ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府豊中市T様 キッチン水栓蛇口取替工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府豊中市にお住いのお客様より、電気温水器とキッチン混合水栓蛇口の取替工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

その時のキッチン混合水栓蛇口の交換の様子です。
IMGP9028.jpg IMGP9030.jpg
既設蛇口の状況。台付のシングルレバーです。水漏れが発生していました。普段はこの蛇口の下の収納キャビネット内の裏板に点検口があり、その点検口を利用して蛇口交換を行うのですが、今回は点検口も全くない状況でした。

キッチンシンク台の取り外し。 既設蛇口撤去。
IMGP9033.jpg
IMGP9036.jpg IMGP9037.jpg
シンク台を一旦取り外してから作業に取り掛かりました。既設蛇口を外すとご覧のとおり。かなり劣化が激しく、漏れの原因はこれのようです・・・。

給水・給湯配管のやり直し。
IMGP9042.jpg IMGP9040.jpg
配管の接続部も劣化が進んであやしい箇所があったので、この際キレイにやり直しました。給水は鉄管パイプを使用していたので、立ち上がり途中でフレキシブル管に変更できるようニップルを取り付け。給湯配管は銅管20Aで立ち上がっていたので、途中でカット、同じくニップルを取り付けれるよう、銅管継手を溶接しています。

新しい蛇口はコレ。
IMGP9044.jpg IMGP9046.jpg
リクシルINAX製ノルマーレ。シンクに仮止めです。

蛇口の固定の様子。
IMGP9054.jpg IMGP9048.jpg
このタイプの蛇口の固定はナットで締めつけですが、専用工具があれば容易に締め付けることができます。

配管の接続の様子。
IMGP9055.jpg IMGP9056.jpg
IMGP9057.jpg
新しく交換した蛇口にフレキシブル管を延長して取り付けます。パッキンは新しいものに取替え。

通水、水漏れチェック。
IMGP9062.jpg IMGP9065.jpg
IMGP9069.jpg
一旦通水して配管からの水漏れをチェックします。接続部にティッシュペーパーを当ててわずかな漏れも見逃さないように注意を払いました。

キッチンシンク台復旧。
IMGP9072.jpg IMGP9081.jpg
配管チェックが終えたら一旦取り外したシンク台を復旧。今度は台を外さなくても点検できるようにキッチン裏板に点検口を設けました。

お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP9075.jpg IMGP9079.jpg
今回交換取替いただきました蛇口は、リクシルINAX製〝SF-HE430S〟。水漏れも治ったので今後は安心してご使用いただけいるようになりました!

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。





スポンサーサイト
兵庫県伊丹市Y様 給湯器交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県伊丹市にお住まいのお客様より給湯器・キッチン換気扇・ビルトインコンロ・台所混合水栓の交換工事にお伺いしました。ありがとうございます。

その時の給湯器の交換の様子です。
IMGP8692.jpg IMGP8696.jpg
既設給湯器の様子。ノーリツGT-2400SAW。24号のオートタイプの給湯器でした。

早速撤去開始です。
IMGP8697.jpg IMGP8699.jpg
IMGP8700.jpg
長い間お疲れ様でした。。

新しい給湯器の壁掛けの様子。
IMGP8701.jpg
IMGP8702.jpg IMGP8703.jpg
今回はノーリツのエコジョーズ給湯器を採用いただきました。水平器で給湯器本体を真っ直ぐに設置。

壁掛け固定の取り付けビスは、太めの6mmを使用。
IMGP8704.jpg IMGP8738.jpg
ビス穴から雨水が入り込まないようコーキングでしっがり防水処理を行いました。

既設配管の長さ調整。
IMGP8706.jpg IMGP8708.jpg
IMGP8711.jpg
給湯・追い焚きは銅管にて配管。長さが新しい給湯器に接続するには合わなかったので、一旦銅管をカット。ロウ付け作業を行っている様子です。

フレキシブル管で給湯器と接続。
IMGP8714.jpg IMGP8721.jpg
新しい給湯器に長さを合わせて各配管接続。

エコジョーズ排水用配管。
IMGP8725.jpg IMGP8727.jpg
エコジョーズ給湯器は、運転中排水が出ます。この排水は今回はすぐ横にあった雨トユへ流し込むように配管処理。トユ開口部はコーキング処理しました。

脚部カバーの取り付け。
IMGP8729.jpg IMGP8731.jpg
しっかり配管根元まで保温材を巻いて配管カバーを設置。

試運転を行ってお客様に使用説明をさせていただき完成です。
IMGP8736.jpg
今回取り付けいただいたガス給湯器はノーリツ【GT-C2452SAWX BL】になります。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府大阪市K様 キッチン換気扇交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府大阪市にお住まいのお客様よりキッチン換気扇の取替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは工事前の既設レンジフードの状況から。
IMGP9300.jpg IMGP9303.jpg
IMGP9304.jpg
富士工業製のBDRシリーズのシロッコファンタイプの換気扇でした。前カバーを取り外すとカタツムリ状のファンが確認できたらシロッコファンです。

早速既設キッチン換気扇の撤去開始!
IMGP9305.jpg IMGP9306.jpg
壁はコンパネ材が1面に貼られていました。これならレンジフードを取り付ける際に下地補強をする必要もなくしっかり固定ができます。 タイルに付着した油汚れはクリーナーでしっかり掃除を行っておきました。この機会に換気扇周りもピカピカに!

新しいキッチン換気扇の設置・取り付け。
IMGP9307.jpg IMGP9312.jpg
パナソニック製スマートフード。幅75cmタイプになります。取り付け前に固定ビスの位置を確認して仮止め。引っ掛ける際は傷をつけないよう慎重に取り付けました。

排気ジャバラ接続。
IMGP9314.jpg IMGP9316.jpg
換気扇本体には排気漏れパッキンを取り付けてジャバラを接続。アルミテープでしっかり固定しています。電源コードは排気ジャバラに接触・干渉しないように本体にアルミテープで固定しています。普段お客様が見るような箇所ではないので、細かな配慮も重要な作業工程です。

幕板固定金具の取り付け。
IMGP9320.jpg IMGP9322.jpg 
換気扇に隣接する吊り戸棚および外壁面に幕板固定金具の「ラッチ」を取り付け。ラッチの位置も規定通りの位置に来ないと斜めにずれたような取り付けになるので、スペーサー等を使用して水平調整しています。

前幕板の取り付け。
IMGP9325.jpg IMGP9327.jpg
水平器を使用して隣接する吊り戸棚との水平バランス調整。

コーキング処理。
IMGP9329.jpg IMGP9328.jpg
キッチン換気扇とタイルの目地にはコーキング処理をしています。マスキングテープを使用してコークの塗布量をラインを均一にキレイに施しました。

整流板を取り付ければ完成です!!
IMGP9330.jpg
IMGP9332.jpg IMGP9334.jpg
今回交換いただきましたキッチンレンジフードはパナソニック【FY-7HZC4-S】になります。
本体の厚みがわずか35mmなので圧迫感もなく、省エネタイプのLED照明が装備されたモデル。価格もお手頃なので当店の人気商品でオススメです!
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府豊中市Y様 食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府豊中市にお住まいのお客様よりビルトイン食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。Y様は以前にもオール電化やレンジフードの入れ替え工事など、他住宅設備工事でも大変お世話になっています。

交換前の食器洗い乾燥機の状況から。
IMGP0067.jpg IMGP0077_20140924141347fec.jpg
IMGP0080.jpg
ナショナル製Nais 24EW。 オウルオープン式のビルトイン食器洗い乾燥機。新しく導入されるのは引き出し式のパナソニックエコナビタイプの食洗機です。早速既設食洗機を取り外していきます。

既設食洗機を取り外した後の様子。
IMGP0082.jpg IMGP0085.jpg
電源100Vは直結式だったので、シングルコンセントを新たに取り付け。隣接するキャビネットの汚れ、フロアの汚れはこの機会にしっかり掃除してキレイにしました。

食洗機用脚部の取り付け。
IMGP0092.jpg
IMGP0102_201409241413569a7.jpg IMGP0103_20140924141357640.jpg
今回の新しい食洗機は本体の下が脚部になっていて、キッチンに合わせて自由に高さ調整が出来ます。また脚部の中には給水・排水パイプの接続口が容易に確認できる「点検口」の役割もなっています。給水の止水栓には90度曲がった継手を装着。食洗機本体から出ている給水パイプが容易に接続できます(写真:左下) 給湯にはホースをつなぐ継手のみ装着(写真:右下)

新しい食洗機の入れ込み。
IMGP0094.jpg IMGP0107.jpg
食洗機本体上部に排気干渉防止のフィラーを取り付け。慎重に食器洗い乾燥機を入れ込んでいきます。

各配管つなぎ込みの様子。
IMGP0108_201409241414046c4.jpg IMGP0112_20140924141405ba0.jpg
脚部の中は接続配管の点検口。例え水漏れが発生した場合でもすぐに対応出来ます。

けこみカバーの取り付け。
IMGP0121_20140924141409114.jpg IMGP0120.jpg
キッチンの高さに合わせて脚も調整したので、それに合わせて1番下の黒いけこみカバーもサイズを合わせてカット。出しろは既設キッチンに合わせて調整し取り付けました。

給水を開栓。水漏れチェックを行って試運転を行い完成です。
IMGP0127_20140924141417c6e.jpg IMGP0129.jpg
今回交換いただきましたビルトイン食器洗い乾燥機は、パナソニックのエコナビ機能搭載【NP-45MC6T】になります。光センサーを内蔵していて庫内の食器の汚れ・量を感知。状況に合わせて使用水量を調整してくれる節水型食洗機です。買い替え専用機種はキレイな素地シルバー仕上げになります。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。


兵庫県伊丹市T様 レンジフード交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県伊丹市にお住まいのお客様よりレンジフード、ビルトイン食器洗い乾燥機、IHクッキングヒーター、ダイニング天井換気扇の取り付け工事にお邪魔しました。ご依頼ありがとうございます。

そのレンジフードの交換工事のご紹介です。
工事前の様子。
IMGP8707_20140910160004fbe.jpg IMGP8208.jpg
プロペラ式換気扇のレンジフードでした。今回はシロッコファンタイプのスマートレンジフードのご採用でしたのでプロペラ式の換気扇からシロッコファンへ移行する「リニューアル部材キット」を使用して工事を行います。

既設プロペラ式換気扇撤去の様子。
IMGP8215_20140910155627ede.jpg IMGP8224_20140910155628efe.jpg
外壁側の四角い開口がプロペラ換気扇が付いていた箇所。今回は少し特殊で、丸いアルミジャバラが天井から出ています。これはダイニングの天井扇の排気ダクト。キッチン換気扇までアルミジャバラを配管して、プロペラ換気扇で一緒に排気していたようです。この丸いアルミジャバラも今回の新しいレンジフードでも正常に排気させる必要があります。

で、今回特別に作った「リニューアル部材キット」。
IMGP8229_20140910155631e5e.jpg IMGP8237_20140910155638a6e.jpg
キッチンレンジフードと、ダイニング天井扇の排気口をそれぞれ設けて加工しました。ダイニング天井扇側の排気は防虫網を付けています。

一方、ダイニング天井扇の本体交換作業は・・・
IMGP8233_20140910155636a09.jpg
IMGP8243.jpg IMGP8249.jpg
少し開口を拡張する必要がありましたが、順調に同時に進んでいます!

戻ってレンジフードをいよいよ取り付けます。
IMGP8238_20140910155639c83.jpg IMGP8240.jpg
水平器でしっかりレンジフードの水平調整を行って・・・

排気ジャバラ接続の様子。
IMGP8245.jpg IMGP8752.jpg
手前の太い配管がレンジフード用、奥に見える細い配管がダイニング天井扇用です。これなら、シロッコファンタイプのレンジフードに交換しても通常通り天井扇も使用できます。配管接続部には継手ニップルを使用。アルミテープにてしっかり固定しました。

本体の取り付け後は、幕板の取り付け。
IMGP8750.jpg IMGP8266.jpg
IMGP8272.jpg
正面から見て左側は空間なので、横幕板を取り付けました。

コーク処理・仕舞い。
IMGP8269.jpg IMGP8271.jpg
IMGP8287.jpg
レンジフードとキッチンパネルの目地にはマスキングテープを使用してコーク処理。コークのラインと塗布量が均一に仕上がるように施工しています。

試運転を行い、お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP8296.jpg IMGP8295_201409101557039e9.jpg
IMGP8304.jpg IMGP8294_201409101557015ee.jpg
同時工事いただいたIHクッキングヒーターとビルトイン食洗機、ダイニング天井扇も一緒に撮影。キレイに仕上がりました。キッチンが見違えるプチリフォームの完成です。
今回交換いただきましたレンジフードは幅90cmタイプのエコナビ搭載モデル、パナソニック【FY-90DED1-S】になります。IHクッキングヒーターと連動タイプで、電源を入れるとレンジフードが自動運転開始。風量も調理状況に合わせて自動調整してくれて、スイッチの切り忘れの防止機能も装備されているモデルです。
ダイニング天井扇はパナソニック【FY-32JSD7】になります。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。




兵庫県伊丹市Y様 レンジフード交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県伊丹市にお住まいのお客様よりレンジフード・ガス給湯器・ビルトインコンロ・キッチン水栓蛇口の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

その時のレンジフード交換の様子です。
IMGP9889.jpg IMGP9894.jpg
既設レンジフードの写真。サンウェーブ製BBH-735。幅75cmのシロッコファンタイプのレンジフードでした。交換前のビルトインコンロも一緒に撮影。

早速古いレンジフードの撤去作業開始です。
IMGP9898.jpg IMGP9901.jpg
IMGP9904.jpg IMGP9910.jpg
上写真2枚は既設レンジフードの前カバーを外した際のもの。カタツムリ形状のファンがあればシロッコタイプの換気扇です。古いレンジフードを撤去後は、タイルの目地に張り付いたコークをキレイに取り除いて隣接する吊り戸棚に付着した油汚れもキレイに掃除しました。

新しいレンジフードの取り付け。
IMGP9912.jpg IMGP9914.jpg
今回のレンジフードの固定する壁はコンパネ材でした。これなら補強せずにコンパネ材にしっかりレンジフードを固定することが出来ます。

水平バランス調整。
IMGP9917.jpg
IMGP9916.jpg IMGP9919.jpg
隣の吊り戸棚とのバランス良く設置。水平器で微調整してレンジフード本体を固定しました。仕上がりに影響するので細心の注意を払って調整しています。

排気ダクトの接続状況。
IMGP9926.jpg
既設レンジフードと同じように配管接続。接続にはアルミテープを使用してしっかり固定します。電源ケーブルは排気ダクトに干渉しないよう本体にアルミテープで固定。熱をもつ排気ダクトに接触させない為です。

前幕板の設置。
IMGP9934.jpg IMGP9935.jpg
当店は別売品の前幕板はセットでご提供!レンジフード本体設置同様に水平器を使用して隣の吊り戸棚とのバランスを見ながら微調整を行って取り付けています。

目地のコーク処理。
IMGP9940.jpg IMGP9943.jpg
レンジフード本体とタイルの目地にはマスキングテープを使用してコーク処理。コークのラインがキレイに均一に塗布されますので、仕上がりも高品質なものをお届けします。

整流板の取り付け・完成!
IMGP9948.jpg IMGP9949.jpg

同時工事いただいたビルトインコンロも一緒に撮影。
IMGP0029.jpg IMGP9950.jpg
201409031203022024[1]
今回交換いただきましたレンジフードはパナソニック【FY-7HZC4-S】になります。只今当店の企画としてレンジフードをお買い上げの方に「洗剤のいらない油汚れ専用ふきん」もプレゼントさせていただきました!

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府枚方市K様 レンジフード交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は枚方市にお住まいのお客様より、レンジフードの交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設キッチン換気扇の様子。
IMGP8495.jpg IMGP8499.jpg
IMGP8501.jpg
DANREY製キッチン換気扇。幅75cmタイプのシロッコファンタイプでした。 今回いつもと違う点は幕板上部が梁が走っているため、梁欠き加工を施す必要があるということ。それからもう1点。隣接する小さな吊り戸棚を撤去してレンジフードのん幅を75cm→90cmに変更のご希望でした。早速既設レンジフードの撤去作業開始です。

古いキッチン換気扇撤去・左側のミニ吊り戸棚撤去後の様子。
IMGP8503.jpg
壁は1面コンパネ材。横幅も従来設置していた75cmから90cmになりました。コンパネには補強なしで新しいレンジフードもしっかり固定できそうです。

新しいレンジフードの取り付け。
IMGP8505.jpg IMGP8507.jpg
IMGP8506.jpg
固定する前に水平器でレンジフード本体をバランス良く調整、幅90cmタイプで大きなサイズなので固定ビスも数カ所余分にとめてしっかり固定。壁のコンパネ材にもしっかり効いています。見栄えよく設置するため、バランス調整板を壁のコンパネ材の上にかましてから換気扇を固定しています。

排気ジャバラ接続。
IMGP8509.jpg IMGP8513.jpg
IMGP8514.jpg
ダクト接続にはアルミテープでしっかり固定。電源コードは排気管に干渉しないよう壁にステップル固定し、本体にもアルミテープで固定しました。

前幕板はり欠き加工。
IMGP8515.jpg IMGP8520.jpg
写真左のグリーンのテープで印している箇所が、はりに干渉するのでカット加工が必要です。 ちょうど幕板固定用ラッチがある箇所をゴッソリカットするので、その仕舞いも必要になります。 カット後は、その幕板用ラッチが使用できるようリベット加工を施しました。幕板自体も薄いものなのでこの部分は手間をかけて安心して使用できるように加工しています。リベットなら、幕板の取り外しの際も問題ありませんし何より自然にキレイに仕上げることができます。

はり欠きした幕板の取り付け。
IMGP8521.jpg IMGP8522.jpg
いかがですか。ピタッとキレイに収まっています。しっかりと加工してるから幕板の取り外しの際も曲げやヘコミの心配もありません。

コーク処理、仕舞い。
IMGP8517.jpg IMGP8516.jpg
レンジフードとタイルの目地にはマスキングテープを使用してコーク処理。コークのラインと塗布量が均一になるように仕上げています。

あとはお客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP8527.jpg IMGP8525.jpg
今回交換いただきましたレンジフードは、パナソニックのエコナビ機能搭載【FY-90DED1-S】になります。換気風量の自動調整をしてくれて、スイッチの切り忘れも防止してくれます。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。




兵庫県尼崎市K様 浴室水栓蛇口交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県尼崎市にお住いのお客様より浴室の水栓カランの取替え工事にお伺いしました。

既設水栓蛇口です。
IMGP8116.jpg IMGP8117.jpg
サンエイ水栓製のカラン。サーモ部の温度調整の印字が薄くなって見えづらくなっていて、新しいものに交換したいとの事でした。

今回交換いただく水栓カラン。
IMGP8897.jpg
使いやすいプッシュボタン式の水栓です。(リクシルイナックス製) ボタン部も非常に大きくポンッと押すだけで操作ができます。

早速古い蛇口の撤去から作業開始です。
IMGP8901.jpg IMGP8902.jpg
水を一旦止めて偏芯管を取り外した状況。

新しい偏芯管の取付け。
IMGP8904.jpg IMGP8905.jpg
IMGP8907.jpg
接続部はシールテープに加え、ヘルメシールも塗布して2重止水処理を行いました。偏芯管を回して取り付ける際に傷がつかないよう、しっかり本体に養生してから取り付けます。

水栓本体取付け、シャワーヘッドの取付け。
IMGP8908.jpg IMGP8909.jpg
シャワーヘッドはメッキ仕様のエコフルスプレーシャワー。羽根車がシャワー穴の半分をふさぎながら高速回転。シャワー内の圧力を増幅させて勢いのあるシャワーを吐水。従来の約35%の節湯効果があります。

水漏れチェック。試運転の様子。
IMGP8911.jpg
IMGP8914.jpg IMGP8915.jpg
偏芯管の止水栓を開栓して接続部からの水漏れチェック。
スイッチを押すだけで、吐水から湯水が排出されます。

水量調整の方法。
IMGP8916.jpg
水量の調整は、プッシュボタンの周り縁につまみがあって、回すと自由に水量の調整が可能です。

お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP8918.jpg IMGP8920.jpg 
IMGP8921.jpg
今回交換取替いただきました水栓蛇口は、リクシルINAX製〝BF-HW156TSC〟。お客様も使いやすそうねと喜んでいただきました。吐水パイプの必要のない浴室には是非おすすめのカランです。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。




大阪府東大阪市Y様 キッチン換気扇取替え工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府東大阪市にお住まいのお客様よりキッチン換気扇の取替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは工事前の既設レンジフードの様子。
IMGP8529.jpg IMGP8531.jpg
IMGP8532.jpg
幅60cmタイプのシロッコファンタイプのキッチン換気扇。前カバーを取り外すとカタツムリ状のファンが見えたらシロッコタイプのレンジフードになります。

早速古いキッチン換気扇の取り外し開始です。
IMGP8533.jpg
IMGP8537.jpg IMGP8536.jpg
既設レンジフードを外すとこんな状態でした。新しいキッチン換気扇を固定する下地が入っていません。今度のレンジフードもしっかり固定できるよう、12mm厚のコンパネ材を下地補強に使用。間柱に固定してコンパネ自体もしっかり固定しました。これで新しいキッチン換気扇もしっかり固定することができます。

新規レンジフードの取り付け。
IMGP8539.jpg IMGP8540.jpg
IMGP8544.jpg
補強したコンパネ材にキッチン換気扇を取り付け。排気ジャバラ接続用部材を取り付けて、排気接続。接続にはアルミテープでしっかり固定しました。

前幕板の取り付けの様子。
IMGP8542.jpg IMGP8545.jpg
IMGP8546.jpg
前幕板固定にはレンジフードと隣接する吊り戸棚上部に幕板固定用ラッチの取り付け、下部は換気扇本体に固定できるようになっています。吊り戸棚との出しろを合わせて慎重に位置調整を行っています。

マスキングテープでのシーリング処理。
IMGP8547.jpg IMGP8548.jpg
吊り戸棚と壁側タイルの隙間目地にはマスキングテープを使用してコーク処理。コークのラインが均一になるようキレイに処理を行いました。

工事後のお掃除。
IMGP8549.jpg
取り付け後のお掃除まで行って、はじめて施工完了となります。

お客様に使用説明をさせていただきました。
IMGP8553.jpg IMGP8556.jpg
今回取替えいただきましたキッチン換気扇は、パナソニックFY-6HZC4-S。本体35mm厚の薄型になっていて、しかも照明は省エネの5WのLED照明。お買い求めやすいリーズナブルな価格も大きな魅力です。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。




大阪府箕面市K様 食器洗い乾燥機取り付け工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府箕面市にお住まいのお客様よりビルトイン食器洗い乾燥機の新規取り付け工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは工事前の様子。
IMGP9660.jpg IMGP9659.jpg
左写真のキャビネット引き出しを取り外してビルトイン食器洗い乾燥機を取り付けます。その前に床の養生はしっかり行います。

キャビネット引き出しの撤去・取り外し
IMGP9661.jpg IMGP9662.jpg
IMGP9664.jpg
キッチンの天板に乗っかるように引き出しが入れ込んでいたので、引き出しはカットして取り出しました。まずは引き出しの撤去完了です。

電気工事(食洗機用100Vの電源)の様子。
IMGP9665.jpg IMGP9669.jpg
ちょうどキッチン天面上に100Vコンセントが既設でありました。今回はそこから分岐させて食洗機用の電源を取り出しました。通常は分電盤からの専用配線が好ましいですが、お客様に今回の100Vに関する使用説明、ご了承のもと行っています。右写真が壁の中に配線を通して食洗機の真裏に取り出した様子です。

配線の仕舞い。
IMGP9670.jpg IMGP9671.jpg
配線取り出しの際に開けた開口はパテで埋めて置きました。食洗機を設置するとまったく見えない箇所ですが、細かい配慮も怠りません。

アースは食洗機に隣接するビルトインオーブンに接続していた既設アースを利用。
IMGP9666.jpg IMGP9668.jpg
巻きつけではなく、スリーブ圧着をしっかりおこなってアース接続しました。

今回の食洗機で使用する給水配管の様子。
IMGP9672.jpg IMGP9674.jpg
IMGP9709.jpg
写真はキッチンシンク下の収納奥の写真。キッチン混合水栓蛇口の「給湯」側から分岐して食洗機の給湯配管を行いました。水より給湯で分岐させたほうが運転時間も減らすことが出来るので、お湯から分岐できる場合はこの方法で行っています。

あとは排水配管が残っています。今回は床下にもぐって配管工事を行いました。
IMGP9685.jpg
床下はホコリが多いので、床下工事後でも屋内を汚さないようツナギを着て作業です!

床下の排水の様子。
IMGP9676.jpg
斜め45度に下りている配管が排水配管。この配管を使って今回の食洗機の配管を分岐接続します。

食洗機用排水配管の様子。
IMGP9683.jpg IMGP9681.jpg
茶色のパイプが今回配管した食洗機用の排水パイプです。耐熱用のHTを使用。こんな配管の方法もあります。シンク下の流しから分岐方法もあり、今回の方が手間はかかりますが、シンク下の収納スペースが排水ホースが無い分、従来通り使用できますのでお客様にも喜んでいただけました。

これで各配管の準備は整いました!
IMGP9694.jpg

いよいよ食洗機本体の設置です。
IMGP9686.jpg IMGP9691.jpg
今回採用いただいたのはハーマン製の食洗機。下部の脚でキッチンの高さに合わせて長さを調整。

パネル材はホワイトを導入いただきました。
IMGP9696.jpg IMGP9699.jpg
慎重にキッチンに入れ込んでいきます。

給湯・排水配管の接続。
IMGP9701.jpg
IMGP9705.jpg IMGP9710.jpg
止水栓は、キッチンシンク下に設けたので、フレキシブル管を接続。給湯配管なので耐熱80度のノンアスパッキンを使用。

通水して接続部の水漏れチェック。けこみカバーの設置。
IMGP9711.jpg

試運転を行い、以上がなければ完成です!
IMGP9716.jpg IMGP9715.jpg
IMGP8433_20140910131704c78.jpg
工事完了後は只今当店で企画している「食洗機庫内クリーナー」をプレゼントさせていただきました!
今回取り付けいただいたビルトイン食器洗い乾燥機はハーマン【FB4504PF】になります。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府茨木市K様 キッチン換気扇交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府茨木市にお住まいのお客様よりキッチン換気扇の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設キッチン換気扇の状況から。
IMGP9234.jpg IMGP9237.jpg
IMGP9238.jpg IMGP9239.jpg
DANREY製レンジフードファンVFB-106形。幅60cmのシロッコファン換気扇でした。早速取り外し作業から開始です!レンジフード本体自体に横に貫通穴を開けて排気ダクトを配管していたので、撤去には少し手こずりました。。。
撤去後はキッチン換気扇に隣接するキャビネットに付着した油汚れをしっかりキレイに掃除します。

補強下地の設置。
IMGP9243.jpg IMGP9242.jpg
撤去後に見えた壁下地ですが、新しいキッチンレンジフードを設置するには少し強度的に不安があったので下地を補強することに。12mm厚のコンパネ材をカット、壁の中の間柱に固定しています。これで新しいキッチン換気扇もカッチリ固定できます。

新しいキッチン換気扇の取り付け。
IMGP9246.jpg IMGP9247.jpg
まずはレンジフードを前述で補強した壁に仮固定。水平器を用いて換気扇本体の水平調整を行った上で固定しました。壁補強したおかげでガッチリ固定できています。

排気ダクト接続の状況。
IMGP9248.jpg IMGP9249.jpg
IMGP9250.jpg IMGP9251.jpg
レンジフード本体にダクト接続するニップルには排気漏れパッキンを取り付け。ダクトは根元からそっくり交換しました。ダクト接続にはアルミテープでしっかり固定。排気漏れの無いようしっかり点検の上、施工しています。

前幕板取付けの様子。
IMGP9253.jpg IMGP9255.jpg
幕板の取り付けの様子。水平器を用いると同時に、横壁面のタイル目地に対してのバランスや換気扇に隣接する吊り戸棚とのバランスを見ながら取り付けました。リフォームになると水平出しだけではなく周りの状況も見ながらバランス良く取り付けることも重要です。

仕舞い・コーキング処理。
IMGP9256.jpg IMGP9257.jpg
IMGP9258.jpg IMGP9259.jpg
今回の新しいレンジフード、工事前の既設換気扇より高さが上がっているのがわかるでしょうか?そのまま既設換気扇の高さに合わせて新しい換気扇を設置すると横幕板が別途必要になってきます。今回換気扇の位置を上げても壁のタイルは上も貼っていたので10cm上にあげて吊り戸棚と同じ高さに仕上げました。スイッチの操作部も十分届く範囲です。
コーキング処理はマスキングテープを使用してキレイにコーク処理。タイルの目地にもコークを施しました。

整流板取り付け。掃除。
IMGP9262.jpg IMGP9263.jpg
最後に整流板を取り付け。作業完了後の掃除は来た時よりもキレイにを心がけて掃除します。

お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP9268.jpg IMGP9269.jpg
今回交換いただきましたキッチン換気扇は、パナソニック【FY-6HZC4-S】になります。5WのLED照明搭載、本体厚みわずか35mmながら費用もかなり抑えられたリーズナブルなキッチン換気扇です。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。




大阪府大阪市N様 ビルトイン食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府大阪市にお住いのお客様よりビルトイン食器洗い乾燥機の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは工事前、既設食洗機の状況。
IMGP9191.jpg IMGP9195.jpg
ナショナル製NP-P45V1WSAA。食洗機本体下に収納キャビネットのあるミドルサイズの食洗機。給水・排水はシンク下の点検口を開けるとこのような状態。給湯から分岐しています。

早速古い食洗機の撤去作業開始です。
IMGP9201.jpg IMGP9204.jpg
撤去後は、隣接するキャビネットや下部収納キャビネットをキレイに拭きました。普段掃除できないところなのでこの機会にキレイに掃除します。

食洗機固定アングルの取り付け。
IMGP9206.jpg
IMGP9208.jpg IMGP9210.jpg
付属しているスタイルシートを合わせて固定アングルの位置を確認。下穴用のキリで下穴を開けてからアングル固定しました。少しでもずれると食洗機本体もズレが生じるので、確実にその位置に固定できるようあらかじめ下穴を開けています。

新しい食洗機の入れ込む前の準備。
IMGP9211.jpg
IMGP9213.jpg IMGP9214.jpg
こちらが今回採用いただいた新しいビルトイン食器洗い乾燥機。パナソニック製です。既設食洗機と大きさを比較すると奥行のみがすこし長くなっています。 キッチンに入れ込む前にフィラーの取り付け、サイド部にクッション材を取り付けました。フィラーは食洗機の排熱がキッチンに干渉しないようにするものです。食洗機前上部に貼付け。 運転中の振動防止にクッション材を設けています。

いよいよ新しいビルトイン食器洗い乾燥機をキッチンに入れ込みます。
IMGP9216.jpg IMGP9217.jpg
あらかじめ収納キャビネットに取り付けた食洗機固定用アングルにしっかり食洗機本体を固定します。

面材の取り付け。
IMGP9220.jpg IMGP9221.jpg
IMGP9222.jpg IMGP9229.jpg
今回N様は面材タイプの食洗機を採用いただきました。キッチンメーカーに同色の面材カラーがなく、N様もご了承済みでそれに近いカラーを採用いただきました。 食洗機本体に面材を仮固定、出しろを微調整して固定します。

試運転中。
IMGP9227.jpg
エコナビランプが光って試運転。

異常がなければお客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP9233.jpg IMGP9232.jpg
今回交換いただきましたビルトイン食器洗い乾燥機はパナソニック【NP-45MS6W】です。面材タイプの食洗機はパネルタイプの食洗機と違い、素地仕上げはされていませんので面材が必ず必要になります。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



兵庫県西宮市N様 トイレ便器交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県西宮市にお住まいのお客様よりトイレの交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

N様は以前も当店で太陽光発電システム、オール電化など多数ご依頼いただいたお得意様。今回もありがとうございます。
IMGP8437_20140909105244d89.jpg 
交換前の状況。TOTO製のタンクレストイレ。CS990Bでした。早速取り外し作業開始です。

既存トイレ撤去後の様子。
IMGP8440.jpg IMGP9472.jpg
当店HPは既存トイレ便器も撤去処分費込み! 長い間お疲れ様でした。今日から新しいトイレに生まれ変わります!

排水パイプの調整。
IMGP8443_20140909105247c39.jpg
IMGP9478.jpg IMGP8446.jpg
まずは床をキレイに掃除。ピカピカに磨き上げます。今回のトイレは既設で使用していたフランジは使用せずに、排水パイプを床から立ち上げる方式。排水パイプのサイズはトイレを外してみないとわからないのですが、当店は立ち上げ部材も常時各種常備。問題なく床からパイプを立ち上げました。

排水ソケットの設置。
IMGP9476.jpg IMGP9483.jpg
IMGP8451.jpg IMGP8453.jpg
今回使用する排水ソケット。普段お客様が見ることはない部材です。種類も色々あって、排水芯の長さによって部材を選定します。今回は壁から排水芯200mmの排水ソケットを使用。接続時の接着剤も排水用の専用品を使用しています。 型紙を仮置きして、便器前面部の固定金具やサイド固定の金具も設置していきます。

給水止水栓の交換。
IMGP8444.jpg
IMGP9479.jpg IMGP9481.jpg
フレキシブル管で給水していましたが、これも新しく交換。接続部の止水処理はシールテープにヘルメシールを加えて2重止水処理を行っています。

今回導入いただくトイレです!
IMGP9474.jpg
リクシルINAX「サティスG」です。イナックスのトイレの中でも高グレードタンクレストイレで、わずか4Lの洗浄水量で鉢内のすみずみまで洗い流す節水トイレ。お手入れも凹凸がなくつるっとしているのでひと拭きで落とせるフォルムです。写真は機能部(便座)取り付ける前の様子。

タンクの設置の様子。
IMGP9488.jpg IMGP9491.jpg
結構重たいトイレなので、設置の際は細心の注意を払って据付け。排水ソケットや固定金具にピッタリ合いました。

次は機能部の設置。
IMGP9490.jpg IMGP9492.jpg

給水ホース接続部も水漏れ点検完了、リモコンも新しいものに交換です!
IMGP9499.jpg IMGP9500.jpg

試運転を行い、お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP9506.jpg IMGP9502.jpg
今回交換いただきましたトイレはイナックスサティスG【D-G116S】です。
N様にはトイレは喜んでいただけましたが、別件でご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした (・・;)
今回も当店をご利用いただきありがとうございます!!
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府豊中市Y様 給湯器交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府豊中市のマンションにお住まいのお客様より給湯器の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設給湯器の状況から。
IMGP8309.jpg IMGP9338.jpg
IMGP9342.jpg
リンナイ製RFS-60-A。シャワー給湯も可能なガスふろがま給湯器。100V電源不要のマジコンタイプです。 リンナイ・ノーリツともこの「シャワー給湯可能」なガスふろがま給湯器がなく、今回は2つ穴タイプの自然循環方式16号の100V電源仕様、リンナイ給湯器を採用いただきました。よって今回は100Vの電源工事も必要になります。

新しい給湯器据付け前に問題が・・・・
IMGP8412_201409030847123cc.jpg IMGP8415_20140903084728fbb.jpg
IMGP8414.jpg
浴槽を行き来する2つの配管は普段流用するのですが、筒と浴槽を接続している「バス接続管」のゴム部が劣化で破れていました。このままでは配管からお湯漏れすることになるので、交換する事に。

新しいバス接続管。
IMGP8413_20140903084714c62.jpg
IMGP8417.jpg IMGP8418.jpg
お客様にお伺いすれば、確かに以前からお湯の量が浴槽から減っていたとのこと。もれていたお湯は、そのまま排水管に流れるようになっていたので、建物自体の損害はなく大事に至らなかったので良かったのですが。。 普段はこの部分は交換はしないので、所持していなかったのですが急遽用意することができて良かったです。これでばっちり修繕完了、安心してご使用いただけます。

復旧作業の様子。
IMGP8419_201409030912262c3.jpg IMGP8420.jpg
IMGP8421.jpg IMGP8422_20140903091230e74.jpg
フタの固定ビスも腐食していたので新しいビスに取り替えておきました。当店は外部で使用するビスはステンレス製のものを使用しています。 浴槽内のアダプターも新しいものに交換してスッキリ!

これでいよいよ新しい給湯器を取り付けることができます。
IMGP8374.jpg IMGP8378.jpg
IMGP8376.jpg IMGP8380.jpg
壁からフレキシブル管、給水・給湯配管が出ていたのですが据え付ける前にあらかじめ保温材を巻いておきました。2つの筒に合わせて給湯器に接続している様子です。

給湯器背面の様子。
IMGP8383.jpg IMGP9390.jpg
給湯器本体自体にも高さを微調整できるので、2つの筒とキレイに接続できるように高さ調整を行いました。配管の隙間にはパテで処理。以前はパテも配管保温材もなかったので、冬場や雨の日も安心です。

ガス管のやりかえの様子。
IMGP8387.jpg IMGP8388.jpg
IMGP8389.jpg IMGP9370.jpg
IMGP9378.jpg
新しく給湯器を替えることによってガス管も長さが合わなくなりました。無理やりすれば接続はできますが。。。当店はムリな力が加わるような配管接続はせず、フレキシブル管を適度な長さで作成、接続部はニュータイトにて接続しました。

ガス漏れチェッカーにて点検。
IMGP9371.jpg IMGP8406.jpg
仕上げは一旦閉栓していたガス管を開栓、ガス漏れチェッカーにて漏れがないか、しっかりチェックです。

給水・給湯配管の様子。
IMGP9346.jpg IMGP8403.jpg
IMGP9350.jpg IMGP9347.jpg
給水・給湯配管とも余すとこなく保温材を巻き付け。接続パッキンは新しいものに交換。給水はゴムパッキン、給湯は耐熱80℃のノンアスパッキン使用です。

浴室リモコンの設置。
IMGP8318.jpg
IMGP8427.jpg IMGP9396.jpg
マジコンから浴室リモコンに交換。リモコンは全周にわたってマスキングテープを使用してコーキング処理を行っています。

防水コンセント、リモコン貫通穴BOXの設置。
IMGP9373.jpg IMGP9372.jpg
IMGP9376.jpg
100V電源がなかったので、新規配線を行っています。固定は長い間でも安心して使用できるようカールプラグを埋め込んでステンレスビスで固定しました。

最後に転倒防止金具を取り付け、試運転を行ってお客様に使用説明。完成です。
IMGP9381.jpg IMGP9384.jpg
IMGP9385.jpg
今回交換いただきました給湯器は、リンナイ【RFS-A1610SA】になります。16号の自然循環方式のセミオートタイプ。 これでまた今日から快適に湯を使用いただけて良かったです。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。




大阪府大阪市T様 キッチン換気扇交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府大阪市にお住まいのお客様よりキッチン換気扇の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設キッチン換気扇の様子。
IMGP8034.jpg IMGP8038.jpg
タカラスタンダード製VU-60R。 右写真のように前カバーを外すと、カタツムリ状のファンがあればシロッコファンです。シロッコファンから薄型レンジフードへ交換の際はリニューアル部材キットは必要ありません。早速古いレンジフードの撤去開始です。

既設キッチン換気扇撤去後の様子。
IMGP8040.jpg IMGP8042.jpg
IMGP8044.jpg
下地はコンパネ材でした。これなら新しいキッチン換気扇を設置する際は、壁補強は特に必要ありません。換気扇に隣接するキャビネットにも油汚れが付着していたので、新しいレンジフードを取り付ける前にしっかり掃除しておきました。

新しいレンジフードの設置の様子。
IMGP8049.jpg IMGP8050.jpg
あらかじめ引掛け用ビスを壁に仮固定して、レンジフード本体を引っ掛けました。

レンジフード本体に接続する排気ダクトの写真(左)。
IMGP8048.jpg
IMGP8051.jpg IMGP8054.jpg
ダクト接続前にスポンジパッキンを巻きつけて排気漏れをガード。 レンジフード本体は隣接する吊り戸棚と水平になるよう、水平器で調整、排気ダクトはアルミテープでしっかり固定しました。

排気ダクトの様子。
IMGP8056.jpg IMGP8055.jpg
アルミテープで接続している様子です。電源コードは排気ダクトに干渉しないように、しっかりダクトと離しています。電源コードが排気熱が伝わるのを防ぐためです。

前幕板の取り付けの様子。
IMGP8057.jpg

仕上げコーク処理の様子。
IMGP8060.jpg
IMGP8061.jpg IMGP8062.jpg
レンジフード本体とタイルの目地にはコーク処理。マスキングテープを使用して仕上がりもキレイにしました。

試運転を行いお客様に使用説明をさせていただき完成です。
IMGP8063.jpg IMGP8064.jpg
照明は5WのLED。調理には不便のない明るさです。
今回交換いただきましたキッチン換気扇はパナソニックFY-6HZC4-S。幅60cmタイプの低コストオススメ薄型タイプレンジフードです。ただいまこの機種がキャンペーン中なので、キッチン換気扇をご検討の方はいかがでしょうか。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



京都府京都市S様 電気温水器交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は京都府京都市にお住いのお客様より電気温水器の取替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設温水器の状況から。
IMGP9082.jpg IMGP9093.jpg
IMGP9099.jpg IMGP9105.jpg
東芝製HPL-3723M。丸型の370Lの温水器。今回新しく交換する電気温水器は角型の370Lを採用いただきました。早速止水栓を止めて古い温水器の撤去開始です。

新しい温水器の搬入、据付け。
IMGP9109.jpg IMGP8339.jpg
IMGP8340.jpg
広い納屋に設置されていたので、搬入も比較的ラクに運ぶことが出来ました。水平微調整をして設置します。

配管のやり直しの状況(1)
給湯配管の様子です。
IMGP9092.jpg
上記は既設温水器時の給湯配管。丸型の温水器は逃がし弁は外部に取り付けていたのですが、今回は角型になったことで逃がし弁は温水器本体に内蔵されています。よって配管経路も変更されることから配管のやり変えを行いました。

IMGP8329.jpg IMGP8331.jpg
使用する部材の紹介。既設給湯配管はHT13で配管。途中自在に曲げ配管のできるアルミフレックスに変更するため、上記のような継手を使用しました。HT側には金属ねじ山インサートソケットを使用、シールテープ + ヘルメシールの2重止水を施してアルミフレックス用継手にて変換しています。

IMGP8332.jpg
IMGP8336.jpg IMGP8337.jpg
IMGP8341.jpg
今回使用した自在に曲げる事が可能なアルミフレックス本体。耐熱温度は95℃まで対応する3層管なので、通常のポリエステル管とは異なり非常に耐久性の高い配管です。高温出湯の電気温水器にももちろん対応します。配管後は保温材を巻いて耐候テープにて化粧処理しました。

配管のやり直しの状況(2)
給水配管の様子です。
IMGP9107.jpg
上記は配管をやり直す前の状況。止水ゲートバルブも古かったので新しいものに交換しました。

IMGP8353.jpg IMGP8354.jpg
IMGP8365.jpg
HIの継手は耐久性の高い金属ねじ山インサートソケット使用。給湯配管同様にシールテープ + ヘルメシールの2重止水をしています。

リモコンの交換。
IMGP9084.jpg IMGP8357.jpg
温水器の隣にリモコンが設置されていたので、こちらも新しいものに交換。100V電源を入力したので、タイムスイッチがOFF時でもリモコンは24時間操作可能な状態です。

給湯・給水配管の接続の様子。
IMGP8343.jpg IMGP8347.jpg
IMGP8350.jpg IMGP8356.jpg
あらかじめ配管したアルミフレックを温水器本体に接続している様子です。 テーパー部には同じようにシールテープとヘルメシールにて2重止水処理。

電源接続の様子。
IMGP9134.jpg IMGP9133.jpg
IMGP9137.jpg
既設線が短く届かなかったので、配線を延長しています。延長接続部はリングスリーブにて圧着接続。

あとは本体全面カバーを取り付けて試運転を行い完成です。
IMGP9139.jpg IMGP8367.jpg
IMGP9102.jpg IMGP9132.jpg
今回交換いただきました電気温水器は三菱〝SR-376C〟370Lの角型温水器です。同時工事いただいた浴室水栓蛇口の交換も一緒に撮影。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府泉佐野市U様 キッチン換気扇交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府泉佐野市にお住いのお客様よりキッチン換気扇の交換工事にお伺いしました。ご依頼ありがとうございます。

既設レンジフードの状況です。
IMGP9142.jpg IMGP9145.jpg
ノーリツ製レンジフードKRB4-908SB。シロッコファンタイプのキッチン換気扇でした。早速古いレンジフードの撤去開始です。

既設キッチン換気扇の撤去後の様子。
IMGP9150.jpg
IMGP9153.jpg IMGP9154.jpg
下地は1面にコンパネが貼っていました。これなら新しいキッチン換気扇を設置する際も、新たに固定の補強をする必要もなくしっかり固定できそうです。キッチンパネルに張り付いていた目地用のコーキング材や油汚れなど新しいレンジフード設置前にキレイに掃除をしておきました。

固定ビス仮止め、本体固定アングル取り付け。
IMGP9155.jpg
IMGP9161.jpg IMGP9162.jpg
新しいレンジフードを設置する前の下準備。引掛けビスをあらかじめ壁に仮止めしておきました。しっかり位置を出しておかないと、その分レンジフード本体もズレが生じるので慎重に墨だしを行っています。レンジフード本体にもアングルを取り付け。これで下準備OKです。

いよいよ新しいキッチン換気扇の取り付け。
IMGP9163.jpg
IMGP9165.jpg IMGP9167.jpg
固定アングルに引っ掛けて仮止め。水平器を使用して本体が水平になるよう調整を行ってから固定します。あらかじめ壁に打ち付けていた固定ビスの他、数カ所にも固定ビスを打ち付けて、しっかり取り付けられていることを確認。

排気ファバラの延長。
IMGP9169.jpg
IMGP9171.jpg IMGP9172.jpg
既設排気ジャバラが短かったので延長することに。 延長接続部には継手ニップルを使用。本体・ニップル部共排気漏れの無いようにアルミテープをしっかり巻いて固定します。

前幕板の取り付け・固定。
IMGP9174.jpg IMGP9175.jpg
IMGP9177.jpg IMGP9179.jpg
薄型レンジフードの必須部材である前幕板はお客様宅によって長さが異なる部材です。こちらのU様は幅90cm、縦が70cmの幕板をご用意。もちろんこのサイズ以外でもラインナップがあります。 固定は上部については隣接するキャビネットに固定ラッチを取り付け。幕板をそのまま上から押さえ込んでカチッとはめ込みます。

コーク処理、仕舞い。
IMGP9181.jpg IMGP9183.jpg
IMGP9185.jpg IMGP9186.jpg
レンジフード本体とキッチンパネルの隙間目地には、コーキングで処理。マスキングテープを使用してコークの塗布量とラインが一定になるようキレイに仕上げました。

試運転を行いお客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP9187.jpg IMGP9190.jpg
今回交換いただきましたキッチン換気扇は、パナソニック【FY-9HZC4-S】 になります。本体はわずか35mmの薄さ、しかも省エネLED(5W)が装備されているスマートタイプレンジフード。ベーシックモデルなので価格も据え置きのおすすめ商品です。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府豊中市Y様 ビルトイン食器洗い乾燥機工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府豊中市にお住まいのお客様よりビルトイン食器洗い乾燥機の新設取り付け工事にお伺いしました。ご依頼ありがとうございます。

工事前の様子。この引き出しキャビネットを撤去して食洗機を取り付けます。
IMGP9437.jpg
IMGP9440.jpg IMGP9441.jpg
早速引き出しの撤去作業開始です。引き出しを取り外すとこんな状態。奥に茶色いパイプが立ち上がって見えるのが食洗機用の排水管です。 マンションにお住まいの方ですと、将来ビルトイン食洗機が取り付けれるよう排水管が付近まで配管されていることがあります。今回のY様宅でもそうでした。少し配管してあげれば排水はOKです!

給水接続の方は・・・
IMGP9445.jpg
写真はシンク下の様子です。キッチンの水栓蛇口から「給湯」が分岐できるようになっています。フレキシブル管で配管が必要ですが、工事は問題ありません。

給水配管の使用管、パッキン。
IMGP9448.jpg IMGP9449.jpg
IMGP9450.jpg
給湯の延長配管はフレキシブル管を使用。見合った長さにカットしてツバ出し機で製作。接続部のパッキンは今回給湯からの分岐なので、耐熱80℃のノンアスパッキンを使用しました。

給湯配管接続、仕舞い。
IMGP9451.jpg IMGP9460.jpg
フレキシブル管を通すための穴を開口、隣接する食洗機設置場所まで配管しました。開口した穴は化粧キャップにて仕舞い。普段見ることはないかと思いますが、この方が仕上がりもキレイです。

食洗機脚部の据付け。
IMGP9453.jpg IMGP9455.jpg
延長した給湯配管のフレキシブル管と排水パイプが脚部内に配管されています。排水は耐熱用のHT20にて配管。隣接するキャビネットに脚部をしっかり固定します。

いよいよ食器洗い乾燥機本体の据付です。
IMGP9456.jpg IMGP9454.jpg
キッチン天面に食洗機の排熱が干渉しないようフィラーを取り付けて慎重に食洗機を入れ込みました。

各配管の接続。
IMGP9459.jpg
脚部内に給湯および排水配管が容易に点検できるようなつくりになっています。試運転中でも水漏れがあった場合でもすぐに対応ができます。

試運転と最後にお掃除。
IMGP9461.jpg IMGP9463.jpg
お掃除は工事と同じくらい大切なこと。お伺いした時よりもキレイに掃除するよう心がけています。

お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP9466.jpg IMGP8433.jpg
只今当店でビルトイン食洗機を設置いただいたお客様にプレゼントとして、「庫内クリーナー」も一緒にお渡しさせていただきました。

今回取り付けいただいたビルトイン食器洗い乾燥機は、パナソニック【NP-45MD6S】になります。本来は機器はメーカー1年間になりますが、追加で5年間の延長保証もご加入いただきました。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府大阪市M様 キッチン換気扇交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府大阪市にお住まいのお客様よりキッチン換気扇の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設レンジフードの状況です。排気が横抜きのタイプでした。
IMGP7678_20140811201216a4c.jpg
IMGP7683.jpg IMGP7686.jpg
今回はこの横向き排気の対応できるリンナイの薄型レンジフードでの設置工事です。

既設換気扇撤去の様子。
IMGP8412.jpg IMGP8413.jpg
古い換気扇を取り外した後は、隣接する吊り戸棚に付着した油汚れをしっかり掃除してキレイにしました。

下地補強の様子。
IMGP8415.jpg IMGP8416.jpg
IMGP8419.jpg
コンパネ下地が入っていなく、このままでは新しいレンジフードを取り付ける事が出来なかったので新たに12mmのコンパネ材を固定。換気扇の固定ビスがしっかり打ち込めるようにしています。

新しい換気扇の取付け。
IMGP8422.jpg
コンパネ補強した事により、レンジフード本体もしっかり取り付ける事ができました。

排気ジャバラ接続の様子。
IMGP8424.jpg
IMGP8425.jpg IMGP8426.jpg
排気ジャバラはアルミテープで固定。ジャバラを使用して既設の排気筒と位置がズレた分、調整しています。

電源線の様子。
IMGP8428.jpg IMGP8429.jpg
電源コードは排気ジャバラに接触、干渉しないよう立ち下がり部はステップル固定。余った長さは本体にアルミテープにて固定しました。

前幕板取付け。
IMGP8431.jpg IMGP8432.jpg
リンナイの薄型タイプレンジフードの前幕板はスライド方式。幕板の長さを自在に調整が可能です。

目地仕舞いの様子。
IMGP8435.jpg
レンジフード本体と壁面キッチンパネルの目地にはコーク処理。細かい仕上げも大切な作業です。

お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP8441.jpg
IMGP8443.jpg IMGP8437.jpg
今回交換いただきましたキッチン換気扇は、リンナイKLR-3S-AP601RBK。薄型レンジフードの最大の特長であるお手入れのしやすさはもちろん、操作部がソフトタッチ式で凹凸のないボタンなので拭き掃除も楽々です。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府豊中市T様 電気温水器交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府豊中市にお住いのお客様より電気温水器およびキッチン水栓蛇口の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設温水器の状況です。
IMGP8925.jpg IMGP8933.jpg
三菱製SRG-4641。マンションにての交換です。廊下PS内に設置されていたので、共用廊下にはブルーシートを敷いて養生してから作業を行いました。

既設電気温水器の撤去。
IMGP8953.jpg IMGP8954.jpg
IMGP8955.jpg
早速タンク内のお湯を抜いて撤去作業開始です。長い間お疲れさまでした。

木製架台の補強。
IMGP8957.jpg IMGP8960.jpg
温水器は木枠を組んでかさ上げしていたようです。その木枠の架台が傷んでいたので、新しい温水器を設置する前に補強することに。

IMGP8964.jpg IMGP8971.jpg
特に奥側が傷みが激しかったので、コンパネ材を敷く前にかさ上げした脚を補強し直してコンパネ材がフラットになるようにしました。12mmのコンパネ材を新しく設置、歪みもなくフラットに取り付けることが出来ました。

新規電気温水器の設置。
IMGP8972.jpg IMGP8973.jpg
傷1つ付けることなく搬入完了。木枠架台の補強のおかげで温水器も水平に設置することが出来ました。

各配管のやり直しの状況。
まずは減圧弁から。
IMGP8996.jpg
これは既設減圧弁です。配管も排水用VP管を使用しており、さらにプラスチック製のねじ山のソケットで接続されていました。これはあまり良くはないやり方です。

新規減圧弁、配管接続など。
IMGP8959.jpg IMGP8958.jpg
IMGP8962.jpg
減圧弁も消耗部品です。新しい弁に交換しました。接続配管は今度は給水用HIを使用。さらに金属ネジ山のインサートソケットを使用したので耐久性も非常に高いものになっています。

給水配管の様子。
IMGP8976.jpg IMGP8990.jpg
IMGP8999.jpg IMGP9001.jpg
減圧弁本体の設置場所にも問題があったので、給水配管もやり直しました。HIの継手は減圧弁同様金属ねじ山インサートソケット。接着剤もHI専用のものを使用。給水配管が完了すれば保温材を巻いて、その上から耐候テープにて化粧処理しています。

各配管のやり直しの状況(2)。
次は逃し弁。
IMGP8942.jpg
上記写真は既設逃し弁。接続部からお湯が漏れて激しく傷んでいました。

新規逃がし弁の設置、取り付け。
IMGP8978.jpg IMGP8984.jpg
IMGP8975.jpg IMGP9013.jpg
逃し弁も温水器本体(丸型タイプ)交換の際に是非とも一緒に交換いただきたい部品です。この逃し弁が故障すると、継続して水が排出されたり、最悪タンク下部から出ているホースから強制的に排水がでるなどの症状が起こります。今回も新しく逃がし弁を交換させていただきました。接続部には2重止水処理としてヘルメシールも塗布しています。

各配管のやり直しの状況(3)。
次は排水用ゲートバルブ。
IMGP8951.jpg
こちらも減圧弁同様にプラスチック製のねじ山ソケットを使っていました。

IMGP9002.jpg
IMGP9005.jpg IMGP9008.jpg
止水ゲートバルブも新しいものに交換。排水までの配管はフレキシブル管で延長しました。

電源線は既設配線を流用しています。
IMGP9017.jpg IMGP9018.jpg

配管完成。作業後の掃除。
IMGP9011.jpg IMGP9019.jpg
減圧弁も規定の高さまで上げることができ、保温処理もキレイに行うことが出来ました。作業後の掃除は来た時よりもキレイにを心がけて掃除します。

試運転を行い、お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP9020.jpg
IMGP9025.jpg IMGP9026.jpg
IMGP9028_20140830104243e21.jpg IMGP9080.jpg
今回交換させていただきました電気温水器は三菱〝SR-375C〟。マイコンレスタイプで低価格なので古くなった温水器の取替をご検討の方にはオススメ機種です。同時工事いただいたキッチン水栓蛇口も一緒に撮影。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府枚方市I様 キッチンレンジフード交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は枚方市にお住まいのお客様よりキッチン換気扇の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設キッチン換気扇の様子。
IMGP7999.jpg IMGP8002_20140811184042666.jpg
シロッコファンタイプのブーツ型レンジフード。ナショナルFY-60HL4BL1。写真右のように前カバーを外すとカタツムリ状のファンが備わっていたらシロッコ換気扇です。これから薄型スマートタイプ換気扇に交換します。

既設換気扇撤去の様子。
IMGP8006_20140811184044859.jpg IMGP8008.jpg
IMGP8009_20140811184047601.jpg
既設レンジフードをを取り外した直後(写真左)。 横に流した桟木のみの下地だったので、コンパネを用意して寸法切り。新しいレンジフードの引掛け金具もしっかり固定できるよう補強しました。(写真下)

レンジフード引掛け、固定の様子。
IMGP8011.jpg IMGP8014_20140811184055741.jpg
レンジフード本体に隣接する吊り戸棚と水平のバランス合わせ、水平器を用いて固定しました。

本体固定、排気ジャバラ接続。
IMGP8015.jpg IMGP8018_20140811184058019.jpg
アルミテープで排気ジャバラ接続。

前幕板の取り付け。
IMGP8020_201408111841003a5.jpg IMGP8022_201408111841073a6.jpg
IMGP8021_20140811184105cf8.jpg
前幕板の取り付けの様子。隣接する吊り戸棚上部に幕板固定の「ラッチ」を固定。

コーク処理の様子。
IMGP8026.jpg
IMGP8025_20140811184108baa.jpg IMGP8027_20140811184111469.jpg
レンジフード本体とタイルの目地にはコークで処理しました。マスキングテープを使用して、コークの塗布量とラインが均一になるようキレイに処理しました。

試運転を行い、お客様に使用説明をさせていただき完成です。
IMGP8031_20140811184118ce1.jpg IMGP8030_201408111841195b4.jpg
今回交換いただきましたレンジフードはパナソニックFY-6HGC3-S。凹凸のない操作ボタンだから、掃除もお手入れもしやすいモデルです。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。


兵庫県伊丹市T様 IHクッキングヒーター工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県伊丹市にお住まいのお客様より、IHクッキングヒーター、キッチンレンジフード、ビルトイン食器洗い乾燥機、ダイニング天井扇の取替え工事にお伺いしました。

その時のIHクッキングヒーター工事の様子です。工事前はビルトインコンロ。
IMGP8713.jpg IMGP8707.jpg
ビルトインコンロは、タカラスタンダードRBG-30WVMS-B。キッチンレンジフードの交換前の状況も一緒に撮影。

ビルトインコンロ取り外し、ガス閉栓の状況。
IMGP8184_2014082508224657a.jpg IMGP8186_20140825082248906.jpg
IMGP8189.jpg IMGP8275.jpg
早速ビルトインコンロの取り外し。キッチン天面にこびりついた油汚れをキレイに磨いて掃除しました。ビルトインコンロに接続していたガス管は、プラグにて閉栓。接続にはニュータイトを使用しています。

IHヒーター配線の状況。
IMGP8303.jpg IMGP8190_2014082508225180e.jpg
IHクッキングヒーターは200V仕様の為、分電盤から専用の回路が必要です。今回は床下からの配線を行いました。分電盤付近の天井点検口から床下に配線を立ち下ろしている様子。

配線立ち上げ。
IMGP8722.jpg IMGP8203.jpg
IMGP8762.jpg IMGP8763.jpg
床下へは、クローゼット内に点検口があった為、そこから床下へ入り込み配線。キッチンの立ち上げには、給水立ち上げ配管の箇所から電線を立ち上げました。キッチン内に立ち上げる事が出来たので、配線は露出することなく隠ぺい配線が出来ました。 分電盤に新設でIHクッキングヒーター専用ブレーカ(200V 30A)を設置。テスターにて電圧測定しています。

IHクッキングヒーター専用ブレーカ取付。
IMGP8206_20140825082258cdd.jpg IMGP8207.jpg
IMGP8766.jpg
IH専用コンセントのつなぎ込み。アースはビルトイン食器洗い乾燥機の既設アースから分岐接続。コンセントを取り付けた後は、テスターにて電圧測定(200V)を実施。

IHクッキングヒーター据付けの状況。
IMGP8277.jpg IMGP8278.jpg
IMGP8282.jpg IMGP8281.jpg
キッチン天面開口部に慎重にIHを入れ込みます。本体固定は前後2ヶ所固定。増し締めを行ってIH本体が動かないよう確認しました。

部品の取り付け。
IMGP8280.jpg IMGP8285.jpg
IMGP8291.jpg
グリルパネル、操作パネルの取り付け。今回設置いただいたIHはパナソニック製のラクッキングリルが装備されたもの。グリルの庫内がフラットなので、お手入れ性は群を抜いてラクラクに掃除できるようになっています。

試運転を行い、お客様に使用説明をさせていただき完成です。
IMGP8293.jpg IMGP8295.jpg
一緒に交換させていただいたキッチン換気扇と一緒に撮影。工事いただきましたIHクッキングヒーターは、パナソニックKZ-T773S。幅75cmの左右オールメタルタイプのIH。レンジフードもエコナビ機能が装備されたもので、IHを動かすとレンジフードも連動して動き出すタイプ。風量も自動調整してくれます。スイッチの切り忘れもありません。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



兵庫県伊丹市Y様 キッチン換気扇交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県伊丹市にお住まいのお客様よりキッチン換気扇の交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

既設換気扇の現状の様子。
IMGP8206.jpg IMGP8210.jpg
FVA-753T。富士工業製のプロペラ式換気扇でした。 こちらをシロッコファンタイプの換気扇にこれから交換します。早速、古いレンジフードの撤去開始です。

古い換気扇撤去後の様子。
IMGP8212.jpg
シロッコファンへ移行の際は、既設プロペラ換気扇が設置してあった開口部に「リニューアル部材キット」を取り付ける必要があります。

リニューアル部材キットの取り付け。
IMGP8214.jpg IMGP8215.jpg
プロペラ換気扇開口部に白色の不燃枠を取り付けます。枠は木製であることから、リニューアル部材設置の場合はこの木枠に不燃材を貼り付けることが推奨されています。

リニューアル部材キットの取り付け。
IMGP8216.jpg IMGP8217.jpg
シロッコファンいなると、丸型排気ジャバラで排気を行うため、排気ジャバラが接続できるリニューアルキットを取り付けました。

新しい換気扇の取り付け。
IMGP8220.jpg
今回採用いただいたのは、パナソニック製薄型スマート型レンジフード。換気扇を固定する下地もコンパネ材が壁1面に貼り付けてあったので、しっかりと本体を固定することができました。

排気ダクト、電源コード仕舞い。
IMGP8224.jpg IMGP8227.jpg
リニューアル部材キットを使用したことにより、プロペラ換気扇の四角い開口部に排気ジャバラを接続することができました。電源コードは、排気ジャバラに接触・干渉しないよう壁のコンパネ材にステップる固定。

前幕板固定部材の取り付け。
IMGP8229.jpg IMGP8228.jpg
IMGP8230.jpg
換気扇本体に隣接する吊り戸棚上部に毎幕板固定用の「ラッチ」を取り付けます。ラッチの取り付け位置がずれると、幕板も同じようにずれて見栄えも悪くなるので固定位置には十分注意して設置しました。

コーク処理・仕上げの様子。
IMGP8231.jpg IMGP8233.jpg
IMGP8232.jpg
レンジフードとキッチンパネルの目地にはコーク処理にて仕上げ。マスキングテープを使用して、コークラインと塗布量が均一になるような仕上げを心がけました。細かい最終仕上げもいい加減な仕上がりになったらせっかく新しい換気扇を交換しても、質の高い工事で仕上げたとは言えません。

試運転を行い、お客様に使用説明をさせていただき完成です。
IMGP8238.jpg IMGP8237.jpg
今回交換いただきましたキッチン換気扇は、パナソニックFY-7HZC4-Sです。 本体幅はわずか35mm、照明はLED搭載ながらコストパフォーマンスに優れたキッチン換気扇です。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



兵庫県伊丹市T様 ビルトイン食器洗い乾燥機交換工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県伊丹市にお住まいのお客様より、IHクッキングヒーター、キッチンレンジフード、ビルトイン食器洗い乾燥機、ダイニング天井扇の取替え工事にお伺いしました。

その時のビルトイン食器洗い乾燥機交換工事の様子です。
IMGP8191.jpg IMGP8195_20140825091136a78.jpg
IMGP8305.jpg IMGP8202.jpg
早速既設食洗機の撤去作業開始です。古い食洗機はタカラスタンダードTDW-45A3。プルオープン式の食洗機。長い間お疲れ様でした。撤去後には給水および排水配管が確認できます。

ガスコックの取り外し、撤去。
IMGP8257.jpg IMGP8259.jpg
IMGP8261.jpg IMGP8288.jpg
ちょうど食洗機設置位置の後方にキッチン天面に立ち上がっているガスコックがありました。既設の食洗機は奥行が短くこのガスコックに干渉しなかったのですが、今回は食洗機本体の奥行が長くなったためこのガスコックに干渉してしまいます。お客様のご了承のもと、このガスコックを撤去して新しい食洗機が入るようにしました。撤去した後の開口は化粧キャップにて処理。

食洗機脚部の組み立て。
IMGP8211.jpg IMGP8214_20140825091158090.jpg
食器洗い乾燥機を据え置く脚部の組み立て。この脚でお客様のキッチンに見合った高さに調整。

脚部をキッチンに入れ込み、排水配管のやり直し。
IMGP8265.jpg IMGP8262.jpg
排水は配管をやり直し、新しい食洗機に見合った長さに調整しました。使用部材は耐熱用HTにて処理。接着剤も専用のものを使用しています。給水配管は既設のまま流用することが出来ました。

食洗機本体の入れ込み。
IMGP8264.jpg

各配管接続の状況。
IMGP8283.jpg IMGP8284.jpg
給水・排水管の接続。食洗機下部はこのように容易に点検できるようになっています。

試運転を行い、お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP8294.jpg IMGP8298.jpg
今回交換いただきましたビルトイン食器洗い乾燥機は、パナソニックNP-45MD6S。エコナビ機能搭載の人気モデルで、食器の量や汚れをセンサーで感知、使用水量を自動で調整してくれる節水タイプの食洗機です。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。



大阪府堺市F様 レンジフード取替工事
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府堺市にお住いのお客様よりキッチンレンジフードの取替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

まずは既設のレンジフードの状況から。
IMGP8821.jpg IMGP8825.jpg
ミカド製FLS-60。幅60cmタイプのシロッコファンです。 前カバーを外して写真右のようなカタツムリ状のファンがあったらシロッコファンになります。今回は薄型スマート型のレンジフードに交換です。

早速古いキッチンレンジフードの取り外し開始です。
IMGP8827.jpg IMGP8828.jpg
IMGP8830.jpg IMGP8832.jpg
古い換気扇を取り外した後は、隣接するキャビネット吊り戸棚に付着した油汚れをしっかり掃除してキレイにしました。 下地は12mmのコンパネ材。壁1面に張っているので、新しいレンジフードを取り付ける際もこのコンパネ材にしっかり固定できそうです。
ただ、今回は写真右下のように、換気扇が吊り戸棚より高さが下がった状態。タイルも換気扇に沿ってカットされています。吊り戸棚から約10cm下がり。レンジフード本体は3.5cmになるので、その分隙間が生じます。このような場合は横幕板が必要です。

レンジフードを取り付ける前の下準備。
IMGP8833.jpg IMGP8834.jpg
壁面にレンジフード固定用ビスを仮止め。換気扇本体には固定用ビスを引っ掛けれるようあらかじめアングルを取り付けています。

横幕板の取り付け。
IMGP8835.jpg IMGP8836.jpg
前述のとおり、今回のF様宅では横幕板が必要ですので、引っ掛ける前に換気扇本体に仮止めしている様子です。ちなみに当店HPでは前幕板はセットにて販売していますが、横幕板はお客様によっては必要のない場合もありますので別売品とさせていただいています。

いよいよレンジフードの取り付けです。
IMGP8837.jpg IMGP8838.jpg
レンジフードに隣接した吊り戸棚が換気扇本体よりも少し上がった状態なのがわかりますでしょうか。この隙間の為に横幕板が必要になります。

排気ジャバラの接続の様子。
IMGP8840.jpg IMGP8845.jpg
接続口には排気もれ防止パッキンをあらかじめ取り付け。接続にはアルミテープでしっかりと固定しています。

横幕板の取り付け。
IMGP8847.jpg IMGP8848.jpg
幕板固定は上部は隣接するキャビネット吊り戸棚に固定ラッチをあらかじめ取り付け。下部はレンジフード本体に固定します。

仕上げのコーク処理の様子。整流板の取り付け。
IMGP8849.jpg IMGP8850.jpg
レンジフードとタイル面の目地にはコーク処理を施してます。マスキングテープを使用してコークの塗布量とラインを均一にしてキレイにコーク処理を行っています。

試運転を行って、お客様に使用説明させていただき完成です。
IMGP8854.jpg IMGP8852.jpg
今回取替えいただきましたキッチンレンジフードは、パナソニック【FY-60DED1-S】です。エコナビ機能搭載で、風量を自動調整、スイッチの切り忘れなども防止してくれます。

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。





プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: