FC2ブログ

兵庫県神戸市M様 太陽光発電工事(シャープ)

太陽光発電
02 /17 2011
こんにちは。ズオーデンキです。
今回は太陽光発電工事のご依頼いただきました工事の様子です
まずは屋根の施工前写真から
DSCF3218_convert_20110202111124.jpg DSCF3594_convert_20110202111157.jpg
パネルを設置する前にチョークでパネルを載せる架台の墨出しから始めます  各メーカー施工基準がありますのでパネル設置可能範囲を守って工事していきます

屋根に載せる架台が以下の写真です
DSCF3597_convert_20110202111216.jpg DSCF3598_convert_20110202111235.jpg
この架台を屋根に固定するのですが防水の為に架台の裏側に粘着タイプのブチルシートが貼り付けています  耐水性・耐候性に優れたシートです。屋根に仮置きしていきます

次は架台を固定するビスの下穴を開けます
DSCF3602_convert_20110202111251.jpg
下穴を開けずに直接ビスをもみ込むと瓦材が割れてしまう危険がありますので、ビスより1周り小さな下穴を開けていきます

切粉はハンドクリーナーで掃除します
DSCF3604_convert_20110202111309.jpg
 
ビスをもみ込む前に、下穴を開けた穴にブチルゴムを挿入します
DSCF3608_convert_20110202111331.jpg DSCF3610_convert_20110202111352.jpg
ビスをもみ込んだ際に、穴の中でブチルゴムがビスに絡みついてビスをもみ込んでも隙間なく防水してくれます

横桟金具を組んで架台を完成させます
DSCF3619_convert_20110202111409.jpg DSCF3623_convert_20110202111451.jpg
 
架台を組んでいるボルトナットはメーカーの規定トルクに従いトルクレンチで確実に増し締めします
DSCF3620_convert_20110202111430.jpg
ボルトナットはステンレス製の為に、感覚で締め付けるとねじ穴をなめてしまったり、無理に外そうとするとネジ穴が切れてしまったりボルトが切れたりして施工不良の原因にもなりかねません

後はパネルを設置していきます
DSCF3633_convert_20110202111532.jpg DSCF3648_convert_20110202111614.jpg
DSCF3647_convert_20110202111555.jpg DSCF3644_convert_20110202114314.jpg
DSCF3651_convert_20110202114222.jpg
L字型の寄せ棟屋根で特殊なカタチでしたがパネル設置可能範囲をキッチリ守って設置できました

パワーコンディションーの写真です
DSCF3656_convert_20110202111636.jpg
レイアウトやパネルの枚数の関係で、パワーコンディショナーの下部に昇圧ユニットを設置しました。

モニターの発電状況です
DSCF3659_convert_20110202111654.jpg
これから温かくなっていくに従って、発電量も上がっていきますのでこれからも発電状況が楽しみです。

ご依頼いただき誠にありがとうございました
当店のホームページもどうぞよろしくお願いします









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

コメントありがとうございます。
お客様に喜んでいただき大変うれしく思います。
工事の際は工事音など騒音の中ご主人さま・ご家族様・ムク様にご協力いただき誠に感謝しております。補助金の受理も安堵しました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

ズオーデンキブログ

ズオーデンキスタッフブログへようこそ。
ご観覧いただき、ありがとうございます。
当エキスパート工事店スタッフによる、住宅設備機器の交換、リフォーム工事のなどの日記のブログです。
ホームページも併せてご覧ください。