FC2ブログ

EV/PHEV充電器・充電ホルダー新設取り付け工事(大阪府茨木市S様)

EV・PHEV自動車充電設備
08 /16 2018
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府茨木市にお住まいのお客様より自動車(EV・PHEV)充電設備の取付け工事のご依頼を頂きました。ありがとうございます。

まずは工事前の様子です。
RIMG3765.jpg
今回は、充電コンセントをカーポートの柱に固定。コネクターホルダーや、コントロールボックスホルダーも追加で取り付ける工事内容です。200Vで分電盤からの専用電源配線工事が必要となります。



まずは、専用電源配線工事から開始。今回は洗面所の分電盤から電源を取ります。
配線が露出しないよう、外部まで床下配線を行いました。電線は、地面に接触しないよう床の根太などにステップル固定。普段お客様が見ることの無い箇所ですが、このような細かな箇所もキレイに工事することを心がけています。
IMGP6569_20180816135503e90.jpg RIMG3740.jpg
RIMG3748_201808161355057c3.jpg RIMG3749_201808161406336c7.jpg
外部の出線箇所はアイボリーのボックスを設けて電線のジョイントを行っています。



分電盤は空き回路があったので200Vの専用ブレーカを取付け。
RIMG3742.jpg RIMG3744_20180816135509715.jpg
RIMG3747_20180816135510c52.jpg
これで屋外まで配線完了。屋内は電線は一切露出させずに隠ぺい配線ができました。



外部の電線出線位置から、充電コンセントを取り付けるカーポートまで距離があったので、今回はカーポートまで地中埋設することに。
RIMG4330_20180816135514db0.jpg RIMG4333_20180816135516b6d.jpg
IMGP6572_20180816135511777.jpg IMGP6574_20180816135513beb.jpg
電線の保護管も自己消化性のある丈夫なPF管を使用しています。土を埋め戻して作業完了。



いよいよPHV充電器の取り付けです。今回はパナソニックの【エルシーヴ・カバー付屋外コンセント】です。
RIMG4332_20180816135517d6d.jpg RIMG4337.jpg
RIMG4338_20180816135520b17.jpg
完成です!!普段は保護カバーが閉まった状態ですが、保護カバーを開けるとあとは中のコンセントカバーを開けばコンセントを差し込み充電できます。



コンセントの下には、CCIDホルダー。
RIMG4339_20180816135522de6.jpg RIMG4344_20180816135523ec8.jpg
コントロールボックスを掛けておける優れものです。



付近の外壁には充電コネクタホルダー。充電後のコネクターは置き場所に困りがちですが、こちらに保持することができるので便利です!
RIMG4340_20180816135525537.jpg RIMG4343_20180816135526f5b.jpg



完成です!!
RIMG4346_201808161355284f7.jpg
今回お取り付けしたのはパナソニックカバー付屋外コンセント(200Vタイプ)【WK4422Q】。
「保護カバー」「簡易錠」を装備しています。
保護カバーを閉め、簡易錠を施錠すれば、コンセントの差し込み口や充電中のケーブルへいたずら防止に効果があります。また、鍵取付穴があるので、南京錠(市販品)を施錠することも可能です。

工事所要時間は AM9:00~PM0:00 でした。 ご依頼ありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 94.000円(税込)
– 工事内容 –
・WK4422Q 配線・取付工事費コミコミ :65.000円
・露出ボックス :4.000円
・地中埋設配管工事および雑費・消耗材 :16.000円
・コネクター・ケーブルホルダー :3.000円
・CCIDホルダー: 6.000円
・工事10年保証コミコミ(保証書発行)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。