FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府茨木市I様邸 食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は茨木市にお住いのお客様よりビルトイン食器洗い乾燥機取付工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

卓上の食器洗い乾燥機をお使いだったそうなので、ビルトイン食器洗い乾燥機を新設で取付けます。
P5100001.jpg P5100003.jpg
左の写真の引き出し部位分を取り除いてビルトイン食器洗い乾燥機を設置します。
食器洗い乾燥機の給水と排水がないので、右の写真のシンク下の部分で分岐して食器洗い乾燥機設置部分まで配管をもっていきます。

シンク下に点検口があったので開けて給水、排水を分岐します。
P5100004.jpg P5100014.jpg
P5100008.jpg
排水は逆勾配にならないよう少し食器洗い乾燥機側を上げて勾配をつけます。
給水は食器洗い乾燥機専用の止水栓を取付けてフレキで配管します。

食器洗い乾燥機設置部分の引き出し部分を撤去していきます。
P5100007.jpg P5100006.jpg
撤去した引き出しは処分までさせていただきます。食器洗い乾燥機の電源がないので、キッチンカウンターの上にあったコンセントから電源をもらい食器洗い乾燥機専用のコンセントを取付けます。

次に食器洗い乾燥機の土台部分を設置して食器洗い乾燥機本体をビルトインします。
P5100009.jpg P5100010.jpg
P5100011.jpg P5100012.jpg
排水は後から接続できないので先に接続します。食器洗い乾燥機をビルトインしたらキッチンカウンターの前面を合わせて固定します。

食器洗い乾燥機を固定したら給水管と電源を接続します。
P5100013.jpg
接続したら試運転をして水漏れ等異常がないか確認します。

試運転で異常がなければケコミカバーと下部のカバーを取付けて完了です。
P5100015.jpg P5100017.jpg
P5100018.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNP-45RD6Kという機種です。
卓上の食器洗い乾燥機も故障されていたみたいので処分させていただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。



 





スポンサーサイト
大阪府東大阪市O様邸 IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は大阪府東大阪市にお住いのお客様よりIHクッキングヒーター工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

ガスコンロからIHクッキングヒーターに取り替える工事です。
まずは既設のガスコンロとオーブンの写真です。
P5230067.jpg P5230069.jpg

ガス栓をしっかり締めてからガスコンロとオーブンを撤去していきます。
P5230070.jpg P5230073.jpg
P5230074.jpg P5230085.jpg

ガスコンロとオーブン撤去後は、普段掃除できない場所の油汚れを落とします。

取外したガス管には蓋をしておきます。
P5230081.jpg
これで誤ってガス管が開いた時もガスが漏れることはなくなります。

IHクッキングヒーターには200Vのコンセントが必要なので分電盤からクッキングヒーターまで配線します。 P5230071.jpg P5230089.jpg


P5230088.jpg P5230087.jpg

次にIHクッキングヒーターと、オーブンのあった場所に棚を設置していきます。

P5230084.jpg P5230096.jpg
P5230094.jpg P5230095.jpg


後は試運転をして異常がなければ完成です。

P5230093.jpg

お客様の希望で、中庭のライトも交換させていただきました。

P5230090.jpg P5230092.jpg

今回取付けさせていただいたIHクッキングヒーターはPanasonicのKZ-T373Sです。

ご依頼いただきありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府吹田市M様邸 電気温水器工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は吹田市にお住いのお客様より電気温水器の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

マンションの玄関の隣に設置してある電気温水器でした。
P4270046.jpg
玄関のドアの枠があたっていて搬出できないので枠を取り外します。

止水栓をして既設の電気温水器を撤去していきます。
P4270048.jpg P4270051.jpg
P4270054.jpg
電気温水器の搬出・搬入は壁や床を傷つけないように細心の注意をはらいます。

既設の電気温水器を搬出したら、お湯の配管を接続できるように加工します。
P4270063.jpg P4270064.jpg
P4270066.jpg P4270068.jpg
銅管で配管されていたので、ニップルをロウ付けします。鏡で前面にロウが回っているか確認します。電気温水器までつなげたら水を開栓をして水漏れ検査をおこないます。

次に新しい電気温水器を搬入、設置します。
P4270050.jpg P4270056.jpg
P4270060.jpg P4270061.jpg
P4270071.jpg
電気温水器を設置したら、アンカーボルトを脚部3点に打設しボルトでシッカリと固定します。

電気温水器を固定したら給水、給湯、排水を延長して接続していきます。
P4270076.jpg P4270078.jpg
P4270084.jpg P4270083.jpg
P4270086.jpg
パイプは給湯用、給水用またそのパイプ専用の接続ノリが異なるので使い分けて延長していきます。
減圧弁は適性の高さの電気温水器と同じ高さに取付けます。

既設の電気温水器はリモコンがついていたのでリモコンも新しいものに交換します。
P4270081.jpg P4270082.jpg
このリモコンで電気温水器の温度設定ができます。

最後に開栓をしてタンク内に水をためて水漏れ検査をして水漏れがなければ保温材を巻いて完了です。
P4270091.jpg P4270089.jpg
P4270087.jpg
今回取付させていただいた電気温水器は三菱のSRG-375BMという機種です。
お客様には工事申請書類を提出していただいたり駐車場を用意していただくなど大変お世話になりました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。







 






 

兵庫県神戸市F様邸 レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は神戸市にお住いのお客様よりレンジフードの取替え工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
P5270001.jpg P5270002.jpg

さっそく既設のレンジフードを撤去していきます。
P5270004.jpg P5270006.jpg
P5270008.jpg
電源が直結になっていたので新たにコンセントを取付けました。

次にレンジフードを取付ける位置を決め、固定していきます。
P5270012.jpg P5270011.jpg

固定が完了し、位置や高さが合っていれば次にアルミダクトを接続していきます。

P5270013.jpg P5270014.jpg
P5270014.jpg
アルミダクトの長さが足りないのでニップルを使って延長しました。
そして、空気が漏れないようにアルミテープでしっかり固定します。問題がなければ電源を差し込んで接続完了となります。

そして最後に幕板を取付け設置完了です。
P5270018.jpg P5270019.jpg
P5270017.jpg
今回交換した機種はPanasonicのFY-6HZC2という機種です。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


大阪府大阪市I様 食器洗い乾燥機取付け工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪市に住まいのお客様よりビルトイン食器洗い乾燥機の取付工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

食器洗い乾燥機取り付け前は引き出しが設置、これを撤去して食洗機を取り付けます。
P5180025.jpg P5180026.jpg

早速引き出しの撤去が完了したら次は食洗機の振れ止め防止金具を取り付けます。
P5180034.jpg P5180036.jpg
付属の墨だしシートを敷いて金具を固定位置にしっかり固定です

今回のお客様宅は新築のマンションで将来ビルトイン食器洗い乾燥機が取り付けできるよう専用の100Vの電源コンセント・給湯からの分岐水栓・排水管が備わっている状態でした
P5180032.jpg P5180050.jpg
P5180039.jpg P5180042.jpg
左の写真は流し台下の引き出し奥にある点検口を開けた状態の様子。耐熱パイプのHT排水が分岐した状態でこれに新しく設置する食器洗い乾燥機の排水につなぎこみます。右写真はキッチン混合水栓の給湯配管部分。分岐水栓から給湯を接続することにしました。給水側に接続するより給湯に接続すれば洗浄時間の短縮にもつながり効果的です。

各配管の準備ができたら食器洗い乾燥機をキッチンにいれこみます
P5180041.jpg P5180045.jpg
きっちりキッチンと水平になるよう高さも合わせます。

食洗機本体の下部、ケコミカバーの取り付けです
P5180053.jpg P5180060.jpg
現場のキッチンのドア枠の高さにケコミカバーを合わせるよう長さを調整しカットします

排水・給湯配管も確実に食洗機本体に接続します。
P5180054.jpg P5180058.jpg
食洗機の運転中は排熱が出るので排熱がキッチン台に当たらないよう排気口を前に出し調整します。

あとは試運転を行い異常がなければ完成です
P5180061.jpg P5180063.jpg
今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はハーマンFB4504PFです。
約8人分の食器の量を洗うことができる人気の機種です。この機種はパネル化粧カバーが必須となります。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。










大阪府大阪市M様 オール電化工事1
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住まいのお客様よりオール電化工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設ガス給湯器はおうちの裏手に壁掛けで設置しており、裏手にエコキュートを設置するスペースが無く表側の屋内車庫に貯湯タンクユニットを設置し、ヒートポンプは裏手に設置することになりました。
P4120001.jpg P4120034.jpg
既設ガス給湯器の状況。反対側にエコキュート貯湯タンクユニットを設置します。

車庫の為、基礎が厚く丈夫なのでタンクをアンカーで固定しました
P4120003.jpg P4120010.jpg
規定のアンカー太さ4分を使用。しっかりアンカーが効いています。

配管は、裏手に持っていく必要があった為、床下に配管を通しています。
P4120033.jpg
床下換気口から配管を取り出した状況。床下点検口が無く床下へ潜れない中、なんとか配管を持っていくことができました。

今回ご選択いただいたエコキュートはパナソニックの酸素入浴機能付きをお選びいただいたので、ふろアダプターを専用のものに取替えました。
P4120012.jpg P4120017.jpg 
左の写真は取り替え前のアダプター状況。右はユニットバス点検口から酸素入浴機能付き専用のアダプターを取り替えた直後の裏側を撮影しています。黒いチューブが酸素チューブです。他の配管と同様床下からチューブを取り出しました。

順調にアダプターの交換工事が完了です
P4120015.jpg P4120016.jpg

車庫に設置した貯湯タンクユニットから排水が出るため、排水配管を設けます。
P4130040.jpg P4130050.jpg
P4130075.jpg
車庫のシャッターが閉めれるようシャーターが降りてくる箇所は配管を埋設しシャッターと干渉しないように施しています。外部から電源を取り出すため、電線管もシャッターが閉めれるよう排水配管と一緒に埋設を行なっています。あとは掘削した部分をモルタルにて補修作業を行いました。


外部電源工事の内容です。今回は電気メーターから分岐を行なってオール電化の電源を取り出しています。
P4130066.jpg P4130071.jpg
IH・エコキュートの電源はもちろん漏電ブレーカーを使用。

貯湯タンクユニット・ヒートポンプの各配管の接続の様子です
P4120023.jpg P4130076.jpg
P4130078.jpg P4130082.jpg
接続部根元まで保温材を巻いて凍結防止・熱が逃げるのを防ぎます。

あとは試運転を行い水漏れチェック・異常がなければ完成です。
P4130088.jpg P4130085.jpg

今回取付させていただいたエコキュートはパナソニックHE-K37FXSです。
お客様には工事内容に大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





兵庫県芦屋市I様邸 IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は兵庫県の芦屋市にお住いのお客様よりIHクッキングヒーター工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

ガスコンロからのIHクッキングヒーターに取り替える工事です。
まずは既設のガスコンロの写真です。
P5090001.jpg P5090003.jpg
既設のガスコンロはハーマン製の幅600mmのガスコンロでした。

ガス栓を締めてガスコンロを撤去していきます。
P5090004.jpg P5090006.jpg
P5090007.jpg P5090010.jpg
ガスコンロ撤去後は普段掃除できない部分の油汚れを落としていきます。

ガス管から取り外したガス管に蓋をします。
P5090008.jpg
これで誤ってガス管が開いたとしてもガスが漏れることはありません。

次にIHクッキングヒーターには専用のコンセントが必要なのでそのコンセントの配線を行います。
P5090013.jpg P5090011.jpg
P5090012.jpg P5090015.jpg
分電盤からできる限り配線を隠蔽にしたいので、分電盤から天井内を通しユニットバスの点検口まで配線し、ユニットバスの壁内を通して床下までもっていき、床下を通してIHクッキングヒーター下まで配線します。
床下の配線は地を這わさないようにステップルで浮かしながら配線しました。

次にIHクッキングヒーター専用のコンセントを取付けます。
P5090016.jpg P5090018.jpg
IHクッキングヒーター下から電線が露出になるので化粧モールを使用して見栄えをよくします。

最後にIHクッキングヒーターをビルトインしてコンセントを差しこみ、試運転をして異常がなければ完了です。
P5090020.jpg P5090024.jpg
P5090023.jpg P5090022.jpg
P5090027.jpg P5090026.jpg
今回取付させていただいたIHクッキングヒーターはパナソニックのKZ-T763Sという機種です。
お客様にはこれで火事の心配がなく安心ですと大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





 





 
大阪府大阪市I様 食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住まいのお客様より食器洗い乾燥機の取付工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは設置前の様子です。
P5180025.jpg P5180026.jpg
この引き出しの場所にビルトイン食器洗い乾燥機を取り付けます。

マンションにお住まいのお客様で、将来用食器洗い乾燥機が取り付けられるよう排水の配管が備わっていました。
P5180033.jpg P5180027.jpg
横手に伸びている茶色い配管が将来食器洗い乾燥機を取り付けできるように排水管が伸びています。引き出しも同時に撤去しました。

食器洗い乾燥機の転倒防止金具を後部に取り付けます
P5180035.jpg P5180037.jpg
付属の台紙を床に敷いて慎重に墨だしを行いました。

食洗機本体をキッチンに入れこんでいきます
P5180045.jpg P5180050.jpg
流し台シンク下の給湯配管から分岐を行い給湯を食器洗い乾燥機につなぎこみました。給水接続よりも給湯接続の方が洗浄時間を短縮することができます。

食器洗い乾燥機に給湯配管・排水を接続した状況です
P5180054.jpg P5180052.jpg
本体下のケコミカバーをキッチンの高さに合わせて調整してカットします。

あとは試運転・漏れがないかチェックを行えば完成です。
P5180061.jpg P5180063.jpg

今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はハーマンFB4504PFです。
8人まで食器が洗える大容量タイプという点で人気の機種です。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。

 



大阪府豊中市K様邸 レンジフード工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は豊中市にお住いのお客様よりレンジフードの取り替え工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
P5090058.jpg
既設のレンジフードは富士工業のBDR-3Hという機種で幅600のシロッコタイプのレンジフードでした。10年近く使われていたそうですが、使用時の音が大きくなり最終的には動かなくなったようです。

既設のレンジフードを撤去していきます。
P5090061.jpg P5090062.jpg
P5090064.jpg
下部のガスコンロにゴミが落ちないように養生してから撤去します。接続してあるアルミダクトと電源線の抜きます。アルミダクトと電源線は新しいレンジフードに接続します。

既設のレンジフードを撤去したら新しいレンジフードを取付けます。
P5090067.jpg P5090068.jpg
P5090069.jpg
レンジフードの取り付けは隣接する吊戸棚と高さが合うように調整しながら取付けます。取付が完了したらシッカリとビスで固定します。

新しいレンジフードを固定したらアダプターを取付けて、先ほど取り外したアルミダクトを接続します。
P5090065.jpg P5090072.jpg
P5090074.jpg
アルミダクトはアルミテープで油汚れ等で外れないようにシッカリと接続します。

アルミダクトと電源線を接続したら前幕板を取付けます。
P5090078.jpg P5090080.jpg
前幕板も隣接する吊戸棚と前面が合うように調整しながら固定します。

試運転で異常がなければ完了です。
P5090082.jpg P5090083.jpg
P5090086.jpg
今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-6HZC2-Kという機種です。
既設のレンジフードが故障していたので、すぐに対応できてお客様にも大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





 


兵庫県尼崎市F様邸 トイレ交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。

今回は尼崎市にお住いのお客様よりトイレの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のトイレです。
IMG_6866.jpg IMG_6867.jpg
マンションのトイレで壁排水のトイレでした。トイレの交換と一緒にクッションフロアーの交換もご依頼をいただきました。

既設のトイレを撤去していきます。
P4170001.jpg P4170002.jpg
P4170006.jpg P4170005.jpg
壁排水で排水管抜けにくかったですが、慎重に抜きました。撤去したトイレは処分までさせていただきます。

トイレを撤去したらクッションフロアーを貼り換えます。
P4170007.jpg P4170012.jpg
P4170015.jpg P4170016.jpg
既存のクッションフロアーは全て剥して新たにノリを塗って新しいクッションフロアーを貼ります。クッションフロアーの柄はお客様に選んでいただきました。

クッションフロアーを貼り換えたら、新しい止水栓を取付けてからトイレを据付けます。
P4170018.jpg P4170019.jpg
P4170021.jpg P4170024.jpg
P4170027.jpg P4170026.jpg
便器の排水管にパッキンを取付けて排水管に差し込みます。排水管に差し込んだら便器をボルトで固定します。

便器を固定したらタンクをの内部を組み立てて据付けます。
P4170031.jpg P4170033.jpg
P4170032.jpg P4170035.jpg
P4170036.jpg
タンクも陶器なので慎重に組み立てます。ボルトも器具を使わず手締めでシッカリと固定します。

最後に機能部の便座を取付けて完了です。
P4170037.jpg P4170038.jpg
P4170040.jpg P4170044.jpg
P4170045.jpg P4170050.jpg
P4170051.jpg P4170047.jpg
今回取付させていただいたトイレはTOTOのピュアレストEXという機種です。
お客様には駐車場を用意してくれるなど大変お世話になりました。ご依頼誠にありがとうございました。

TOTO以外でも壁排水タイプのトイレはありますのでお気軽にご連絡ください。
当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。





 







プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: