FC2ブログ

【EQ37UFV】取付場所変更ダイキンエコキュート交換工事(大阪府貝塚市I様)

エコキュート
04 /15 2019
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は大阪府貝塚市にお住まいのお客様より、エコキュートからエコキュートへの取り替え工事のご依頼をいただきました。ありがとうございます!
当店の強みとしてエコキュート工事ならとってもお得なプランを用意しています。工事10年保証はもちろん、商品の10年保証ももれなく無料で付いてきます。高品質な部材の使用はもちろん、さらに別売品のリモコンや脚部カバーまでセットでコミコミ。基本的には配管延長など除けばホームページの料金でご依頼いただけるよう心がけています!
今回の工事内容は、今ついているヒートポンプの場所に貯湯タンクユニットを取り付けたいとのお客様からのご要望がありました。ヒートポンプユニットの下は土でしたので、新たに貯湯タンクを取り付けるため新しくコンクリート基礎工事を行います。また、ふろ浴槽アダプターも交換を希望されていましたので、アダプターも新しく交換します。

まずは工事前の様子です。
RIMG6842_20190415151302c74.jpg RIMG6847_20190415151304601.jpg
既設エコキュートは、セキスイ【CUF-30WM2】。追い炊き機能付きフルオートエコキュートでした。薄型タイプの貯湯タンクユニットから今回は角型タンクのダイキンエコキュートに交換です。



まずは、ヒートポンプが取り付けられていた箇所にコンクリート基礎工事を行います。
RIMG6848_20190415151305a7b.jpg RIMG2378_20190415151307036.jpg
当店は基本的にブロックの簡易基礎は使用せずに手練りで基礎工事を行います。
500kg以上にまでエコキュートの貯湯タンクユニットは重たくなります。その基礎も安易な工事内容では事故の原因につながりますので、当店の考え方は基礎工事はコンクリート基礎を基本として、しっかりとした土台を固めてからエコキュート据え付け工事を行います。



現場ごとにあったコンクリート基礎を作ったほうがよりしっかりとしたものが作れるかと思いますので、手間は簡易基礎よりも手間はかかりますが、しっかりした基礎工事を行っています。
RIMG2380.jpg RIMG6852_201904151513101e6.jpg
RIMG7185.jpg RIMG7184.jpg
基礎が固まるまでの間は、ヒートポンプユニットを再度使えるよう仮設で取付け。エコキュート据付日までご使用いただけるようにしました。



こちらは基礎が乾いた後日の様子。
RIMG7111.jpg
厚みも十分に作っていますので、しっかりしたコンクリート基礎です。



既設エコキュートのタンクをカラにして早速取り外し撤去開始。
RIMG7303.jpg RIMG7117.jpg
この既存コンクリート基礎は、ヒートポンプを置く場所に利用しました。



配管も長さが変わるため、新たに配管工事。給湯配管は銅管にて配管されていたものを一旦カットして継ぎ手をロウ付け溶接。溶接後には継ぎ手から水漏れが無い様点検鏡を使用して配管全周をチェックしました。
RIMG7118_20190415151322047.jpg
RIMG7121_2019041515132331f.jpg RIMG7123_20190415151325a56.jpg
出来る限り配管が邪魔にならないよう、奥から配管を出すよう地中埋設しています。また、配管には厚みのある保温材を取り付けて凍結予防を心がけています。



新しいエコキュートの据付の様子です。
RIMG7310.jpg RIMG7126_20190415151320dea.jpg
タンクが満水になると500kg以上の重さになるエコキュート。コンクリート基礎にしっかりと固定アンカーを打ち込みます。タンクを一度基礎の上から外しドリルで穴を開けアンカーを打ちます。スプリングワッシャーも使っているのでボルトの緩む心配もありません。ダイキンエコキュートはこの固定ボルトが3箇所あります。



貯湯タンクユニット各配管接続工事の様子です。
RIMG7317.jpg
RIMG7128.jpg RIMG7137.jpg
新しい配管にはしっかりと配管接続部の根元まで保温材を巻いています。わずかな放熱ロスも逃がさないよう心がけています。止水バルブも新しいモノに交換。逆止弁ボールバルブを使っています。



浴槽の循環アダプターも新しく交換。
RIMG2489_20190415151355df4.jpg RIMG7306.jpg



お湯をつくるヒートポンプユニットは貯湯タンクが載せてあった既存基礎の上に取り付け。
RIMG7312.jpg RIMG7324_20190415151401242.jpg
RIMG7313.jpg RIMG7314.jpg
ヒートポンプに使用した配管はアルミ3層管を当店では標準使用しています。この配管は安価なポリエチレン管とは違い、耐熱温度も95度と非常に高性能で耐久性の高い配管です。高温の湯が行き来するので、高品質な配管を使用しています。
配管の保温材は冬場対策として厚みのある保温材を使っています。また外気温に影響された事故の防止、配管の内部が破損しないよう配慮した工事を行っています。



リモコンも新しくなります。
本来定価4万円以上する別売品ですが、当店ならこのリモコンセットも標準でセットになっています。浴室リモコンにいたっては本体全周、防水コーキング処理。マスキングテープを使用してコークの仕上がりにもこだわって工事を行っています。
RIMG2495.jpg RIMG2488_20190415151404341.jpg



さらに貯湯タンクユニットの脚部カバーも当店ではセット商品。この脚部カバーを使用すれば配管接続部が覆われて外観も良くなりますし、冬場の配管凍結予防にもなります。
RIMG7316.jpg RIMG7320.jpg
ダイキンは鋼板製を使っています。配管がカバーに干渉する箇所をカット。メーカーがカットしやすいよう切り目が元々付いている脚部カバーですが、切り目の部分を使用するとかなり大きな開口になり見栄えも損ないます。当店は配管が干渉する部分だけをカット。キレイな仕上がりになるので施工もこだわりを持って行っています。 さらにカットした箇所はサビで腐食しないよう防腐スプレーを塗布。細かな作業ですが長く安心してご使用いただけるよう心がけております。



ダイキンの「高圧力タイプ」は業界でもトップクラスの圧力を誇ります。
image113[1]
3階でのパワフルシャワーはもちろん、2カ所同時給湯だからお風呂もキッチンも快適。 従来のパワフル高圧300kPaをさらにパワーアップし、ダイキンだけの高圧給湯を実現しています。



試運転を行い完成です!!
RIMG7327.jpg
今回設置いただきましたエコキュートは、ダイキン460L高圧フルオート【EQ37UFV】です。
今回の工事所要時間は(据付日) AM9:00~PM2:00 でした。
当店の特長は、工事10年保証も加え、エコキュート工事は商品10年保証も無料で付いています。また別売品であるリモコンや貯湯タンクユニットの脚部カバーもセットでコミコミ。価格は全てホームページに掲載中!
ご依頼誠にありがとうございました。
当店のホームページもよろしくお願いします。

費用総額: 453.000円(税込)
– 工事内容 –
・エコキュート EQ37UFV 取付工事費込み: 435.000円 (定価:896.400円)
・スタイリッシュリモコンセット BRC083B1 コミコミ(定価:48.600円)
・貯湯タンクユニット脚部カバー KKC022B4 コミコミ(定価:10.800円)
・お値引き: -20.000円
・貯湯タンクユニットコンクリート基礎工事: 18.000円
・既存エコキュートヒートポンプ仮設工事: 5.000円
・交通諸経費: 7.000円
・ふろ循環アダプター交換: 8.000円
商品10年保証コミコミ (保証書発行)
・工事10年保証コミコミ (保証書発行)
・既設エコキュート撤去・処分費コミコミ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。