FC2ブログ

兵庫県西宮市I様 電気温水器交換工事

電気温水器
03 /24 2015
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は兵庫県西宮市にお住まいのお客様より電気温水器の取替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます。

マンションでの交換工事でした。
IMGP3941_2015032319073702a.jpg
既設温水器は三菱製【SRG-4643-BL】 460Lの丸型温水器でした。今回は同じ三菱製丸型温水器で460Lに交換です!


タンクの中のお湯をカラにして既設温水器を取り外し撤去。
IMGP3952.jpg IMGP3951_20150323190739899.jpg
95年製の電気温水器でした。長い間おつかれさまでした。。。

新しい電気温水器の搬入中です。
IMGP3955_20150323190742dbd.jpg IMGP3956_20150323190736a48.jpg
床を養生しながら慎重に搬入。洗面所の中に設置されていたので搬入経路が狭く洗濯機を一旦取り外しての搬入になりましたが、無事搬入することができました。

温水器の固定は既設のアンカーボルトがそのままの位置で流用出来たので、利用して固定することに。
IMGP5891.jpg
しっかり固定することが出来ました。

給水配管のやりかえ。
IMGP5893_201503231908007eb.jpg IMGP5899.jpg
止水バルブの劣化や、外付け減圧弁の位置がイマイチ良くなかったので、配管のやり替えを行いました。温水器と給水パイプの接続には写真の茶色のパイプ(絶縁パイプ)を使って配管。保温材もシッカリキレイに巻き直しました。

外付け減圧弁の交換。
IMGP5900_20150323190808830.jpg IMGP5901_20150323190809147.jpg
減圧弁や逃がし弁も消耗品の一つ。温水器本体の交換の際に一緒にこれらの弁も交換することをオススメしています。後で弁を交換すると、それだけで工事費が高くかかってしまいますが、同時に工事することによって工事費も結果安く収めることもできます。減圧弁の接続ソケットには耐久性のある金属ねじ式継手を使用。コストの安いプラスチック製の継手は耐久性もあまりないので、当店ではそのような部材は使用しません。

給湯配管の様子。
IMGP3957_20150323190751fd8.jpg
IMGP3958.jpg IMGP3962.jpg
給湯配管には、耐熱パイプHT20を使用しています。温水器本体上部に取り付ける逃がし弁も新しいものに交換しました。給水同様保温材も余すとこなく巻いています。

保温材の仕上がり具合。
IMGP3967.jpg
IMGP3964_20150323190748acf.jpg IMGP3971.jpg
既設には給水部には保温材を巻いていませんでしたが、今回はしっかりと保温工事を行いました。

排水工事。
IMGP3975.jpg
排水部は、既設排水管へ流し込めるようにフレキシブル管を使用して配管。温水器に取り付けた止水栓バルブも新しいものに交換しています。

配管工事が完了したら、一旦タンクの中を満水にして各配管からの水漏れがないかしっかりチェック。
IMGP5903_20150323190811a94.jpg IMGP5904_20150323190812747.jpg
各配管をやり変えたので、減圧弁のフィルターにゴミが溜まっていました。水圧にも影響しますので、しっかりフィルターもキレイに掃除しておきました。

完成です!!
IMGP3974_20150323190803ac9.jpg
今回交換いただきました電気温水器は三菱【SRG-465C】になります。ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 241.000円(税込)
– 工事内容 –
・SRG-465C取付工事費 : 208.000円
・既設電気温水器撤去・処分
・減圧弁・逃し弁および配管部材 : 33.000円






スポンサーサイト



ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。