FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府四条畷市T様邸 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は四条畷市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
タカラスタンダートのVL-75R(C)という機種のレンジフードで、シロッコファンタイプのレンジフードでした。
IMGP4739.jpg

さっそく古いレンジフードを撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4742.jpg

撤去完了後、レンジフードの下部などをキレイに掃除します。
IMGP4745.jpg

次に墨出しを行いレンジフードの引っ掛けビスを打ちます。
今回、キッチンパネル分の厚みがあるために少しレンジフードを前に出すために薄い木の板を取付けました。
IMGP4746.jpg

引っ掛けビスにレンジフード本体を引っ掛けるためにレンジフードにアングルを取付ます。

アングルの取付は下で行います。
下にしっかりと毛布を敷きレンジフードの裏側となる部分を下にし、作業を行うことでレンジフード本体に傷がつきません。
IMGP4744.jpg

次にレンジフード本体を引っ掛け固定します。
固定時は水平器を使いしっかりと水平を出します。
IMGP4747.jpg IMGP4748.jpg

固定完了後の写真です。
IMGP4751.jpg

次にアルミダクトを接続します。
アルミダクトは既設のもので十分接続できる状態でしたのでそのまま接続しました。
アルミダクトの接続部には隙間なくアルミテープを巻きつけます。
このようにすることで排気漏れなどの心配はありません。
また、ケーブルもアルミテープで固定します。
このようにすることでアルミダクトにケーブルがあたることがないため火災などの心配がなくお客様に安心して新しいレンジフードを使用していただけます。
IMGP4755.jpg


次に前幕板の取付です。
下側は挟み込む形での固定、上側にはラッチを取付け固定します。
ラッチの取付位置で前幕板の出幅を調節できます。
隣の吊戸棚と出幅を合わせると美映えが良くなります。
IMGP4756.jpg IMGP4757.jpg

幕板の取付が完了しましたら、掃除をし、お客様に説明させていただき工事完了となります。
IMGP4758.jpg IMGP4760.jpg
IMGP4761.jpg IMGP4762.jpg


今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HZC2という機種のレンジフードです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
兵庫県伊丹市F様邸 ガス給湯器交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は伊丹市にお住いのお客様よりガス給湯器の交換のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のガス給湯器です。
IMGP2940.jpg
大阪ガスのGTH-2413SAWXDという機種のガス給湯器でした。

各配管を外してガス給湯器を撤去していきます。
撤去完了後の写真です。
IMGP2949_2014012714221377f.jpg

今回新しく設置するガス給湯器は古いガス給湯器よりもサイズが小さいために古いガス給湯器を固定していたビス穴は使用しません。
古いビス穴は防水処理の為、しっかりとコーキング処理をしました。

新しいガス給湯器の設置前にガス給湯器の寸法を測りガス給湯器を引っ掛けるためのビスを打ちます。
IMGP2950_20140127142617859.jpg

ガス給湯器の固定前にはしっかりと水平を出し、固定します。
IMGP2951.jpg

固定後防水処理の為ビスと、その周りをしっかりとコーキング処理しました。
IMGP2963.jpg IMGP2967.jpg

次に各配管を接続していきます。
接続時にはパッキンを全て新しいパッキンに交換しました。

ガス管の接続には、ニュータイトを使い接続することでガス漏れなどの心配はありません。
IMGP2958.jpg

接続後にはガス漏れテスターを使用し、ガス漏れがないかしっかりと確認します。
IMGP2961.jpg

今回取付させていただいたガス給湯器はエコジョーズタイプのガス給湯器です。
エコジョーズとは排熱を利用しお湯を沸かすもので、ガス代がお得になるものです。
エコジョーズタイプのガス給湯器は排水がでます。
お客様と相談し、今回は排水を給湯器の隣のとゆに流させていただきます。

とゆに穴を開けそこにパイプを入れ込みました。パイプの周りには防水処理の為にしっかりとコーキングしました。

IMGP2966.jpg 

全ての配管が接続できましたら試運転を行い水漏れ等の異常がなければ各配管に保温材を巻きます。
IMGP2964_20140127144027781.jpg

最後に配管カバーを取付ければ屋外の作業は完了です。

次にリモコンの工事の様子を紹介します。
まずは既設のリモコンです。
IMGP2943.jpg

既設のリモコンを撤去しキレイに跡をはがしていきます。
IMGP2944.jpg

次に新しいリモコンを取付けます。
浴室リモコンの周りには防水処理の為コーキングします。
キレイな仕上がりとなるようにマスキングテープを付け行います。
IMGP2948.jpg IMGP2953.jpg

台所のリモコンも同じような手順で交換します。
交換前です。
IMGP2955_20140127144626bdf.jpg

交換後です。
IMGP2957.jpg

最後に掃除をしお客様に説明を行い工事完了となります。
IMGP2971.jpg IMGP2970.jpg

今回取付させていただいたガス給湯器はRVD-E2401SAW2-1という機種のガス給湯器でした。
エコジョーズタイプのガス給湯器なのでもともとガス代もお安くなるうえに大阪ガスに申請を行えばガス代が5%安くなるガス給湯器です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。

 


大阪府吹田市N様邸 トイレ交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は吹田市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機、トイレの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のトイレです。
TOTOのC930BPというトイレ、CES935P一体式のウォシュレットでした。
IMGP4892.jpg IMGP4900.jpg

早速撤去します。
まずはウォシュレットから撤去します。
今回のトイレは壁排水タイプで、ジャバラの排水でしたので撤去時は慎重に行います。
IMGP4901.jpg

今回は幅木の交換のご依頼もいただいていたのでトイレ撤去後幅木も撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4904.jpg

次に幅木を取付けます。
取り付けの様子です。
IMGP4905.jpg

次にトイレの取付です。
まずは排水ソケットを仮でジャバラに入れ込みます。
入れ込みましたらしっかりと墨を出します。
壁排水のトイレはこれで取付の位置が決まります。
IMGP4907.jpg IMGP4908.jpg

次に型紙を敷き、前ズレ防止の部材を取付けます。
IMGP4909_20140127121345af0.jpg IMGP4910.jpg

次にトイレ本体を取付け固定します。
陶器製のものなので固定はもちろん手締めで行いました。

トイレ本体を取付ければ次にタンク、ウォシュレットを取付けます。
IMGP4913.jpg IMGP4914.jpg
IMGP4915.jpg

今回取り付けるウォシュレットはアプリコットです。
オート便器洗浄機能がついているタイプの為、リモコンのスイッチを取付けます。
IMGP4916.jpg IMGP4917.jpg

リモコンの取付位置はお客様と相談させていただき取付けました。
IMGP4919.jpg

リモコン取付後、試運転を行い異常がなければ工事完了となります。
IMGP4922.jpg IMGP4923.jpg

今回取付させていただいたトイレはTOTOのピュアレストQR,ウォシュレットはアプリコットF1Aという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。



兵庫県三田市I様邸 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は三田市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
IMGP4940.jpg IMGP4941.jpg

プロペラファンタイプのレンジフードでした。
早速、撤去開始です。
撤去完了後の写真です。
IMGP4944.jpg

今回のお客様はレンジフードの交換を他の業者にも依頼し、現在のレンジフードを見ていただいたそうなのですが、お客様がご希望された機種への交換は開口が下にありすぎて干渉するために強度が確保できないためできないと言われていたそうです。

当店はレンジフードの交換を多数こなしていますのでこのような場合でも交換できます。

まずは補強工事をします。
今回、レンジフードの裏側がボードだったためにレンジフード固定に十分な強度を今のままでは確保できないために取付金具の位置にあわせてボードを切ります。
IMGP4946.jpg
切るときは粉が多く出てしまうためにお客様の家をなるべく汚すことのないように下にゴミ袋を貼って行いました。

カット完了後です。
IMGP4948.jpg

今回新しくレンジフードを取付けるために開口部分を上にあげる必要がありました。
開口部に、下地を作ります。
IMGP4951.jpg

この下地の部分、カットしたボードの部分に合わせてコンパネ板を切ります。
切る時は外で行いましたがお客様の敷地を汚すことの無いように段ボールを敷き行いました。
IMGP4954.jpg

外で切ったコンパネ板を取付けます。
IMGP4956.jpg

ぴったりと合いました。
型紙を使い、取付金具の位置も合わせます。
しっかりと補強工事ができています。
IMGP4957.jpg

レンジフードの排熱は温度が高いために開口部に不燃材を取付けます。
不燃材も大きさをあわせしっかりと切り取付けました。
IMGP4962.jpg IMGP4960.jpg

次に変換部材を取付けます。
IMGP4963.jpg IMGP4964.jpg

これをぎりぎりまで上に上げることで取り付けができます。


次は取付金具です。
型紙を使いしっかりと墨出しをし取付けました。
IMGP4966.jpg IMGP4965.jpg

次にレンジフード本体を引っ掛け固定します。
今回取り付けるレンジフードはステンレス製です。
見栄えの良いものなのですが手垢などがつきやすいものです。
お客様に新しいレンジフードをキレイな状態で使っていただくためにビニール手袋をつけて工事を行います。
IMGP4967.jpg

次に電源を接続します。
ケーブルはしっかりとアルミテープで固定しました。
IMGP4970.jpg

次にアルミダクトを接続します。
アルミダクトはアルミテープを使い隙間の無いようにしっかりと巻きます。
このようにすることで排気漏れの心配はありません。
IMGP4971.jpg IMGP4973.jpg

次に前幕板の取付です。
前幕板固定用の金具を左右に取付けます。

IMGP4975_20140127134131913.jpg IMGP4976.jpg

前幕板の上側は引っ掛け、下側はビス止めします。
IMGP4977.jpg

最後にコーキング処理を行います。
余計な部分にコーキングがつかないようにマスキングテープを取付け行います。
IMGP4981.jpg
キレイに仕上がりました。
IMGP4983.jpg

最後にキレイに掃除をし、お客様に説明をし、工事完了となります。
IMGP4985.jpg IMGP4986.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはハーマンのFG9S07MT-Rという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございます。

当店のホームページもよろしくお願いします。


大阪府交野市T様邸 食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は交野市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
ハーマンのFB4510Pという機種の食器洗い乾燥機でした。
IMGP2776_201401241751339c5.jpg

さっそく撤去していきます。
撤去時、ホース内に残った水が出てしまうためにお客さんの家を汚すことの無いように下にタオルを敷いて外します。
IMGP2781_20140127101147638.jpg IMGP2782.jpg

撤去完了後、型紙を敷き前ズレ防止金具、転倒防止金具を取付けます。
IMGP2784.jpg IMGP2788.jpg

次にフィラーを取付けます。
フィラーを取付けることにより食器洗い乾燥機による排熱でキッチンが腐敗してしまうことはありません。
今回取り付けた食器洗い乾燥機のフィラーはカウンター裏にはるタイプのものでした。
IMGP2792_20140127102546eaf.jpg

フィラーを取付ければ食器洗い乾燥機本体を入れ込みます。
今回はお客様のご要望により、古い食器洗い乾燥機に取付けていたパネルを新しい食器洗い乾燥機に取付けます。
取り付け前にパネルはもちろんキレイに拭いてから取付けました。
IMGP2793_20140127102804aeb.jpg

次に食器洗い乾燥機本体の固定です。
しっかりと前面を合わせ隣の棚と水平にし、前ズレ防止金具で固定します。
IMGP2794_20140127103008e74.jpg

次に給水、排水、電源を接続します。
排水は本体付属のもので接続しました。
しっかりとパイプに差し込みバンドを取付けます。
IMGP2795_20140127103143932.jpg

最後に試運転を行い水漏れ等の異常がなければ工事完了となります。
IMGP2798_2014012710331204a.jpg IMGP2799_20140127103311696.jpg
IMGP2800.jpg IMGP2801.jpg
IMGP2802.jpg

既設のパネルを使用したことで周りの棚と色も統一されていてキレイな仕上がりとなりました。

今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はハーマンのFB4515PBAKという機種の食器洗い乾燥機でした。

ご依頼誠にありがとうございます。

当店のホームページもよろしくお願いします。





大阪府豊中市M様 シングルレバー混合栓交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住まいのお客様よりキッチンのシングルレバー混合栓のお取替えの工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設のキッチンのシングルレバーの写真。
IMGP4927.jpg
TKJ32U-BFRX。シャワー引き出しタイプをご使用されていたのですが、引き出し式ではない且つシャワータイプをご希望されました。M様はタカラスタンダードのショールームへ足を運び、タカラから当店を施工工事店として紹介され、わざわざ当店まで足をはこんでいただきました。

早速既設の蛇口を取り外します。
IMGP4928.jpg IMGP4929.jpg
下から取り外すタイプで、キッチンの中に潜り込んで取り外します。固定ナットが固く、手間はかかりましたが無事キレイに撤去できました。

新しいシングルレバー蛇口は上面から施工できるタイプなので、潜り込んで取り付ける手間がありません。
IMGP4930.jpg IMGP4931.jpg
上面施工アダプターをキッチンに取り付けている様子です。六角棒レンチで固定するだけなのでカンタン取り付けです。

次に蛇口本体を取り付けて・・・
IMGP4932.jpg

給水・給湯ホースの取り付けです。
IMGP4933.jpg IMGP4934.jpg
ワンタッチソケットで接続するので、ホース折れを注意して接続します。

ワンタッチソケット周辺部の水漏れチェックを行い、異常がなければ完成です。
IMGP4936.jpg IMGP4937.jpg
TOTOシングルレバー混合栓 TKGG31EC。蛇口先端がシャワーに切替可能なタイプいなっています。「エコシングル」機構搭載で、混合栓ながらカンタンに湯と水と使い分けができるので節約にも貢献できます。

また、浄水栓から水漏れが以前から発生されていたようなので、ゴムパッキンを交換し水漏れを解消しました。
IMGP4938.jpg IMGP4939.jpg
最悪買い替えも検討されていたので、パッキン交換で問題が解決して良かったです。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。







大阪府吹田市Y様邸 トイレ交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は吹田市にお住いのお客様よりトイレの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のトイレの写真です。
IMGP4825.jpg

さっそく古いトイレを撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4830.jpg


止水栓の向きがもともと上向きについていたのですが今回取り付けるトイレのタンクはタンクの下から給水ホースが出ているために止水栓の向きを下に変えます。
止水栓には新しいシールテープをまき直しました。
IMGP4826.jpg IMGP4829.jpg
IMGP4831.jpg

次に新しいトイレを据置墨出しをします。
墨出しをすればトイレの前側を固定するための部材を取付けます。
IMGP4832.jpg

次にトイレを取付けます。
今回ご依頼いただいたトイレは壁排水です。
水漏れが無いようにパッキンを取り付け、入れ込みます。
この時にしっかりと奥まで差し込めるように洗剤を付けて行います。
IMGP4833.jpg

しっかりと奥まで差し込めています。
IMGP4836.jpg IMGP4835.jpg


次に本体の固定です。
トイレは陶器のものなので充電式ドライバーなどを使うと傷がついたり割れたりしてしまうのでしっかりと手締めで固定します。
IMGP4839.jpg IMGP4841.jpg

固定後の写真です。
IMGP4842.jpg

本体の固定が完了しましたら次に機能部を取付けます。
機能部にはカラン、手洗いを取付けます。
IMGP4847.jpg IMGP4848.jpg

今回はお客様のご要望によりウォシュレットは既設のものを流用させていただきました。
IMGP4849.jpg

最後に試運転を行い水漏れなどをチェックし、異常がなければカバーを取付けて工事完了となります。
IMGP4850.jpg IMGP4851.jpg

今季取付させていただいたトイレはTOTOのCS325BPという機種のトイレでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府松原市S様邸 食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は松原市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
ナショナルのNP5600Bという機種の食器洗い乾燥機でした。
IMGP2804.jpg IMGP2803.jpg

早速古い食器洗い乾燥機を撤去していきます。
ディープタイプの食器洗い乾燥機を撤去する時はぎりぎりまでしっかりと養生を行い撤去します。
IMGP2806.jpg IMGP2807.jpg

このようにすることで床に傷がいかないようにできます。

給水、排水を外す時、ホース内に残った水が出てくるので下にタオルを敷き、給水、排水を外します。
IMGP2808_20140122132249926.jpg
また運び出す時にお客様の家に水をこぼしてしまうことの無いようにハスの先端にテープを巻きます。
IMGP2810.jpg IMGP2811.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP2813.jpg 

食器洗い乾燥機の設置場所は普段掃除することができないためホコリがどうしても溜まってしまします。
撤去完了後普段掃除できない場所をキレイに掃除します。
掃除完了後の写真です。
IMGP2815.jpg

既設の給水、排水の位置では食器洗い乾燥機が設置できない場所にあったために給水、排水の位置を付け替えます。
IMGP2816.jpg

次に食器洗い乾燥機の土台となる足を組み食器洗い乾燥機を入れ込みます。
固定前にしっかりと前面を隣の棚と合わせ高さも水平となっているか、水平器を使い確認し固定します。
IMGP2818.jpg

次に給水、排水を食器洗い乾燥機と接続します。
IMGP2826.jpg

接続ができましたら試運転を行い、水漏れ乙の異常がないかしっかりと確認します。
IMGP2826_2014012213435299d.jpg

異常がなければ下部カバー、ケコミカバーを取付けます。
ケコミカバーはしっかりと寸法を合わせ切り、取付けます。
IMGP2825.jpg

最後にキレイに掃除をし、お客様に説明させていただき工事完了となります。
IMGP2827.jpg IMGP2829.jpg
IMGP2828.jpg

今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNP-45MD6Sという機種の食器洗い乾燥機です。
以前、お客様が使用されていた食器洗い乾燥機は、フロントオープンタイプでしたが今回新しく取付けた食器洗い乾燥機はスライドオープンタイプの食器洗い乾燥機でお客様も食器の出し入れがしやすくなると喜んでいただきました。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


兵庫県神戸市M様 エコキュート設置工事2
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は先日、エコキュートのコンクリート基礎工事に入らせていただきました神戸市のM様邸でのエコキュート据付工事の様子です。
IMGP4777.jpg
1週間弱乾燥に日にちを置いて、その間はガス給湯器で給湯をまかなえるようにしています。厚みもしっかりある基礎で頑丈に仕上げました。コンクリート基礎自体は掘り下げて仕上げたので、基礎周辺の土を埋め戻して高さを抑えてタンク設置時にできる限り圧迫感の無いようにこころがけました。

エコキュートの電源はメーターからの1次側取り。
IMGP4782.jpg
太陽光発電システム用の屋外電源BOXから分岐してエコキュート専用の漏電ブレーカーを取り付けました。ちなみに同時にご依頼いただいた電気自動車用EVコンセントの電源もここから分岐させています。

ガス給湯器を撤去して各配管の仕舞いを行います。
IMGP4780.jpg IMGP4787.jpg
給湯暖房熱源機用のガス給湯器が取り付けられていて、浴室カワックが設置されていたのですが、M様のご了承の元暖房機能は使用せずに、換気機能だけ残してご使用いただきます。山手の方の寒い地域なので、配管の保温材はしっかり巻きつけます。今回の工事において重要なポイントでした。

貯湯タンクユニット設置の様子。
IMGP4794.jpg
配管の後はエコキュートタンクの設置です。タンクを水平に微調整して本体に傷がつかないよう慎重に作業します。3人で搬入を行いました。

タンクの固定の様子。
IMGP4793.jpg IMGP4791.jpg
4分アンカーにて固定、ドリル穴あけ時に発生した切り粉は穴の中もしっかり粉塵を取り除くためエアープッシュでキレイにしました。アンカーピンもこれで根元までしっかり入り込みます。

貯湯タンクユニット各配管接続の様子。
IMGP4798.jpg IMGP4810.jpg
IMGP4811.jpg IMGP4812.jpg
ヒートポンプ間の接続は耐熱95度対応のアルミ3層管を使用、パッキンも高温度対応のノンアスユニオンパッキンを挿入。これで高温を行き来するヒートポンプにも対応します。給水の止水栓は逆止弁タイプを用いています。保温も余すことなく巻き付けました。ヒートポンプは排水勾配の関係で、ブロックを敷いた上に据え置き台を取り付けて設置しています。

リモコンは東芝エコキュート「光タッチリモコン」。
タッチパネル式のリモコンで、シルバー・ブラックの2色からご選択可能です。
IMGP2880.jpg IMGP2881_20140122124603040.jpg
IMGP2886.jpg
浴室リモコンの防水処理は本体全周にわたってマスキングテープを用いてコーク処理をキレイに仕上げました。


試運転を行い異常がなければ完成です。IHは以前から設置されていましたのでオール電化料金「はぴeタイム」での契約となります。深夜料金が安くなりますので今回ご購入されたという電気自動車を深夜に充電すれば相性はバッチリです。
IMGP4819.jpg IMGP4821.jpg
設置いただきましたエコキュートは東芝HWH-FBH373CG。銀イオン発生装置搭載で、菌を抑えて綺麗で清潔なお風呂のお湯をご使用いただけるタイプです。また、高圧タイプを導入いただきましたので、シャワーの勢いも満足のいく圧力だと思います。
M様には「キレイに仕上がっている」とお喜びいただけて嬉しかったです。

また、M様はCGパース作成のお仕事をされていてインターネットでも拝見出来ます。手描きパースで素晴らしい仕上がりでとても驚きました。

 「宮本パースデザイン

気さくな方で、CGパースならここがおすすめです!


ご依頼誠にありがとうございました。当店のホームページもよろしくお願いします。







大阪府寝屋川市T様邸 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は寝屋川市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。プロペラファンタイプのレンジフードでした。
IMGP2751.jpg IMGP2752.jpg

作業時にお客様の家を汚すことの無いように、床、ガスコンロをしっかりと養生し作業開始です。
IMGP2753.jpg IMGP2754.jpg



早速撤去していきます。
撤去完了後の写真です。
IMGP2756.jpg

新しいレンジフードを取り付け、お客様にレンジフードを気持ちよく使用していただけるように撤去後、キレイにタイル、レンジフードの裏側となる部分を掃除します。
IMGP2757.jpg



今回はプロペラファンタイプだったために変換部材を取付けます。
レンジフードの排気は熱を持っているために開口の部分に不燃材を取付けます。
IMGP2758.jpg

次にアルミダクトと接続するためのアダプターを取付けます。
アダプターはビス穴の内側にパッキンテープを巻くことで排気漏れを防ぎます。
IMGP2759.jpg IMGP2760.jpg

次にレンジフード本体に引っ掛け金具、アルミダクトと接続するためのアダプターを取付けます。
取り付けは下で行いますがその時、しっかりと養生してある場所でレンジフードの裏側となる部分を下向きにして取付けます。
このようにすることでお客様の家、レンジフードに傷をつけることなく取り付け作業が行えます。
IMGP2761_20140120200817533.jpg IMGP2764.jpg

次にレンジフード本体をひかっける位置に墨出しをし、引っ掛けビスを打ち込みレンジフード本体を引っ掛け固定します。
IMGP2765_20140120201023cf2.jpg

レンジフードの固定は隣の棚と水平にすることで施工後の見栄えが良くなります。
IMGP2766.jpg IMGP2767.jpg
水平器を使いしっかりと水平を出しています。


次にアルミダクトの接続を行います。
接続にはアルミテープを使いしっかりと隙間なく取付けることで排気漏れを防ぎます。
IMGP2770.jpg

次に前幕板を取付けます。
パナソニックレンジフードの前幕板は前後に動かすことができます。
隣の棚と前幕板を水平に取付けることで見栄えの良い仕上がりとなります。
IMGP2771.jpg
固定は上側はラッチ、下はビス止めします。

最後にコーキング処理をします。
コーキングはマスキングテープを使い行うことで余計な部分にコーキングがつかないため施工後の見栄えが良くなります。
IMGP2772.jpg IMGP2775.jpg


コーキング処理ができましたら工事完了となります。
IMGP2773.jpg IMGP2774.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-6HZC2-Sというレンジフードです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: