FC2ブログ

大阪府豊中市T様 ガス給湯器工事

ガス給湯器
02 /04 2013
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は当店にお近くにお住まいのお客様よりガス給湯器の交換のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

当店から車でほんの5分のところ。ホームページを見てご依頼いただきました
P1230094.jpg P1230098.jpg
既設のガス給湯器はノーリツGT-2410AWX、早速取り外しから始めました。

サイディングに壁掛けの給湯器でしたので、撤去した後は取り付けのビス穴は必ずコーキング処理しています。
P1230099.jpg P1230100.jpg
細かい点ですが、防水処理は必ず欠かせないポイントです。

新しいガス給湯器を壁掛け設置している様子です
P1230103.jpg P1230107.jpg
撤去したガス給湯器同様、取り付けビスおよび雨水が少しでも侵入してくるようなブラケット金具周辺に防水コーキング処理しています。

新しいガス給湯器を設置すると、このように給水配管・給湯配管の長さが合わなくなる事があります。
P1230105.jpg P1230108.jpg
両配管とも銅管で配管していたので、少しカットしてキレイに配管が取り回しできるようフレキ管を用いて配管をやり直します。ガス管・追いだき配管は長さもちょうど良くそのままの接続する事にしました。

フレキ管を銅管に接続できるアダプターをろう付けにて取り付けます
P1230111.jpg P1230112.jpg
ろうがアダプターにしっかり周っているか鏡を使用してチェックしています。ろうの過多も配管の中にろうがへばりついて水圧低下の原因となりますので、そのようなろう付けになっていないかもチェックする大事な作業です。

銅管にアダプターを取り付けたらフレキ管を使用してガス給湯器に接続します。
P1230113.jpg P1230115.jpg
もちろん接続部のパッキン類も全て新品です。配管の取り回しがキレイに収まるよう見合った長さでフレキ管を作って配管していきます。

保温材を配管に巻いていきます。テープ処理もシワができないようキレイに巻きつけていきます。
P1230121.jpg P1230119.jpg
ガス管は接続部はニュータイトにて接続、ガス漏れ点検を行ってから開栓します。

リモコンも新しくなりました
P1230131.jpg P1230133.jpg
P1230132.jpg
当店が気を付けている点は、浴室リモコンの防水コーキング処理は前周にわたってマスキングを施し仕上がりにもこだわっています。

後は試運転を行い、異常が無ければ完成です。
P1230124.jpg
今回取付させていただいたガス給湯器はノーリツGT-2450AWXです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。  







スポンサーサイト



ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。