ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府豊中市I様邸 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
タカラスタンダードのVU-60R(C)という機種のレンジフードでした。
IMGP5805_20140428192427f02.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP5809_20140428192504f48.jpg

撤去完了後、普段掃除できないところを掃除します。

次にレンジフードの中心の墨をだしそれに合わせ、型紙を貼ります。
IMGP5810_20140428192814bbb.jpg

次に型紙に合わせ引っ掛けビスを打設します。
IMGP5812.jpg

引っ掛けビスを打設しましたら、レンジフード本体を引っ掛けます。
IMGP5813.jpg

引っ掛けましたらレンジフード本体を固定します。
固定時は水平器を使用ししっかりと水平を出し、固定します。

固定完了後、アダプターを取付けます。
アダプターにはパッキンテープを取付けます。
IMGP5814_201404281938141d1.jpg IMGP5816.jpg

次にアルミダクトの接続です。
接続部にはアルミテープを隙間なく巻きつけます。
アルミテープは形に合わせて張り付くので隙間なく巻きつけることで排気漏れの心配はありません。
このようにすることでパッキンテープとアルミテープで2重の排気漏れ防止となります。
IMGP5817.jpg IMGP5818.jpg
アルミダクトは熱を持つのでケーブルが触れていると火事の原因となるのでケーブルは固定しアルミダクトに触れないようにしました。


次に前幕板を取付けます。
幕板は隣の棚と前面を合わせることで施工後の見栄えが良くなります。
IMGP5822.jpg

幕板の取付後、コーキング処理を行います。
余計部分にコーキングがつかないようにマスキングテープを貼ったためにキレイな仕上がりとなりました。
IMGP5830_2014042820060841a.jpg

最後に掃除をし、お客様に説明をさせていただき工事完了となります。
IMGP5827.jpg IMGP5829_20140430124313fb7.jpg


今回取付させていただいたレンジフードは富士工業のSERL-EC-601Wという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございます。

当店のホームページもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
大阪府大阪市W様邸 洗面化粧台交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住いのお客様より洗面化粧台の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の洗面化粧台の写真です。
IMGP4306_20140425200204d0a.jpg

さっそく古い洗面化粧台を撤去していきます。
まずは上部の鏡を撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4310_20140425200320b99.jpg

次に各配管を外していきます。
IMGP4311.jpg

各配管を外せば洗面化粧台の下部を撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4313.jpg

撤去完了後一度止水栓を外し、仮でキャップをしておきます。
IMGP4315.jpg IMGP4316.jpg
IMGP4317_20140425200617937.jpg

このようにすることで壁から出ている給水、給湯を新し洗面化粧台に入れる為にあける穴をなるべく小さくできます。

次に洗面化粧台に給水、給湯を通すための穴を開けます。
IMGP4319.jpg IMGP4318_201404252008416e5.jpg

正確に寸法を測り穴を開けたのでキレイに通りました。
IMGP4320_20140425200939a27.jpg

次に洗面化粧台本体に水栓を取付けます。

取付ける水栓は「エコハンドル水栓」を装備、よく使う正面の位置で「水」をだす省エネ設計。お湯を無意識に使うことがないため、ムダな給湯エネルギーを使いません。
IMGP4323.jpg

次に各配管を接続します。
給水、給湯の止水栓を取付ける時は、シールテープ、ヘルメシールを使用し2重の防水処理を行いました。
IMGP4330_20140425201533688.jpg

各配管の接続が完了すれば上部の鏡を取り付け、試運転を行い水漏れ等の異常がなければ工事完了となります。
IMGP4335.jpg
IMGP4333.jpg IMGP4336.jpg

今回取り付けさせていただいた洗面化粧台はTOTOのオクターブです。
泡や髪の毛がスイスイ流れる「すべり台ボウル」、たっぷり収納の「奥ひろし」、化粧鏡はLED照明で省エネです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。

大阪府大阪市F様邸 ビルトインコンロ交換工事
ズオーデンキスタッフブログ、今回は大阪市にお住まいのお客様よりビルトインガスコンロの取替工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設ガスコンロ。パロマ製PKD-71SHAV-1R。8年間ご使用されていました。そろそろ交換の時期と考えて新しいガスコンロの導入をされました。
IMGP5831.jpg IMGP5835.jpg
早速、既設ビルトインコンロを撤去します。

コンロトップ下は汚れがたまっていました。お客様では日頃掃除することが出来ない箇所なので、念入りにキレイに掃除します。
IMGP5837_20140426183632b19.jpg IMGP5845.jpg

大きな汚れや油のカタマリは、キッチン天面が傷つかないような先が丸みの帯びたスクレマーで取り除き、仕上げに洗剤と塗付、ピカピカに仕上げました。
IMGP5846_20140426183630105.jpg

掃除が完了すれば、新しいビルトインコンロを設置します。
IMGP5847.jpg IMGP5851.jpg
IMGP5849.jpg IMGP5848.jpg
天面の開口に上からはめ込むように設置します。前面フェイス部をキッチン扉に合わせて位置を決めて、ガスコンロ本体を固定しました。

コンロ本体下部よりガスコックの接続を行っている様子です。ニュータイトも適量につけて施工者ラベルシールも当店担当者の名前で張り替えました。
IMGP5853_2014042618371514b.jpg IMGP5858_20140426183714801.jpg
左は、ガラストップ部の固定作業。固定ネジは後部のみなので、前部は本体にしっかり引っ掛けたことを確認して慎重に取り付けます。

試運転・異常がなければ完成です。
IMGP5861_20140426183732dbc.jpg IMGP5862.jpg
フロア養生を外して、最後には必ず掃除も行います。たとえ養生を行っていても、お客様に気持ちよくお引渡したいという当店の考え方です。
今回設置いただいたビルトインコンロは、リンナイ「ベリエ」RS71W11G14R-SRです。キッチン向かって左側が壁でしたので、高火力側は右側にさせていただきました。

工事後、F様に工事への姿勢やおうちの養生などの配慮をご感心いただき、大変喜んでいただきました。ネット依頼というのが心配されたようでしたが、大変ご満足いただきました。お心づかいのある方で、会社へ戻ってもお電話をいただきお礼のお言葉を改めていただきました。こちらが恐縮するくらいでしたがお喜び頂きスタッフもうれしく思います。こちらこそご依頼いただき誠にありがとうございました。またのご依頼お待ちしております!

当店のホームページもよろしくお願いします。





大阪府大阪市K様邸 レンジフード取替工事

こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
sunwaveのNBH-2という機種のレンジフードでした。
IMGP6390.jpg

ガスコンロ、床をしっかりと養生し作業を行います。
IMGP6392.jpg IMGP6393.jpg

まずは古いレンジフードを撤去します。
撤去の様子です。
IMGP6395.jpg
IMGP6396.jpg IMGP6399.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP6400.jpg

撤去完了後、普段掃除できない場所や掃除しにくい場所をキレイに掃除します。
IMGP6403.jpg IMGP6404.jpg

古いレンジフードのコーキングの後もキレイに取ります。
IMGP6406.jpg


次に新しいレンジフードを引っ掛けるためのビスを打設します。
IMGP6408.jpg

次にレンジフード本体に引っ掛け金具を取付けます。
金具の取付の時はレンジフードの裏面を下側にし、毛布の上で作業を行います。
IMGP6409.jpg IMGP6411.jpg

次にレンジフード本体を引っ掛けます。
IMGP6412.jpg

固定の時は水平器を使用し、しっかりと水平を出し固定します。
IMGP6416.jpg IMGP6413.jpg

次にアルミダクトを接続します。
本体に取付けるアダプターにはパッキンテープを巻きます。
IMGP6405.jpg IMGP6410.jpg
IMGP6418.jpg

アルミダクトはしっかりと差し込み隙間なくアルミテープを巻きつけることで排気漏れの心配はありません。
IMGP6417.jpg IMGP6419.jpg

次に電源を接続し、ケーブルを固定します。
このようにすることでケーブルがアルミダクトに当たることがないので火災などの心配はありません。
IMGP6422.jpg

次に幕板を取付けます。
幕板は吊戸棚と前面をそろえることで見栄えよく取付けることができます。
IMGP6425.jpg

さいごにコーキング処理を行います。
余計な部分にコーキングがつかないようマスキングテープを貼り行います。
IMGP6427.jpg IMGP6430.jpg

最後に掃除をしお客様に説明を行えば工事完了となります。
IMGP6433.jpg IMGP6434.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HZC2-Sという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。






兵庫県川西市N様邸 食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は川西市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
IMGP5577.jpg
NAISの17EW2という機種の食器洗い乾燥機でした。

さっそく古い食器洗い乾燥機を撤去していきます。
撤去の様子です。
IMGP5579.jpg IMGP5589.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP5592.jpg IMGP5593_20140424142827e9a.jpg

次に新しい食器洗い乾燥機の土台を組みます。
IMGP5590.jpg IMGP5594.jpg

次に組んだ土台を据え置き食器洗い乾燥機本体を入れ込みます。
IMGP5595_20140424143203962.jpg IMGP5596.jpg

本体の上部からは排熱がでるためにキッチンの天板が腐食しないようにフィラーを取付けます。
IMGP5597.jpg

本体を入れ込みましたら前面を合わせ食器洗い乾燥機を固定します。

固定完了後、給水、排水、電源を接続します。
排水は既設の状態のままでは接続がしにくかったために延長しました。
食器洗い乾燥機の排水は熱をもつために耐熱性のパイプを使用しました。
接続に使用するのりはもちろん使用するパイプに適したものを使用しました。
IMGP5598.jpg

接続完了後の写真です。
IMGP5603.jpg

接続完了後試運転を行います。
IMGP5607.jpg

試運転完了後、水漏れ等の異常がなければケコミカバーの寸法を測りカットし、取付けます。
IMGP5608.jpg IMGP5609.jpg

最後に下部カバーを取付ければ工事完了となります。
IMGP5613.jpg IMGP5610.jpg

今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNPー45MD6Sという機種の食器洗い乾燥機でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。



兵庫県宝塚市T様邸 レンジフード取替工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は宝塚にお住いのお客様よりレンジフードの取替工事のご依頼をいただいきました。

ありがとうございます。
まずは既設のレンジフードの写真です。
IMGP5644.jpg

ガスコンロ、床をしっかりと養生し、作業を開始します。

撤去完了後の写真です。
IMGP5647.jpg

次に新しいレンジフードを引っ掛けるためのビスを取付けます。
レンジフードの下部が吊戸棚の下部と揃う様に正確に墨出しを行います。
IMGP5650.jpg

引っ掛けビスを取付けましたらレンジフード本体を引っ掛けます。
IMGP5651.jpg
固定時はレンジフードが水平に取付けれるように水平器を使用し固定しました。

次にレンジフード本体にアルミダクトを接続します。
接続時にアルミダクトが急な角度で曲がらないように注意し、接続部には隙間なくアルミテープを取付けます。
アルミテープは形に合わせて張り付くのでこのようにすることで排気漏れの心配はありません。
IMGP5652.jpg

アルミダクトは熱を持つのでケーブルがアルミダクトに触れないようにしっかりとケーブルも固定しました。

次にレンジフードの上部に工事のときについてしまったゴミをキレイに掃除します。
IMGP5653.jpg

キレイに掃除ができましたら前幕板を取付けます。
IMGP5654.jpg

前幕板の取付完了後、コーキング処理を行えば工事完了となります。
IMGP5656.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-6HGC3-Sという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府池田市P様邸 食器洗い乾燥機取替工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は池田市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の取り替え工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
IMGP6341.jpg
ナショナルのNP-5600B-Oという機種の食器洗い乾燥機でした。

まずは既設の食器洗い乾燥機を撤去していきます。
IMGP6343.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP6344.jpg

今回、新しい食器洗い乾燥機を取付けるのに必要な奥行きがなかったので新しい食器洗い乾燥機が入るよう、奥のボードを切り、奥行きを広げました。

ボードを切り奥行きを広げた後お客様に許可をいただき止水栓を止めさせていただき、給水のパイプを短くし、新しい食器洗い乾燥機と接続できるようにしました。
IMGP6350.jpg

次に食器洗い乾燥機の土台となる足を組んでいきます。
IMGP6346.jpg

脚を組みましたら食器洗い乾燥機を入れ込む場所の高さを測り足の長さを調節します。
IMGP6345.jpg

調節完了後、土台を据え置きます。
IMGP6349.jpg

次に食器洗い乾燥機本体を入れ込み隣の棚と前面を合わせ、土台を固定します。

土台の固定後、本体を前ズレ防止金具で固定します。
IMGP6352.jpg

固定後、電源、給水、排水を接続し試運転を行います。
試運転後、水漏れ等の異常がなければしっかりと寸法を測り、ケコミカバーをカットします。
IMGP6354.jpg

カット完了後、ケコミカバー、下部カバーを取付ければ工事完了となります。
IMGP6355.jpg

今回、取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNP-45RD6Kという機種の食器洗い乾燥機でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府大阪市S様邸 電気温水器設置工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様より電気温水器の設置工事のご依頼をいただきました。

ありがとうございます。

今回は電気温水器が以前設置されていた場所に新しく電気温水器を設置します。

まずは電気温水器にパイプを接続できるようにしていきます。
IMGP6014.jpg

接続ができる状態となりましたら、電気温水器本体を搬入します。
今回電気温水器を設置する場所は3階のベランダです。
電気温水器、お客様の家に傷がつかないように慎重に搬入しました。

搬入完了後の写真です。
IMGP6017.jpg

搬入完了後、給水、給湯を接続していきます。

給水には減圧弁を取付けます。
減圧弁のネジは金属製なのでパイプの接続部も金属製のものを使います。
プラスチックのものは安いのですが錆びてしまうので当店はしっかりとインサート付のものを使います。

水漏れ防止のためシールテープを巻き、ヘルメシールを取り付け接続します。
このようにすることで2重の防水となり水漏れの心配はありません。
IMGP6018_201404180835446c3.jpg

今回の設置場所は屋外です。
各配管にしっかりと保温材を巻くことで凍結を防止できます。
IMGP6020.jpg

給水、給湯接続後、排水工事です。
排水は邪魔にならないようにベランダの端に配管しました。
IMGP6021.jpg

今回は浴室の混合水栓の交換工事のご依頼もいただいておりました。

浴室混合水栓の工事の様子を紹介します。
まずは既設の浴室混合水栓の写真です。
IMGP6016.jpg

さっそく古い水栓を撤去します。

撤去後、養生テープを貼り、墨を出して混合水栓がキレイに取付けれるようにします。
取り付け後の写真です。
IMGP4494.jpg IMGP4489.jpg

次に蛇口、シャワーヘッドを取付ければ取り付け完了です。
IMGP4495.jpg

最後に混合水栓、電気温水器の試運転を行い水漏れ等の異常がなければ工事完了です。
IMGP4498.jpg IMGP4496.jpg

今回取付させていただいた電気温水器は三菱のSR-375Cという機種の電気温水器でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。

大阪府大阪市E様邸 ガス給湯器交換工事
こんんちは。
ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住いのお客様よりガス給湯器の交換工事のご依頼をいただきました。

ありがとうございます。

まずは既設のガス給湯器の写真です。
IMGP4880.jpg
ノーリツのGTH-2413SAWXDという機種のガス給湯器でした。

さっそく古いガス給湯器を撤去していきます。
今回撤去するガス給湯器はカワックと連動していて配管の数が多いために配管が外した後にもわかるように養生テープに配管の名前を書き貼り付けます。
IMGP4887.jpg IMGP4888.jpg
このようにすることで配管のつなぎ間違えなどはありません。

養生テープで名前を書けば各配管を外していきます。
IMGP4890.jpg IMGP4891.jpg

配管を外し終えればビスを外しガス給湯器を撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4892_201404122013426de.jpg

次に新しいガス給湯器を取付ける作業を行います。
既設の配管は流用させていただくため、配管に合わせ墨出しを行いガス給湯器本体を引っ掛けます。

引っ掛け完了後の写真です。
IMGP4893.jpg

今回の取付は屋外の為に引っ掛けに使用するビスはもちろんステンレス製のものです。
IMGP4894.jpg

固定後、古いガス給湯器に使用していたビス穴、新しいガス給湯器に使用したビスを防水処理の為にコーキングしました。
これで家の中に雨水などが入ってしまうことはありません。
IMGP4896.jpg


次に、各配管を接続します。
カワックのに接続されている配管は温度が高いので耐熱性に優れた黒色の石綿パッキンを使用します。
追い炊き配管は青色の石綿パッキンを使用しました。
IMGP4900_20140412202243628.jpg

給水、給湯はフレキを新しくし、接続しました。
IMGP4903.jpg

全ての配管の接続が完了すれば試運転を行いガス漏れ、水漏れがないかしっかりと確認します。

異常がなければ各配管に保温材を巻き、配管カバーを取付けます。
IMGP4904_20140412202632175.jpg

配管カバーの取付が完了すればお客様に説明を行い掃除をし工事完了となります。
IMGP4905_2014041220274196f.jpg IMGP4906.jpg

今回、取付させていただいたガス給湯器はリンナイのRVD-E2401SAW2-1という機種のガス給湯器でした。


ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします



兵庫県尼崎市M様邸 電気温水器取替工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は尼崎市にお住いのお客様より電気温水器の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の電気温水器の写真です。
IMGP4262_2014041715285209c.jpg IMGP4264_20140417152852828.jpg

さっそく古い電気温水器を撤去していきます。

今回のお客様はクロスの貼り替えをするということだったので撤去後、クロスが貼り終えるまで待ちます。

クロス完成後です。
IMGP5983.jpg

次に新しい電気温水器を搬入します。
IMGP6004.jpg

搬入後の写真です。
IMGP6005.jpg


次に各配管を接続します。
給水には減圧弁を取付けます。
減圧弁のネジは金属製なのでパイプの接続部も金属製のものを使います。
プラスチックのものは安いのですが錆びてしまうので当店はしっかりとインサート付のものを使います。

水漏れ防止のためシールテープを巻き、ヘルメシールを取り付け接続します。
このようにすることで2重の防水となり水漏れの心配はありません。
IMGP5987.jpg IMGP5988.jpg
IMGP5995_20140417155713229.jpg IMGP5999.jpg

各配管には保温材を巻き、しっかりと化粧します。
IMGP4285_20140417155942b11.jpg

全ての配管の接続が完了すれば試運転を行い異常がなければ工事完了となります。
IMGP4303_20140417160231e73.jpg

今回取付させていただいた電気温水器は三菱のSRG-465Cという機種の電気温水器でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府大阪市A様 レンジフード交換工事
こんにちは。

ズオーデンキです。

今回、大阪市にお住まいのお客様からレンジフードの交換の依頼をいただきました。

ありがとうございます。

まず既設のレンジフードの写真です。

IMGP4862_20140403200129bdd.jpg IMGP4863.jpg
ナショナルのFY-60HZ5HKというレンジフードでした。

IMGP4867_2014040320013327f.jpg
撤去の際に左側の吊戸棚が外れかけていたので一度取り外しました。

撤去完了後の写真です。

新しく取り付けるレンジフードを引っ掛ける為の引っ掛けビスの墨出しをします。

IMGP4865.jpg IMGP4866_20140403200556b29.jpg
ビスの位置に下地がなかったので既設の木地にコンパネ板を打ち、補強しました。

墨出しをし、付属の引っ掛けビスを打ちこみます。

レンジフード本体に引っ掛け金具、排気アダプターをビス固定します。

IMGP4869_20140403200350c4b.jpg
レンジフード本体を引っ掛けビスに引っ掛けます。

レンジフードに傷などつかないように慎重に作業します。

レンジフード本体の水平を水平器でキッチリとだし、固定します。

IMGP4871.jpg
排気アダプターにアルミダクトを接続します。

接続部分にはアルミテープを隙間なく巻き付けます。

IMGP4874_201404032003537c8.jpg
電源を差し込み、ケーブルを固定します。

外した吊戸棚を元に戻します。

次に前幕板の取り付けです。

幕板上部を固定するラッチを両サイドの吊戸棚に取り付けます。

幕板下部はレンジフード本体と挟み込んで固定します。

隙間などはコーキングで仕上げます。

マスキングテープを使って余計な場所にコーキングがつかないようにします。

IMGP4878_201404032005556cf.jpg
キレイに仕上がりました。

IMGP4875.jpg
あとは掃除をし、お客様にご説明させていただき工事完了です。

IMGP4876_20140403200553043.jpg IMGP4877_201404032005589da.jpg
今回、取り付けさせていただいたレンジフードはパナソニックのFY-6HZC2とゆう機種です。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府茨木市W様邸 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は茨木市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
IMGP4612.jpg

床、ガスコンロをしっかりと養生しまずは古いレンジフードを撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4616.jpg

撤去完了後普段掃除できない部分をキレイに掃除します。
IMGP4617.jpg

掃除後、新しいレンジフードを取付ける作業を行います。
今回の場合古いレンジフードは吊っていて後ろにはビスを取付けていませんでした。
新しいレンジフードはレンジフードの後ろにビスを打つのでビスが効く状態とするために、コンパネ板を取付けました。
IMGP4618.jpg

取付完了後新しいレンジフード付属の型紙を使いビスを打設する位置の墨出しを行います。
IMGP4619_20140410081222f2c.jpg

墨出しが完了すれば新しいレンジフードを引っ掛け固定します。

固定時は水平器を使いレンジフード本体を水平に取付けます。
IMGP4620_20140410081628205.jpg

固定完了後、新しいレンジフードにアルミダクトを接続するためのアダプターを取付けます。
アダプターにはパッキンテープを巻きつけ排気漏れを防止します。
IMGP4622.jpg

アダプターの取付完了後、アルミダクトを接続します。
アルミダクトの接続部には隙間なくアルミテープを巻きつけます。
アルミテープは形に合わせてくっつくので隙間なく巻きつければ排気漏れの心配はありません。
IMGP4623_20140410082632aa8.jpg IMGP4624.jpg

次に電源を接続します。
接続後ケーブルの余分な部分をアルミテープで固定し、アルミダクトに当たらないようにします。
アルミダクトに触れていると火災などの原因になります。
固定することにより地震などの時もアルミダクトに当たりません。
IMGP4625_201404100832265cd.jpg IMGP4626.jpg

次に幕板を取付けます。
幕板は吊戸棚と出幅を合わせることにより見栄えが良くなります。
そのため幕板を取付けるための部材を計算し取付けます。
上部は差し込み、下部はビスで固定します。
IMGP4628.jpg IMGP4630_20140410084224edf.jpg

幕板の取付が完了すればコーキング処理を行います。

キレイに行うためにマスキングテープを貼り行います。
IMGP4632.jpg

最後に掃除をしお客様に説明をさせていただき工事完了となります。
IMGP4634.jpg IMGP4635.jpg

今回取付させていただいたレンジフードは富士工業のSERL-EC-601SIという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


大阪府豊中市M様邸 ガスコンロ交換工事

こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様より、レンジフード、ガスコンロの交換工事のご依頼をいただきました。

ありがとうございます。


今回の記事ではガスコンロの交換工事の様子を紹介します。

まずは既設のガスコンロの写真です。
IMGP4434.jpg
リンナイのRBG-30A3という機種のガスコンロでした。

さっそく古いガスコンロを撤去していきます。
まずはガスコンロ付属の各部材を外していきます。
IMGP4461_20140409181614873.jpg

後はガスホースを外しビスを緩めれば撤去完了です。
IMGP4462_20140409181737c64.jpg

撤去完了後、普段掃除できないところを掃除します。
IMGP4465.jpg

掃除完了後の写真です。
IMGP4467_201404091839021d1.jpg

掃除完了後新しいガスコンロ本体を入れ込みます。
固定時は天板に対し水平になり、隣の棚と前面が合うように調節し固定しました。


次にガスコンロにガスホースを接続します。
接続部にはニュータイトをつけガス漏れが無いように接続します。
IMGP4470_20140409185347a6e.jpg

接続完了後はガス漏れテスターを使用し、ガス漏れがないかしっかりと確認します。
IMGP4469_20140409192644990.jpg IMGP4471_20140409192644295.jpg

次にガスコンロに部材を取付けていきます。

部材の取付が完了すれば、試運転を行い異常がなければ工事完了となります。
IMGP4483_20140409192749958.jpg IMGP4485.jpg


今回取付させていただいたガスコンロはリンナイのRHS31W15G8Rという機種のガスコンロでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府守口市T様邸 食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は守口市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
IMGP4677.jpg
ナショナルのNP-5800BPという機種の食器洗い乾燥機でした。

さっそく古い食器洗い乾燥機を撤去します。
まずは各配管を外します。
IMGP4678.jpg

次に足を緩め、引き出せば撤去完了です。
引き出す時は床に傷を入れないように慎重に行います。
IMGP4679.jpg IMGP4680.jpg
IMGP4681.jpg


撤去完了後、古い食器洗い乾燥機に取付けてた排水ホースを取り外します。
IMGP4683.jpg

次に新しい食器洗い乾燥機を取付ける作業を行います。
撤去後の状態のままでは新しい食器洗い乾燥機を取付けた時に給水、排水ホースが接続しにくい状態となるために延長し、接続しやすい状態としました。

食器洗い乾燥機の排水は熱を持っているために排水に使用したパイプは耐熱性のパイプです。
IMGP4687.jpg

次に食器洗い乾燥機の土台となる足を組んでいきます。
組みましたら食器洗い乾燥機を入れ込む場所の高さを測り足の長さを調節します。
IMGP4684_201404111951316df.jpg

足の長さを調節できましたら一度土台を据え置きます。
IMGP4689.jpg

次に食器洗い乾燥機本体にフィラーを取付けます。
フィラーを取付けることにより食器洗い乾燥機の排熱によりキッチンの天板が腐食してしまうのを防ぎます。
IMGP4692.jpg

次に食器洗い乾燥機本体を入れ込みます。
入れ込むときはホースや電源が噛まないように注意して行います。
IMGP4694.jpg

入れ込みましたら前ズレ防止金具を取り付け食器洗い乾燥機本体と土台を固定します。
IMGP4696.jpg

次に食器洗い乾燥機の前面を隣の棚と合わせます。
合わせましたら土台を隣の棚に固定します。
固定完了後の写真です。
しっかりと隣の棚と前面があっているので見栄えも良く見えます。
IMGP4697.jpg

固定完了後給水、排水、電源、アースを接続します。
IMGP4698.jpg

接続完了後試運転を行い水漏れ等の情がないかしっかりと確認します。

異常がなければ下部カバー、ケコミカバーを取り付け工事完了となります。
IMGP4700.jpg IMGP4701.jpg
IMGP4703_201404112004530bd.jpg

今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNP-45MD6Sという機種の食器洗い乾燥機でした。

ご依頼誠にありがとうございましくた。

当店のホームページもよろしくおねがいします。


大阪府豊中市M様邸 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様よりレンジフード、ガスコンロの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

今回の記事ではレンジフードの交換工事の様子を紹介します。

まずは既設のレンジフードの写真です。
IMGP4433.jpg

さっそく古いレンジフードを撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4438_20140408170252455.jpg

今回新しく、取り付けるレンジフードの幕板が現在の状態では吊戸棚の奥に入り込んでしまい見栄えが悪くなります。
また、レンジフード本体を引っ掛けるビスを打つ位置に何もない状態でした。
この2つを解消するために厚さ12ミリのコンパネ板を貼り幕板の前面を吊戸棚と合わせ、ビスを打設できる状態としました。
IMGP4440_2014040817151235f.jpg

次にレンジフードを引っ掛けるビスを打設します。
これでレンジフードの位置が決まるので正確に墨出しを行い取付けます。
IMGP4443_201404081716499cd.jpg

ビスを打設しましたらレンジフード本体を引っ掛け固定します。
IMGP4444.jpg IMGP4446.jpg

固定時は水平器を使い見栄えが良くなるように固定します。

次にレンジフード本体に、アルミダクトを接続します。
接続部には、隙間なくアルミテープを巻きつけることにより排気漏れの心配はありません。
IMGP4449.jpg IMGP4451_20140408194615a82.jpg

電源は接続後にケーブルの余分な部分を、アルミテープで固定します。
このようにすることでアルミダクトにケーブルが当たることがないので火災の心配はありません。
IMGP4450_20140408195715e2e.jpg IMGP4457.jpg

今回はレンジフードの高さが少しだけ幕板と合わなかったのですがスライド幕板を使用すると料金が上がってしまうために、見えない部分ですがホコリなどがはいらないよう上部に木を打ち隙間を埋めました。
IMGP4458.jpg

次に幕板の取付です。
上部はラッチを取り付け、下部はビスで固定します。
IMGP4459.jpg

次にコーキング処理を行います。
IMGP4474_20140408200326668.jpg IMGP4476.jpg


最後に掃除、お客様への説明を行えば工事完了となります。
IMGP4482_20140408200506a85.jpg IMGP4484.jpg

今回、取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-60DED1-Sという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございます。

当店のホームページもよろしくお願いします。
兵庫県宝塚市Y様 ガスコンロ交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。

宝塚市にお住まいのお客様からレンジフード、ガスコンロの交換工事の依頼をいただきました。

ありがとうございます。

前回、紹介させていただいたレンジフードに続いてガスコンロの交換工事の様子を紹介させていただきます。

既設のガスコンロの写真です。

IMGP4381.jpg IMGP4380.jpg
sunwaveのHDG-312とゆうガスコンロでした。

IMGP4409_20140405211226f4f.jpg
ガス栓を閉め、ガスホースを外します。

ガスコンロを固定しているビスを緩めて本体を取り外します。

撤去完了後の写真です。

普段掃除できない場所なので汚れなどできる限りキレイに拭き取ります。

IMGP4414_201404052109159b1.jpg
掃除できれば新しく取り付けるガスコンロをはめ込みます。

ガスコンロ本体に傷などつかないように慎重に作業します。

IMGP4416.jpg IMGP4417.jpg
ガスコンロの出幅などきっちりと合わせて固定ビスを締めていきます。

固定が終わればガスホースの接続です。

IMGP4420.jpg IMGP4421.jpg
ニュータイトをつけ、接続します。

IMGP4422.jpg
接続後はガス漏れテスターを使いキッチリとチェックします。

IMGP4419.jpg IMGP4418.jpg
付属部材を取り付けていきます。

電池を入れ、きちんと作動するかチェックします。

あとは掃除をし、お客様に説明させていただき工事完了です。

IMGP4424_201404052112231b6.jpg IMGP4428.jpg
今回、取り付けさせていただいたガスコンロはリンナイのRS31W13K12Rとゆう機種です。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
兵庫県宝塚市Y様 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。

今回、宝塚市にお住まいのお客様からレンジフードとガスコンロの交換の依頼をいただきました。

ありがとうございます。

まずはレンジフードの交換の様子を紹介させてもらいます。

既設のレンジフードの写真です。

IMGP4375.jpg IMGP4379.jpg
sunwaveのBBH-5とゆうレンジフードが設置されていました。

IMGP4383.jpg IMGP4386.jpg
きっちり養生をし、撤去していきます。

IMGP4387.jpg
撤去完了後の写真です。

撤去後は普段掃除できない隠れていた部分の汚れなどキレイに拭き取ります。

IMGP4388.jpg
既設の排気ダクトは裂けて穴が開いていました。

IMGP4389.jpg IMGP4392.jpg
その部分で切断し、ニップルを使って新しくアルミダクトを取り付けました。

IMGP4393.jpg
次に新しく取り付けるレンジフードを引っ掛けるビスの墨出しをします。

この墨出しでレンジフードの位置が決まるのできっちりと寸法を測ります。

墨出しした位置に下穴を開け、付属のビスを打ち込みます。

IMGP4395.jpg
レンジフード本体に引っ掛け金具、排気アダプターを取り付けます。

レンジフード本体を引っ掛けます。

IMGP4397.jpg
この際、レンジフードに傷などつかないように慎重に行います。

IMGP4398.jpg IMGP4400.jpg IMGP4401.jpg

水平器を使いレンジフードの水平をだし、本体を固定します。

次に排気ダクトの接続です。

IMGP4403.jpg
アルミダクトの接続部分にはアルミテープを隙間なく巻き付けます。

IMGP4407.jpg
電源を差し込み、ケーブルを固定します。

次に前幕板を取り付けます。

幕板上部を固定するラッチを壁側と吊戸棚側に取り付けます。

IMGP4404.jpg
横の吊戸棚の出幅を計算し、幕板と揃えることで見栄えが良くなります。

幕板下部は本体と挟み込んで固定します。

IMGP4413.jpg
レンジフードの周りの隙間などコーキングで仕上げます。

IMGP4412.jpg
マスキングテープを貼り、余計な場所にコーキングがつかないようにします。

あとは掃除をし、お客様に説明させていただき工事完了です。

IMGP4423.jpg IMGP4426.jpg
今回、取り付けさせていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HZC2とゆう機種です。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府豊中市H様邸 ガス給湯器交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様よりガス給湯器の交換工事のご依頼をいただきました。

ありがとうございます。
まずは既設のガス給湯器の写真です。
IMGP5725.jpg
ノーリツのGRQ-204SAという機種で浴室隣接タイプのガス給湯器でした。

さっそく古いガス給湯器を撤去していきます。
IMGP5729_20140407180430a55.jpg

今回新しく取付けるガス給湯器はパイプが不要なためパイプも撤去しました。
IMGP5732.jpg

新しく設置する追い炊きアダプターの写真です。
IMGP5733.jpg
お湯の循環の行と戻りが1つになったアダプターです。

追い炊きアダプターを浴室へ差し込みます。
IMGP5735.jpg IMGP5737.jpg

浴室側からの写真も紹介します。

まずは既設です。
IMGP3808.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP3812.jpg

上は不要となったためにキャップをしました。

下は新しく取付けた追い炊きアダプターです。
IMGP3818.jpg

取付完了後一度浴槽に水を貼りキャップ、追い炊きアダプターがしっかりと取り付けれているか、水漏れ等がないかしっかりと確認します。
IMGP3822.jpg IMGP3823.jpg

水漏れがなければガス給湯器本体を設置します。

本体を設置すれば各配管をつないでいきます。
給湯は銅管の位置が上にありすぎたので溶接しアダプターを取付けました。
IMGP5744_2014040815423496e.jpg IMGP5755.jpg

今回、取付させていただいたガス給湯器はエコジョーズのガス給湯器です。
エコジョーズのものは排水がでます。
排水はパイプを利用し、排水升に流れるようにしました。
パイプが見えない位置にあると見栄えもすっきりとする為、パイプを地面に埋めました。
IMGP3836_201404081548398c2.jpg IMGP3834_201404081548384d2.jpg
IMGP3835.jpg

次にリモコンの交換工事の様子を紹介します。
まずは既設のリモコンの写真です。
IMGP3809_20140408155106eaf.jpg

さっそく撤去します。
撤去後の写真です。
IMGP3814_20140408155156e6f.jpg

新しいリモコンの固定時は水平器を使用し、しっかりと水平を出します。
IMGP3816.jpg IMGP3817.jpg

固定完了後、コーキング処理を行います。
余計な部分にコーキングがつかないようにマスキングテープを貼り行います。
IMGP3820.jpg IMGP3826_20140408155606e2c.jpg

最後に試運転を行い水漏れ等の異常がなければ工事完了となります。
IMGP5767.jpg IMGP5769.jpg

今回取付させていただいたガス給湯器はノーリツのGT-C2452(S)ARXという機種のガス給湯器でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


 


大阪府豊中市U様邸 食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
IMGP4841_201404071558452f9.jpg
リンナイのRKW-455Cという機種の食器洗い乾燥機でした。

さっそく古い食器洗い乾燥機を撤去します。

今回の場合、食器洗い乾燥機の下部にあるキャビネットの裏側で接続していたので、お客様に許可をいただいて、キャビネットを出します。
キャビネットは工事完了まで傷がつかないように保管させていただきました。
IMGP4842_2014040716041422e.jpg

給排水を外し、固定されているビスを外し食器洗い乾燥機をとりだします。

撤去完了後の写真です。
IMGP4846.jpg

撤去完了後、型紙を敷きます。
IMGP4847_2014040716172693d.jpg

型紙に合わせ転倒防止金具、前ズレ防止金具を取付けます。
IMGP4848_201404071619302ff.jpg

取り付け完了後の写真です。
IMGP4849_20140407162038130.jpg

これで食器洗い乾燥機本体を入れ込み固定できる状態となりました。
次に食器洗い乾燥機本体を入れ込み固定します。

固定の時本体付属の横ズレ防止管具で固定します。
IMGP4850_20140407163332e0f.jpg IMGP4851_20140407163332d03.jpg

今回は、後継機で形が同じだったので固定完了後古い食器洗い乾燥気に取付ていたパネルを新しい食器洗い乾燥機本体に取付けます。
IMGP4844.jpg

パネルの取付完了後、給水、排水、電源を接続し試運転を行います。

水漏れ等の異常がなければ工事完了となります。
IMGP4859.jpg IMGP4860.jpg
IMGP4856.jpg IMGP4853.jpg



今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はリンナイのRKW-403C-SVという機種の食器洗い乾燥機でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府大阪市T様 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。

今回、大阪市にお住まいのお客様からレンジフードの交換の依頼をいただきました。

ありがとうございます。

きっちりと養生をし既設のレンジフードを撤去していきます。

IMGP4704.jpg IMGP4705.jpg
富士工業のBDR-3ET-601とゆうレンジフードでした。

IMGP4711_201404011906438ab.jpg
撤去完了後の写真です。

撤去完了後は汚れなどキレイに拭き取ります。

次に新しく取り付けるレンジフードを引っ掛けるためのビスの位置に墨出しをします。

IMGP4712.jpg
墨出しをした位置のボードの裏に下地がいるか確認します。

IMGP4713_20140401190826636.jpg
ビスの位置に下地がなかったのでコンパネ板を使い、補強しました。

IMGP4716.jpg
再度、コンパネ板にビスの位置を墨出しをします。

IMGP4717_201404011908309e4.jpg
墨出しをした位置に本体付属の引っ掛けビスを打ちこみます。

IMGP4718.jpg IMGP4719_201404011910406a8.jpg
付属の排気アダプターにパッキンテープを巻きつけレンジフード本体にビス固定します。

IMGP4714.jpg IMGP4715_201404011910356b7.jpg
既設のアルミダクトに穴があいていたので、切断してニップルを使い延長しました。

レンジフード本体に引っ掛け金具を固定し、先ほど打ち込んだビスに引っ掛けます。

レンジフード本体に傷などつかないよう慎重に引っ掛けます。

IMGP4723_201404011917019b5.jpg
水平器を使い、レンジフード本体の水平をキッチリだしてビスで固定します。

IMGP4725.jpg
排気のアルミダクトを本体に固定したアダプターにはめ込みます。

接続部分にはアルミテープを隙間なく巻き付けます。

IMGP4726.jpg IMGP4727.jpg
電源を差し込み、ケーブルを固定します。

次に幕板の取り付けです。

両サイドの吊戸棚と前面が揃うように計算し、幕板上部を固定するラッチを取り付けます。

IMGP4729.jpg
幕板下部は本体とビス固定します。

IMGP4731_20140401191914a0c.jpg
レンジフード下端の隙間などコーキングで仕上げます。

IMGP4730.jpg
マスキングテープを使い、余計な場所にコーキングがつかないようにします。

IMGP4734.jpg
キレイに仕上がりました。

あとは掃除をしてお客様に説明させていただき工事完了です。

IMGP4732_2014040119191915c.jpg
今回、取り付けさせていただいたレンジフードはパナソニックのFY-60DED1とゆう機種です。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府柏原市Y様 IHクッキングヒーター取付工事
こんにちは。
ズオーデンキです。

今回、柏原市にお住まいのお客様からIHクッキングヒーターの取り付けの依頼をいただきました。

ありがとうございます。

まず作業スペースを確保し、汚れや傷がつかないようにきっちりと養生します。

IMGP5901_20140331141904330.jpg
既設のガスコンロの写真です。

IMGP5902_20140331141907fbc.jpg
BELTECNOのTBG-30A3とゆうガスコンロが設置されていました。

IMGP5904_2014033114190658b.jpg
ガス管を外し、撤去していきます。

IMGP5906_20140331141909220.jpg
撤去完了後の写真です。

IMGP4135.jpg IMGP4136.jpg IMGP4137.jpg
撤去後は洗剤など使い、汚れをキレイに拭き取ります。

IMGP4138.jpg
外したガス管は閉栓キャップにニュータイトをつけ、栓をしました。

次にIHクッキングヒーターの配線をします。

洗面所に分電盤があります。

分電盤からユニットバスの天井点検口の上まで配線し、ユニットバスから壁を通し床下に落とします。

IMGP5903.jpg IMGP4143.jpg
キッチンの床下収納庫から床下に入り、キッチンの下まで配線します。

IMGP5907.jpg IMGP5908.jpg
埋め込みのIHコンセントを取り付ける位置に墨出しをし開口を開けます。

IMGP5909.jpg
キッチン下の電線をIHコンセントの開口から取り出します。

IMGP4148.jpg IMGP4152.jpg
アースは外部の土にアース棒を打ちこみ、床下の通気口から入れて立ち上げます。

IMGP5911.jpg
IHコンセントを取り付け、IHクッキングヒーター本体をはめ込みます。

IMGP5914.jpg
本体をはめ込む作業は本体に傷がつかないように慎重に行います。

IMGP4149.jpg IMGP5917.jpg IMGP5918.jpg
IHクッキングヒーター本体を両サイドの引き出しと前面を合わして固定します。

IMGP5916_201403311430167ff.jpg IMGP4157.jpg

固定すれば付属の部材を取り付けていきます。

IMGP5923.jpg IMGP5924.jpg
分電盤に一つスペースがあったので200Vのブレーカを取り付けます。

IMGP5925.jpg IMGP5926.jpg
電線をつなぎ、ブレーカをあげて電圧チェックをします。

IMGP4163_20140331172501054.jpg IMGP4164.jpg
IHクッキングヒーターの電源を入れ、試運転をします。

問題なければお客様に説明をし、工事完了です。

IMGP4156.jpg IMGP4159_20140331172459e7f.jpg

今回、取り付けさせていただいたIHクッキングヒーターはパナソニックのKZ-T163Sとゆう機種です。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府茨木市N様邸 食器洗い乾燥機取り付け工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回、茨木市にお住まいのお客様から食器洗い乾燥機の取り付けの依頼をいただきました。
ありがとうございます。

IMGP4574.jpg
まず作業の前にきっちりと養生をして床に汚れや傷がつかないようにします。

IMGP4572.jpg
既設の引出しの写真です。

この引き出しを取り外し、食器洗い乾燥機を取り付けます。

IMGP4577_20140329201305cb6.jpg
引出しを取り外す際、真ん中にあるアルミの化粧板を切断しなければなりません。

IMGP4578.jpg
残す部分に傷がつかないようにテープを貼り、真っ直ぐ切断します。

IMGP4580_20140329201531ac6.jpg
切断面もキレイだとお客様に喜んでいただきました。

引出しを固定しているビスを外し、撤去していきます。

撤去後はキレイに掃除をします。

IMGP4576_201403292013032b7.jpg IMGP4575_201403292013021ce.jpg IMGP4583_201403292015326d8.jpg
将来用に食器洗い乾燥機の電源、排水、給水の分岐が取り付けられていました。

IMGP4591_201403292019115e9.jpg
排水は耐熱製のあるパイプを使い、延長しました。

IMGP4589_2014032920190864c.jpg IMGP4590.jpg
給水はシンク下の分岐からフレキ管で食器洗い乾燥機の場所まで配管します。

IMGP4587.jpg
食器洗い乾燥機の台となる脚を組み立てます。

キッチンの高さを測り、脚の長さを調節します。

台を置き、本体を仮置きします。

IMGP4593.jpg
前面を両側の引出しと合わせて、台の固定をします。

IMGP4598.jpg
本体を取り出し、フィラーを貼り付けてサイドはめ込みます。

IMGP4600.jpg
付属の前ズレ防止金具を使い、本体と台をビスで固定します。

IMGP4603.jpg IMGP4604.jpg IMGP4597.jpg
キッチンメーカーあら取り寄せたパネルを前面にはめて固定します。

IMGP4606.jpg
食器洗い乾燥機の下で給排水、電源を接続します。

接続が終われば止水栓を開け、試運転です。

試運転の際、水漏れチェックをします。

IMGP4607.jpg IMGP4609.jpg IMGP4610.jpg
問題なければ掃除をし、お客様に説明して工事完了です。

今回、取り付けさせていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックNP-45MD6Sとゆう機種です。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府豊中市A様邸 ガスコンロ交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様よりレンジフード、ガスコンロの交換工事のご依頼をいただきました。

今回の記事ではガスコンロの交換工事の様子を紹介します。

まずは既設のガスコンロの写真です。
IMGP4638_2014033120342891c.jpg

さっそく既設のガスコンロを撤去します。

まずは閉栓します。
古いガスコンロの各部材を取り外していきます。
IMGP4655.jpg

次にガスホースをガスコンロから取り外し、ガスコンロを固定している4本のビスを取り外します。
IMGP4656.jpg

これでガスコンロを引き出せば撤去完了です。
IMGP4657.jpg

撤去完了後、普段掃除できない部分をキレイに掃除します。
IMGP4658_2014033120385005b.jpg

掃除完了後新しいガスコンロを入れ込みます。
IMGP4659.jpg

次にガスコンロの前面を隣の棚と合わせ、ガスコンロがキッチンの天板に対し、水平になるようにします。
IMGP4661.jpg

ガスコンロの位置が決まれば4本のビスで固定します。
IMGP4662.jpg

次に新しいガスコンロに部座を取付けていきます。
トッププレートの取付の様子です。
IMGP4664.jpg

部材の取付が完了すればガスホースを接続します。
接続部にはニュータイトを取付けることでガス漏れの心配はありません。
IMGP4667.jpg IMGP4665_20140331204400c78.jpg

接続完了後はガス漏れテスターを使用し、ガス漏れがないかしっかりと確認します。
IMGP4666.jpg IMGP4668_2014033120452774a.jpg

ガス漏れがなければ工事完了となります。
IMGP4672_2014033120463547e.jpg IMGP4675_20140331204634ee7.jpg


今回取付させていただいたガスコンロはハーマンのC3WL3PWA5SVという機種のガスコンロでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


大阪府豊中市A様邸 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様よりレンジフード、ガスコンロの交換工事のご依頼をいただきました。


ありがとうございます。

今回の記事ではレンジフードの交換工事の様子を紹介します。


まずは既設のレンジフードです。
IMGP4637.jpg

シロッコファンタイプのレンジフードでした。
さっそく古いレンジフードを撤去していきます。
IMGP4643_201403311400566a0.jpg IMGP4644_20140331140055bc4.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP4645_201403311401434cc.jpg

撤去完了後普段掃除できないところや、レンジフードの下部を掃除します。
IMGP4646.jpg

次に新しいレンジフードを引っ掛けるためのビスを打設します。
今回、レンジフードの下部がタイルにかぶりビスを打設する位置にタイルがないためにビスを打設する位置にタイルと同じ厚みの板を取り付けビスを打設します。
IMGP4647_20140331140700799.jpg IMGP4648_20140331140659f21.jpg
IMGP4649.jpg

次にレンジフード本体を引っ掛け固定します。
固定時は水平器を使用し、レンジフードがきっちりと水平に取付けれるようにします。
IMGP4650_201403311409013d9.jpg

次にレンジフード本体にアルミダクトを接続します。
アルミダクトはしっかりと隙間なくアルミテープで巻きつけることで排気漏れの心配はありません。

アルミダクト接続後電源も接続します。
コードの余計な部分はアルミテープでしっかりと固定します。
IMGP4651.jpg

次に幕板を取付けます。
まずは幕板の上部を固定するためのラッチを取付けます。
ラッチの位置で幕板が前後の調節ができるので幕板が吊戸棚と揃い施工後の見栄えが良くなるように正確に墨出しを行います。
IMGP4652_201403311414064a6.jpg

幕板の取付前、レンジフードの内部の写真です。
IMGP4653.jpg

最後にコーキング処理をします。
余計な部分にコーキングがつかないようにマスキングテープを貼りコーキングをします。
キレイに行えました。
IMGP4673_201403311417132a8.jpg

最後に掃除をしお客様に説明を行えば工事完了となります。
IMGP4670_20140331141853c8f.jpg IMGP4671_20140331141852a3e.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HZC2-Sという機種のレンジフードでした。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。



プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: