FC2ブログ

大阪府大阪市N様邸 レンジフード交換工事

レンジフードファン
09 /30 2013
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まず既設のレンジフードです。
ナショナル(パナソニック)のFY-60HL2-T90という機種のレンジフードでした。
mmmmmm.jpg

さっそく撤去していきます。
撤去完了後です。
IMGP0180.jpg

次にレンジフードに金具を取付けていきます。
この時レンジフード表面に傷がいかないようにレンジフードは裏側を下側にして取付けます。
さらに段ボールを下に敷いて行います。
このようにすることで家にも確実に傷はつきません。
jfioergjoer.jpg

今回はアダプターも先に取付けました。
この時アダプターにはしっかりテープを巻きます。
こうすることでアルミダクトからの空気の漏れを防ぎます。
tgretse.jpg

次にレンジフードを引っ掛けるためのネジを取付けます。
2222222222222222222222.jpg
今回はタイルの分レンジフードとタイルの間に段ができてしまうので裏に木を入れました。


取付けましたらレンジフード本体を引っ掛け固定します
ll.jpg

固定ができましたらアルミダクトを接続します。
固定にはアルミテープを使います。
iiiiiiiii.jpg




次に電源を接続します。
この時ケーブルをしっかり固定します。
そうすることで地震などが起きてもアルミダクトにケーブルがあたらないため火事などを事前に防げます。
popop.jpg ppkkpp.jpg

最後に幕板を取付ければ工事完了となります。
IMGP0207.jpg IMGP0208.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY60DED1-Sという機種でした。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。
スポンサーサイト



大阪府大阪市T様邸 レンジフード交換工事

レンジフードファン
09 /27 2013

こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードです。
sadfcafa.jpg


さっそく撤去していきます。
撤去完了後です。
IMGP0119.jpg

撤去が完了しましたら次に右上にでているコンクリートの柱を少し削ります。
こうすることで棚と平行の位置にレンジフードを取付けることができます。
あ

次にレンジフード本体を引っ掛けるためのネジを付けます。
この時正確な位置に取付けることで、レンジフードを正確な位置に取付けることができます。
IMGP0122.jpg

次にレンジフード本体を引っ掛けます。
この時レンジフード本体に傷がいかないように注意し慎重に行います。
IMGP0123.jpg

引っ掛けましたらレンジフードをしっかり固定します。
IMGP0126.jpg

次にアルミダクトと接続のためアダプターを取付けます。
今回は上にアルミダクトを取付けることができなかったため右側に取付けるためのアダプターを使用しました。
lokok.jpg IMGP0125.jpg

次にアルミダクトを取付ます。
この時はもちろんアルミテープを使用します。
IMGP0127.jpg

最後に前幕板を取付けます。
左上が出ているので既存のものではキレイには納まりませんが幕板をカットすることでキレイに収めることができます。
幕板を切るときは目の細かいのこぎりを使うことでキレイに切ることができます。
切断面は防錆加工を、取付金具の部分はリベット加工をしました。
リベット加工とは金属同士を接続する方法の一つで
ネジを用いた方法と違い、接合部が緩むことがないので安心です。
IMGP0128.jpg IMGP0131.jpg
IMGP0131.jpg
キレイに納まりました
55555.jpg

最後の試運転を行い異常がなければ工事完了となります。
当店は施工の実績が多数ありますので今回のような特殊な場合でも対応することができキレイに取付けることが可能です。
5.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-6HZC2-Sという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。

大阪府豊中市M様邸 食器洗い乾燥機交換工事

食器洗い乾燥機
09 /26 2013
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まず既設の食器洗い乾燥機です。
cvc.jpg
パナソニックのNP-P45V2PKという機種の食器洗い乾燥機でした。

では工事の準備をしていきます。
当店ではお客様の家を確実に傷つけることのないように隅までしっかり養生します。
IMGP0143.jpg

今回の食器洗い乾燥機の止水栓は引き出しの裏にありました。
しっかりしまっていることを確認して撤去していきます。
IMGP0141.jpg

撤去の時はコードなどは束ねて養生テープで固定します。
こうすることで撤去がしやすくなります。
IMGP0146.jpg

またホースにはしっかりテープを巻き水がこぼれないようにします。
こうすることでお客様の家が汚れることはありません。
IMGP0151.jpg

撤去完了後、金具を取り付けるため下紙を敷きます。
IMGP0152.jpg

下紙の位置通りで決まった位置に転倒防止金具、前ズレ防止金具を取付けます。
IMGP0154.jpg

今回は食器洗い乾燥機を入れ込んだ後に給水、排水、電源、アースの接続ができるスペースがなかったため先に接続し入れ込みました。
IMGP0156.jpg IMGP0160.jpg
入れ込むときは給水、排水、電源、アースが噛まないよう一人が下からホースを引っ張りながら行います。

次に前ズレ防止金具を取付けます。
IMGP0162.jpg

最後に試運転を行います。
今回は暗かったので灯光器を使い、しっかり目で確認し、手で触り水漏れがないか確かめます。
IMGP0164.jpg
水漏れ等異常がなければ工事完了となります。
IMGP0166.jpg

今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNP-45VS6Sという機種の食器洗い乾燥機でした。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

大阪府箕面市T様邸 電気温水器交換工事

電気温水器
09 /25 2013
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は箕面市にお住いのお客様から電気温水器の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の電気温水器です。
ナショナル(パナソニック)のDH-3766という機種の電気温水器でした。
IMGP0062.jpg
IMGP0063.jpg

こちらの電気温水器は以前住んでいた方がつけられた電気温水器で製造年は91年でした。

それではさっそく撤去していきます。
IMGP0070.jpg

撤去時まずは水を全てタンクから抜きます。
この時タンクから水を抜くことにより温水器を運びやすくします。

撤去完了後です。
IMGP0071.jpg IMGP0072.jpg


撤去が完了しましたら
今回は電気温水器の横の隙間が狭かったのでさきに配管を新しい電気温水器を取付けれるように変えていきます。
ccc.jpg

この時各パイプにはそのパイプに合ったのりを使います。

またネジの場合は,パッキンやシ-ルテ-プをしっかりつけますが当店の場合はシールテープを取付けた後にヘルメシールをつけ水漏れが確実に起こらず長い期間お客様に問題なく使っていただけるよう2重の防水処理をします。
IMGP0075.jpg IMGP0076.jpg


次に電気温水器を搬入します。
この時当然壁などには当てずお客様の家や新しい電気温水器を傷つけることはありません。
その後しっかり足を固定します。
fd.jpg

次に各配管を接続していきます。
今回はアルミフレックスという耐熱性に優れ自由に曲がるものを使用しました。
IMGP0090.jpg IMGP0093.jpg
接続はしっかり奥まで差し込むことで水漏れがしません。

次にに試運転を行い水漏れ等異常がないことをしっかり確認し、保温材を巻きます。
当店では根元までしっかり保温します。
IMGP0105.jpg


今回取付させていただいた電気温水器は三菱のSRG-376Bという機種でした。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。