ズオーデンキ スタッフブログ
㈱ズオーデンキのスタッフによる、工事工程などの紹介ブログ
マイクロバブル入浴付きエコキュート工事(京都府亀岡市N様)
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は京都府亀岡市にお住まいのお客様より、エコキュートからエコキュートへの交換工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます!
当店の強みとしてエコキュート工事ならとってもお得なプランを用意しています。工事10年保証はもちろん、商品の10年保証ももれなく無料で付いてきます。高品質な部材の使用はもちろん、さらに別売品のリモコンや脚部カバーまでセットでコミコミ。基本的には配管延長など除けばホームページの料金でご依頼いただけるよう心がけています!

まずは工事前の様子です。
RIMG0349.jpg RIMG0350_20180208214925e46.jpg
既設エコキュートは、三菱【SRT-HP37WF】。 370Lの追いだき機能付きフルオートエコキュートでした。今回は当店で人気の高いダイキン高圧タイプの460Lエコキュートに交換です。このエコキュートはオプションで入浴の快適性を高める「マイクロバブル入浴」を搭載したタイプ。別途料金でマイクロアダプター工事も承りました。



早速既設エコキュートの取外し作業開始です。
RIMG0348.jpg RIMG7038_20180208214928057.jpg
2人で搬出するには重たい商品でしたが、搬入・搬出経路も広く問題なく撤去完了。当店は取り外したエコキュートは処分費用コミコミ。工事完了後にそのまま持ち帰らせていただきます。



新しいエコキュートの据付の様子です。
RIMG0351.jpg RIMG7043_20180208214930e8d.jpg
RIMG7041_20180208214933f7e.jpg
タンクが満水になると400kg以上の重さになるエコキュート。コンクリート基礎にしっかりと固定アンカーを打ち込みます。タンクを一度基礎の上から外しドリルで穴を開けアンカーを打ちます。太さは4分アンカーを使用。スプリングワッシャーも使っているのでボルトの緩む心配もありません。 ダイキンエコキュートはこの固定ボルトが3箇所あります。



基本的に既設配管は流用しますが、配管の保温材の劣化が心配だということで、ご要望で新しく配管に保温材を巻き直しました。
RIMG0352.jpg RIMG0362_20180208214936058.jpg
RIMG0391.jpg
当日もかなり寒く、配管も凍結しやすそうでしたので厚みのある保温材をご用意。仕上げに対候テープを巻いて仕上げています。給水・給湯・追いだき配管を新しい保温材を巻きました。こちらの保温材工事はお客様のご希望の内容でしたので、オプション工事とさせていただいています。



各配管接続工事の様子です。
RIMG7044_201802082149390d8.jpg RIMG0357_201802082149405b1.jpg
RIMG0370_201802082149425ab.jpg
既設は配管に保温材も巻いていない状態でしたので、新しい配管にはしっかりと配管接続部の根元まで保温材を巻いています。わずかな放熱ロスも逃がさないよう心がけています。



お湯をつくるヒートポンプユニットは貯湯タンクユニットの裏隣に取り付け。
RIMG0356_201802082149434ff.jpg RIMG0366_20180208214946330.jpg
RIMG0361.jpg
ヒートポンプに使用した配管はアルミ3層管を当店では標準使用しています。この配管は安価なポリエチレン管とは違い、耐熱温度も95度と非常に高性能で耐久性の高い配管です。高温の湯が行き来するので、高品質な配管を使用しています。



マイクロバブル入浴の工事の様子です。アダプターおよび機能部を取付けています。
RIMG7050_20180208214948c78.jpg RIMG0371.jpg
RIMG0378_201802082149512f3.jpg RIMG0381_20180208214952626.jpg
リモコンの左下の小さな白い四角い箱が、アダプターに空気を送り込む機能部(吸気ユニット)です。
image_201802082153062ed.png
マイクロバブルの特長は、吸気ユニットから取り入れた空気が、約0.005~0.05ミリの微細な泡となり浴そう内に噴き出します。マイクロバブル入浴は、お肌にすべすべのうるおい感をもたらすと言われており、微細な泡の働きによる温熱効果でポカポカ感が得られます。 写真はアダプターからバブルが出ている様子がよくわかりますが、実際には肉眼では確認しにくいほど細かな気泡です。ジェットバスのような勢いはありません。



こちらは貯湯タンクニットの脚部カバー取り付けの様子。定価1万円以上するこの脚部カバーも当店ではセットコミコミ。標準で付いてきます。
RIMG0369_2018020821501711f.jpg RIMG0359.jpg
RIMG0389_20180208215023768.jpg
ダイキンは鋼板製を使っています。配管がカバーに干渉する箇所をカット。メーカーがカットしやすいよう切り目が元々付いている脚部カバーですが、切り目の部分を使用するとかなり大きな開口になり見栄えも損ないます。当店は配管が干渉する部分だけをカット。キレイな仕上がりになるので施工もこだわりを持って行っています。 さらにカットした箇所はサビで腐食しないよう防腐スプレーを塗布。細かな作業ですが長く安心してご使用いただけるよう心がけております。



試運転を行い完成です!!
RIMG0392.jpg
今回交換いただきましたエコキュートは、ダイキンの460Lパワフル高圧エコキュート(追炊きフルオートタイプ)【EQ46TFV】です。
今回の工事所要時間は AM9:00~PM4:30 でした。
エコキュートからエコキュートへの取替え工事は新設工事と比べてコンクリート基礎工事や電気配線工事が不要なので、工事も1日で完了、その日にお湯も使うことが出来ます。
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 468.000円(税込)
– 工事内容 –
・エコキュート EQ46TFV 取付工事費込み: 438.000円 (定価: 966.600円)
・インターホンリモコンセット BRC083A1 コミコミ(定価: 48.600円)
・貯湯タンクユニット脚部カバー コミコミ(定価:10.800円)
・マイクロバブル入浴工事(材・工共): 30.000円
・配管保温材新規巻き直し: 9.000円
・交通諸経費: 6.000円
・期間限定お値引き: -15.000円
・工事10年保証コミコミ (保証書発行)
商品10年保証コミコミ (保証書発行)
・既設エコキュート撤去・処分費コミコミ








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zuodenki.blog10.fc2.com/tb.php/1691-e9569435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
スタッフによる、太陽光発電システムの施工ご紹介や、オール電化、設備機器の取り付け工事などの日記のブログです。
当店のホームページも併せてご覧ください。




カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: