FC2ブログ

大阪府四条畷市T様邸 レンジフード交換工事

レンジフードファン
01 /31 2014
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は四条畷市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
タカラスタンダートのVL-75R(C)という機種のレンジフードで、シロッコファンタイプのレンジフードでした。
IMGP4739.jpg

さっそく古いレンジフードを撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4742.jpg

撤去完了後、レンジフードの下部などをキレイに掃除します。
IMGP4745.jpg

次に墨出しを行いレンジフードの引っ掛けビスを打ちます。
今回、キッチンパネル分の厚みがあるために少しレンジフードを前に出すために薄い木の板を取付けました。
IMGP4746.jpg

引っ掛けビスにレンジフード本体を引っ掛けるためにレンジフードにアングルを取付ます。

アングルの取付は下で行います。
下にしっかりと毛布を敷きレンジフードの裏側となる部分を下にし、作業を行うことでレンジフード本体に傷がつきません。
IMGP4744.jpg

次にレンジフード本体を引っ掛け固定します。
固定時は水平器を使いしっかりと水平を出します。
IMGP4747.jpg IMGP4748.jpg

固定完了後の写真です。
IMGP4751.jpg

次にアルミダクトを接続します。
アルミダクトは既設のもので十分接続できる状態でしたのでそのまま接続しました。
アルミダクトの接続部には隙間なくアルミテープを巻きつけます。
このようにすることで排気漏れなどの心配はありません。
また、ケーブルもアルミテープで固定します。
このようにすることでアルミダクトにケーブルがあたることがないため火災などの心配がなくお客様に安心して新しいレンジフードを使用していただけます。
IMGP4755.jpg


次に前幕板の取付です。
下側は挟み込む形での固定、上側にはラッチを取付け固定します。
ラッチの取付位置で前幕板の出幅を調節できます。
隣の吊戸棚と出幅を合わせると美映えが良くなります。
IMGP4756.jpg IMGP4757.jpg

幕板の取付が完了しましたら、掃除をし、お客様に説明させていただき工事完了となります。
IMGP4758.jpg IMGP4760.jpg
IMGP4761.jpg IMGP4762.jpg


今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HZC2という機種のレンジフードです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
スポンサーサイト



兵庫県伊丹市F様邸 ガス給湯器交換工事

ガス給湯器
01 /30 2014
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は伊丹市にお住いのお客様よりガス給湯器の交換のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のガス給湯器です。
IMGP2940.jpg
大阪ガスのGTH-2413SAWXDという機種のガス給湯器でした。

各配管を外してガス給湯器を撤去していきます。
撤去完了後の写真です。
IMGP2949_2014012714221377f.jpg

今回新しく設置するガス給湯器は古いガス給湯器よりもサイズが小さいために古いガス給湯器を固定していたビス穴は使用しません。
古いビス穴は防水処理の為、しっかりとコーキング処理をしました。

新しいガス給湯器の設置前にガス給湯器の寸法を測りガス給湯器を引っ掛けるためのビスを打ちます。
IMGP2950_20140127142617859.jpg

ガス給湯器の固定前にはしっかりと水平を出し、固定します。
IMGP2951.jpg

固定後防水処理の為ビスと、その周りをしっかりとコーキング処理しました。
IMGP2963.jpg IMGP2967.jpg

次に各配管を接続していきます。
接続時にはパッキンを全て新しいパッキンに交換しました。

ガス管の接続には、ニュータイトを使い接続することでガス漏れなどの心配はありません。
IMGP2958.jpg

接続後にはガス漏れテスターを使用し、ガス漏れがないかしっかりと確認します。
IMGP2961.jpg

今回取付させていただいたガス給湯器はエコジョーズタイプのガス給湯器です。
エコジョーズとは排熱を利用しお湯を沸かすもので、ガス代がお得になるものです。
エコジョーズタイプのガス給湯器は排水がでます。
お客様と相談し、今回は排水を給湯器の隣のとゆに流させていただきます。

とゆに穴を開けそこにパイプを入れ込みました。パイプの周りには防水処理の為にしっかりとコーキングしました。

IMGP2966.jpg 

全ての配管が接続できましたら試運転を行い水漏れ等の異常がなければ各配管に保温材を巻きます。
IMGP2964_20140127144027781.jpg

最後に配管カバーを取付ければ屋外の作業は完了です。

次にリモコンの工事の様子を紹介します。
まずは既設のリモコンです。
IMGP2943.jpg

既設のリモコンを撤去しキレイに跡をはがしていきます。
IMGP2944.jpg

次に新しいリモコンを取付けます。
浴室リモコンの周りには防水処理の為コーキングします。
キレイな仕上がりとなるようにマスキングテープを付け行います。
IMGP2948.jpg IMGP2953.jpg

台所のリモコンも同じような手順で交換します。
交換前です。
IMGP2955_20140127144626bdf.jpg

交換後です。
IMGP2957.jpg

最後に掃除をしお客様に説明を行い工事完了となります。
IMGP2971.jpg IMGP2970.jpg

今回取付させていただいたガス給湯器はRVD-E2401SAW2-1という機種のガス給湯器でした。
エコジョーズタイプのガス給湯器なのでもともとガス代もお安くなるうえに大阪ガスに申請を行えばガス代が5%安くなるガス給湯器です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。

 

大阪府吹田市N様邸 トイレ交換工事

トイレ
01 /29 2014
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は吹田市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機、トイレの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のトイレです。
TOTOのC930BPというトイレ、CES935P一体式のウォシュレットでした。
IMGP4892.jpg IMGP4900.jpg

早速撤去します。
まずはウォシュレットから撤去します。
今回のトイレは壁排水タイプで、ジャバラの排水でしたので撤去時は慎重に行います。
IMGP4901.jpg

今回は幅木の交換のご依頼もいただいていたのでトイレ撤去後幅木も撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4904.jpg

次に幅木を取付けます。
取り付けの様子です。
IMGP4905.jpg

次にトイレの取付です。
まずは排水ソケットを仮でジャバラに入れ込みます。
入れ込みましたらしっかりと墨を出します。
壁排水のトイレはこれで取付の位置が決まります。
IMGP4907.jpg IMGP4908.jpg

次に型紙を敷き、前ズレ防止の部材を取付けます。
IMGP4909_20140127121345af0.jpg IMGP4910.jpg

次にトイレ本体を取付け固定します。
陶器製のものなので固定はもちろん手締めで行いました。

トイレ本体を取付ければ次にタンク、ウォシュレットを取付けます。
IMGP4913.jpg IMGP4914.jpg
IMGP4915.jpg

今回取り付けるウォシュレットはアプリコットです。
オート便器洗浄機能がついているタイプの為、リモコンのスイッチを取付けます。
IMGP4916.jpg IMGP4917.jpg

リモコンの取付位置はお客様と相談させていただき取付けました。
IMGP4919.jpg

リモコン取付後、試運転を行い異常がなければ工事完了となります。
IMGP4922.jpg IMGP4923.jpg

今回取付させていただいたトイレはTOTOのピュアレストQR,ウォシュレットはアプリコットF1Aという機種です。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


兵庫県三田市I様邸 レンジフード交換工事

レンジフードファン
01 /28 2014
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は三田市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
IMGP4940.jpg IMGP4941.jpg

プロペラファンタイプのレンジフードでした。
早速、撤去開始です。
撤去完了後の写真です。
IMGP4944.jpg

今回のお客様はレンジフードの交換を他の業者にも依頼し、現在のレンジフードを見ていただいたそうなのですが、お客様がご希望された機種への交換は開口が下にありすぎて干渉するために強度が確保できないためできないと言われていたそうです。

当店はレンジフードの交換を多数こなしていますのでこのような場合でも交換できます。

まずは補強工事をします。
今回、レンジフードの裏側がボードだったためにレンジフード固定に十分な強度を今のままでは確保できないために取付金具の位置にあわせてボードを切ります。
IMGP4946.jpg
切るときは粉が多く出てしまうためにお客様の家をなるべく汚すことのないように下にゴミ袋を貼って行いました。

カット完了後です。
IMGP4948.jpg

今回新しくレンジフードを取付けるために開口部分を上にあげる必要がありました。
開口部に、下地を作ります。
IMGP4951.jpg

この下地の部分、カットしたボードの部分に合わせてコンパネ板を切ります。
切る時は外で行いましたがお客様の敷地を汚すことの無いように段ボールを敷き行いました。
IMGP4954.jpg

外で切ったコンパネ板を取付けます。
IMGP4956.jpg

ぴったりと合いました。
型紙を使い、取付金具の位置も合わせます。
しっかりと補強工事ができています。
IMGP4957.jpg

レンジフードの排熱は温度が高いために開口部に不燃材を取付けます。
不燃材も大きさをあわせしっかりと切り取付けました。
IMGP4962.jpg IMGP4960.jpg

次に変換部材を取付けます。
IMGP4963.jpg IMGP4964.jpg

これをぎりぎりまで上に上げることで取り付けができます。


次は取付金具です。
型紙を使いしっかりと墨出しをし取付けました。
IMGP4966.jpg IMGP4965.jpg

次にレンジフード本体を引っ掛け固定します。
今回取り付けるレンジフードはステンレス製です。
見栄えの良いものなのですが手垢などがつきやすいものです。
お客様に新しいレンジフードをキレイな状態で使っていただくためにビニール手袋をつけて工事を行います。
IMGP4967.jpg

次に電源を接続します。
ケーブルはしっかりとアルミテープで固定しました。
IMGP4970.jpg

次にアルミダクトを接続します。
アルミダクトはアルミテープを使い隙間の無いようにしっかりと巻きます。
このようにすることで排気漏れの心配はありません。
IMGP4971.jpg IMGP4973.jpg

次に前幕板の取付です。
前幕板固定用の金具を左右に取付けます。

IMGP4975_20140127134131913.jpg IMGP4976.jpg

前幕板の上側は引っ掛け、下側はビス止めします。
IMGP4977.jpg

最後にコーキング処理を行います。
余計な部分にコーキングがつかないようにマスキングテープを取付け行います。
IMGP4981.jpg
キレイに仕上がりました。
IMGP4983.jpg

最後にキレイに掃除をし、お客様に説明をし、工事完了となります。
IMGP4985.jpg IMGP4986.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはハーマンのFG9S07MT-Rという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございます。

当店のホームページもよろしくお願いします。

ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。