FC2ブログ

大阪府茨木市W様邸 レンジフード交換工事

レンジフードファン
04 /15 2014
こんにちは。
ズオーデンキです。
今回は茨木市にお住いのお客様よりレンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの写真です。
IMGP4612.jpg

床、ガスコンロをしっかりと養生しまずは古いレンジフードを撤去します。
撤去完了後の写真です。
IMGP4616.jpg

撤去完了後普段掃除できない部分をキレイに掃除します。
IMGP4617.jpg

掃除後、新しいレンジフードを取付ける作業を行います。
今回の場合古いレンジフードは吊っていて後ろにはビスを取付けていませんでした。
新しいレンジフードはレンジフードの後ろにビスを打つのでビスが効く状態とするために、コンパネ板を取付けました。
IMGP4618.jpg

取付完了後新しいレンジフード付属の型紙を使いビスを打設する位置の墨出しを行います。
IMGP4619_20140410081222f2c.jpg

墨出しが完了すれば新しいレンジフードを引っ掛け固定します。

固定時は水平器を使いレンジフード本体を水平に取付けます。
IMGP4620_20140410081628205.jpg

固定完了後、新しいレンジフードにアルミダクトを接続するためのアダプターを取付けます。
アダプターにはパッキンテープを巻きつけ排気漏れを防止します。
IMGP4622.jpg

アダプターの取付完了後、アルミダクトを接続します。
アルミダクトの接続部には隙間なくアルミテープを巻きつけます。
アルミテープは形に合わせてくっつくので隙間なく巻きつければ排気漏れの心配はありません。
IMGP4623_20140410082632aa8.jpg IMGP4624.jpg

次に電源を接続します。
接続後ケーブルの余分な部分をアルミテープで固定し、アルミダクトに当たらないようにします。
アルミダクトに触れていると火災などの原因になります。
固定することにより地震などの時もアルミダクトに当たりません。
IMGP4625_201404100832265cd.jpg IMGP4626.jpg

次に幕板を取付けます。
幕板は吊戸棚と出幅を合わせることにより見栄えが良くなります。
そのため幕板を取付けるための部材を計算し取付けます。
上部は差し込み、下部はビスで固定します。
IMGP4628.jpg IMGP4630_20140410084224edf.jpg

幕板の取付が完了すればコーキング処理を行います。

キレイに行うためにマスキングテープを貼り行います。
IMGP4632.jpg

最後に掃除をしお客様に説明をさせていただき工事完了となります。
IMGP4634.jpg IMGP4635.jpg

今回取付させていただいたレンジフードは富士工業のSERL-EC-601SIという機種のレンジフードでした。

ご依頼誠にありがとうございました。

当店のホームページもよろしくお願いします。

スポンサーサイト



ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。