FC2ブログ

大阪府大阪市M様 オール電化工事1

エコキュート
05 /25 2013
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住まいのお客様よりオール電化工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設ガス給湯器はおうちの裏手に壁掛けで設置しており、裏手にエコキュートを設置するスペースが無く表側の屋内車庫に貯湯タンクユニットを設置し、ヒートポンプは裏手に設置することになりました。
P4120001.jpg P4120034.jpg
既設ガス給湯器の状況。反対側にエコキュート貯湯タンクユニットを設置します。

車庫の為、基礎が厚く丈夫なのでタンクをアンカーで固定しました
P4120003.jpg P4120010.jpg
規定のアンカー太さ4分を使用。しっかりアンカーが効いています。

配管は、裏手に持っていく必要があった為、床下に配管を通しています。
P4120033.jpg
床下換気口から配管を取り出した状況。床下点検口が無く床下へ潜れない中、なんとか配管を持っていくことができました。

今回ご選択いただいたエコキュートはパナソニックの酸素入浴機能付きをお選びいただいたので、ふろアダプターを専用のものに取替えました。
P4120012.jpg P4120017.jpg 
左の写真は取り替え前のアダプター状況。右はユニットバス点検口から酸素入浴機能付き専用のアダプターを取り替えた直後の裏側を撮影しています。黒いチューブが酸素チューブです。他の配管と同様床下からチューブを取り出しました。

順調にアダプターの交換工事が完了です
P4120015.jpg P4120016.jpg

車庫に設置した貯湯タンクユニットから排水が出るため、排水配管を設けます。
P4130040.jpg P4130050.jpg
P4130075.jpg
車庫のシャッターが閉めれるようシャーターが降りてくる箇所は配管を埋設しシャッターと干渉しないように施しています。外部から電源を取り出すため、電線管もシャッターが閉めれるよう排水配管と一緒に埋設を行なっています。あとは掘削した部分をモルタルにて補修作業を行いました。


外部電源工事の内容です。今回は電気メーターから分岐を行なってオール電化の電源を取り出しています。
P4130066.jpg P4130071.jpg
IH・エコキュートの電源はもちろん漏電ブレーカーを使用。

貯湯タンクユニット・ヒートポンプの各配管の接続の様子です
P4120023.jpg P4130076.jpg
P4130078.jpg P4130082.jpg
接続部根元まで保温材を巻いて凍結防止・熱が逃げるのを防ぎます。

あとは試運転を行い水漏れチェック・異常がなければ完成です。
P4130088.jpg P4130085.jpg

今回取付させていただいたエコキュートはパナソニックHE-K37FXSです。
お客様には工事内容に大変喜んでいただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもどうぞよろしくお願いします。




スポンサーサイト



ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。