FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪府豊中市H様 電気温水器取り替え工事
こんにちは!ズオーデンキ森崎です。

今日は朝からくもり空。。毎日の通勤途中で愛車からいつも綺麗に見える、
万博公園エキスポシティで建設中の観覧車もぼんやりとしか見えません。。
DSC_0799_20160525163438335.jpg
大きさは日本最大とのことで、ご家族で行ってみてはいかがでしょうか?


さて、今回は大阪府豊中市におすまいのお客様より電気温水器の取り替え工事のご依頼を頂きました。
ありがとうございます。

まずは工事前の様子です。漏水が止まらないとのことで大変お急ぎでした。
震災の影響により在庫切れが心配されましたが、運よくメーカーさんに在庫があり迅速にご対応できました。
RIMG1044.jpg
お住いは分譲マンションの5階。玄関扉横のパイプシャフトスペースに設置されています。


配管を外して既設品を撤去。外した後はゴミなどをとりキレイにお掃除。
RIMG1045.jpg RIMG1048.jpg
赤いハンドル部が電気温水器専用の止水栓。バルブが劣化し固着していたので新しく交換しました。
せっかく電気温水器を交換するのでこういった所もきちんとメンテナンスしておくと長持ちしますね!


新しい電気温水器。マンションですが共用廊下は広かったため、搬入・搬出ともに問題ナシです。
RIMG1046.jpg RIMG1054.jpg
あとは、配管もごっそり交換。丸形タイプに必ず必要な『逃し弁』『減圧弁』も消耗品なので交換をします。


『減圧弁』は、電気温水器上部の左側に見える金色の部材で
本体左側に見えるベージュの2本の配管は、止水栓と本体をつなぐ給水管です。
RIMG1056.jpg RIMG1063.jpg
足元の止水栓から上部まで給水管を引き上げ、
『減圧弁』を接続(右画像)してまた下ろして電気温水器本体に接続します。(左画像)
『減圧弁』は高い位置に取付をしないと、お使いの際水圧が低くなってしまう恐れがあるためです。


次は『逃し弁』。丸い本体上部の中央に接続し、ここから排水できるよう本体下部まで配管を下ろします。
RIMG1057.jpg RIMG1058.jpg
沸き上げ時は常に真空状態なので、熱による電気温水器の膨張・破損を防ぐため『逃し弁』で圧を逃がします。


取り付け完了です!!
RIMG1066.jpg
既設の配管には保温剤が巻かれていなかったので、
新しい配管には凍結を防止するためしっかりとアイボリー色の保温テープを巻き付けてあります。




今回お取り付けしたのは、三菱製の丸形370Lマイコンレスタイプ【SR-375CM】です。
深夜電力契約対応の機種です。

ご依頼ありがとうございました!!!



当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 233,000円(税込)– 工事内容 –
・SR-375CM 取付工事費込み200,000円 (定価: 285,120円)
・配管部材一式交換  33,000円






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zuodenki.blog10.fc2.com/tb.php/1233-53e36008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: