jpg PB050093.jpg
少し傾斜になっているのでスペーサーをかまして水平を見て4分のアンカーボルトで脚4点ともシッカリと固定します。またボルトの締め付けの緩み防止のためにスプリングワッシャーを使用しています。
エコキュートを固定してしまうと壁側の脚部カバーが取り付けれなくなるので先に取付けておきます。

次に既設のガス給湯器を撤去します。
PB060094.jpg
撤去したガス給湯器は処分させてもらいます。長い間ご苦労様でした。

ガス給湯器を撤去したらエコキュートからの配管をつなげるように加工していきます。
PB060095.jpg PB060097.jpg
PB060107.jpg PB060110.jpg
銅管だったお湯の配管と追い炊きの配管は継ぎ手をロウ付けします。ロウ付した部分は鏡などでロウが回っているかシッカリと確認します。水の配管もHIのネジの切ったインサートというものを取付けてエコキュートからの配管をつなぎます。試運転の際に水漏れ検査を行います。

エコキュートにはお湯を作るエアコンの室外機のようなヒートポンプというものがあります。そのヒートポンプを据付けてます。
PB060100.jpg PB060101.jpg
PB060102.jpg
ヒートポンプを据付けたらエコキュート本体からの配管と電源線をつなぎます。またヒートポンプは微量の排水をだすのでドレンホースで排水します。ドレンホースは風などで動いてしまわないように先端に重しを取付けます。

室内ですが台所のリモコンと浴室のリモコンをエコキュートのリモコンに交換します。
PB060108.jpg PB060103.jpg PB060104.jpg PB060106.jpg 
PB060109.jpg
浴室のリモコンは水がリモコン線の穴に入ってしまわないように四方にコーキングを打設します。コーキングを打設する際は仕上がりをキレイにするためにマスキングテープを使用します。

エコキュートに電源線と配管をつないで試運転をします。
PB060112.jpg PB060114.jpg
PB060113.jpg PB060119.jpg
PB060120.jpg
試運転をして水漏れ検査をします。水漏れがなければ保温材を巻いていきます。
試運転で異常がなければ沸き上げを開始します。

最後に脚部カバーを取付けて完了です。
PB060117.jpg PB060118.jpg
PB060121.jpg
ガス給湯器はエコキュート据付日に撤去し、エコキュートのお湯も夕方には沸き上がるのでお風呂に入れないといった不便はありません。そういった心配もなくお客様には喜んでいただきました。
今回取付させていただいたエコキュートは三菱のSRT-HP37WUZ6という薄型の機種でこのように狭い場所でも通路が確保できるようになりました。またオール電化の申請もさせていただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。












大阪府豊中市T様邸オール電化工事1
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は豊中市にお住いのお客様よりオール電化とレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
弊社のホームページを見ていただいたみたいでご連絡いただきご依頼していただきました。ありがとうございます。

まずはIHクッキングヒーターから取付けさせていただきます。
既設のガスコンロの写真です。
PB050062.jpg
オーブンレンジ一体型のガスコンロでした。このオーブンレンジごと撤去して新たに戸棚を設けます。

ガスコンロとオーブンレンジを撤去していきます。
PB050064.jpg
オーブンレンジはかなり重量があるので撤去の際は二人で慎重に運搬し撤去します。
撤去したもの全て処分させてもらいます。

次にIHクッキングヒーターには200Vのコンセントが必要なので分電盤から専用の回路を配線します。
PB050060.jpg PB050061.jpg
PB050066.jpg PB050070.jpg
配線は2.6mmのちょっと太めのケーブルを使用し壁内を通して床下までおろして床下からキッチンまでもっていき全て隠蔽することができました。アース線はキッチンにあったので分岐しました。
ガス栓は誤って開いても大丈夫なようにシッカリとフタを締めこみます。

200Vのコンセントを取付けたら元のオーブンレンジ部分に戸棚を設置します。
PB050065.jpg PB050073.jpg
戸棚はキッチンカウンターとの前面を調整して合わせます。

最後にIHクッキングヒーターを設置して固定したら完了です。
PB060122.jpg PB060123.jpg
今回取付させていただいたIHクッキングヒーターはパナソニックのKZ-R773Sという機種です。
戸棚はホワイトとブラック二種類ありましたがブラックを選んでいただきました。
このIHクッキングヒーター工事は午前中で完了し、お昼には実際使っていただきました。
レンジフード工事は後程施工させていただきます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。






大阪府豊中市T様邸レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

オール電化とレンジフード工事のご依頼をいただいたお客様宅でIHクッキングヒーターを取付けさせていただいたので、引き続きレンジフード工事をさせていただきます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
PB050068.jpg
幅75cmの換気扇タイプのレンジフードでした。

既設のレンジフードを撤去していきます。
PB050075.jpg
フードの形に合わせてタイルが貼っていない場合があるのですが、そのようなことはなくタイルの貼ってない部分はレンジフードで隠れようになりキレイな納まりになります。

換気扇タイプのレンジフードだったのでダクトをつなぐ取付アダプターを取付けます。
PB050076.jpg
取付枠の前にダクトをつないで直接熱気が当たるベントキャップの枠が木製なので、不燃材を先に四方に取付けています。また取付アダプターにはパッキングテープを取付けて蒸気が逃げないようにしています。

次にレンジフードを取付けていきます。
PB050077.jpg PB050078.jpg
規定に位置にビスをもんでレンジフードを引っ掛けます。引っ掛けたら水平を見てビスを締めこんでいきます。

レンジフードを取付けたらレンジフードの上部に取り付けたアダプターと取付アダプターをダクトでつなぎます。
PB050080.jpg PB050081.jpg
ダクトはアルミテープを使用し蒸気を漏らさないようにシッカリとつなぎます。
電源線はダクトが高温になるため触れないようにステップルで固定します。

最後に正面の幕板を取付けて完了です。
PB050082.jpg PB060124.jpg
幕板取付時も垂直に取りつくように水平器を当てて調整しながら固定します。
今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HZC2-Sという機種です。
IHクッキングヒーターも取りついてスマートな仕上がりになりました。
後日エコキュート工事をさせていただきます。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。







大阪府箕面市H様 ガス給湯器工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は箕面市にお住まいのお客様よりガス給湯器のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

10年以上ご使用されたガス給湯器。今日からエコジョーズ付きのガス給湯器に交換です。
PB170002.jpg PB170003.jpg
長い間お疲れさまでした。F様は何件か業者さんに相見積もりされて、うちの方でご依頼いただく事になりました。価格もそうですが、ご依頼いただいた以上は施工も納得いただく内容でご提供させていただきます!

撤去完了後、新しいガス給湯器を設置します。雨の中の工事だったので、ブルーシートを被せて新しいガス給湯器の基盤等濡れないよう心がけます。
PB170004.jpg PB170007.jpg

古いガス給湯器の取り付け穴の後は、雨水侵入を防ぐ為シリコンコーキングでしっかりと防水処理を行います。
PB170010.jpg PB170012.jpg
新しいガス給湯器の取り付けビスや、水が侵入しやすい引っかけプレート周辺にもシリコンコーキングで防水処理しました。細かな工事ポイントですが、常に重要視しています。

エコジョーズのガス給湯器に変更したことで、運転中排水が機器から出るので排水パイプを配管します。
PB170015.jpg PB170014.jpg
PB170032.jpg
排水なので排水用のVPパイプで充分ですが、直射日光や、経年劣化を考慮してより強度の強いHIパイプで排水処理を行っています。

各配管を接続している様子です
PB170013.jpg PB170017.jpg
PB170029.jpg
脚部カバーも取り付けますが、出来る限り無駄な熱の逃げを防ぎたいので保温材も接続部根元までしっかり保温します。フレキ管も新しいモノに取り替えました。

浴室リモコンです
PB170020.jpg PB170021.jpg
シリコンコーキングでリモコン周辺を防水処理しますが、コーク仕上がりがより見栄え良くマスキングテープを使用してキレイにコーキング処理しています。

後は試運転・お客様に使用説明を行い異常が無ければ完成です。
PB170031.jpg
今回取付させていただいたガス給湯器はリンナイRUF-E2401SAWという機種です。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: