FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府豊中市I様邸 レンジフード交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
タカラスタンダードのVU-60R(C)という機種のレンジフードでした。
IMGP5805_20140428192427f02.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP5809_20140428192504f48.jpg

撤去完了後、普段掃除できないところを掃除します。

次にレンジフードの中心の墨をだしそれに合わせ、型紙を貼ります。
IMGP5810_20140428192814bbb.jpg

次に型紙に合わせ引っ掛けビスを打設します。
IMGP5812.jpg

引っ掛けビスを打設しましたら、レンジフード本体を引っ掛けます。
IMGP5813.jpg

引っ掛けましたらレンジフード本体を固定します。
固定時は水平器を使用ししっかりと水平を出し、固定します。

固定完了後、アダプターを取付けます。
アダプターにはパッキンテープを取付けます。
IMGP5814_201404281938141d1.jpg IMGP5816.jpg

次にアルミダクトの接続です。
接続部にはアルミテープを隙間なく巻きつけます。
アルミテープは形に合わせて張り付くので隙間なく巻きつけることで排気漏れの心配はありません。
このようにすることでパッキンテープとアルミテープで2重の排気漏れ防止となります。
IMGP5817.jpg IMGP5818.jpg
アルミダクトは熱を持つのでケーブルが触れていると火事の原因となるのでケーブルは固定しアルミダクトに触れないようにしました。


次に前幕板を取付けます。
幕板は隣の棚と前面を合わせることで施工後の見栄えが良くなります。
IMGP5822.jpg

幕板の取付後、コーキング処理を行います。
余計部分にコーキングがつかないようにマスキングテープを貼ったためにキレイな仕上がりとなりました。
IMGP5830_2014042820060841a.jpg

最後に掃除をし、お客様に説明をさせていただき工事完了となります。
IMGP5827.jpg IMGP5829_20140430124313fb7.jpg


今回取付させていただいたレンジフードは富士工業のSERL-EC-601Wという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございます。

当店のホームページもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
大阪府大阪市W様邸 洗面化粧台交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住いのお客様より洗面化粧台の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の洗面化粧台の写真です。
IMGP4306_20140425200204d0a.jpg

さっそく古い洗面化粧台を撤去していきます。
まずは上部の鏡を撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4310_20140425200320b99.jpg

次に各配管を外していきます。
IMGP4311.jpg

各配管を外せば洗面化粧台の下部を撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4313.jpg

撤去完了後一度止水栓を外し、仮でキャップをしておきます。
IMGP4315.jpg IMGP4316.jpg
IMGP4317_20140425200617937.jpg

このようにすることで壁から出ている給水、給湯を新し洗面化粧台に入れる為にあける穴をなるべく小さくできます。

次に洗面化粧台に給水、給湯を通すための穴を開けます。
IMGP4319.jpg IMGP4318_201404252008416e5.jpg

正確に寸法を測り穴を開けたのでキレイに通りました。
IMGP4320_20140425200939a27.jpg

次に洗面化粧台本体に水栓を取付けます。

取付ける水栓は「エコハンドル水栓」を装備、よく使う正面の位置で「水」をだす省エネ設計。お湯を無意識に使うことがないため、ムダな給湯エネルギーを使いません。
IMGP4323.jpg

次に各配管を接続します。
給水、給湯の止水栓を取付ける時は、シールテープ、ヘルメシールを使用し2重の防水処理を行いました。
IMGP4330_20140425201533688.jpg

各配管の接続が完了すれば上部の鏡を取り付け、試運転を行い水漏れ等の異常がなければ工事完了となります。
IMGP4335.jpg
IMGP4333.jpg IMGP4336.jpg

今回取り付けさせていただいた洗面化粧台はTOTOのオクターブです。
泡や髪の毛がスイスイ流れる「すべり台ボウル」、たっぷり収納の「奥ひろし」、化粧鏡はLED照明で省エネです。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。

大阪府大阪市F様邸 ビルトインコンロ交換工事
ズオーデンキスタッフブログ、今回は大阪市にお住まいのお客様よりビルトインガスコンロの取替工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設ガスコンロ。パロマ製PKD-71SHAV-1R。8年間ご使用されていました。そろそろ交換の時期と考えて新しいガスコンロの導入をされました。
IMGP5831.jpg IMGP5835.jpg
早速、既設ビルトインコンロを撤去します。

コンロトップ下は汚れがたまっていました。お客様では日頃掃除することが出来ない箇所なので、念入りにキレイに掃除します。
IMGP5837_20140426183632b19.jpg IMGP5845.jpg

大きな汚れや油のカタマリは、キッチン天面が傷つかないような先が丸みの帯びたスクレマーで取り除き、仕上げに洗剤と塗付、ピカピカに仕上げました。
IMGP5846_20140426183630105.jpg

掃除が完了すれば、新しいビルトインコンロを設置します。
IMGP5847.jpg IMGP5851.jpg
IMGP5849.jpg IMGP5848.jpg
天面の開口に上からはめ込むように設置します。前面フェイス部をキッチン扉に合わせて位置を決めて、ガスコンロ本体を固定しました。

コンロ本体下部よりガスコックの接続を行っている様子です。ニュータイトも適量につけて施工者ラベルシールも当店担当者の名前で張り替えました。
IMGP5853_2014042618371514b.jpg IMGP5858_20140426183714801.jpg
左は、ガラストップ部の固定作業。固定ネジは後部のみなので、前部は本体にしっかり引っ掛けたことを確認して慎重に取り付けます。

試運転・異常がなければ完成です。
IMGP5861_20140426183732dbc.jpg IMGP5862.jpg
フロア養生を外して、最後には必ず掃除も行います。たとえ養生を行っていても、お客様に気持ちよくお引渡したいという当店の考え方です。
今回設置いただいたビルトインコンロは、リンナイ「ベリエ」RS71W11G14R-SRです。キッチン向かって左側が壁でしたので、高火力側は右側にさせていただきました。

工事後、F様に工事への姿勢やおうちの養生などの配慮をご感心いただき、大変喜んでいただきました。ネット依頼というのが心配されたようでしたが、大変ご満足いただきました。お心づかいのある方で、会社へ戻ってもお電話をいただきお礼のお言葉を改めていただきました。こちらが恐縮するくらいでしたがお喜び頂きスタッフもうれしく思います。こちらこそご依頼いただき誠にありがとうございました。またのご依頼お待ちしております!

当店のホームページもよろしくお願いします。





大阪府大阪市K様邸 レンジフード取替工事

こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
sunwaveのNBH-2という機種のレンジフードでした。
IMGP6390.jpg

ガスコンロ、床をしっかりと養生し作業を行います。
IMGP6392.jpg IMGP6393.jpg

まずは古いレンジフードを撤去します。
撤去の様子です。
IMGP6395.jpg
IMGP6396.jpg IMGP6399.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP6400.jpg

撤去完了後、普段掃除できない場所や掃除しにくい場所をキレイに掃除します。
IMGP6403.jpg IMGP6404.jpg

古いレンジフードのコーキングの後もキレイに取ります。
IMGP6406.jpg


次に新しいレンジフードを引っ掛けるためのビスを打設します。
IMGP6408.jpg

次にレンジフード本体に引っ掛け金具を取付けます。
金具の取付の時はレンジフードの裏面を下側にし、毛布の上で作業を行います。
IMGP6409.jpg IMGP6411.jpg

次にレンジフード本体を引っ掛けます。
IMGP6412.jpg

固定の時は水平器を使用し、しっかりと水平を出し固定します。
IMGP6416.jpg IMGP6413.jpg

次にアルミダクトを接続します。
本体に取付けるアダプターにはパッキンテープを巻きます。
IMGP6405.jpg IMGP6410.jpg
IMGP6418.jpg

アルミダクトはしっかりと差し込み隙間なくアルミテープを巻きつけることで排気漏れの心配はありません。
IMGP6417.jpg IMGP6419.jpg

次に電源を接続し、ケーブルを固定します。
このようにすることでケーブルがアルミダクトに当たることがないので火災などの心配はありません。
IMGP6422.jpg

次に幕板を取付けます。
幕板は吊戸棚と前面をそろえることで見栄えよく取付けることができます。
IMGP6425.jpg

さいごにコーキング処理を行います。
余計な部分にコーキングがつかないようマスキングテープを貼り行います。
IMGP6427.jpg IMGP6430.jpg

最後に掃除をしお客様に説明を行えば工事完了となります。
IMGP6433.jpg IMGP6434.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-7HZC2-Sという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。






兵庫県川西市N様邸 食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は川西市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
IMGP5577.jpg
NAISの17EW2という機種の食器洗い乾燥機でした。

さっそく古い食器洗い乾燥機を撤去していきます。
撤去の様子です。
IMGP5579.jpg IMGP5589.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP5592.jpg IMGP5593_20140424142827e9a.jpg

次に新しい食器洗い乾燥機の土台を組みます。
IMGP5590.jpg IMGP5594.jpg

次に組んだ土台を据え置き食器洗い乾燥機本体を入れ込みます。
IMGP5595_20140424143203962.jpg IMGP5596.jpg

本体の上部からは排熱がでるためにキッチンの天板が腐食しないようにフィラーを取付けます。
IMGP5597.jpg

本体を入れ込みましたら前面を合わせ食器洗い乾燥機を固定します。

固定完了後、給水、排水、電源を接続します。
排水は既設の状態のままでは接続がしにくかったために延長しました。
食器洗い乾燥機の排水は熱をもつために耐熱性のパイプを使用しました。
接続に使用するのりはもちろん使用するパイプに適したものを使用しました。
IMGP5598.jpg

接続完了後の写真です。
IMGP5603.jpg

接続完了後試運転を行います。
IMGP5607.jpg

試運転完了後、水漏れ等の異常がなければケコミカバーの寸法を測りカットし、取付けます。
IMGP5608.jpg IMGP5609.jpg

最後に下部カバーを取付ければ工事完了となります。
IMGP5613.jpg IMGP5610.jpg

今回取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNPー45MD6Sという機種の食器洗い乾燥機でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。



兵庫県宝塚市T様邸 レンジフード取替工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は宝塚にお住いのお客様よりレンジフードの取替工事のご依頼をいただいきました。

ありがとうございます。
まずは既設のレンジフードの写真です。
IMGP5644.jpg

ガスコンロ、床をしっかりと養生し、作業を開始します。

撤去完了後の写真です。
IMGP5647.jpg

次に新しいレンジフードを引っ掛けるためのビスを取付けます。
レンジフードの下部が吊戸棚の下部と揃う様に正確に墨出しを行います。
IMGP5650.jpg

引っ掛けビスを取付けましたらレンジフード本体を引っ掛けます。
IMGP5651.jpg
固定時はレンジフードが水平に取付けれるように水平器を使用し固定しました。

次にレンジフード本体にアルミダクトを接続します。
接続時にアルミダクトが急な角度で曲がらないように注意し、接続部には隙間なくアルミテープを取付けます。
アルミテープは形に合わせて張り付くのでこのようにすることで排気漏れの心配はありません。
IMGP5652.jpg

アルミダクトは熱を持つのでケーブルがアルミダクトに触れないようにしっかりとケーブルも固定しました。

次にレンジフードの上部に工事のときについてしまったゴミをキレイに掃除します。
IMGP5653.jpg

キレイに掃除ができましたら前幕板を取付けます。
IMGP5654.jpg

前幕板の取付完了後、コーキング処理を行えば工事完了となります。
IMGP5656.jpg

今回取付させていただいたレンジフードはパナソニックのFY-6HGC3-Sという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府池田市P様邸 食器洗い乾燥機取替工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は池田市にお住いのお客様より食器洗い乾燥機の取り替え工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の食器洗い乾燥機の写真です。
IMGP6341.jpg
ナショナルのNP-5600B-Oという機種の食器洗い乾燥機でした。

まずは既設の食器洗い乾燥機を撤去していきます。
IMGP6343.jpg

撤去完了後の写真です。
IMGP6344.jpg

今回、新しい食器洗い乾燥機を取付けるのに必要な奥行きがなかったので新しい食器洗い乾燥機が入るよう、奥のボードを切り、奥行きを広げました。

ボードを切り奥行きを広げた後お客様に許可をいただき止水栓を止めさせていただき、給水のパイプを短くし、新しい食器洗い乾燥機と接続できるようにしました。
IMGP6350.jpg

次に食器洗い乾燥機の土台となる足を組んでいきます。
IMGP6346.jpg

脚を組みましたら食器洗い乾燥機を入れ込む場所の高さを測り足の長さを調節します。
IMGP6345.jpg

調節完了後、土台を据え置きます。
IMGP6349.jpg

次に食器洗い乾燥機本体を入れ込み隣の棚と前面を合わせ、土台を固定します。

土台の固定後、本体を前ズレ防止金具で固定します。
IMGP6352.jpg

固定後、電源、給水、排水を接続し試運転を行います。
試運転後、水漏れ等の異常がなければしっかりと寸法を測り、ケコミカバーをカットします。
IMGP6354.jpg

カット完了後、ケコミカバー、下部カバーを取付ければ工事完了となります。
IMGP6355.jpg

今回、取付させていただいた食器洗い乾燥機はパナソニックのNP-45RD6Kという機種の食器洗い乾燥機でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。
大阪府大阪市S様邸 電気温水器設置工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は豊中市にお住いのお客様より電気温水器の設置工事のご依頼をいただきました。

ありがとうございます。

今回は電気温水器が以前設置されていた場所に新しく電気温水器を設置します。

まずは電気温水器にパイプを接続できるようにしていきます。
IMGP6014.jpg

接続ができる状態となりましたら、電気温水器本体を搬入します。
今回電気温水器を設置する場所は3階のベランダです。
電気温水器、お客様の家に傷がつかないように慎重に搬入しました。

搬入完了後の写真です。
IMGP6017.jpg

搬入完了後、給水、給湯を接続していきます。

給水には減圧弁を取付けます。
減圧弁のネジは金属製なのでパイプの接続部も金属製のものを使います。
プラスチックのものは安いのですが錆びてしまうので当店はしっかりとインサート付のものを使います。

水漏れ防止のためシールテープを巻き、ヘルメシールを取り付け接続します。
このようにすることで2重の防水となり水漏れの心配はありません。
IMGP6018_201404180835446c3.jpg

今回の設置場所は屋外です。
各配管にしっかりと保温材を巻くことで凍結を防止できます。
IMGP6020.jpg

給水、給湯接続後、排水工事です。
排水は邪魔にならないようにベランダの端に配管しました。
IMGP6021.jpg

今回は浴室の混合水栓の交換工事のご依頼もいただいておりました。

浴室混合水栓の工事の様子を紹介します。
まずは既設の浴室混合水栓の写真です。
IMGP6016.jpg

さっそく古い水栓を撤去します。

撤去後、養生テープを貼り、墨を出して混合水栓がキレイに取付けれるようにします。
取り付け後の写真です。
IMGP4494.jpg IMGP4489.jpg

次に蛇口、シャワーヘッドを取付ければ取り付け完了です。
IMGP4495.jpg

最後に混合水栓、電気温水器の試運転を行い水漏れ等の異常がなければ工事完了です。
IMGP4498.jpg IMGP4496.jpg

今回取付させていただいた電気温水器は三菱のSR-375Cという機種の電気温水器でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。

大阪府大阪市E様邸 ガス給湯器交換工事
こんんちは。
ズオーデンキです。
今回は大阪市にお住いのお客様よりガス給湯器の交換工事のご依頼をいただきました。

ありがとうございます。

まずは既設のガス給湯器の写真です。
IMGP4880.jpg
ノーリツのGTH-2413SAWXDという機種のガス給湯器でした。

さっそく古いガス給湯器を撤去していきます。
今回撤去するガス給湯器はカワックと連動していて配管の数が多いために配管が外した後にもわかるように養生テープに配管の名前を書き貼り付けます。
IMGP4887.jpg IMGP4888.jpg
このようにすることで配管のつなぎ間違えなどはありません。

養生テープで名前を書けば各配管を外していきます。
IMGP4890.jpg IMGP4891.jpg

配管を外し終えればビスを外しガス給湯器を撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4892_201404122013426de.jpg

次に新しいガス給湯器を取付ける作業を行います。
既設の配管は流用させていただくため、配管に合わせ墨出しを行いガス給湯器本体を引っ掛けます。

引っ掛け完了後の写真です。
IMGP4893.jpg

今回の取付は屋外の為に引っ掛けに使用するビスはもちろんステンレス製のものです。
IMGP4894.jpg

固定後、古いガス給湯器に使用していたビス穴、新しいガス給湯器に使用したビスを防水処理の為にコーキングしました。
これで家の中に雨水などが入ってしまうことはありません。
IMGP4896.jpg


次に、各配管を接続します。
カワックのに接続されている配管は温度が高いので耐熱性に優れた黒色の石綿パッキンを使用します。
追い炊き配管は青色の石綿パッキンを使用しました。
IMGP4900_20140412202243628.jpg

給水、給湯はフレキを新しくし、接続しました。
IMGP4903.jpg

全ての配管の接続が完了すれば試運転を行いガス漏れ、水漏れがないかしっかりと確認します。

異常がなければ各配管に保温材を巻き、配管カバーを取付けます。
IMGP4904_20140412202632175.jpg

配管カバーの取付が完了すればお客様に説明を行い掃除をし工事完了となります。
IMGP4905_2014041220274196f.jpg IMGP4906.jpg

今回、取付させていただいたガス給湯器はリンナイのRVD-E2401SAW2-1という機種のガス給湯器でした。


ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします



兵庫県尼崎市M様邸 電気温水器取替工事
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は尼崎市にお住いのお客様より電気温水器の交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設の電気温水器の写真です。
IMGP4262_2014041715285209c.jpg IMGP4264_20140417152852828.jpg

さっそく古い電気温水器を撤去していきます。

今回のお客様はクロスの貼り替えをするということだったので撤去後、クロスが貼り終えるまで待ちます。

クロス完成後です。
IMGP5983.jpg

次に新しい電気温水器を搬入します。
IMGP6004.jpg

搬入後の写真です。
IMGP6005.jpg


次に各配管を接続します。
給水には減圧弁を取付けます。
減圧弁のネジは金属製なのでパイプの接続部も金属製のものを使います。
プラスチックのものは安いのですが錆びてしまうので当店はしっかりとインサート付のものを使います。

水漏れ防止のためシールテープを巻き、ヘルメシールを取り付け接続します。
このようにすることで2重の防水となり水漏れの心配はありません。
IMGP5987.jpg IMGP5988.jpg
IMGP5995_20140417155713229.jpg IMGP5999.jpg

各配管には保温材を巻き、しっかりと化粧します。
IMGP4285_20140417155942b11.jpg

全ての配管の接続が完了すれば試運転を行い異常がなければ工事完了となります。
IMGP4303_20140417160231e73.jpg

今回取付させていただいた電気温水器は三菱のSRG-465Cという機種の電気温水器でした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。


プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: