FC2ブログ

大阪府豊中市T様邸オール電化工事2

エコキュート
01 /12 2013
こんにちは。ズオーデンキです。

オール電化工事をご依頼されたお客様の今回はエコキュート工事を行います。
電源線と配管はIHクッキングヒーターを取付けた時に一緒に事前に施工させてもらいました。

エコキュート設置位置の地盤がコンクリートだった為、お客様より基礎はいらないとのことでエコキュートの据付から始めます。
PB050088.jpg PB050091.jpg
PB050092.jpg PB050093.jpg
少し傾斜になっているのでスペーサーをかまして水平を見て4分のアンカーボルトで脚4点ともシッカリと固定します。またボルトの締め付けの緩み防止のためにスプリングワッシャーを使用しています。
エコキュートを固定してしまうと壁側の脚部カバーが取り付けれなくなるので先に取付けておきます。

次に既設のガス給湯器を撤去します。
PB060094.jpg
撤去したガス給湯器は処分させてもらいます。長い間ご苦労様でした。

ガス給湯器を撤去したらエコキュートからの配管をつなげるように加工していきます。
PB060095.jpg PB060097.jpg
PB060107.jpg PB060110.jpg
銅管だったお湯の配管と追い炊きの配管は継ぎ手をロウ付けします。ロウ付した部分は鏡などでロウが回っているかシッカリと確認します。水の配管もHIのネジの切ったインサートというものを取付けてエコキュートからの配管をつなぎます。試運転の際に水漏れ検査を行います。

エコキュートにはお湯を作るエアコンの室外機のようなヒートポンプというものがあります。そのヒートポンプを据付けてます。
PB060100.jpg PB060101.jpg
PB060102.jpg
ヒートポンプを据付けたらエコキュート本体からの配管と電源線をつなぎます。またヒートポンプは微量の排水をだすのでドレンホースで排水します。ドレンホースは風などで動いてしまわないように先端に重しを取付けます。

室内ですが台所のリモコンと浴室のリモコンをエコキュートのリモコンに交換します。
PB060108.jpg PB060103.jpg PB060104.jpg PB060106.jpg 
PB060109.jpg
浴室のリモコンは水がリモコン線の穴に入ってしまわないように四方にコーキングを打設します。コーキングを打設する際は仕上がりをキレイにするためにマスキングテープを使用します。

エコキュートに電源線と配管をつないで試運転をします。
PB060112.jpg PB060114.jpg
PB060113.jpg PB060119.jpg
PB060120.jpg
試運転をして水漏れ検査をします。水漏れがなければ保温材を巻いていきます。
試運転で異常がなければ沸き上げを開始します。

最後に脚部カバーを取付けて完了です。
PB060117.jpg PB060118.jpg
PB060121.jpg
ガス給湯器はエコキュート据付日に撤去し、エコキュートのお湯も夕方には沸き上がるのでお風呂に入れないといった不便はありません。そういった心配もなくお客様には喜んでいただきました。
今回取付させていただいたエコキュートは三菱のSRT-HP37WUZ6という薄型の機種でこのように狭い場所でも通路が確保できるようになりました。またオール電化の申請もさせていただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。











スポンサーサイト



ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。