FC2ブログ
ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
大阪市東住吉区Y様 洗面化粧台お取替え工事
こんにちは!ズオーデンキの森崎です。

今回は、大阪市東住吉区にお住まいのリピーター様より洗面化粧台のお取替え工事を
ご依頼いただきました。ありがとうございます!


お電話頂いた時にはシャワー水栓のホースから水漏れが発生しており大変お困りでしたので
大急ぎでなんとかご対応させて頂きました。

どうせ変えるなら蛇口周りに汚れのたまりにくい『壁付き水栓タイプ』にしたいとのご要望。
LIXIL製のピアラシリーズをお取り付けすることになりました。


交換前の洗面化粧台がこちら。下の扉を開けると真ん中に排水管と棚がありますね。
① ③
この排水管を避けて棚を置かないといけないので、思うような収納がなかなか難しかったのですが、

新しい洗面台は向かって右奥に位置を移動させますので、
お好きなカゴで収納することができるようになります♪


それでは工事の様子をご報告します!!


①既設の洗面台撤去


まずは上部のミラーキャビネットを取り外し、そのあと給排水管を化粧台本体から外して撤去します。
④ ⑤
グレーの配管は、中央部にある排水穴を右奥へ位置をずらすための排水管。
この後取り付ける化粧台の底板の高さあたりでカットして接続します。


②据え付け前の準備~水栓金具の取付~


シャワー式の水栓蛇口を新しい洗面台に取り付けするのは新人君のお役目です。
最近は先輩に見守られながら食洗器やトイレの取り付けで活躍しております!
⑥ ⑦-1 
⑦-2
施工説明書をよく見ながら組み込みます。


③化粧台の設置~給水管・排水管の接続~


化粧台を据え付けします。傷がつきやすいので注意を払いながら慎重に搬入しました。
⑧ ⑨-2
奥中央見えるのがお湯側とお水側の給水管です。
右側にグレーの配管が見えますね。
先ほど位置をずらした排水管とこちらの本体付属の排水管を接続しました。


④ミラーキャビネットの取り付け


洗面台上部にミラーキャビネットを取り付けます。
こちらも大変重量があるので細心の注意を払い設置固定します。
⑩ 
1面鏡の両脇に収納棚があるタイプは、すぐに歯ブラシなどにホコリがついてしまうということで
お客様のご希望により扉の内側にすべて収納できる3面鏡タイプをお取り付けしました。


⑤完成


取り付け完了です!!
洗面化粧台と壁の隙間にはマスキングテープにより丁寧にコーキングを塗布しました。
⑫ ⑬
下部の収納スペースは排水管位置をずらせたことで広く確保できています。


今回ご採用頂いた商品は、リクシル(イナックス)製ピアラ【AR1N-755SY】。

こちらは、洗面器が角型になっており底が平らで大きくなっています。
そのためつけ置き洗いをよくされる奥様には持ってこいの代物ですね!!

ジャバジャバ朝シャンするお年頃の娘・息子さんのおられるご家庭にもオススメの洗面化粧台です!!

ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。


費用総額: 117,000円(税込)
– 工事内容 –
・取り付け工事費(商品代コミコミ) 117,000円
・化粧台本体 AR1N-755SY/VP1  (定価:119,124円)
・ミラーキャビネット(三面鏡/LED照明) MAP1-753TXJ (定価:62,424円)
・既設洗面化粧台撤去・処分費込み


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zuodenki.blog10.fc2.com/tb.php/1269-8b2020cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: