FC2ブログ

大阪府柏原市H様邸 レンジフード交換工事

レンジフードファン
02 /05 2014
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は柏原市にお住いのお客様よりレンジフード、オール電化のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

今回の記事ではレンジフードの交換工事の様子を紹介します。

まずは既設のレンジフードの写真です。
IMGP3187_20140201172511d71.jpg IMGP3177_20140201172512890.jpg


プロペラファンのレンジフードでした。
早速古いレンジフードを撤去します。
撤去完了後です。
IMGP3199.jpg


次にプロペラがあった部分の開口に不燃材をとりつけます。
これで開口部からの火災の心配はありません。
IMGP3198.jpg IMGP3202.jpg

開口部にはアルミダクトと接続するためのアダプターを取付けます。
アダプターの開口部側にはビス穴の内側にパッキンテープを取付けます。
IMGP3203.jpg

開口部に段差があり隙間が空いてしまう可能性があったのでアルミテープで補強します。
これでしっかりと取付が完了し、アルミダクトが接続できます。
IMGP3205.jpg IMGP3212.jpg

次に墨をだし本体付属の引っ掛けビスを取付けます。
ビスは少し出すことでレンジフードが引っ掛けやすくなります。
IMGP3211.jpg

次にレンジフード本体にアングルを取付けます。
これでレンジフードを引っ掛ける準備ができました。
IMGP3213.jpg

次に本体を引っ掛けます。
IMGP3215.jpg

本体を水平に固定するためにしっかりと微調整します。
今回は薄い板をかますことで水平を出せました。
IMGP3217_201402011804179f3.jpg

本体を水平に固定できましたら次にアルミダクトを接続します。
IMGP3219.jpg IMGP3220_20140201180624791.jpg

アルミダクトの接続部にはしっかりとアルミテープを取付けます。
隙間なく巻きつけることにより排気漏れの心配はありません。
IMGP3221_201402011809020e5.jpg IMGP3222.jpg

電源は新しくシングルコンセントをつけ余分なケーブルをアルミテープで固定しました。
IMGP3226.jpg IMGP3223.jpg

次に幕板を取付けます。
幕板の上部の固定には付属のラッチを取付けます。
ラッチの位置で幕板の出幅が決まるのでしっかりと寸法を測り取付けます。
IMGP3224_20140201181748be5.jpg IMGP3225.jpg

幕板を取付けましたら最後にコーキング処理を行います。
コーキングの前にレンジフードの下部をキレイに掃除しマスキングテープを貼ります。
IMGP3230.jpg

コーキング処理の様子です。
IMGP3234_201402011822204a8.jpg IMGP3235.jpg

最後に整流板を取り付け、掃除をし、お客様に説明を行えば工事完了となります。
IMGP3236_20140201182350a26.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-90DED1-Sという機種のレンジフードです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


 

スポンサーサイト



ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。