FC2ブログ

大阪府柏原市H様邸 エコキュート工事

エコキュート
02 /10 2014

こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は柏原市にお住いのお客様よりオール電化工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

今回はエコキュートの設置の様子を紹介します。
以前紹介させていただいた基礎工事の様子はこちら

基礎工事から数日後基礎が固まりました。
IMGP3257.jpg

まずはエコキュートを設置できるようにガス給湯器を撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP3258.jpg

撤去完了後各配管をエコキュートとつなげる状態にします。
追い炊き配管は既設のものが銅管でしたので溶接し、アダプターを取付けます。
IMGP3264.jpg

接続完了後、給水部と自在のフレキで接続し水漏れがないか確認します。
エコキュート設置後では確認しにくい部分なので事前に確認しました。
IMGP3267.jpg

次にエコキュート本体の設置です。
一度本体を据え置き墨を出します。
この時に水平器を使いエコキュートが水平に固定できているか確認します。
IMGP3292.jpg IMGP3294.jpg

墨を出したら一度基礎の上から外しドリルで穴を開けアンカーを打ちます。
IMGP3295.jpg

アンカーを打つ前に穴に空気を送り中のくずを出します。
IMGP3296.jpg

これでキレイにアンカーが打てます。
IMGP3299.jpg IMGP3300.jpg

次にエコキュートをもう一度置きしっかりとボルトで固定します。
IMGP3302.jpg

次に各配管を接続します。
今回貯蓄ユニットとヒートポンプの間にブロックがあったためにブロックを切ります。
IMGP3310.jpg IMGP3309.jpg
IMGP3315.jpg

これでヒートポンプ、貯蓄ユニットの行き、戻りの配管を通せます。

使用する配管はアルミフレックスです。
アルミフレックスは耐熱性に優れ、また樹脂管などと違い自在に曲がります。
今回はブロックから近いので配管が折れないように上に一度上げて角度に余裕を持たせ接続しました。
IMGP3322_201402101932032bb.jpg

給水、給湯、追い炊き配管、ヒートポンプの行き戻り全ての配管を接続すれば試運転を行います。
IMGP3321.jpg

試運転の後、ストレーナーを掃除します。
掃除を行わなければ詰まってしまう可能性があります。
IMGP3326.jpg

接続部は金属が露出していて冷えやすいためにしっかりと保温材を巻きます。
保温材は試運転後に巻かなければ水漏れのチェックがしにくいので水漏れがないことをしっかりと確認後、保温工事を行います。
IMGP3343_2014021019372579e.jpg

次にリモコンの交換の様子を紹介します。
既設のリモコンの撤去完了後です。
IMGP3277.jpg

新しいリモコンは水平にしっかりと取り付けました。
IMGP3281_20140210193915030.jpg

浴室リモコンには全周コーキング処理をします。
IMGP3273.jpg IMGP3276.jpg

リモコンの交換が終われば工事完了です。
IMGP3345.jpg IMGP3334.jpg
IMGP3329.jpg


今回取付させていただいたエコキュートは三菱のSRT-HP46WUX8という機種のエコキュートでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
スポンサーサイト



ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。